【 家族狩り 】第9話 感想

別に裏切ったわけでもないし、騙したわけでもない。
何より、我々の行為には恥じるところがない。

自分が住む家をボロボロにして破滅に追いやる、まさにシロアリと同じ病に
この家族は蝕まれている。
この病はシロアリのように、やがて家族にとどまらず他人に危害を加えだす。
そして、どんどん他の家族にも広がっていくんだ。


家族狩り 第9話

     家族狩り


ごく簡単なあら筋と感想で…。


先週のラスト、

しむら、うしろーーーー!!


からのここ……。

って事で、後ろに立っていたのは当然、大野であった。


何をしてるんですか?こんなところで。

…どうしたんですか?


游子の足元を見る大野。
靴を履いていない。
窓から入って玄関から出てきたのだから…当然である。


いえ…。

もう言い訳もできない游子であった。

ふと見ると玄関には表札があった。「山賀」。
大野は「ヤマガタさん」とかすっとぼけていたのに…表札出してちゃダメじゃんね。


君にはいつか気づかれると思っていたよ。


で、そのまんま拉致。

消えてしまった游子を探す…というよりも渓徳にLINEで探させる浚介。
も~渓徳が万能の草の者すぎる…。

彼氏んとこじゃないかしら?

とか、お母さん、すごくノンキです。
今までそんな事なかったわけでしょ。
普通、心配しないか…もっと…。


たぶん、殴られて拉致されたのか、游子は目覚めると手足を縛られて
狭い部屋に転がされていた。

拘束を解いて、ニコニコと食事を出す山賀。


あの…駒田さん…もしかして…。

ええ。駒田さんを送ってさしあげたのは私達よ。
実森君のご一家を送ってさしあげたのも私達。
私達が送ってさしあげたご家族はたくさんあります。



どういうことですか?


氷崎さん、あなたならすぐに理解できると思うわ。



山賀には游子を「送る」つもりはないらしい。
ただ…游子が手を付けない有機野菜のお食事には何が仕込まれてるか
解らないけどね…。


2日目になると、さすがにノンキな民子さんも娘が帰ってこない事を
心配し始めた。

シャンプーを頼んだから、その友達の所かも知れないと言う民子さん。
けれども、それが誰かは解らないと言う。

…で、浚介は再びシャンプーの購入者探しを渓徳に依頼…。
渓徳、使いすぎ。


游子は山賀がこんな事をするなんて信じられない。
きっと大野に騙されているのだと思い込もうとする。

が、山賀の答えは、


あの人は同志よ。
かけがえのない…。



そして、

私達が送り出しているのは、本当に末期のご家族だけ。


と言うのだった。


大野は、芳沢家にシロアリ駆除に行き、亜衣と話をする。

そして、亜衣の


私を駆除しに来た?
だって、この家にはシロアリいないものいるとしたら私達家族がシロアリ。
このままフタをして。
誰の邪魔もしないけど、誰にも利用されたくない!
私をこの世界から消して。お願い。



という言葉に「末期」を確信。
芳沢家は「送る」ターゲットになった。

その儀式に游子も立ち合わせるつもりの山賀と大野。


あなたも今までたくさん見てきたでしょ。
末期的症状の家庭を。
いつか家族で殺し合う日が来る、それは本当に残酷なことよ。
だから私達が生まれ変わらせてあげるの。


生まれ変わらせる?
人を殺すんですよね?
それじゃ何の解決にもならない。
それで人が救えるんですか?



あなた、今まで何も救えてないでしょ?
私達は救ってさしあげてるの。
その証拠に皆さん、私達に感謝して旅立たれました。



確かに游子は強引に引き離したり叫んだりしているだけで、あまりカウンセラー
として優秀な感じはしないんだよね…。

游子の回想に度々出てくる家族は、息子のDVに悩んでいた家族だったらしい。

7年前、游子はその親に、

息子さんが一番苦しんでおられます。
でも、この苦しみは大人になる成長過程で誰もが通る道です。
どうかご両親があたたかく強く見守ってあげてください。



と、アドバイスしていたのだった。

結果、一家は心中という悲劇を迎え、游子は心を病んで入院。
その時に出会ったのが山賀だったのである。


山賀はその時も游子に言ったのだ。


「今はただ、安らかにお眠りくださいって祈るしかない。
だけど…家族を手にかける前に私に相談してくれたら
楽にしてさしあげられたのにって…。」



それが一家心中に見せかけて家族全員を殺すってことですか?
それが救いなんですか?


