NHK朝ドラ【あさが来た】 第114回 感想

あさ(波瑠)を訪ねて来た成澤(瀬戸康史)は、女性を雇っているあさのことをたたえ、女性教育の大切さを切々と語る。するとあさは…。娘の千代(小芝風花)の様子を見るために新次郎(玉木宏)は、京都の女学校を訪ねていた。悩む千代に新次郎は…。改めてあさを訪ねて来た成澤は、自分の大きな夢を語る。それは、女子の大学校をつくるというものだった。成澤が書いた教育論をあさに渡すと…。
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「あさが来た」第19週「みかんの季節」 第114話


   あさが来た1


※簡単感想デフォルトでよろしくお願い致します~。
※たまに、夜追記する日もあるかもしれないです…。←知れない…です…。
※いいことばかり書いてないんで、そこんとこよろしくお願い致します~。


↑テンプレだす。


史実通り。尼崎紡績の社長を2年で辞めてしまう新次郎はんである…。
もっとも、監査として経営にはきちんと関わり続けていたんですけどね。
ニチメンの立ち上げ事業にも関わっているし……
まぁ…このドラマではそういうことは全て陰ながら草の者のように実行していることになっている。(らしい)


で、娘の様子を見に京都まで。


田村宜と楽しそうに歩くお千代様を見て満足そうな父。


あっ、お父ちゃん!

へ? お…お父様!?


ちゃんと馴染んでましたがな。

  あさが来た114


「巴御前」白岡あさが友達の母親だったことにも驚くわけだが、友達の父が玉木宏であることにもっと驚いて…(違)

そうだよね。
玉木さまがパパで桐山くんが伯父で大金持ちだって時点でもう充分贅沢すぎなんだからママがお家にいないくらいでブーブー言わな……(混同)


さて。
加野銀行では「閻魔紙 No.4」のストーカー・成澤があさに直接働きかけ始めている。


それでは早速ですが、白岡さん、まずあなたに尊敬の念を述べさせて下さい。

尊敬?

私が最初にこの銀行の噂を聞いたのはアメリカ留学中の事でした。
現金を扱う商いに女子を雇うというのは従来の日本の考え方ではありえない。
しかしその通念を軽々と乗り越えしかも評判を上げている銀行が大阪にあると。

どうせ客寄せに掃除でも やらせているのだろう。
そうは思ったものの、どうしても気になった私は帰国後すぐにこの銀行を訪れました。
そして驚いた!彼女たちはきちんと銀行の一員として人格を持って働いているではないですか!

接客の礼儀作法のみならず計算も的確にこなし華やかで目立ちはするものの決して目立ち過ぎる事はなく各人の職務をこなしていました。
その見事さを見に何度ここに足を運んだ事か!
その時の私の喜びの表情を今ここでお見せしたいぐらいです!



いやいや、その喜びの表情、今も充分顔に出てるから。

つまり、あんさんはこう…働く女子をこっそりと見るのが好きいう事だすか?


いや、それじゃガチなストーカーだから


違います!
私は女子が知性を持って社会の一員たろうとする姿を見るのが好きなのです。
女子が男と同格…いや、分野によってはそれ以上の力を持っている。
そう考えるだけで心が躍るのです。



まぁ…でも、一歩間違えるとストーカー気質ではあるよね……。

あさを尊敬していると大絶賛した上に、ついにしな垂れかかってくる成澤。
廊下の男ら、のぞき見してるくらいなら隣にいてくれればいいと思うよね。

ま……
心配するまでもなく……

 あさが来た114-1

反射的に投げる………


当然、わざとしな垂れかかってきたわけではなく、栄養失調でふらついたところを投げられたのだった。


成瀬仁蔵が初めて広岡浅子と会ったのは明治29年の事らしい。
ドラマでも「勤めていた」とされる桃沢女学校@梅花女学校には「教師だった」どころか設立にも関わっている。

教職を離れたのは牧師として布教活動に専念するためで…だから無職じゃない。
浅子と出会った頃には(もちろん、ちゃやんと人を介してね)梅花女学校の校長だった…だ、だから無職じゃない。 

