【2015年(平成27年)4月期 春クールドラマ総評 】独断と偏見のベストドラマ賞とランキング

毎度お馴染みのちょ~独断と偏見の4月期クールドラマ総評です。

お断りしておきますが、あくまでも個人ブログの雑感であり、世間の声とは
何の関係もありません。
あくまでも個人の好みで書いておりますので、意見の違う方は読み流して下さいませ。

実はTBS日曜劇場『天皇の料理番』が全12話中あと2話残ってましてん…(6月30日現在)
ここの終了を待ってから閉めようと思っていると他のドラマが7月クールに入っちゃうんですよね。

しかも、あまりどうでもいいドラマならば別に良いんだけれども、これが春期のドラマは
これ1本でも良かった…ってほどの位置づけのものなので~。

まぁ…2話残っている事は無視して決めちゃうことにいたしました。
たぶん、大方のドラマファンからは何の文句も来ないと思う……。
4月期ってそういうクールだったよね、そうよね。うん。


って事で…サラサラっと行ってみよ


★各ドラマのタイトルは、最終回と統括記事(またはカテゴリ)にリンクしています。
(対象作品は、2015年4月から始まった5話以上で構成される連続ドラマのみです。)



最優秀作品賞「天皇の料理番」

   


優秀作品賞 「64(ロクヨン)」

   ロクヨンop


次点 「心がポキッとね」


     


ホントーーに…前クールに引き続き、レビューサボリ気味ですいません…。

1位の「天皇の料理番」につきましては冒頭に書いたようにまだ終了していないのですわ。
(これを書いている時点で)

けれども、第10話の時点で「仮にここで終わっても1位だろ」(←んなこたぁない…と思う…)
と確信したので…もうここでいいだろと。

映像スケールは大きく、セットや小道具は細やか、脚本は優しく丁寧で、演者は熱い…
と、どこを取っても力の入り方がもう他者と圧倒的に違うのだった。

料理描写1つにしてもリアリティの持たせ方が違う。
役者さんが自分自身でやっている嘘のない映像、どこから切り取っても絵になる
美しい構図。調理の前にちゃんと器具を拭き取る所まで見せる気づかい。
    総括2015-4


「真心」というテーマのブレなさも素晴らしかった。
それは人間関係にも料理にも通ずる。
いや、出来上がった料理自体が人間の繋がりの集大成なんだね。

説教くさくなりがちな話だけれども、篤やんの人間らしいキャラクターにツッコんだり、
周りの人たちの人間の大きさに涙しながら見た。

まこと、真心のあるドラマでございました。


「64(ロクヨン)」

NHK土曜ドラマは「大体」素晴らしい…と言われているけれども、別に全てが素晴らしいワケじゃ
ないんだよね…。
重厚そうに見せたり難しそうに見せたりカッコよさそうに見せたりしているけれども、ちゃんと
見ればとっ散らかった物も多い。

そんな「土曜働く男枠」で、久々に本当に鳥肌立つほど凄いと思えるドラマだった。

過去に起きた1つの未解決事件をベースに、関わった人間たちの今が描かれる。
彼らの現在の根底に、解決できなかった過去が澱んでいる。
様々な人間模様を描きながら、ミステリーの部分も興味を持たせる演出が素晴らしい。
俳優さん達もね、みんなイケオジですわ。見た目よりも心がね。


「心がポキッとね」は、各所でひどい書かれようだったけれども、個人的にはいつも
ポロポロ泣きながら見た。泣きながら笑いながら見た。

みんながそれぞれトラウマの殻から出ようともがいている様子が可愛くて。
可愛くて一生懸命で切ないよ。

ワーーッとお祭りみたいに騒ぐ滑稽さの中にある闇。
そこを支え合って生きて行こうとそれぞれが決意する最終回は、最高だった。
岡田惠和さんの描く人が住む世界はいつも弱い人間に優しいと思うの。

岡田さんと組んで大人の痛々しさを描くのが宮本理江子さん。
若さの痛々しさを描くのが日テレの河野さん。

…だと思っているので来期も期待してる。「ど根性ガエル」。


   + + + + +


じゃ、ここからは…今回も好きなもの順に簡単に。

えっと……いつもながら下に行くほどキツいです。
好きなドラマが下の方にあるって方はスルーして~~。


(あ…でも…今期も相当捨ててるんで大丈夫かも….。oO)