あなた、実森さんの最期の言葉聞かなかったの?
あなた達がやって来たから私達はその場を去ったの。
でもあなた、私達の代わりに実森さんから直接聞いてくれたんでしょ?
私はその最期の言葉を知らない。
あなただけは、実森さんの本当の言葉を知っている。



あの時、確かに実森の母は「ありがとう」と感謝して死んでいった。
そして、游子は救急車を呼ばなかったのだ。


そういう意味では、あの時から游子は取りこまれていた事になる。
実森母の死への感謝の言葉を聞いた事で、救ったような気分に
なっちゃったって事だよね。


そして、そこからまた殴られたのか気を失った游子が気付いた時には、もう
儀式の時なのだった。

游子、気絶しすぎ。


芳沢家では、亜衣がネットに会社の機密情報を流したせいで父親が本当に
窮地に陥ることになり、ついにキレた父は亜衣を手にかけようとしていた。

…ところを後ろから誰かに殴られ……

気づいたら、両親は猿ぐつわされて椅子に拘束され、亜衣は両親の向かいに
縛られるという儀式の図。

そこへもう1人、縛られて同席する游子。


そして……

游子を探して、ついに真相に辿り着いた浚介も…縛られて同席しているのだった。


みんな、気絶しすぎ。
ってか大野の戦闘力、高すぎ。


しかし、芳沢家にはガッカリだよ…。
もっと戦闘力の高い一家だと思っていたのに、こんなにアッサリ捕まるとは。


2人の儀式とはこうである。

まず子どもの前で両親を傷つける。
「子どもだけは助けて」と庇う親の姿を子どもに見せる。
(縛られてて庇うも何もあったもんじゃないと思うが…)

子どもは親の愛を実感して、感謝のお手紙を記して死んでいく……。

ぉぃ……子どもの心が救われれば親は死んでもいいのか。

親ってなんて可哀想なんだろう。
親は人間じゃないんだ。
親の心はどうでもいいんだ。

親は子どものDVに遭っても我慢しなきゃならないんだ。

この芳沢家だって確かに父親はクズだけど、会社の機密を流出させちゃう
ような悪質な娘を憎いと思うことは罪なのか
(それ以前に高校生がそんな事できちゃう会社のセキュリティには
ツッコんでおきたい)


別に裏切ったわけでもないし、騙したわけでもない。
何より我々の行為には恥じるところがない。

自分が住む家をボロボロにして破滅に追いやる、まさにシロアリと同じ病に
この家族は蝕しばまれている。
この病はシロアリのようにやがて家族にとどまらず他人に危害を加えだす。
そしてどんどん他の家族にも広がっていくんだ。


子供達も本当はこんなことしたくない、暴れたくなんかない、そう思ってる。
自分で自分が分からなくなることを怖がってる。
そうよね?亜衣ちゃん。



大野さんと山賀さんの白いコスチュームが何とか仮面みたい…。
つまり…もう、自分たちを正義の味方みたいに思っちゃっているらしい。

ロウソク点けたり祭壇みたいなものも作って、宗教だよね、これ。

もちろん、この人たちにもこんな事を始める切っ掛けがあるわけで。

それは、痛ましい出来事が……過去にあったわけなんですよね。
そこんとこ来週に……。で、最終回らしい。


しかし、ここで渓徳は一緒に捕まっていないし、えっと…端折っちゃったけど、
椎村のおかげで冤罪の窮地を救われた馬見原も真相に辿り着いているから、
来週は助けに来ることはもう何となく解る。

端折っちゃったけど油井もやけに良い人みたいになって死んじゃったし、
馬見原さんもやっと刑事らしいお仕事が出来て良かったね。
(撃たれたのにこき使われている椎村くんが、とっても心配です…)


結局…油井も自分の父親との関係が上手くなくてあんな大人になっちゃった
らしいし、みんなが何か欠けている…というところを描いているらしい。

現に游子なんて欠けまくりだけれども、どうしてだろ…
あまり共感も同情もできないんだよな…。

同じ脚本家が書いている他のドラマでは、欠けている主人公の痛々しさが
愛おしくて可愛くてたまらないと昨日感想書いたばかりなのに。

別に中の人のせいではないのよ。
だって松雪さんは好きな女優さんだし。

結局、事件の事であれこれと引っ張られ思わせぶりな所を散々見させられ、
どんどん白けてきてしまったのが原因だと思うんだ。

ただ猟奇的な映像をやりたいから作っただけのドラマ…にすら見えてくる。

家族の痛々しさをもっと抉り出すようなドラマであってほしかった…。
(あれ、最終回前に総括しちゃった)


とりあえず……。
こんな風に子どもと親を縛りつけて刃物突きつけたって「子どもだけは助けて」と、
全ての親が言うとは限らないぜ……。

…と、思ったら、


君はホントに子供を愛していたのか?