まぁ…朝ドラだから…
妖精どころか変態キャラにされちゃってます。

しかし、イケメンっぷりには食いつく加野屋の女子衆であった。
  あさが来た114-3

いくらイケメンでも紹介や仲介が無ければ怪しい無職の男と交流など成り立たないのは世の常で、おあささまが成澤の話だけで信用しちゃったりしなかったのは良かった。


女子の教育に関心はおありですか!
私は長年女学校で教べんをとり、またアメリカでは女子の教育について学んでまいりました。
日本でも御一新以降、ようやく女性の地位向上が考えられ、明治3年、横浜のヘボン施療所で女子教育が始まり、翌年には5人の女子が初めてアメリカに留学。

そして東京に女学校が開校し、京都では新英学校女紅場が開設され、明治8年には官立の女子師範学校が開校。

しかし、ここに来てまだ女子にだけ開かれていないものがあります。

私は日本で初の女子の大学校を作ろうと思っとります!

是非ともあなたにその設立にご賛同頂きたい。



日本の女子教育について年代付きで長い長い説明をありがとう…。
英女学校及女紅場関連ではぜひ新島八重さんの名前も出していただきたかった。

しかし、ホント、瀬戸くんの声の良さと聞きやすい抑揚には惚れ惚れするわ。
舞台の発声だよね。
  あさが来た114-2


新しい女子教育に理解を示してくれる方は日本広しといえど貴女以外にありますまい!



いや~……
グンマーの女の所に行かなくて良かったですよね…あ、そっちとは前世で会ってるか。
…ぃぇ、何でもありません……。


こうして、成澤が渡した「教育論」の原稿にあさは感動し、涙し……

いよいよ大学設立の準備へ進むのでした。


…の前に、来週の予告が不穏なワケだが、「お母ちゃんは側に居てくれなかった」の後のあの映像って、もう…やっぱり母娘和解のためのアノ事件みたいになっちゃうわけですよね。

そういう予定調和はイヤだな~。


 



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


よろしければ→【2016年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


  
※キャスト

白岡あさ(旧・今井) … 波瑠(子役期:鈴木梨央)

眉山はつ(旧・今井) … 宮﨑あおい(子役期:守殿愛生)

白岡新次郎 … 玉木宏
白岡正吉 … 近藤正臣
白岡よの … 風吹ジュン
白岡榮三郎 … 桐山照史(子役期:吉田八起→河崎脩吾)

白岡さち … 柳生みゆ
白岡千代 … 小芝風花(子役期:東出奈々→中川江奈→鈴木梨央)
東柳啓介 … 工藤阿須加
白岡正太郎 … 木内義一

眉山惣兵衛 … 柄本佑
眉山栄達 … 辰巳琢郎
眉山菊 … 萬田久子
眉山藍之助 … 森下大地(子役期:→南岐佐)
眉山養之助 … 西畑大吾

雁助 … 山内圭哉
亀助 … 三宅弘城
ふゆ … 清原果耶
うめ … 友近
かの … 楠見薫
クマ … 郷原慧
ツタ … 畦田ひとみ
弥七 … 竹下健人

山崎平十郎 … 辻本茂雄
高木ツル … 村崎真彩
末松すず … 三宅唯真
中川ハト … 加藤千果
工藤サカエ … 横田美紀

山屋与平 … 南条好輝
美和 … 野々すみ花
田村宜 … 吉岡里帆
田村フナ … 高橋由美子

治郎作 … 山崎銀之丞
カズ … 富田靖子
サトシ … 長塚圭史
宮部源吉 … 梶原善
伊作 … 中山義紘
福太郎 … 北原雅樹
八五郎 … JEFFI
三坂 … 中川浩三
日野彦三郎 … 上杉祥三
山本平蔵 … 山本浩司
三坂 … 中川浩三
萬谷与左衛門 … ラサール石井

今井忠興 … 升毅
今井梨江 … 寺島しのぶ
今井忠政 … 林与一
今井久太郎 … 興津正太郎(子役期:二宮輝生)

