NHK朝ドラ【あさが来た】 第86回 感想

働いてばかりで家にあまりいないあさ(波瑠)は、娘の千代に「なんで普通のお母ちゃんと違うの?」と聞かれ、うまく答えられないでいた。新次郎(玉木宏)も、父としての自分に自信が持てず…。あさは五代友厚(ディーン・フジオカ)から銀行づくりのポイントを聞く。銀行経営に消極的な榮三郎(桐山照史)と言い争っていたあさは、自分の間違いを素直にあやまる。榮三郎は、あさの柔らかさに感心して…。
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「あさが来た」第15週「大阪の大恩人」 第86話


   あさが来た1


※簡単感想デフォルトでよろしくお願い致します~。
※たまに、夜追記する日もあるかもしれないです…。←知れない…です…。
※いいことばかり書いてないんで、そこんとこよろしくお願い致します~。


↑テンプレだす。


昨日に引き続き、千代のままごとで「よそのお母ちゃんとは違てる」と言われたと聞いて悩む夫婦である。


お母ちゃんいうのはな、10人お母ちゃんがいてたら10通りのお母ちゃんがいてますのや。
どないなお母ちゃんがいてたかて、おかしないんやで。


と新次郎は説明したと言うが、この時代ならばあまりそういう考えはないよね~。
もっと夫婦、家ぐるみの覚悟がほしいよね。

もっとも本人が、

そないに違てますやろか?

だもん。

えーー今さらまたそれって思います。

昨日に引き続き、時間止まってんの加野屋。SFなのホラーなの

…である。

朝ドラの子育てへ苦悩する図は大抵甘く解決するので、あまり好きじゃない。
  あさが来た86


もっとも、今日は五代はんのおかげでちょっと時間が進んでるっぽい話が聞けた。


そら、大番頭さんが正しいかも分かりませんなぁ。

え?

そらほんまだすか?

はい。
確かに今はようけ銀行が出来ました。
せやけどその多くは銀行とは名ばかり…。
士族や華族なんかの金持ちがろくに勉強もせんと作った、いわば流行に乗っただけのかっこつけです。せやからいたずらに資金を貸し付けたり「うちは銀行や」言うて威張りくさって客を客とも思てへんとこも多い。

あれらはいずれ潰れます。

今の物価高かて銀行乱立のせえもある。
国も手を打つやろし、しばらくは動いても振り回されるだけです。

せやけど銀行に変われへん両替屋はいずれ消えて無くなる。
これは、あささんの考えが正しい。



現在の日本の経済状況と銀行の行く末をきちんと説明し、その上で八代目にも両替屋の未来について話してくれる。
こういうのが聞きたかったのね。同じ会話グルグルしてないで。


まあ今は耐えて資金をためる事です。
諦めたらあかん。
やると決めたらやり通す!負けたらあかん。
他人にやない…自分にです。

あささんは大阪一の女子の実業家やありませんか。



訓示もさりげないし、ヒロイン上げへの描写も自然だ。

炭坑について聞かれた事にきちんと答えるあさの描写も、そこに入れ込むおじいちゃんの言葉も自然だった。

あさが誰ぞに「何でどす?」て聞かれたらちゃんと教えてあげんのやで。


やっぱり、このドラマ、ビジネス面をちゃんと描いている方が面白いよ。
その方が「トモちゃん」とか言ってるよりも五代さまもずっとイケメンに見えるで。


それにしても、全視聴者奥様方にとっては、この子どもたちも充分「普通じゃない」。

ここは、五代はんにボーーッとなって奥様視聴者の代わりに千代を羨ましがる所だろ…
なにこの無関心さ(爆)
  あさが来た86-1


そして、尾行に気づく探偵の探偵……
  あさが来た86-2


このドラマの五代友厚、暗殺されそう。


 



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


よろしければ→【2016年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


  
※キャスト

白岡あさ(旧・今井) … 波瑠(子役期:鈴木梨央)

眉山はつ(旧・今井) … 宮﨑あおい(子役期:守殿愛生)

白岡新次郎 … 玉木宏
白岡正吉 … 近藤正臣
白岡よの … 風吹ジュン
白岡榮三郎 … 桐山照史(子役期:吉田八起→河崎脩吾)