『不便な便利屋』

これはもう~~本当ーーーーに大好きだった!!
上に並べてもいいくらい。

とにかく、岡田くんとエンケンさんとすずこうさんの並びが可愛くてね…。
  不便な便利屋1

何が面白いんだかよく解らないけれども、毎週ニヤニヤしながら見た。
とにかく楽しかったわ。
雪景色の美しさすらネタになりそうな緩い世界。
第2期をぜひマッターーーリ再開していただきたい~。


『神谷玄次郎捕物控2』

極悪人の捕物という爽快感よりも、ドラマの中で生きる人たちの人情と詫び寂びが
シッカリ描かれた正統派時代劇。
高橋光臣さんのハマリ役だったなぁ…殺陣が美しくて。
ぜひ三期を…と思うけれども原作がもう無いのだそうで。
ここで終わりかなぁ、このキャラ、もったいない。


『天使と悪魔 -未解決事件匿名交渉課-』

想定外の面白さだった。
久々に篤郎、カッコイイと思ったよ。
回によってはベタだなと思う話もあったけれども、概ね毎回満足して見た。
違法である司法取引きによって未解決事件を導いていく…という「If」刑事もの。
神楽坂さんを黒い方向に持っていく流れは個人的には要らなかったかな…。


『ようこそ、わが家へ』

最終回までツイ上げ手抜き記事ですいません……。
つまらなかったわけじゃないけれども、毎回毎回思わせぶりの引張りがハンパなくて。
その割にはショボく終わったかな…とか。
教訓→脳天気はほどほどに。


『マザー・ゲーム ~彼女たちの階級~ 』

主人公の木村文乃さんが簡単に折れたり泣いたりしないし、言いたい事をズバズバ
言ってくれるのでそれほど不快感はなくサラッと見られた。
子どもたち同士の陰湿なイジメは見なくて済んだし。
ツッコミ所は満載だったけれども、まぁ…ツイッター実況ネタとしては楽しめたと思う。


※ここから下はもう好きとかではなく曜日順で……


『Dr.倫太郎』

この「思ってたのと違う」感は一体何だろーー。
別に毎週ただ迷える子羊をヒノリンが救う癒しストーリーで良かったのに……。
堺さんが出ていたのにこっちを録画して裏を見ていたなんて自分でも信じられない。
でも正解だったと思ってる。迷える子羊の話なら裏の方がずっと面白かった。

でも、堺さんと蒼井優さんの演技は凄かったと思うわ。
…というか…そこが無かったら録画してまで見てなかったと思う。


『アイムホーム』

今だによく解らないのは、奥さんとは仮面夫婦のようなもんだったから…って結末なのは
解ったけれども、なぜヨシオまで仮面
子どもは浮気していたわけじゃないしDNA鑑定の結果もクリアで疑いようがないし、
仮面だった意味が解らない。
主役の人は珍しく凡庸な役柄…だと思っていたけれども回を追うごとに結局は
ヒーローっぽくなっちゃっていたよね。


『アルジャーノンに花束を』

画面を彩る花の映像美しく、リアリティに欠ける世界を夢のように描き出すファンタジー…
…になるかも、と思ってた。最初の内は。

でも、やっぱり野島脚本はそろそろ時代に合わな過ぎるのかもしれない。
リアリティのなさはウットリさせるよりも違和感となって浮いてしまっていた気がする。
何よりもこのクールな原作に恋愛恋愛恋愛…を絡ませる事に無理があった。
女は要らなかったんだよ。もっと「人間」の話の方が良かった。
「対等な友達」3人のやり取りは良かったのにな~。


『ドS刑事』

仕事だったり用があったりで、最後の方、何話か抜けちゃった。
もう録画もしてなくて未練もなかった。
「すべり芸」じゃないけれども、ビミョーな間や滑りギャグをわざと演出しているのは解る
けれども、やっぱり……あまり面白くはないよね。


あとは…

『戦う!書店ガール』初回脱落(ごめんね、いくら千葉ちゃんでも無理なものは無理)、
『ヤメゴク ~ヤクザやめて頂きます~』初回脱落(ごめんね、いくら勝地が…以下略)、
『REPLAY & DESTROY』眠くてムリだった。あ、HDDにはまだ残ってる。

