【 軍師官兵衛 】第22回 「有岡、最後の日」感想


劣悪な環境の有岡城の土ろうに1年間幽閉され、官兵衛(岡田准一)は、身も心もぼろぼろに
なりながら何とか命をつないでいた。
一方、死期を悟った半兵衛(谷原章介)は秀吉(竹中直人)と最後の面会を果たすため療養先を
引き払う。
そんな中、村重(田中哲司)は自ら毛利に援軍を請うため、だし(桐谷美玲)たちを見捨て城を
脱け出る。
主を失い落城が迫る中、善助(濱田岳)ら黒田家臣団は官兵衛を救うべく城内への突入を敢行する。
(「Yahoo!TV」より引用)


    軍師官兵衛op

軍師官兵衛 第二十二回「有岡、最後の日」


ものすごく簡単感想で。←もうテンプレ……。

※特に感動したり泣いたりしてないので~その辺、サラッとお察しください…。


天正7年(1579年)4月。

有岡城の土牢に官兵衛が閉じこめられて半年。
劣悪な環境の中、何とか生き延びている官兵衛を救おうと、善助たちは有岡に潜入して
様子を窺っていた。


相変わらず、官兵衛の元へ食料を運ぼうとして村重から怒鳴られたりしてる だしさん。

うん…この だしさんは、村重目線的には見捨てられても仕方ない奥だって
気もしてきた……。


しかし、このドラマの村重はこの時点では城を見捨てて出ていくわけではなく、
毛利に援軍をお願いするために茶道具を土産に持って出ていく…という説を採用。

もちろん、そうだったのかも知れないし、ただ家臣も家族も捨てて逃げ出しただけかも
知れず…その辺は本人の記録が残っているわけでもなくタイムマシーンがあるわけでも
ないので後世の想像の範囲でしかないのです。

この村重の突然の有岡城単身脱出は歴史上本当に謎なのである…。
このドラマで描いている通り、ちょっと人格破壊していたのかも知れませぬ。


ま、とりあえず、それは置いておいて。

官兵衛の無事を確認した善助は、黒田にそれを報告。
時を同じくして秀吉にも報告される。


大笑いで大喜びの秀吉。

ご安心下さい。
松寿は生きております。


と、半兵衛に報告されて、さらに大笑い……。

おぃぉいぉいぉぃ……声がデケーよ……みんな聞いてるよ……。

と、ヒヤヒヤするのは視聴者のみなのでありました。


半兵衛の体調が回復した事も大喜びな秀吉であったが、それからほどなくした6月13日、
この戦の陣中にて死去。

36歳である…若いね。
あまりやつれた感じもなく、最後までお美しい半兵衛さまでございました。

きれいな顔してるだろ…。
ウソみたいだろ。死んでるんだぜ……
(↑と、つぶやくと年がバレるらしい)


天下を…。

と言うのが秀吉に残した最後の言葉。
それに強く頷く秀吉。

この人が長生きしていたら……
秀吉の死後、豊臣家はどういう方向に行っていただろう。


なお、今回もう1人、自身の死亡フラグ公表した人物が。

宇喜多直家。
黒魔王っす。


悪い病に取りつかれたようじゃ。
八郎の元服までもたぬかもしれぬ。



と、魔王でも一応息子と家の行く末は心配らしい。
どんな人間にでも等しく死は訪れる。

ここにきて、やっと直家は毛利を捨て、織田へ…と、裏心なく決心したらしい。

んでも…蜂須賀小六を呼び出して、


本領安堵は相違ないな?
今日を限りにわしは毛利を捨て織田につく!!



と、めっちゃ上から目線の臣従であった。


さて、上に先に書いちゃったけれども、荒木村重は9月2日、有岡城を単身出奔して
尼崎城へ移動~。


今日の信長劇場は、またまた地球儀を見ながら「日本どこか知ってる?」自慢からの~、
村重出奔報告に怒り狂い~の、宇喜多の調略を喜び勇んで報告する秀吉を蹴倒し~の、
大荒れでございました。


「速やかに降伏を承知すれば城の者の命は助ける」という信長さまの慈悲に応えず、
妻子家臣と城を捨てた村重。


村次…わしは思いついたのだ。
信長に決して負けぬ手だてを。

生きる事だ。
わしが生きておる限り信長に負けた事にはならぬ。

何があろうと生きて生きて生き抜いてやるーーーーー!!



