【 問題のあるレストラン 】第3話 感想

ご飯を作ることは野菜やお肉やお魚と
おしゃべりをすることです。

野菜もお肉もお魚もみんな生きています。

挨拶を しましょう。
今日1日あったことをお話ししましょう。

ご機嫌 いかが?
ご機嫌 いかが?

熱くないですか?
熱くないですか?
冷たくないですか?

大事に大事に話し掛けましょう。



問題のあるレストラン 第3話


    問題のあるレストラン


簡単感想で。

『bistro fou』のオープン間近。

千佳は出て行ってしまう。


料理すんのが嫌。
めんどくさい。疲れるから。
人間 めんどくさい。
毎日めんどくさい。地球めんどくさい。



たま子は強く引き留めることはしない。

私、千佳ちゃんと 出会ったとき人生のどん底で。
「ああ。もう駄目かも」って思ってて。
でも、千佳ちゃんが作ってくれたポトフがすごく美味しくて。
で、夜の空がすごい奇麗で。
「ああ。 まだまだだな」って思ったの。

嫌って言ってる人に嫌なこと させるのは私も嫌だから止めない。
でも、私は食べることが幸せで働くことが幸せで。
だからおいしいものを作れる人っていうのは無条件で尊敬するの。
千佳ちゃんの 料理の腕は宝物です。



千佳はあの社長と母親が別れてから引きこもりになり、中学もロクに行っていないらしい。

ビルを出てからネットカフェに行き、ゲームをする千佳。

ゲームの中で「カナブンさん」と出会い、追い掛ける。


「ママ」

よかった。



たま子たちは卸売市場で競りに参加し、材料を仕入れる。
『シンフォニック表参道』の連中と出会い、早くも激戦モード……なんだけど、
今の段階では勝ち目が見えない。


オープンまでにする業務を「一週間」の替え歌で描く…。

♪月曜日に前菜決めて~♪~
鏡子はミネストローネお願いします。
♪サラダにスープ テリーヌ♪~♪~
ハイジさんはテリーヌ お願いします。
♪火曜日に肉と魚を~♪~
ローズマリーお願いします。
♪ソテー ムニエル スモーク~♪~テュリャ テュリャ テュリャテュリャ テュリャ~♪~


楽しそうだけど飲んで食ってばかりで…いいのか、それで…。


母親の提案で、母と社長と一緒に『シンフォニック表参道』で食事をする千佳。
3人で食事をしたのは千佳が幼稚園に入る前のことらしい。

自分の事を恨んでいるだろうから、お金は出す。
高校卒業認定を受けて大学へ行けと言う社長。


で、ほら。 千佳、今一人暮らしなんだろ?
聞いたけど。ママ、一緒に住んでないよね?

ええ。

暮らせばいいじゃない、一緒に。ねっ?
いじめか何か知らないけど、中学も高校も行かないで引きこもって
ゲームばっかりしてたんだろ?
でも、遅くないよ。人生はやり直せますから。



この男がクズなのは初回でもう解っていたワケだが、母親もまたなかなかのクズだった…。

千佳は引きこもってなんかいません。
引きこもりになったのは私です。

この子と二人暮らしになってから部屋に閉じこもってゲームし始めたのは私の方です。
私、この子が小学校のときから中学3年になるまで、家から一歩も外に出てません。
買い物も行ってないし、家のことも何もしてません。


食事は?


千佳が作ってました。7年間1日も欠かさずずっと。

ほっとくと私がどんどん痩せるから、この子、毎日ご飯を作ってくれたの。
作っても作っても私は食べなくて捨てたりわがまま言ったりするから、何とか
食べさせようとして千佳は料理の腕を上げたの。
あなた、この子が料理 上手って言ったけど。そりゃそう。
この子泣きながら料理してたんだもん。
毎日死にたいって叫んでる母親のために苦しみながら料理してたんだもん。

千佳が家から 出なかったのは私の面倒を見るためです。
千佳が学校に行かなかったのは一人にすると私が死んでしまうからです。

あなたに何人の女性がいたのか知らないけど。
私は心の中でその女たちを何人も殺したし、その何倍も私自身を殺した。

「ママ死にたいの」って言ったら千佳が言ったの。
「いいよ。一緒に死のう」って。

その日、私は千佳を置いて家を出ました。



娘を殺さないために家を出たと言うけど…完全なネグレクトじゃんか…。
いくら夫がクズで女作って捨てられたと言っても、母親にも同情の余地がないよね…
ってか、小中学校の教師は何をやっていたんだろう。
こんな家、児相案件だろ~。