こんな感じですかね……。
後は最初から見てないです。(たぶん)

以上。


       line line


おなじみの勝手に授賞式


独断と偏見の授賞式です。


主演男優賞 佐藤健「天皇の料理番」

        次点 堺雅人「Dr.倫太郎」


助演男優賞 鈴木亮平「天皇の料理番」

        次点 窪田正孝「アルジャーノンに花束を」


主演女優賞 木村文乃「マザー・ゲーム 」

        次点 該当なし    


助演女優賞 黒木華「天皇の料理番」

         次点 水原希子「心がポキッとね」


団体賞 ダイヤモンドダスト便利商会の3人「不便な便利屋」


オープニング・エンディング映像賞 「64(ロクヨン)」

  総括2015-4-1


次点 「天皇の料理人」



テーマソング賞 「心がポキッとね!」
   



次点 「不便な便利屋」
  



楽曲賞 「64(ロクヨン)」

   総括2015-4-1



  。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【2015年 春期ドラマ 視聴率ベスト】

平均視聴率ベストランキング10位までです。

1位 「天皇の料理番」14.94
2位 「アイムホーム」14.82
3位 「Dr.倫太郎」12.73
4位 「ようこそ、わが家へ」12.55
5位 「ドS刑事」9.33
6位 「マザー・ゲーム」8.82
7位 「ワイルド・ヒーローズ」8.78
9位 「アルジャーノンに花束を」8.61
10位 「医師たちの恋愛事情」8.49


※7/13 「天皇の料理番」の最終回を経て1位と2位が入れ替わったので更新しました。

視聴率=ドラマの評価ではないし、私は全く気にならない方ですが、世間的には
みんな気にしているらしいので一応UPさせていただきました。
でも自分が大好きで評価していたドラマの1位は嬉しい。

結構… 惨憺たる結果だよね……。
5位からもう一ケタとは。


次クールです。→【2015年7月期・夏クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


では、今期もつたないレビューにお付き合い下さり、ありがとうございました。

ツイッターやFacebookも含めコメント下さった方々もロムだけの方々も感謝しております。
今期もコメントのお返しが遅れがち&ついに出来なかったものもありますが、どうぞ見捨てず
お付き合いくださいませ。


では、夏期もよろしくお願いいたします~。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



※「Twitter」ID「kukucoo」です。


トラックバック受け付けられなかったサイトさま(コメント欄にてお知らせください)



シェアする

フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

14件のコメント

  • くう
    2015年7月23日 1:21 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >春は「天皇の料理番」と「64」がダントツでした。

    ですね~。この2本はもう文句なしですよね^^同じで嬉しいです!

    >広報を努めた若い刑事が走りまわされるシーンは忘れられません。

    記者会見の場ですよね。
    そして走り回っていた二課長が「料理番」の篤やんの弟だという森岡龍つながり(笑)

    「ポキッとね」は私は全面的に好きだったんですよね(笑)何もかも。痛い人たちがワチャワチャしている可愛いドラマだったと思っております。

    そして、それ↑を目指して間違っているんだろうと思われる今の朝ドラは本当の意味で痛いです^^;

    「どS」は何だか乗れずに回を追うごとにながら見になっていったので、もっとちゃんと見ていればまた評価も違うのかもーー。

    ウチも簡単レビューだらけになる予定&コメントレス遅い…(あるいは無い^^;)というダメっぷりですが、今期もまたよろしくお願い致しますねーー!