なんか、もう目が完全に逝っちゃってますが……

生き抜いたもん勝ちだっつーのは、この大河的にはテーマなのだろうから、
村重さん正しい……って事だよね~…ぇ…。


もうこの城も終わりだ。
息子の玉松だけはうまく逃げてくれればよいのだが。



と、嘆く牢番に、

わしが…預かろう。


と申される慈悲深い官兵衛どのでございました。


混乱に乗じて、一年ぶりに臭いよ狭いよ汚いよの土牢からスローモーションで救われた
官兵衛どの……。


黒田家臣団の救出劇がSPのよう。


そして、イケメンは汚くてもイケメンなのであった……←ぇ…そういう話…?…


次回は有岡城の戦後処理。
これがきついんだけど。

だしさんも子供らもお気の毒。

とりあえず、今日だしさんが乳母に託した赤さんが、恐らく岩佐又兵衛になると思われ。


※コメントのお返しができていない状態でもうしわけありませんっ。
楽しみに読ませていただいています。



よろしければ→【2014年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



※キャスト

黒田官兵衛 … 岡田准一(少年期:若山耀人)

光 … 中谷美紀
黒田重隆 … 竜雷太
黒田職隆 … 柴田恭兵
いわ … 戸田菜穂
ぬい … 藤吉久美子
黒田長政 … 松坂桃李(少年期:秋元黎→若山耀人)
栄姫 … 吉本実憂
黒田休夢 … 隆大介
井出友氏 … 飯田基祐

母里小兵衛 … 塩見三省
母里武兵衛 … 永井大(少年期:大嶋康太)
栗山善助 … 濱田岳
母里太兵衛 … 速水もこみち
井上九郎右衛門 … 高橋一生
後藤又兵衛 … 塚本高史
力 … 酒井若菜

お国 … 中川翔子
お福 … 阿知波悟美
お道 … 福島リラ
おゆう … 中村映里子

織田信長 … 江口洋介
お濃 … 内田有紀
土田御前 … 大谷直子

明智光秀 … 春風亭小朝
柴田勝家 … 近藤芳正
丹羽長秀 … 勝野洋
滝川一益 … 川野太郎
佐久間信盛 … 立川三貴
万見仙千代 … 田中幸太朗


荒木村重 … 田中哲司
だし … 桐谷美玲
高山右近 … 生田斗真

羽柴秀吉 … 竹中直人
おね … 黒木瞳
羽柴秀長 … 嘉島典俊
竹中半兵衛 … 谷原章介
石田三成 … 田中圭
蜂須賀小六 … ピエール瀧

小寺政職 … 片岡鶴太郎
お紺 … 高岡早紀
江田善兵衛 … 上杉祥三
櫛橋左京亮 … 益岡徹
櫛橋左京進 … 金子ノブアキ
力 … 酒井若菜

伊吹善右衛門 … 尾藤イサオ
おたつ … 南沢奈央(少女時代:三池怜菜)
伊吹文四郎 … 遠藤要
赤松政秀 … 団時朗
円満 … 麿赤兒
石川源吾 … 升毅
別所長治 … 入江甚儀
別所賀相 … ベンガル
別所重棟 … 佐戸井けん太
上月景貞 … 土平ドンペイ

足利義昭 … 吹越満
小早川隆景 … 鶴見辰吾
安国寺恵瓊 … 山路和弘
顕如 … 眞島秀和
山中鹿介 … 別所哲也
宇喜多直家 … 陣内孝則

ナレーション … 藤村志保

※スタッフ

制作統括… 中村高志
脚本… 前川洋一
演出… 田中健二、本木一博、大原拓
音楽… 菅野祐悟
題字… 祥洲

公式サイト http://www1.nhk.or.jp/kanbe/





【送料無料】軍師官兵衛(1) [ 前川洋一 ]

【送料無料】軍師官兵衛(1) [ 前川洋一 ]
価格:1,470円(税込、送料込)



【送料無料】軍師官兵衛 [ 小和田哲男 ]

【送料無料】軍師官兵衛 [ 小和田哲男 ]
価格:998円(税込、送料込)












※トラバが一発でお返しできないブログさまがあります。
何度か試して不可能な場合はあきらめています。無視ではありません

※トラバお返しの際、「管理人承認後表示」にしているブログさま。
その事が明記されていないと、何度も試してダブる可能性があります。ご了承を





※「Twitter」ID「kukucoo」です。
大量ドラマツィートに耐えられる方はフォローよろしくお願いします~



FC2にトラックバックが飛ばないサイトさま記事リンク(お申し出ください)




【軍師官兵衛】1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

21件のコメント

  • ショコラの日記帳・別館
    2014年6月2日 10:00 PM

    【軍師官兵衛】第22回感想と視聴率「有岡、最後の日」

    「有岡、最後の日-遂に奇跡の生還!」 第22回の関東の視聴率は、前回の14.8%

  • まっかん
    2014年6月2日 6:23 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    来週は、自分がお気に入りの桐谷美玲の行方が気になりますwww
    福岡在住で、軍師官兵衛に縁があるのですが、歴史の事はよくわかってませんwwなので、今後展開を知らないまま見れてソワソワ、ワクワク♪でたまんなく面白いww