…と、つい現実的なことをツッコみたくなる…
いけないわ、ファンタジーファンタジー…。

こんな親でも子どもは親を愛する事をやめられないのだ…
と言うのが、坂元氏の永遠のテーマである。

千佳も、久しぶりに母親と父親と一緒に食事する機会を得たことで、また一緒に
住めるかも知れないと期待していたんだよね。

しかし、母親は再婚するのだと言う。妊娠したんだって…。


ママ。

…よかったね。ママ。

おめでとう。



目を潤ませながら、笑顔で母と決別する千佳。

松岡茉優さんの演技が素晴らしい。

1人になった千佳のテーブルにポトフを届けさせる門司。
新しいフォンで作ったスープを口にして、千佳はこれが挑戦状である事を知る。


『bistro fou』は特に宣伝を打たずにプレオープンしたが、

1人か2人かもしれないけど…。

の予定だったのに突然の17人団体客。

手際が酷すぎて、食事を作るどころじゃない厨房で、いよいよ客に謝って帰ってもらおうと
決心しかけた所に千佳はフラっと戻ってきた。

助けを求めるメンバーに「嫌だ」と言う千佳。
今、親に再び捨てられてやさぐれ中だからね。


助けて?
おかしいな。よく こんなんで お店始めるとか言いましたね?
あっ。 もしかしてあれっすか?カフェごっこ?
あるじゃないっすか。おしゃれなやつ。
インテリアとか有機栽培とかTシャツなんか売っちゃって。
頑張ってて感じ良くて。
でも全然クソまずいカフェごっこ。
夢があって、希望があって、仲間がいて。
すてきなすてきなJ-POPレストラン。 ハハッ。
気持ち悪い。
こんな店さっさと潰れればいい!



まぁ…言われても仕方ない状態だったもんね。
学祭の催しレストランより酷いありさまだったし。

17人のお客さまが待ってるの。
あなたの考えは分かりました。
でも、それでもやっぱりここも レストランなんです。
ここ厨房なんです。

しゃべる前に料理を作って。
何でもいいから料理を作って。



たま子にドスが効いた感じでそう言われて、憑りつかれたように料理を
始める千佳であった…。

お客に謝って帰ってもらおうと決めた段階で15分もコースの次の料理が出せていない
状態だったのに、こんな言い争いしていてさらに待たせて…

しかも、屋根も壁もないレストランで寒いのに!!

そこばっかり気になっちゃったよ…。

お客さん、いい人たちで、千佳の料理にも満足して帰って行ってくれたから良かった
けれども、これ、クレームついても仕方ないレベル…。

居場所のなかった千佳に『bistro fou』という場所ができたのは良かったし、
調理、料理の見せ方はファンタジックで素敵だし、登場人物の心情を調理の
シーンだけで語る事ができる演出と役者さんの演技も素晴らしいわけだが…。

やっぱり、とても重い。

セリフは所々楽しいし、ファンタジーだと納得すれば美しいストーリーなのだろうが…
現行朝ドラが流行らせたいらしいから使うけど「辛気くさい」。
まだ3話だけど毎週、主要キャラの過去話が辛すぎる。


そして、オープンしたばかりの『bistro fou』は早くも休業の札を出すのだった…。
そりゃ…これじゃね…。

練習ってもんをしないと~。
店の人間の事情はどうあれ、お客様のために演出してあげるのが店だからね。
店側の自己満足に巻き込まれたら一番気の毒なのはお客だからね…。

たま子のコンセプトである「笑顔でお客様を帰す」が出来なくなっちゃうよ。
頑張って…。



たま子(真木よう子)たちは、『ビストロ フー』のオープンに向けて準備を続けていた。
ところがその矢先、シェフを務める千佳(松岡茉優)が、荷物をまとめてたま子たちの
もとから出ていこうとする。
理由を問われ、料理をするのが嫌だ、面倒くさい、と答える千佳。
たま子は、出ていくにしてもひと晩考えてからにしてはどうか、と提案し、千佳のために
用意したコックコートを手渡した。
千佳の料理の腕は宝物だから、出ていくにしてもコックコートを持っていってほしい
ーーたま子は、そう千佳に告げる。  

あくる日、たま子が千佳の部屋を訪れると、そこに彼女の姿はなかった。
たま子は、遅れてやってきた結実(二階堂ふみ)やハイジ(安田顕)たちに、千佳が戻って
きたいと思える店にしよう、と言ってほほ笑んだ。  