  • 昼寝の時間
    2015年7月22日 2:32 PM

    2015年6月のまとめ<2015年春クールのドラマ・まとめ>

    すっかり遅くなってしまいましたけれども、自分のための覚書としてメモっておきます。

  • Largo
    2015年7月22日 2:32 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今更ですが、何とかアップしたので、お邪魔しました(汗
    春は「天皇の料理番」と「64」がダントツでした。
    「64」は感想を書き逃したのが残念な一方、書いていたらすっごく疲れたかなとも。広報を努めた若い刑事が走りまわされるシーンは忘れられません。
    「心がポキっとね」最後までキャラたちは好きにはなれなかったのですけれども(汗)、それでも皆がジタバタもがいている姿にほろっとさせてしまう完成度の高さに脱帽。脚本家主導ドラマの良さが伝わってきました。
    「倫太郎」はテーマを消化できず、個人技に頼らざるえなくなっちゃった気がしました(汗
    「神谷玄次郎捕物控2」、しんみりした捕物ワールドを浸れましたね~。続けて欲しいものです。
    「ドS刑事」、最初はギクシャクしていましたが、最後の方は脚本や演出がキャストたちの面白みを生かすようになってきたので楽しめましたです。多部ちゃんが段々オトボケになって代官山と良いコンビになってきたり、強行課の息が合いだしたり・・・最初からこうだったら良かったのに、と残念です。

    カテは違いますが、「まれ」の感想、いつも楽しく拝見しています。
    ほんとにね・・・始まる前は結構期待してたんですけれどもねぇ、とほほ。
    視聴率は悪くないようですので、キャスト・・・特にヒロインの黒歴史にはならないだろうことが、唯一の救いです~。

    夏はすっかり出遅れたので、短評にしようかと思っています。
    少なくとも大河には喰らいついて行くので(苦笑)、今期もよろしくお願いいたします。

  • くう
    2015年7月5日 2:12 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    こちらこそ、いつもありがとうございます( 〃▽〃)

    >「64」は初回がちょっと難しかったので、くうさんのレヴューがなかったら落ちてたかもしれません。

    どう繋がっていくのか解り辛かったですよね。
    見ていく内に過去のトラウマが現在に及ぼす影響の重さがジワジワくる作品でした
    (…と、偉そうに言いつつ最初と最後しかレビューせずすいませんーー!汗)
    「便利屋」楽しかったですよねーー!深夜帯の醍醐味^^

    >夏期は「ど根性ガエル」が私も期待度NO.1です。清盛&重盛親子に幸あれ・・・

    あーーそっかーー…土日で日テレで平家の親子だ^^;
    うーーん両方とも頑張ってほしいっす!
    夏もよろしくお願い致しますーー!

  • えりぃ
    2015年7月5日 11:45 AM

    SECRET: 0
    PASS: 44bbb2e627538f863d2e1deec301aba7
    いつも楽しいレヴューを、ありがとうございます!
    やっぱり「料理番」ですよね~。それしかないというか・・
    「64」は初回がちょっと難しかったので、くうさんのレヴューがなかったら落ちてたかもしれません。
    「不便な便利屋」岡田クンと洋ちゃんのやりとり、面白かったww

    いよいよ今夜は「デスノ」。。。不安だが、窪田クン頑張って[絵文字:i-240]
    夏期は「ど根性ガエル」が私も期待度NO.1です。清盛&重盛親子に幸あれ・・・

  • くう
    2015年7月5日 2:28 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >やっぱり料理番、ぶっちぎりですよねー
    演者も演出もストーリーも何もかも完璧!!

    うん。やはりこのスタッフのお仕事には間違いないですな~^^

    >しいて言えば、俊子吉原入場の予告、あれだけは要らなかった。

    ですよね、ですよね!
    そんな事しなくても名作だしちゃんと見るから~~!って言いたくなる思わせぶりが
    しばしば使われるのは確か^^;

    >ウチのダンナ、福井出身なんですが、俊子の父を除き、篤蔵の福井弁はかなり上手い、と。

    おお!現地出身の方に褒められているんだーー( 〃▽〃)
    よく言われるドラマや映画の方言イントネーションですが、関東住みだと今いちピンと来ず。
    好きな作品では誉められて欲しいので嬉しいです!

    >アルジャーノンは私、一周回って評価上げてしまいました。

    私は一周回れませんで(笑)むしろ回を追うごとにガックリしてしまって^^;
    女子ーずに関しては梨央の病気が咲人と絡むのかと解った時点でかなりウキウキしたのですが、
    その後ですぐに使えないと解ってしまって、しかもいくら天才だとしても医師でもない咲人が
    手術するという有りえなさにホントーーにガックリ^^;
    母親とはるかに至っては最初から最後まで大嫌いでした^^;

    「永遠のぼくら」は放送しちゃいけないレベルの酷さでしたよね(≧▽≦)
    あれの監督が次期の「デスノ」の演出なんですよね…もーーほんとに不安しかない。可哀想な窪田(:_;)

    心ポッキーは挫折したって方がなぜか多いので好きと言っていただけるのは嬉しいです( 〃▽〃)
    弱い人に優しいドラマは大好きです~。

    「料理番」もあと2話残っていますが、夏もどうぞよろしくお願いします~!