    もしよければ、テレビ番組の紹介ブログを作ったので、見てください。
    おめめの恋人です。
    http://omemenokoibito.blog.fc2.com/

  • みやさとの感想文と(時々)感想絵
    2014年6月2日 4:33 PM

    軍師官兵衛 第22回「有岡、最後の日」・・…

    昨日のうちに感想が書けませんでしたが、本日、ジャンプ感想に先立って 大河感想をまず書かせていただきますm(__)m先週から書いておりますが第22回は有岡も最後の日でございましたが…

  • またり、すばるくん。
    2014年6月2日 4:22 PM

    大河ドラマ「軍師官兵衛」第22話

    第22回「有岡、最後の日」  

  • 昼寝の時間
    2014年6月2日 3:44 PM

    軍師官兵衛 #22「有岡、最後の日」

    公式サイト 劣悪な環境の有岡城の土ろうに1年間幽閉され、官兵衛(岡田准一)は、身

  • 世事熟視〜コソダチP
    2014年6月2日 12:24 PM

    『軍師官兵衛』第22話「有岡、最後の日」★荒木村重、自己中!!

    『軍師官兵衛』第22話「有岡、最後の日」

    史実が分かっていて、荒木村重(田中哲司)や官兵衛(岡田准一)の運命はある意味ネタバレ状態なんだけど、見ていて面白いのが『軍師官兵衛』
    −◆−
    善助(濱田岳)が有岡に潜入し、ふんどし姿で土地牢のすぐ外まで泳ぎ着きました。

    西島秀俊みたくムキムキではない濱田岳くんではサービスカットにはならないね。
    とりあえず「殿。栗山善助でございます。…

  • 平成エンタメ研究所
    2014年6月2日 9:31 AM

    軍師官兵衛 第22回「有岡、最後の日」〜わしが……預かろう

     最近、つくづく思うのですが、人間にはやはり器というものがあると感じている。
     その人が背負える荷物の量と言い換えてもいい。
     村重(田中哲司)の場合は、背負う荷物の量が多すぎたんでしょうね。
     天下とかを狙い、あまりにも多くの物を背負いすぎたために重さ…

  • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
    2014年6月2日 7:36 AM

    軍師官兵衛第22話(6.1)

    竹中半兵衛@谷原章介は黒田官兵衛@岡田准一の嫡男松寿丸@若山耀人を
    助けていたことを羽柴秀吉@竹中直人に告げた後病没、
    一方、有岡城に孤立した荒木村重@田中哲司は毛利に援軍を要請するため、
    だし@桐谷美玲たちを残し、城を脱出、
    村重のいなくなった有岡城はやがて落城、
    土牢に幽閉されていた官兵衛は家臣団に救出されたと。

    小学生の頃、織田信長の伝記を読んで、
    妻子を見捨てて有岡城を脱出、名声が…

  • キッドのブログinココログ
    2014年6月2日 5:45 AM

    兵法三十六計の十九・・・釜底抽薪と軍師半兵衛(谷原章介)

    「釜底抽薪」とは文字通り、釜の底から焚き木を抜く・・・という意味である。 石川五右衛門は釜ゆでされないために釜の底の薪をあらかじめ盗んでおけばいいのである。 煮えたぎる湯ではなくて・・・その根本にあるものに対処するというのは着眼点を変えるということである。 あえていえば・・・メルトダウンを起こさない

  • センゴク雑記
    2014年6月2日 12:07 AM

    「軍師官兵衛」 第22回、有岡、最後の日

    大河ドラマ「軍師官兵衛」。第22回、有岡、最後の日。
    追い詰められた有岡城主・荒木村重の取った行動とは。
    そして、牢に囚われている官兵衛は・・・。

  • あしたまにあーな
    2014年6月1日 11:02 PM

    軍師官兵衛 第22回「有岡、最後の日」

    長い幽閉生活も今回で終わり。主人公が全く動くことなく、時折外の気配を察しては涙するということでなんとか場を繋いできましたが、それも今回までということでスタッフの方や脚本家の方も苦労された事と思います。お粥をしっかりと食べるだけで、伝染病などの病にかかることもなくよく生き延びることができたなと感心するとともに、それも含めて運命だったのではないかと思わずにはいられません。 牢屋の中で、門番の息子…

  • オールマイティにコメンテート
    2014年6月1日 10:05 PM

    大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術22村重逃亡!官兵衛は善助らによって1年ぶりに有岡城から救出された

