NHK朝ドラ【まれ】 第27回 感想


移住希望者として体験ツアーに参加していた安西(六角精児)は、実は経営コンサルタント
で、輪島塗の職人を引き抜いていた。
希(土屋太鳳)が圭太(山崎賢人)の修業する塗師屋に駆けつけると、安西が圭太と弥太郎
(中村敦夫)に向かい、輪島塗の新しいビジネスモデルについて持論を説いていた。
だが弥太郎は安西を一蹴する。
一方、徹(大泉洋)は夢を追う移住希望者たちの姿を見て、家族に内緒であやしい動きを
始めていた…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「まれ」第5週「情熱ミルフィーユ」 第27話

   まれop


チョー簡単感想で。


ちゃんと働いとるけ!?

今日はさぼりじゃないがけ?

働いてるよ!
今日は休みなの!



それは…徹さん以外のみんなにも言おう。

あれ、このオヤジーズ集会は前のシーンと日が変わって日曜なのかな

…と思ったら次のシーンで市役所は普通に稼働しているし、あんたら働いてる!?

塚地っちゃん@真人ちゃんが郵便局員だったことなんか、私ゃ先日の『LIFE!』見るまで
忘れてたくらいだよ。

働け…輪島市。


安西は経営コンサルで、初めから輪島塗を狙い撃ちするために来たらしい。
圭太からまんまと情報を仕入れて、輪島塗の中でも若い革新派である八島さんを
落として「簡易輪島塗」で儲けようとしているのだった。


素材の質を落として、あと、ほら、輪島塗は何層も漆を塗り重ねるだろ。
その回数を減らしてコストカットする予定だよ。

何度も漆を塗り重ねて一つの器を何年もかけて仕上げていく。
本当に素晴らしいよ、輪島塗は。
でも、だからこそ金も時間も人手もかかって値段が高くなる。
高くなって売れなければ職人が食えずに減っていき技術も失われていく。
そういう悪循環に陥ってるんじゃないのかな。


ほやさけ粗悪品をちゃ売り出せっちゅうがか。
冗談じゃねえわい!


粗悪品という考え方がもう古いよ。
安くて丈夫な食器が100円で買える時代だよ。


輪島塗はほういうもんとは全然違うげ。


そう、全然違う。
海外からの評価も高いのに生産システムの脆弱さが大きな問題なんだよ。
まずは妥協してでも輪島塗をバブルの頃のように復活させる。
そこから改めて理想を追求していけばいい。
この世の中、正論だけじゃ食っていけないんだからな。



輪島の人たちの心境は当然複雑である。
伝統工芸は土地の歴史や文化に根付いているから、これを改革しようと
言われたら黒船に大砲撃ち込まれているようなもんだし。

手間をカットしてもっと合理的に儲かるもん作ったらー
という考えも解らなくはないのである。
けれども、それを全国的に受け入れちゃうと日本の文化や歴史って…
積み上げてきたものって何
ってことになっちゃうワケで。

古いものなら捨てちゃえば
古い考えなら捨てちゃえば

って考えにちょっと乗りそうなのが徹なのだった。
まぁ…藍子さんの言う通り、徹なら考えそうなことではある。


思えば『カーネーション』ではカワイイ経理の恵ちゃんだった六角さん。

経費経費って鬼になり過ぎて憎々しくなるとこうなるのね…
恵ちゃん、昔に戻っておくれ。

この人が許せないのは希や圭太みたいな善良な若者を巻き込んだことだよね~。
圭太なんか、破門されちゃったやんけ…。可哀想に。


市役所として何かできませんか?


できない。

伝統工芸を守るのも市役所の仕事だし…。

偽物を作るのなら別だが輪島塗の必要条件は満たしたものを作ると聞いてる。

でも質が落ちるんです。

それは市役所が口を出せる問題ではない。

じゃあ…。


抜け道を考えるのはやめろ。
感情で動くな。まだ悪い癖が直ってないな。
お前、何のためにこの仕事をしている?