とか、おらおらモードで頭切りつけたりしてるし~~。
ええーーー脅して言わせたセリフでも子どもは親の愛を感じるの

なんか……色々と変。


まぁいいや…来週、最終回。

大野・山賀ペアの過去だけは、しっかり痛々しく見せていただきたいなぁ。
この2人くらいには同情させてほしいわ。


※ほら…Yahoo!さんのあらすじ↓も何だか投げやりな感じになってるお…。
いいのか、こんなんで。


二軒の家の謎に気づいてしまったゆう子は、犯人に捕らえられる。
馬見原を罠にはめた油井はとある告白を始める。
芳沢家では亜衣の暴走がついに限界を超えた。
すべてが破滅に向かうのか。それとも?

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



よろしければ→【2014年7月期・夏クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  



※キャスト

氷崎游子 … 松雪泰子
巣藤浚介 … 伊藤淳史

氷崎民子 … 浅田美代子
氷崎 清太郎 … 井上真樹夫
清岡美歩 … 山口紗弥加
鈴木渓徳 … 北山宏光
冬島綾女 … 水野美紀
石倉真弓 … 篠田麻里子

山賀葉子 … 財前直見

椎村栄作 … 平岡祐太
馬見原佐和子 … 秋山菜津子

馬見原 光毅 … 遠藤憲一

駒田幸一 … 岡田浩暉
駒田玲子 – 信太真妃
大熊 … 宮地雅子
大野 甲太郎 … 藤本隆宏
岡村 仁 … 市川知宏
芳沢亜衣 … 中村ゆりか
芳沢孝郎 … 二階堂智
芳沢希久子 … 相築あきこ
鈴木佳苗 … 松浦雅
石倉鉄哉 … 佐野和真
油井善博 … 谷田歩
長峰 … 菅原卓磨
藤崎 … 飯田基祐
馬見原 勲男 … 岡山智樹
冬島研司 … 須田瑛斗
石倉碧子 …


※スタッフ

脚本 … 大石静 、泉澤陽子
演出 … 坪井敏雄、山本剛義、伊藤雄介
プロデューサー … 植田博樹、長谷川晴彦
音楽 … 林ゆうき、橘麻美

主題歌 … androp「Shout」

原作 … 天童荒太「家族狩り 第一部~第五部」
      
公式サイト http://www.tbs.co.jp/kazokugari/















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【 家族狩り 】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 
第8話 第9話


シェアする

フォローする

スポンサーリンク

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

13件のコメント

  • エス・ノト
    2014年9月3日 12:10 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    山賀さん、いい人そうな人ほど怪しいってことでずっと疑っていたら、やっぱりこの人か。

    大野家と山賀家つながってるのね。
    それじゃ、いつか誰かにばれちゃうよ汗

    油井は悪人で終わらせてくれたらよかったのに。。。

  • 昼寝の時間
    2014年9月2日 5:20 PM

    家族狩り #09

    公式サイト 游子(松雪泰子)は、シロアリ駆除業者の大野(藤本隆宏)にあることを確

  • ショコラの日記帳・別館
    2014年9月1日 9:04 PM

    【家族狩り】第9話感想と視聴率「葬送の儀」

    「葬送の儀」 第9話の視聴率は、前回の8.5%より僅かに下がって、8.4%(関東

  • のほほん便り
    2014年8月31日 10:56 AM

    家族狩り「葬送の儀」

    先週、鋭い方には、ピンで、バレバレだったみたいですが、鈍い私には「ああ、なるほど」と、ようよう納得できた回でした。走る、游子(松雪泰子)、目の当たりにしたものは…今度は、囚われた游子、帰らない彼女を巡り、周囲が当惑です。一体、どう着地するのでしょうか?そういう見地から、興味…    (ストーリー)游子(松雪泰子)は、シロアリ駆除業者の大野(藤本隆宏)にあることを確認するため大野白蟻工業を訪問…

  • きこり
    2014年8月30日 9:29 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >みんな、気絶しすぎ。
    ってか大野の戦闘力、高すぎ。
    ホント、無敵だよね(笑
    亜衣はもうちょっとやってくれるかと思ったけど、これからか?
    >ただ猟奇的な映像をやりたいから作っただけのドラマ…にすら見えてくる。
    そうなんだよね~
    この場面を描きたかったんだろうな~と思うようなところはあるんだけど、それが生きてないというか~
    キャラもそんなに深くないというか~大野と山賀だけしっかり描くのかしら~?
    >こんな風に子どもと親を縛りつけて刃物突きつけたって「子どもだけは助けて」と、
    全ての親が言うとは限らないぜ……。
    そうだよね~!逆に私だけは助けて~!とか言ったりしてさ。こんな縛り付けられて刃物突き付けられた状況でどうしろというの・・・
    来週も白アリ教のことを長々と聞かされるのはちょっと・・( ̄▽ ̄;)
    なんか馬見原の冤罪が晴れたり、油井がいい人になって綾女の悩みが消えたりとか、とってつけた感がありすぎて最終回にも期待できないよ・・・

