NHK朝ドラ【あさが来た】 第20回 感想

加野屋からの借金を一度も返していない宇奈山藩の取り立てに行ったあさ(波瑠)は、偶然はつ(宮崎あおい)の女中ふゆ(清原果耶)に出会う。山王寺屋が傾きかけていることを知ったあさは、ふゆにはつ宛ての文を渡すのだが…。時代は混乱し、多くの大名は困窮していた。何度追い返されても、こりずに取り立てに行くあさ。取り合ってくれない宇奈山藩に、ついにあさは座り込みをする。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「あさが来た」第4週「若奥さんの底力」 第20話


   あさが来た1


※とりあえず毎日簡単に感想だけ入れて、書きたい事があったら仕事から帰ってから追記するって方向をお試し中です。よろしくお願い致します~~。(テンプレだす)


びっくりぽんや!!


…って…いやいやいやいやいや…

宇奈山藩の足軽部屋に詰めていた男衆の方がよほどびっくりぽんやで。
イイ所の若奥さんがお供連れてあんなむさくるしいところへ~~。


あさが路上でバッタリぽんしたのは、やはり ふゆだった。

はつは家の中に居て出かけることもできないし文すら書けないと言葉を濁しながら語る ふゆ。


こら可愛らしい娘さんや~。

と、かなり気に入った感じの亀助はん…
お気の毒に…本当だったら今、隣りを歩いてるのは ふゆの方だったんやで。


もっと喋っていたいのだすけど、早ぅ帰らな辞めさせられてしまうよって。


そなアホな!
あんたは大事な若奥様のお付きやろが。



へぇ…そやかて近頃は何やらお店で働く者がどんどん減らされてしもて…。


いっそ、ふゆがお暇出されて今井屋に戻されたりした方が実家に はつの現状が伝わりそうな気がするわ。まぁ…だから逆にお菊さんとしては追い出したいけど追い出せないのかも知れん。


亀助さん、矢立て持ってはりますやろか?

山王寺屋の番頭を見かけて慌てて帰ろうとする ふゆに、手拭いに書付けした物を渡す あさ。


これ、お姉ちゃんに!
信用できるのはあんただけや。



しかし、山王寺屋へ戻ると書付けを渡された事はすでに番頭から菊に報告済み。
追われたあげく、はつに渡す前に井戸へ落としてしまう ふゆ。

どうも井戸まで枯れているみたい。
どうなってるのだ山王寺屋…。

これで、予告で はつがヨレヨレになっていた理由が解ったわ。
折檻でもされたのか、あれから蔵へ閉じ込められっぱなしだったのかと色々考えたけれども、これを拾うために井戸へ入るのだね。

あさは何を書いたのか……
それが今週のキー。


枯れた山王寺屋はんの井戸とは対称に、今日も水がタブタブしている加野屋の桶。
はつと あさの現在の状況がよう解るね。


あさはどんな様子だした?

へぇ。
何でも加野屋さんが貸しはったお金を藩の蔵屋敷まで返してもらいに回ってはるとかで…。


何であさがそないな事を…?
ひょっとしたら あさのお家は困ってはんのやろか…?

外では今何が起こってんのやろ…。
うちだけ井の中の蛙でな~んも知らんのやな。

おはつ様…。


カエルになったんは、うちのせいや。
うちは商いの事かてさっぱりで全部お母様や旦那様の言いなりや。
それでええ思て生きてきたんやけど…
それではあかんかったんやろか…?


はつに自我というものが目覚めつつあります。

それは、幕府に支配されるままに、どんな世界が外にあるのかも考えずに見えない塀の中で生きていたこの国の人たちが、外を知ろうと動き出したこの時代と同じ。


けれども、まだ はつは菊に対抗する力を持てず、夫も助けてはくれない。

対する あさの方はガンガンと攻め込んでいるのだった。

門を押す あさを相撲指南しながら応援しちゃってる うめに笑った。


【関連記事】  

gathery.recruit-lifestyle.co.jp



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


よろしければ→【2015年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


  
※キャスト

白岡あさ(旧・今井) … 波瑠(子役期:鈴木梨央)

眉山はつ(旧・今井) … 宮﨑あおい(子役期:守殿愛生)

白岡新次郎 … 玉木宏
白岡正吉 … 近藤正臣
白岡よの … 風吹ジュン
白岡正太郎 … 木内義一
白岡榮三郎 … 桐山照史(子役期:吉田八起)

眉山惣兵衛 … 柄本佑
眉山栄達 … 辰巳琢郎
眉山菊 … 萬田久子

雁助 … 山内圭哉
亀助 … 三宅弘城
美和 … 野々すみ花
ふゆ … 清原果耶
うめ … 友近

今井忠興 … 升毅
今井梨江 … 寺島しのぶ
今井忠政 … 林与一
今井久太郎 … 興津正太郎(子役期:二宮輝生)