難しいよ。こういう問題は。

しかし、板尾@紺谷課長のキャラがな…。
この人が何かやってくれると私は信じてるんだけどな。

主人公に反対して怒るばかりじゃなくて、もう少し深みのあるキャラであってほしい。
輪島塗の事では親と確執も抱えているわけだし。


昔はよかったがいね。

↑この無責任な昔は良かった語りが私も含めて大抵の一般人の反応なのよね。
これでどんな問題もなぁなぁになっていくのが常というもの…。

何か突破口を…
与えられるのかしらね。

現実問題、こういうのに直面している視聴者も多いと思うぞ。


映画のブログの方を引っ越し中で毎日狂ったように編集作業してますげん…
いつも以上にコメントのお返しなどが遅れていてホントすいませんっっっ!
感謝しております。楽しく読ませていただいてます。



【関連記事】
【2015年度4月期NHK朝ドラ】連続テレビ小説「まれ」ってどんなドラマ?キャストやロケ地

  まれ小      


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


よろしければ→【2015年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


  
※キャスト

津村希(まれ) … 土屋太鳳(子役期・松本来夢)

津村徹 … 大泉洋
津村藍子 … 常盤貴子
津村一徹 … 葉山奨之(子役期・木村聖哉)
桶作元治 … 田中泯
桶作文 … 田中裕子

蔵本浩一 … 篠井英介
寺岡真人 … 塚地武雅
角慎一郎 … ガッツ石松
蔵本はる … 鈴木砂羽
寺岡久美 … ふせえり
小原マキ … 中川翔子
紺谷弥太郎 … 中村敦夫
紺谷博之 … 板尾創路
若林キミ子 … 根岸季衣
輪島市長 … 酒向芳
新谷浩介 … 山本圭祐
マスター … 諏訪太朗

紺谷圭太 … 山崎賢人
蔵本一子 … 清水富美加
寺岡みのり … 門脇麦
二木高志 … 渡辺大知
角洋一郎 … 高畑裕太

桶作哲也 … 池内博之
桶作しおり … 中村優子
桶作友美 … 恒松祐里
桶作麻美 … 浜辺美波

池畑大悟 … 小日向文世
池畑輪子 … りょう
池畑大輔 … 柳楽優弥
池畑美南 … 中村ゆりか
浅井和也 … 鈴木拓
矢野陶 … 孫成順

ナレーション … 戸田恵子


※スタッフ

脚本 … 篠﨑絵里子
演出 … 渡辺一貴、一木正恵、西村武五郎、他
プロデューサー … 長谷知記
制作統括 … 高橋練
音楽 … 澤野弘之

製菓指導 … 辻口博啓

主題歌 … 「希空~まれぞら~」/作詞:土屋太鳳 作曲:澤野弘之

公式サイト http://www.nhk.or.jp/mare/












「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【まれ】
1
 2 3 4 5 6 
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2015年4月30日 9:04 AM

    安西>『まれ』第27話

    自分から私の膝に乗ってきたり
    家に上がり込んでイスの上でしばらく眠っていたり
    かなり懐いていた灰ブチ@野良猫一家メンバー

    昨日は医者に連れて行ったし
    その後は薬を飲ませたり目薬を差したりしてるので
    抱き上げるまでは出来るけど逃げ腰になってしまった

    何か寂しい(涙)

    …ひじゅにですが何か?

    「徹さんが考えそうなやり方さけ余計頭くるわ」by藍子

  • もう…何がなんだか日記
    2015年4月30日 9:04 AM

    安西>『まれ』第27話

    自分から私の膝に乗ってきたり家に上がり込んでイスの上でしばらく眠っていたりかなり懐いていた灰ブチ@野良猫一家メンバー昨日は医者に連れて行ったしその後は薬を飲ませたり目薬…

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2015年4月30日 5:36 AM

    まれ (第27回・4/29) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『まれ』(公式)
    第5週『情熱ミルフィーユ』『第27回』の感想。

    移住希望者として体験ツアーに参加していた安西(六角精児)は、実は経営コンサルタントで、輪島塗の職人を引き抜いていた。希(土屋太鳳)が圭太(山崎賢人)の修業する塗師屋に駆けつけると、安西が圭太と弥太郎(中村敦夫)に向かい、輪島塗の新しいビジネスモデルについて持論を説い…

  • レベル999のgoo部屋
    2015年4月29日 9:34 PM

    まれ 第27回

    内容
    移住希望者ツアー参加者・安西(六角精児)が、経営コンサルタントで。
    輪島塗の職人を引き抜いているという知らせを聞く希(土屋太鳳)
    慌てて、弥太郎(中村敦夫)のもとに駆けつけると、
    安西が、弥太郎と圭太(山崎賢人)に持論を展開していた。

    敬称略

    今作…