五代才助(友厚) … ディーン・フジオカ

大久保一蔵 … 柏原収史
土方歳三 … 山本耕史
櫛田そえ … 木村佳乃
成澤泉 … 瀬戸康史
成澤カナエ … 宮嶋麻衣

福沢諭吉 … 武田鉄矢
渋沢栄一 … 三宅裕司
玉利友信 … 笑福亭鶴瓶

大隈重信 … 高橋英樹
大隈綾子 … 松坂慶子

ナレーション(語り) … 杉浦圭子

※スタッフ

脚本 … 大森美香
演出 … 西谷真一、新田真三、佐々木善春
プロデューサー … 福岡利武、熊野律時
制作統括 … 佐野元彦
音楽 … 林ゆうき

原作(原案) … 古川智映子『小説 土佐堀川』

主題歌 … 「365日の紙飛行機」AKB48

公式サイト http://www.nhk.or.jp/asagakita/















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【あさが来た】
1 2 3 4 5 6 
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72 
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

8件のコメント

  • くう
    2016年2月15日 3:57 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >私も、この人がこんな役だけで出てる訳ないと思って、
    きっと、ゆくゆく何か大きな手助けになる人だと思っていたのだけど、 ついつい調べたら、あ〜あ(涙)な人だったのね。

    調べちゃったんだ(笑)
    そーなのよ、そういう人なのよ。
    まぁ、このドラマの事だから大事になってもまた、この人も気の毒な人でした程度で終りそうな気がする。
    だから、そんな描き方なら初めからやらなきゃいいのにと思う。
    (史実じゃないし~)

    瀬戸丸は可愛かったね!^^

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2016年2月14日 8:05 PM

    清貧>『あさが来た』第114話

    ももももしかして
    鳴澤泉さんはポスト五代!?

    洋行帰りだし
    あさとの出逢いはストーカーチックだし
    熱いタイプだし
    よの&かのが認めるイケメンだし

    何より
    あさの次なる道を指し示しているし

    …ただ
    本名のままの五代さんに対し
    鳴澤さんは名前を変えているのが謎>ぉ

    …ひじゅにですが何か?

    「女子ももっと学べる大学校があったらええのに」b…

  • もう…何がなんだか日記
    2016年2月14日 8:04 PM

    清貧>『あさが来た』第114話

    ももももしかして鳴澤泉さんはポスト五代!?洋行帰りだしあさとの出逢いはストーカーチックだし熱いタイプだしよの&かのが認めるイケメンだし何よりあさの次なる道を指し示して…

  • 紫花浜匙
    2016年2月14日 4:15 PM

    SECRET: 0
    PASS: 1629aed9eccdb4eefc53248c32c6d425
    私も、この人がこんな役だけで出てる訳ないと思って、
    きっと、ゆくゆく何か大きな手助けになる人だと思っていたのだけど、
    ついつい調べたら、あ〜あ(涙)な人だったのね。
    予告でも起きてしまったし。

    成澤氏は明るすぎる。怪しすぎる。可愛すぎる。

  • くう
    2016年2月14日 1:19 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    そうか懲りたのか!!!(笑)
    でもって、私「生まれ変わり」とか書いちゃったけど稔麿くんが池田屋事件で亡くなるのって成瀬が生まれた後だよね?生まれ変われない ○| ̄|_

    >さて来週はやっぱりあの事件ですな。どうも以前から予想してた通りの展開になりそうですなあ。

    どうしてもアノ事件を入れたいのね…。
    とても朝ドラ向きじゃないと思うんだけど。
    史実でもないし、入れなくてもいいのにな。
    保険と結びつけるなら史実の病気の方を入れればいいのに~。

  • しげ
    2016年2月14日 8:51 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    成瀬さんが仮名なのは「山口の人」だからじゃない?ほれ、某大河も山口が舞台だったわけでw懲りたんじゃないかなwww
    さて来週はやっぱりあの事件ですな。どうも以前から予想してた通りの展開になりそうですなあ。

  • トリ猫家族
    2016年2月13日 5:28 PM

    「あさが来た」 第19週 みかんの季節 第114話

     さても身軽な新次郎はん(玉木宏)、巾着ひとつでふら〜っと京都の娘のところに行ったようだす。
    そこで友達と楽しそうに過ごしている千代(小芝風花)を見てホンマに嬉しそう …

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2016年2月13日 3:10 PM

    あさが来た (第114回・2/13) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式)
    第19週『みかんの季節』『第114回』の感想。
    なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。
    ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと思います。

    あさ(波瑠)を訪ねて来た成澤(瀬戸康史)は、女性を雇っているあさのことをたたえ、女性教育の…