五代友厚 … ディーン・フジオカ

大久保一蔵 … 柏原収史
土方歳三 … 山本耕史
櫛田そえ … 木村佳乃

玉利友信 … 笑福亭鶴瓶

ナレーション(語り) … 杉浦圭子


※スタッフ

脚本 … 大森美香
演出 … 西谷真一、新田真三、佐々木善春
プロデューサー … 福岡利武、熊野律時
制作統括 … 佐野元彦
音楽 … 林ゆうき

原作(原案) … 古川智映子『小説 土佐堀川』

主題歌 … 「365日の紙飛行機」AKB48

公式サイト http://www.nhk.or.jp/asagakita/















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【あさが来た】
1 2 3 4 5 6 
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

11件のコメント

  • くう
    2015年10月21日 4:41 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >でもすごいわー、バイタリティがあって見ていて気持ちがいいです。

    ですね~。
    で、そんな事あるわけないやん…と思う事が史実なので、まぁ…そうなんだ…凄い女だわと納得しちゃうという(笑)

    >なにより「新選組にたちむかわはってすごいわ、あささん(絶賛の嵐)」にならないところがいいです。
    ぼやかれたり、文句言われたり、世間の噂になったりしているところがいいです。

    そうなんですよね。
    視聴者から不満が出る前に周囲がちゃんと諭したり不安がったり馬鹿にしたりしている。
    ドラマの中の人たちはまだちゃんと江戸時代なんだという設定にホッとします^^

    >武士目線で時代劇見ていると無尽蔵にあるように今まで思ってましたがそうじゃないんですね。

    そうですね~。そもそも町人主体の幕末ものなんて大河でもありませんもんね。
    新鮮な目線で楽しめます。

  • くう
    2015年10月21日 4:12 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >いや~たいした違いや・・・もしふゆちゃんがお付きだったら、恋が芽生えてたかもしれんのにい~( ̄∇ ̄;)

    うめさんじゃ恋は芽生えんのか(爆)
    いずれそんな展開になったらイイ夫婦漫才やってくれそうやで…ってか、ほんと2人ともいくつ設定なんだろ^^;

    >って、はつ井戸に入るの?∑(゚Д゚ノ)ノ
    そんなおてんばさんやないのに・・追い詰められてしまうのかちら・・・

    予告で汚れてボロボロになって何か字が書いてあるものを持ってるシーンがあったやん。
    何があったらあんなことになるんだ大阪なのに戦火にでも巻かれたのかよっっと思ってたけど、どうしても文が読みたくて井戸に入るに違いないという結論に達した!←妄想(爆)

  • くう
    2015年10月21日 4:06 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >しかもこれが史実だっていうところがスゴイですよねー! ほんと今回の朝ドラは土台自体も面白すぎる!

    いやぁ…ツイッターではよく「これを大河に」って声が出回っていて、それこそ禁門の変もスルーだし今のままでは大河はとても無理と思うわけですが、題材だけならばとりあえず現行大河の人よりもよほど相応しいですよね(笑)

    >ちょっと品の良い糸子な感じで(違

    あ、わかります(笑)
    時代的にもお生まれ的にもすごいお嬢様で品はあるんですが、糸子に繋がる元気はありますよね^^

    >商才があることを今から丁寧に出していて、今後の成功に信憑性をもたらしていること。

    そうですね。
    今の段階でも子どもの頃からの2週に渡るエピがもう生きてますもんね。無理なく「すごい女子や」と思わせてもらえてます。

    >滲み出る強さが必要なハツの方で、今は超納得です。

    ですね~。はつの方が役柄的には難しいでしょうね。山王寺屋さんは全員複雑な闇を抱えてますから(笑)
    琢郎義父はんが爆発するところも見てみたい^^;

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2015年10月20日 10:05 PM

    手紙>『あさが来た』第20話

    帰宅予定だった祖母が発熱のため取りやめになり
    ベッドの空きがないので取り合えず
    同じ施設内の高級部門(笑)に数日お世話になることに

    オートロックで出入りする人にだけ番号が知らされ
    中に入るとスリッパに履きかえることになっている
    勿論、個室で
    ロッカーではなくタンスが置いてあって
    TVもあってイスもある

    危険な状態は脱したとはいえ
    まだ点滴に繋がれている祖母には関係な…

  • もう…何がなんだか日記
    2015年10月20日 10:05 PM

    手紙>『あさが来た』第20話

    帰宅予定だった祖母が発熱のため取りやめになりベッドの空きがないので取り合えず同じ施設内の高級部門(笑)に数日お世話になることにオートロックで出入りする人にだけ番号が知ら…