  • くう
    2015年7月5日 2:09 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >幸いに今季はこれといったドラマもなかったので支障なかったといえばなかったんですが(^-^;

    おお、パソコンが~。
    でも、そのお気持ち解ります。
    私も今期は映画ブログの引っ越しの続きだの仕事のまとめだのでドラマの方が
    ちょっとお座なりになっていたのですがあまり支障ありませんでした(笑)

    >兄やんのあのやつれた姿を見るだけで泣けてきました。

    鈴木亮平さんを改めて凄い役者だと思えたドラマでしたわ。
    健ンももちろん黒木華さんの優しい存在感も素晴らしいですね。
    あと2話かな。ラストが楽しみです^^

    「64」はね、ドラマは素晴らしかったのですが、映画の方には若干の不安も感じてます…^^;
    でも観に行くと思います。

    >どうしましょう。
    大河なのに「花燃ゆ」はついに脱落してしまいました。
    録画もしなくなりました

    ウチは大河はどうしても止められない病なんですよね…朝ドラもそうだけどw
    あの「純愛」とあの「江」を完走したというチャレンジャーな記憶が
    他のドラマに対してもついつい「頑張れる」気がしちゃって…ぉぃ…
    世話ぁない❤

    夏もよろしくお願いします~。

  • かこ
    2015年7月1日 4:08 PM

    SECRET: 0
    PASS: 8f7db576fadcdb1735211664d8a0c82f
    こんにちはー! ランキング、待ってましたー(^^♪
    やっぱり料理番、ぶっちぎりですよねー
    演者も演出もストーリーも何もかも完璧!!
    しいて言えば、俊子吉原入場の予告、あれだけは要らなかった。
    あんな釣りは全く必要ないのに。。。編成さん、もっと自信をもって!ってなぜか上からですが、思いますです。
    ウチのダンナ、福井出身なんですが、俊子の父を除き、篤蔵の福井弁はかなり上手い、と。中々福井弁の演技を誉めない人なんですが(一緒に見てると横でうるさくてうるさくて、、、)、佐藤健にだけは感心しているようです。包丁さばきから方言まで、佐藤健はすごすぎる・・・! 今週も、篤蔵x一太郎の会話「一太郎クンはどう思うのかな?」の、父が子どもにどう接していいか分からない感じ、すごくうまいなーーーと思いました。
    リアルタイムで見て、みなさんのレヴューを見た後にまた見る、という、料理番中心の生活になってしまっています(^^♪

    64も面白かったですねー とにかくカッコよかった!

    アルジャーノンは私、一周回って評価上げてしまいました。原作が好きで、でも女子が絡みだしてからはストーリー自体は諦め、窪田君目当てで見ていました(くうさんと同じく、女子のストーリー邪魔派)。まぁでも、窪田君のところだけ巻き戻して見たりはしてたんですよ。で、唐突なようですが、「永遠のぼくら」・・・! 怒りしか感じず、そのまま消しました。ってことはー、巻き戻して見てた分、アルジャーノンはアリだったんだなぁ、と。ってことで評価上げましたです。でも最後のキスはいやだったな。。。窪田君、これ以上業界に利用されないで、、、、って思いました。

    心ポッキーは良かったですねぇ。
    一度壊れた人たちがまた壊れるんじゃないかってジタバタジタバタ抵抗する姿、とっても琴線に触れました。スキ(^^♪

    来期、良いのがあるといいですねぇ。。。
    でもとりあえずは、料理番のあと2回です! とにかく楽しみで楽しみで!

    長々と書いてしまいましたが、またよろしくお願いしまーす!!