眉山惣兵衛 … 柄本佑
眉山栄達 … 辰巳琢郎
眉山菊 … 萬田久子
眉山藍之助 … 森下大地(子役期:→南岐佐)
眉山養之助 … 西畑大吾

雁助 … 山内圭哉
亀助 … 三宅弘城
ふゆ … 清原果耶
うめ … 友近
かの … 楠見薫
クマ … 郷原慧
ツタ … 畦田ひとみ
弥七 … 竹下健人
山屋与平 … 南条好輝
美和 … 野々すみ花

白岡さち … 柳生みゆ
白岡千代 … 小芝風花(子役期:鈴木梨央)
白岡正太郎 … 木内義一
田村宜 … 吉岡里帆

治郎作 … 山崎銀之丞
カズ … 富田靖子
サトシ … 長塚圭史
宮部源吉 … 梶原善
伊作 … 中山義紘
福太郎 … 北原雅樹
八五郎 … JEFFI
三坂 … 中川浩三
日野彦三郎 … 上杉祥三
山本平蔵 … 山本浩司

今井忠興 … 升毅
今井梨江 … 寺島しのぶ
今井忠政 … 林与一
今井久太郎 … 興津正太郎(子役期:二宮輝生)

五代才助(友厚) … ディーン・フジオカ

大久保一蔵 … 柏原収史
土方歳三 … 山本耕史
櫛田そえ … 木村佳乃
成澤泉 … 瀬戸康史
山崎平十郎 … 辻本茂雄

福沢諭吉 … 武田鉄矢
渋沢栄一 … 三宅裕司
玉利友信 … 笑福亭鶴瓶

ナレーション(語り) … 杉浦圭子

※スタッフ

脚本 … 大森美香
演出 … 西谷真一、新田真三、佐々木善春
プロデューサー … 福岡利武、熊野律時
制作統括 … 佐野元彦
音楽 … 林ゆうき

原作(原案) … 古川智映子『小説 土佐堀川』

主題歌 … 「365日の紙飛行機」AKB48

公式サイト http://www.nhk.or.jp/asagakita/















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【あさが来た】
1 2 3 4 5 6 
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72 
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

15件のコメント

  • くう
    2016年1月13日 11:42 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >山内圭哉さんが、19日火曜日のスタジオパークに!!

    そうなんですよねーー!仕事なので録画して行かなきゃ。楽しみ^^
    「民王」出ると良いですね!

    >雁助はん、うめさんと一緒にならはって、独立しはりそうでんな……?独立せんといて欲しおすなあ…だす。

    ドラマでは、のれん分けの話がすごく出てきますが、時代に沿うと何処か関連会社の役員に収まってくれないかなぁと…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2016年1月13日 12:49 PM

    大阪一の実業家>『あさが来た』第86話

    いつの間にやら
    五代さんに黄色い声を上げる、よの&かの

    韓流スターに演歌歌手に…と
    熱を上げるのは、やはり
    色んな意味で余裕が出てきたマダム達が多い

    という時代を超えた真理?

    かく言う私は
    マダムじゃないし余裕もないけど
    ミーハーぶりは負けない…かもしれない…いや負けるかな

    …ひじゅにですが何か?

    「お姉さんは柔らかいお人ですな」by榮…

  • もう…何がなんだか日記
    2016年1月13日 12:48 PM

    大阪一の実業家>『あさが来た』第86話

    いつの間にやら五代さんに黄色い声を上げる、よの&かの韓流スターに演歌歌手に…と熱を上げるのは、やはり色んな意味で余裕が出てきたマダム達が多いという時代を超えた真理…

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2016年1月13日 10:23 AM

    あさが来た (第86回・1/12) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式)
    第15週『大阪の大恩人』『第86回』の感想。
    なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。
     ※ベタボメ感想だけを読みたい人は、ブラウザバック(=ブラウザ上で前のページへと戻る)をするのが良いと思います。

    働いてばかりで家にあまりいないあさ(波瑠)は、娘の千代に「なんで普通のお母ちゃんと違う…

  • 南高卒
    2016年1月13日 8:30 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    山内圭哉さんが、19日火曜日のスタジオパークに!!国会中継とかで、流れませんように!!NHKでも、民王映像使ってくれると嬉しいが……。雁助はん、うめさんと一緒にならはって、独立しはりそうでんな……?独立せんといて欲しおすなあ…だす。