別の日、たま子は、結実、鏡子(臼田あさ美)、ハイジとともに、魚の卸売市場を訪れる。
が、その際に立ち寄った回転寿司店で、門司(東出昌大)や藍里(高畑充希)らライバル店
『シンフォニック表参道』のスタッフと鉢合わせしてしまう。
たま子を店の外に連れ出した門司は、『ビストロ フー』が『シンフォニック表参道』と同じ
レシピのフォンを使うことに触れ、同じレシピで勝てると思っているのか、と言い放つ。
そもそも門司は、たま子の同級生が作ったフォンなど使いたくなかったのだという。
そんな門司に、たま子は「勝ちます」と宣言し…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)




よろしければ→【2015年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  



※キャスト

田中たま子 … 真木よう子

新田結実 … 二階堂ふみ
川奈藍里 … 高畑充希
雨木千佳 … 松岡茉優
森村鏡子 … 臼田あさ美
烏森奈々美 … YOU
几 ハイジ … 安田顕

門司誠人 … 東出昌大
星野大智 … 菅田将暉

藤村五月 … 菊池亜希子
西脇太一 … 田山涼成
土田数雄 … 吹越満
雨木太郎 … 杉本哲太

※スタッフ

脚本 … 坂元裕二
演出 … 並木道子、加藤裕将
プロデュース … 清水一幸
音楽 … 出羽良彰、羽深由理

主題歌 … きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」
  
公式サイト http://www.fujitv.co.jp/mondainoaru_restaurant/index.html









「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(ツイ多いっす)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)




【問題のあるレストラン】 第1話 第2話 第3話


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

13件のコメント

  • 隠れ常連
    2015年2月1日 1:15 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは
    なかなかシビアっぽい意見が出ていますが、私はこの作品が今クール1番です。毎回ちょっと泣かされています。
    序盤と言うこともあり、毎回各メンバーのエピソードの掘り下げですが、メンバーすべてに「問題」があるんですね。
    みんなむき出しのコンプレックスと大きなストレス抱えてて、一人ではどうもできない。このレストランで出会って成長していくって感じなんでしょうか。
    それにしても今回の松岡茉優さんの演技は素晴らしかったと私も思いました。銀二貫の時もそうでしたが、表情の演技が絶妙ですね。NHK土曜9時枠も出るそうですので、そちらも楽しみです。

  • まぁ、お茶でも
    2015年1月31日 8:16 PM

    《問題のあるレストラン》#03

    開店前の祝杯を上げている皆を置いて、たま子とハイジは、階段を駆け下りた。
    たま子が、千佳と会った時、父親雨木を殺そうとしていたことをハイジに話した。
    その頃開店したビストロに来た千佳は、父親のテーブルい近づいた。するとあろうことか、雨木が連れの女を帰し、千佳を呼んだ。呼ばれてひるんだ千佳は、そのまま店を出てきた。たま子たちとはそこですれ違ったが、フォークを落して、自分の部屋に駆け上がった。

  • ドラマハンティングP2G
    2015年1月31日 7:24 PM

    問題のあるレストラン 第3話

    STORY03「開店!問題のあるレストラン」2015.1.29 22:00 ON AIR  たま子(真木よう子)たちは、ビストロ『フー』オープンに向けて準備を続けていた。ところがその矢先、シェフを務める千佳(松岡茉優)が、荷物をまとめてたま子たちのもとから出ていこうとする。理由を問…

  • 昼寝の時間
    2015年1月31日 1:46 AM

    問題のあるレストラン #3

    公式サイト たま子(真木よう子)たちは、ビストロ『フー』オープンに向けて準備を続

  • ゆう
    2015年1月30日 6:49 PM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
    問題がありすぎる!各方面にありすぎる!一人一人の抱えているものがヘビーすぎる!
    ちょっとフランス映画っぽい雰囲気もあって、演出も役者さんたちも好き、脚本も基本好き、
    レストランが出来上がっていくという題材も好み、なのですが…。
    松岡さんの演技、今回もよかった。泣かされました。それにしてもひどい親だ。
    それでも千佳ちゃんがお店に来たら優先的に応対しようとしたところ「だけ」はあの父もよかった、かな。