    大河ドラマ「軍師官兵衛」第22話は幽閉された官兵衛を救出しようと善助らが時を伺っていた。そんな中半兵衛は秀吉に松寿丸は生きていると告げて官兵衛に後を託すと言い残してこ …

  • 事務職員へのこの1冊
    2014年6月1日 9:19 PM

    軍師官兵衛~第二十二話「有岡、最後の日」

    第二十一話「松寿丸の命」はこちら。 先週負傷したうちの猫は驚異的な回復力を見せ、

  • レベル999のgoo部屋
    2014年6月1日 9:02 PM

    軍師官兵衛 第二十二回

    『有岡、最後の日』
    「“有岡、最後の日”ついに奇跡の生還!」

    内容
    官兵衛(岡田准一)が、有岡城に幽閉されて半年。
    幾度かの聞き込み、潜入などで
    九郎右衛門(高橋一生)は、官兵衛が土牢に囚われていることをつかむ。
    水堀を泳いで渡った善助(濱田岳)は、官兵衛…

  • 真田のよもやま話
    2014年6月1日 8:55 PM

    NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」第22回「有岡、最後の日」

     戦国戦隊!クロダケジャー!ドッカ~~~~ン!・・・あ、失礼。私一人で盛り上がってしまいました。いえほら先週有岡城下に潜入していたご家来衆が正に超戦隊のキャラ配置ではないかと~!太兵衛殿、九郎右衛門殿、文四郎殿、お道さん、善助殿・・・熱血な人、ニヒルな人、太った人、女の人、小さい人!ね!ね!黄金比率じゃないですか~~~!これが超戦隊でなかったらバードゴーですよ!描き分けやすい配置にされました…

  • 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
    2014年6月1日 8:48 PM

    半兵衛の死、そして・・・ ~軍師官兵衛・有岡最後の日感想~

    半兵衛が官兵衛を心配しつつ、肺の病気で亡くなったのは1579年6月13日。
    両兵衛と呼ばれた秀吉参謀の一端が崩壊した。
    官兵衛はのちに若さゆえか最大の過ちを犯すわけだし。

    その官兵衛は相変わらず土牢の中で死にかけている状態で。
    家臣たちはそれをつかんでいるものの、助けるすべまでは見つからず。
    まあそれだけでも一族にとってはうれしい限りか。
    嫡男の松寿丸の行方もつかめないわけだ…

  • 雨ニモマケズ 風ニモマケズ
    2014年6月1日 8:45 PM

    大河ドラマ「軍師官兵衛」 #22 有岡、最後の日

    土牢の場所を特定した善助。
    いよいよ救出へ向かって一直線です。

  • BROOK
    2014年6月1日 8:09 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >声がデケーよ……みんな聞いてるよ……。

    これ、ツッコミどころですよね(笑)
    あんなに大きな声で話していては、
    どこで織田の間者が聞いているか、わかったものではないと思います。

    次回は地面に転がって悔しがる村重に期待しています♪
    だしたちのことはいろいろと辛い展開が待っていそうですね…。

  • ふるゆき
    2014年6月1日 8:07 PM

    SECRET: 0
    PASS: 5cbfda3eaf5f1e17073fcc7b99027d2a
    とうとう半兵衛が短い生涯を終えてしまったので、秀吉の軍師の座も、天下を平定する大事業も、官兵衛の器量に受け継がれたというドラマなんでしょうね。
    善助ら三人が救出劇を演じるようすは、たしかにSPを思い出しました。
    次回は、かなり凄惨なことになりそうなので、辛いです。

  • 日々“是”精進! ver.F
    2014年6月1日 8:05 PM

    大河ドラマ「軍師官兵衛」第22回

    官兵衛、救い出される…

    詳細レビューはφ(.. )
    http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406010001/

    【送料無料】軍師官兵衛 [ 小和田哲男 ]価格:1,026円(税込、送料込)

  • ふるゆきホビー館
    2014年6月1日 8:03 PM

    『軍師 官兵衛』 第22回「有岡、最後の日」

     専助から姫路に官兵衛の無事を知らせる手紙がとどき、職隆も光も泣いて喜びます。そのころ病の身をおして播磨の秀吉本陣へ復帰した半兵衛は、官兵衛と松寿丸の件を報告。秀吉も、半兵衛の情義ある措置を喜んで認めました。しかし、無理をした半兵衛は倒れてしまい、ついに陣中で息を引きとりました。いっぽう、牢内の官兵衛は衰弱がひどく、髪は伸びほうだいで着物も汚れたまま。その姿で、半兵衛の死を直観しました。城内…