  • kyom
    2015年7月1日 10:49 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やっと来れました~!!
    PCがコケてしまい暫くネットから離れていました。
    幸いに今季はこれといったドラマもなかったので支障なかったといえばなかったんですが(^-^;

    今季は「天皇の料理番」だけでしたね。
    兄やんのあのやつれた姿を見るだけで泣けてきました。
    佐藤健さんや黒木華さん、脇の方々まで皆さん良い演技をされていました。
    個人的に建物が好きな時代で、明治村まで出かけちゃいましたし。
    まだ終わってませんけど、最後どうなるんでしょうか。

    早くに終わったので忘れてましたが「64」もよかったです。
    映画になるらしいですね。
    映画では永山絢斗君の役を瑛太がやるとか。

    「ようこそ我が家へ」のあのラストはいりませんね。
    そうでなくても犯人多すぎだし。
    映画か続編でもやる気でしょうか。
    でももうお腹いっぱいです。

    「アイムホーム」はなんじゃこりゃ~っていう最終回でした。
    結局キムタクはキムタクだったし。

    「心がポキッとね」はDVの元夫と同じ屋根の下にいるというのがどうしても理解できなくて早々に脱落しました。

    どうしましょう。
    大河なのに「花燃ゆ」はついに脱落してしまいました。
    録画もしなくなりました(世話ぁない)
    これからはくうさんのレビューだけになります。

    夏はもう少し見ごたえのあるドラマを期待します!

  • くう
    2015年7月1日 1:47 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    ああ、そうなんですか。リメイクとは存じませんでした。
    『雲霧』もそうだったしBS時代劇は多いんですね、それ。
    新たな脚本を用意できるのならばぜひ第3シーズンもやっていただきたいです。

  • くう
    2015年7月1日 1:39 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >「REPLAY & DESTROY(台詞が聞き取れない・・・・。)」

    あははははは解る気がするーーー!
    ずっとガーーーーっと喋っているしね^^;
    あのノリは好きなんだけれども、どうしても見なきゃって気になれなくて、HDDに溜まりっぱなし^^;
    とりあえずディスクに落としておこうかな…。

    >原作の衝撃的な切なさが何処にもなかった。
    昔見た野島作品を、ただ見てるような感じで残念だった。

    あの原作は映像化しないのが正解だと思うんだけど、調べてみたら結構映画になってるのね^^;
    ファンタジーなら合うかもと思っていたんだけど、むしろ野島作品にしてはファンタジーさに欠けたのかも。
    女の人たちのキャラがさ~とにかく不快だったよ^^;

    >今期良かったのは『天皇の料理番』『64』『美女と男子』かな。

    『美女と男子』は高評価な人が多いみたいね。
    火曜22時の取り捨ては間違えたかな^^;

  • よしぼう
    2015年7月1日 1:09 AM

    SECRET: 0
    PASS: f48f0bc14be20a480a061d1ada7fcfd4
    お久しぶりです。
    『神谷玄次郎捕物控』は、藤沢周平の作品を自由に脚色して使っているので、まだまだ原作はありますよ。
    ただ、この作品は過去の古谷一行主演作のリメイクで、松竹から過去の台本を譲ってもらい、それを少し手直しして、そのまま映像化しているので、リメイク元を使い切ったということにはなると思います。ただ、今回の映像化に当たり、新作を2話撮っているので、やらないでしょうけれど、シーズン3は一応可能だと思います。
    過去の台本のリメイクですが、作品の内容は素晴らしかったと思います。高橋光臣君の殺陣も」よかったですしね。

  • 紫花浜匙
    2015年6月30日 11:14 PM

    SECRET: 0
    PASS: 984e0037bc680040c3165a33fc64e091
    「ドS刑事」「天使と悪魔」「医師たちの恋愛事情」「ヤメゴク」「REPLAY & DESTROY(台詞が聞き取れない・・・・。)」は途中脱落。
    「アルジャーノンに花束を」は、娘が毎週見てたので、
    最終回までながら見してたけど、
    原作の衝撃的な切なさが何処にもなかった。
    昔見た野島作品を、ただ見てるような感じで残念だった。
    『神谷玄次郎捕物控2』は、毎回お津世に嫉妬しながら見てました^^;。
    「不便な便利屋」は、私が脱落した後、主人が気に入って見始めてました^^。

    今期良かったのは『天皇の料理番』『64』『美女と男子』かな。

  • ぐ~たらにっき
    2015年6月30日 12:41 PM

    2015年春LAZY賞

    「天皇の料理番」がまだ終わっていませんが、
    6月ももう終わりなのでとりあえずまとめました。

    2015年春ドラマまとめ