  • くう
    2016年1月13日 2:35 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >原作では浅はもっと実家を情報源として活用しているし、実家の信用を利用している。もちろん本人の才能もあるけど、それが本当だと私は思います。

    朝ドラなのでビジネスよりもホームドラマとキャラ上げって事なのだろうと思います。少なくともスタッフと脚本家はそういう傾向でこのドラマを作っているのだと思います。

    せっかく原案本があるのだから、もう少し原案本に沿ってもいいのではとは私も思いますが。

  • くう
    2016年1月13日 2:30 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >昨日の雁助さんとのやり取りは、雁助さんがなぜ銀行設立に反対なのか具体的な理由を述べたところはよかったです。

    志に貸すのは良いけどどうやって回収するんかいって話は良かったですよね。事実だし(笑)

    >「目を見て」だなんて、よのさんが言うんだったらわかりますけど。

    目で正直者が解るんだったら苦労しませんよねーー^^;

    >もう一つ、五代さんが雁助さんの意見を支持する話が終わった時点で、おうめさんが場を離れたのが印象的です。

    そーなんですーー!!
    用があって出て行った風な下がり方でしたが、あれをわざわざ入れ込んだ意味が知りたいです。

    > おじいちゃんの言葉は学校設立につながるのかと思っていたんですが、こういうところにもつながってるんですね。

    私もそれ思ったのです。
    「教える」=学校設立の事だと思ったのですが、こういう所でも生きるのですね。

    > けけけ。おおお。

    KKK OhOhOH でもイケると思います(笑)

  • くう
    2016年1月13日 2:15 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >そういやファイブ代さんってあさの商売の師匠設定だったね。すっかり忘れてたw

    私も忘れてた(笑)
    そもそも私にとってはホントーーに妖精枠だから。春太郎と同じ枠w

    >今日の説明はお見事だったね。
    でも東京行った時に実家に寄ってれば銀行の実態とかもっと勉強出来てるのに・・・はひねくれた見方かな?

    あれはただ単に大久保卿の暗殺事件に絡ませて乱れ前髪五代くんの苦悩シーンで沸かせるための修学旅行だから^^;
    つまりその程度のプロット…。

    思えば本当に炭坑に行っても石ころ拾ってるだけで何やっているか描写がないし、加野屋でも座って帳簿を見ているだけだし、お仕事描写なんてないよな~と最近しみじみ気づいた←遅いよ!

    上のゆうさんのコメントに「同じこと繰り返して呪怨みたい」と書いたら本当に恐くなってきた(;_:)←自分で書いたのに!

    >あと、大番頭はんの表情が気になったな。まさか辞めるとか言い出さないか心配。

    えーー!雁助はんは今のところ、私にとって一番の視聴意欲の源なのに!それは止めてほしいわ~~。

    うめさんが話の途中でスーッと居なくなったのもめっさ気になってるんだ、私は…。

  • くう
    2016年1月13日 2:02 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >炭鉱事業に乗り出すのも前倒しでした。

    そうです。炭坑編の頃に記事に書いたと思いますが、史実の広岡浅子が炭坑事業に乗り出したのは37歳の頃。
    (だから当時としては中年のおばさんが単身で炭坑に乗り込むのと子どもも居ない年若い女性が乗り込むのではだいぶ違うと思うのに周りはもっと反対しないのかいというような事を書いた記憶があります^^;)

    しかし原案本でも炭坑事業は前倒しなのです。
    原案本の旦那さんはトラウマなんてないのでもっと純粋に(って言ったら変だけど)浅子さんの背中を押しているし、妻に触発されて事業にも協力します。

    原案本ではもっと経済と女性労働の歴史が主になって描かれているので、何かこう…やはり朝ドラはホームドラマのシーンを多く取らなくてはならないんだな、と感じます^^;

    史実と違うとしても、せめて普通に原案本通りにする事も許されないんでしょうかね~。

    >炭鉱開業がかなり早い時期に前倒しになっているのに銀行開業が史実通りになるとしたら 五代さんの人生にあわせるためにドラマのあさは足踏みしているような状態になっているんです。

    それはもう、五代ファンのための呪いですね(爆)
    そんな事情で加野屋の会話が何年も同じことを繰り返しているのだとしたら、もう呪怨くらい恐いです(笑)

  • レベル999のgoo部屋
    2016年1月12日 9:23 PM

    あさが来た 第86回

    内容娘から普通と違うと言われ、困惑するあさ(波瑠)新次郎(玉木宏)も、自身のことを。。。。。
    そんななか、五代(ディーン・フジオカ)から、今現在のの銀行業の現状を知らされるあさと榮三郎(桐山照史)あさは、榮三郎に謝罪。
    敬称略
    先週に引き続き?
    と言う…

  • mm
    2016年1月12日 8:14 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    しげ様のコメント
    >でも東京行った時に実家に寄ってれば銀行の実態とかもっと勉強出来てるの に・・・はひねくれた見方かな?