  • ゆう
    2015年10月20日 6:29 PM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
    井の中の蛙、Tシャツの表にピョン吉。私も「フンッ」が良かったと思いました。
    でもすごいわー、バイタリティがあって見ていて気持ちがいいです。
    用意周到、遠足の前の晩みたいにいろいろ用意してましたよね。
    なにより「新選組にたちむかわはってすごいわ、あささん(絶賛の嵐)」にならないところがいいです。
    ぼやかれたり、文句言われたり、世間の噂になったりしているところがいいです。
    それから今日は惣兵衛がいいと思いましたよ。
    「両替屋は打ち出の小づちやあらへん」てほんとだと思いました。
    武士目線で時代劇見ていると無尽蔵にあるように今まで思ってましたがそうじゃないんですね。

  • レベル999のgoo部屋
    2015年10月20日 6:09 PM

    あさが来た 第20回

    内容
    正吉(近藤正臣)の許しを得て、宇奈山藩へと取り立てに向かったあさ(波瑠)
    そこで、偶然にもはつ(宮崎あおい)の女中・ふゆ(清原果耶)と再会。
    はつの状態や、山王寺屋の窮状を知る。
    すぐに、あさは、はつ宛てに文を書くのだが。。。。

    敬称略

    いろいろ、…

  • 世事熟視〜コソダチP
    2015年10月20日 3:50 PM

    「あさが来た」第20回★井の中の蛙

    連続テレビ小説「あさが来た」
    第20回(10月20日)

    加野屋からの借金を一度も返していない宇奈山藩の取り立てに行ったあさ(波瑠)は、偶然はつ(宮崎あおい)の女中ふゆ(清原果耶)に出会う。山王寺屋が傾きかけていることを知ったあさは、ふゆにはつ宛ての文を渡すのだが…。時代は混乱し、多くの大名は困窮していた。何度追い返されても、こりずに取り立てに行くあさ。取り合ってくれない宇奈山藩に、つ…

  • きこり
    2015年10月20日 3:39 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >お気の毒に…本当だったら今、隣りを歩いてるのは ふゆの方だったんやで
    いや~たいした違いや・・・もしふゆちゃんがお付きだったら、恋が芽生えてたかもしれんのにい~( ̄∇ ̄;)
    てか亀助はんっていくつの設定なんだろ?時代劇は年がわからんわ~(笑
    >枯れた山王寺屋はんの井戸とは対称に、今日も水がタブタブしている加野屋の桶。
    はつと あさの現在の状況がよう解るね。
    も~対比がこわいわーー(笑
    潤って水が回っている加野屋さんとからっからに乾いてぎすぎすしている山王寺屋さん・・
    山王寺屋がつぶれるのはいいけどはつがどうなるのか・・・
    って、はつ井戸に入るの?∑(゚Д゚ノ)ノ
    そんなおてんばさんやないのに・・追い詰められてしまうのかちら・・・

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2015年10月20日 2:02 PM

    あさが来た (第20回・10/20) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『あさが来た』(公式)
    第4週『若奥さんの底力』『第20回』の感想。
    なお、原案:古川智映子氏の『小説 土佐堀川』は既読。

    加野屋からの借金を一度も返していない宇奈山藩の取り立てに行ったあさ(波瑠)は、偶然はつ(宮崎あおい)の女中ふゆ(清原果耶)に出会う。山王寺屋が傾きかけていることを知ったあさは、ふゆにはつ宛ての文を渡すの…

  • かこ
    2015年10月20日 1:19 PM

    SECRET: 0
    PASS: 8f7db576fadcdb1735211664d8a0c82f
    〉イイ所の若奥さんがお供連れてあんなむさくるしいところへ~~。
    しかもこれが史実だっていうところがスゴイですよねー! ほんと今回の朝ドラは土台自体も面白すぎる!

    それと今日は「フンッ」が良かった!
    威勢の良い演技が初めて自然だった気がします。照れがなかった。この路線で頑張ってほしいです。ちょっと品の良い糸子な感じで(違

    ストーリー的にうまいなーと思うのは、新次郎さんとの会話で駆け引きの巧さを出したり、情報収集や分析能力があるところ、着眼点が良いところ、度胸がある、などなど、商才があることを今から丁寧に出していて、今後の成功に信憑性をもたらしていること。 ここが前作とはえらい違いで、安心して見てられます。
    というか、もはや比べるのは前作なんかじゃなくって、カーネですね!
    ハルちゃんの演技も徐々に良くなってきてるし、ほんと毎朝楽しいです!

    はつは状況タイヘンだけど、どんなことあっても強いはず(勝手に篤姫に脳内変換) これはまさに、あおいパワーですよね。うまいキャスティング。最初はお転婆じゃない方で違和感あったのですが、滲み出る強さが必要なハツの方で、今は超納得です。