  • レベル999のgoo部屋
    2014年8月30日 7:57 PM

    家族狩り 第9話

    「葬送の儀」

    内容
    巣藤(伊藤淳史)とともに家を調べていた游子(松雪泰子)は、
    突然、家を飛び出していく。そして向かったのは。。。。。

    そのころ、連絡が取れない游子を心配する巣藤。
    朝になっても、游子は家に帰ってこなかった。
    何かオカシイという民子(浅田…

  • トリ猫家族
    2014年8月30日 6:42 PM

    「家族狩り」 第9話 葬送の儀

     さぁ、それではまず、馬見原(遠藤憲一)・油井(谷田歩)・綾女(水野美紀)のところから片付けちゃいますかね(´∀`;)

     綾女の刃を受け止めた油井は救急車を呼ぼうとした …

  • 桜井8号
    2014年8月30日 6:31 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なんかざっくり、あっさり見てしまったような。

    >家族の痛々しさをもっと抉り出すようなドラマであってほしかった…。
    (あれ、最終回前に総括しちゃった)

    ですよね~。今まで見てきた「問題あり家族ドラマ」の中で描かれている重厚さがないというか、いろいろ事件は起きているのだけれども、なんとなくどれも浅く中途半端な感じで…

    >この芳沢家だって確かに父親はクズだけど、会社の機密を流出させちゃうような悪質な娘を憎いと思うことは罪なのか?(それ以前に高校生がそんな事できちゃう会社のセキュリティにはツッコんでおきたい)

    確かにです~。変な話ですが、「誰のおかげで豪華な生活享受できてんねん!」って思いますね。亜衣ちゃんのお部屋綺麗で大きいし、おうちも大きいし。確かにあの父親も悪いところはあります。もっとビシッと娘を敷かれるぐらいでないといかんでしょ。お母さんも。我が家でこんなことしたら、両親から半殺しにされますな^^;;;その前にまずそんな高度な技はできまい。

    >大野・山賀ペアの過去だけは、しっかり痛々しく見せていただきたいなぁ。
    この2人くらいには同情させてほしいわ。

    同感です!!!

    原作もこんな感じなのでしょうか…?

  • ドラマハンティングP2G
    2014年8月30日 5:52 PM

    家族狩り 第9話

    第9話「葬送の儀」2014年8月29日(金) 游子(松雪泰子)は、シロアリ駆除業者の大野(藤本隆宏)にあることを確認するため大野白蟻工業を訪問するが、そこが葉子(財前直見)の自宅と隣接していることに気付き困惑する。 一方、氷崎家を飛び出したまま連絡がつかない游…

  • まこ
    2014年8月30日 5:23 PM

    SECRET: 0
    PASS: 07af5b8e07a195e1e93130d7617e5041
    ヤホーさんのあらすじ、確かにざっくり(笑)。

    だけど実際、油井の最後もやけにあっさりで
    投げやりな感じがしたから、これで正しいのかもね~(笑)。

    そっか、そっか、游子に浚介と、次々と捕獲されたけど
    まだ渓徳と馬見原さんがいるもんねー!
    草の者としてはジャニの先輩田口@蘭丸に負けないくらいの
    活躍を見せてくれた渓徳。きっと戦闘能力も優れてると
    期待しましょう♪
    そして何より馬見原の相棒・椎村刑事は不死身の身体を
    持つ男のようなので、これまた活躍が期待されますわ~!
    この3人がかりで突入すれば、さすがの大野も太刀打ち出来ないと思われ…

    てか物語も佳境を迎え、結構エグい展開なのに
    突っ込みしか思いつかない内容だなんてねぇ(笑)

  • あるがまま・・・
    2014年8月30日 2:08 PM

    家族狩り 第9話:葬送の儀

    シロアリ教、怖っ!((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
    一連の一家心中事件は全てこの山賀と大野の犯行だったのですねー。

    シロアリと同じ病にこの家族は むしばまれている
    この病はシロアリのようにやがて 家族にとどまらず
    他人に危害を加えだす そしてどんどん他の家族にも広が…

  • ぐ~たらにっき
    2014年8月30日 12:28 PM

    家族狩り #09

    『葬送の儀』

  • キッドのブログinココログ
    2014年8月30日 5:52 AM

    狂気とは得体のしれないものを信じる気持である・・・例として神とか悪魔とか(北山宏光)

    ドラマにおけるキャラクター設定というものは実は一種のお約束である。 人格などというものは存在しないし、人間は朝には天使だった人が昼には悪魔になり夜にはなんだかよくわからないものになっていたりする。 男には冷たいのに女には優しい人はいくらでもいる。 それでも・・・天使のような存在、悪魔のような存在、冷