    に全く同意です。原作では浅はもっと実家を情報源として活用しているし、実家の信用を利用している。もちろん本人の才能もあるけど、それが本当だと私は思います。

  • 熱帯魚
    2016年1月12日 7:38 PM

    SECRET: 0
    PASS: 0d0a8a4e58b1599372d0a1e917200c87
    > こういうのが聞きたかったのね。同じ会話グルグルしてないで。

    五代さんの話は面白かった。
    昨日の雁助さんとのやり取りは、雁助さんがなぜ銀行設立に反対なのか具体的な理由を述べたところはよかったです。
    ただ、それに対するあさの答えは、10年間破綻せずに炭鉱経営をしてきた人間のものとは思えなかったのが残念でした。
    「目を見て」だなんて、よのさんが言うんだったらわかりますけど。

    もう一つ、五代さんが雁助さんの意見を支持する話が終わった時点で、おうめさんが場を離れたのが印象的です。
    それが今後にどうつながるのかは分かりませんので見守りたいと思います。

    > 炭坑について聞かれた事にきちんと答えるあさの描写も、そこに入れ込むおじいちゃんの言葉も自然だった。

    あさの素直な性格は一貫して描かれておりとてもよかったと思います。
    おじいちゃんの言葉は学校設立につながるのかと思っていたんですが、こういうところにもつながってるんですね。

    > けけけ。おおお。

    思いっきり間違ってました。恥ずかしいわ。

  • しげ
    2016年1月12日 5:40 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そういやファイブ代さんってあさの商売の師匠設定だったね。すっかり忘れてたw
    今日の説明はお見事だったね。
    でも東京行った時に実家に寄ってれば銀行の実態とかもっと勉強出来てるの
    に・・・はひねくれた見方かな?
    今井パパと世間話程度で帰って来たのがめちゃ残念。(まだ根に持ってるw)
    あと、大番頭はんの表情が気になったな。まさか辞めるとか言い出さないか心配。

  • トリ猫家族
    2016年1月12日 4:54 PM

    「あさが来た」 第15週 大阪の大恩人 第86話

     さて、あさ(波瑠)がお千代(中川江奈)に「何でお母ちゃんは普通のお母ちゃんと違てるの?」と聞かれているのを見た新次郎はん(玉木宏)すぐに助けに行ったさ。

    「あのなぁ …

  • ゆう
    2016年1月12日 4:47 PM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
    このドラマの中には2つの時間軸があるんですよね。
    ひとつは史実にそった五代友厚の時間軸。
    もうひとつはモデルの広岡浅子さんの人生をかなり前倒しにしたあさの時間軸。
    浅子さんがとついだ時に加島屋は新選組借用証文も残っているという話を聞かされたそうですが
    ドラマの中ではあさが土方さんと対面してましたよね。ここは時おもしろいなと思いました。

    炭鉱事業に乗り出すのも前倒しでした。
    実際にはちょうど今頃、浅子さんが30すぎてお子さんが7-8歳になったころだそうですよ。
    銀行を開業するのはおそらく五代さんが亡くなったあとという史実に沿わせるのではないかと思います。
    炭鉱開業がかなり早い時期に前倒しになっているのに銀行開業が史実通りになるとしたら
    五代さんの人生にあわせるためにドラマのあさは足踏みしているような状態になっているんです。

    嫁いでから十数年、おこさんも6つになったという人生時間軸と
    実業家としての経験が雁助への返答にいかされていないことから経験時間軸にも歪みがでています。
    だからもう何年も前から銀行銀行言ってるのにまだそんなことを言ってるのかという印象に。
    ただ時間を変えたことで当主に初孫をみせてあげられたことや
    お子さんの成長を細かくていねいに見せているところはとてもよいと思います。