  • レベル999のgoo部屋
    2015年1月30日 5:49 PM

    問題のあるレストラン 第3話

    「開店!問題のあるレストラン」

    内容
    たま子(真木よう子)たちがオープンへ向けた準備を進める中、
    千佳(松岡茉優)が、出ていこうとする。
    それを知ったたま子は、もう一晩考えてからにしてと、強く引き留めず。
    コックコートを手渡すのだった。
    翌朝。。。千佳は…

  • ぷち丸くんの日常日記
    2015年1月30日 3:40 PM

    問題のあるレストラン 第3話

    たま子(真木よう子)たちが、ビストロのオープン準備に精を出す中、シェフを務める千佳(松岡茉優)が家を出て行こうとします。

    たま子はハイジ(安田顕)と一緒に千佳を捜そうとしますが・・・

    たま子曰く、千佳と最初に会った時、彼女は父親の雨木(杉本哲太)を殺そうとしていたとかw

    千佳は、雨木のビストロに入り込みますが、幼い女の子に気を取られて、意欲が削げた?

    戻って来たけどま…

  • まこ
    2015年1月30日 2:33 PM

    SECRET: 0
    PASS: 07af5b8e07a195e1e93130d7617e5041
    マッサンではなかなかウイスキー作りが進まないことに
    イライラさせられてるけど、見切り発車でスタートしたら
    こんな目に合うし・・・と、視聴者の忍耐力を試されてる?(笑)

    とは言え、今回は千佳ちゃんに泣かされた~!
    あんな辛い環境の中で育ったのに、素晴らし過ぎる・・・
    【○○妻】の正純のメッセージじゃないけど、幼い千佳には
    逃げるという選択肢すらないどころか、一生懸命に
    母を支えてたってーのが健気だ・・・

    見た目は一番奇天烈なこの子が一番戦力になる人材だったとはねー。

    だけど確かにこの時期に吹きっさらしの野外のレストランて
    料理もすぐに冷めちゃうだろうし、問題あり過ぎよねぇ・・・
    料理は美味しそうでも、行ってみたいとは思わない(笑)。

  • ぐ~たらにっき
    2015年1月30日 12:46 PM

    問題のあるレストラン #03

    『開店!問題のあるレストラン』

  • あるがまま・・・
    2015年1月30日 12:17 PM

    問題のあるレストラン #3:開店!問題のあるレストラン

    千佳ちゃん、いい子!(´;ω;`)ウウッ…
    小さい千佳ちゃんが、一人キッチンで孤独に調理してる姿に泣けた・・・

    引きこもりのゲーマーだったのは千佳ではなく母親だったって何なん、それっ!
    千佳が料理上手なのは、幼い頃から母の為にひたすら料理をした結果だなんて…

    そん…

  • 世事熟視〜コソダチP
    2015年1月30日 10:55 AM

    問題のあるレストラン 第3話★千佳は引きこもってなんかいません

    問題のあるレストラン 第3話
    雨木社長(杉本哲太)と奏子(堀内敬子)と千佳(松岡茉優)が会食。

    この3人が、なんでそろって食事するのか解釈できなかった・・・。

    で、千佳が引きこもりであることに言及した雨木に母・奏子がカミングアウト。

    「千佳は引きこもってなんかいません。引きこもりになったのは私です。」

    さらに「この子と二人暮らしになってから部屋に閉じこもってゲームし…

  • のほほん便り
    2015年1月30日 8:30 AM

    問題のあるレストラン「開店!問題のあるレストラン」

    珍しく予想が当たったぁ!これまで、メンバーで、最もお荷物ちゃんに思われた、ひきこもり・千佳(松岡茉優)が変身して、能力発揮!いったんは、荷物をまとめて出て行くのですが、両親との会食。じつは、ひきこもり、だったのは母親の側で、横暴な夫に心折れて、外出しなくなり、部屋で黙々とネットゲームの世界に逃避。そんな母親を案じて、ずっと料理を作り続け、彼女が自殺しないよう、見守るあまり、学校にも行けなかっ…

  • キッドのブログinココログ
    2015年1月30日 4:36 AM

    パパとママに伝えてまだ好きだよと涙の炊飯器(松岡茉優)

    「ねんりき」(橋本愛)が苦戦しているというのにリーダー主役回である。 しかも・・・これは「mother」の変奏曲・・・。 ポエム全開である。 ひどい父親とひどい母親に放置されて天才シェフが誕生するってひどい話じゃないか・・・。 一瞬で・・・「Nのために」・・・を越えて行ったぞ・・・。 そして・・・冴