NHK朝ドラ【ちりとてちん】(2013年・再放送) 第29回 感想

家族を励まそうと小草若(茂山宗彦)に落語を頼んだ喜代美(貫地谷しほり)だが、
小草若の落語は独りよがりの芸で、無残な結果に終わる。
おまけに喜代美と小草若の仲を誤解した友春(友井雄亮)が、秀臣(川平慈英)とともにやってきて
喜代美に結婚を申し込む始末。
正典(松重豊)たちを励ますどころか、かえって騒動を大きくしてしまったことに喜代美はすっかり
落ち込んでしまう。
そんな喜代美の前に大阪から思わぬ人物が現れる。


(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ちりとてちん」第29話「兄弟もと暗し」
     

      ちりとてちんop


※「ちりとてちん」は、2007年10月期のNHK連続テレビ小説です。
当方は当時の放送をオンタイムで見ているので感想は恐らく回顧目線になりがちです。
ご了承のうえ、ご覧くださいませ。

※レビューでは先のネタバレは控えるよう努力します。
※レビューの更新はイレギュラーで…。週まとめは必ず書くようにいたします。

※再放送時間は月~土・午前7時15分からNHKBSプレミアムにて。



草々さんキターーーーーー!!!!!!

の、回でございます。


おじいちゃんの10回目の命日がやってきたというのに和田家は静まり返っています。

派手な事できる経費はないし~…
それ以上にギスギスしているし~…

小草若の落語はますますギスギスを生んだだけに終わったし~…。


その上、喜代美が前回、友春の前で「結婚」の話など出してしまったせいで、
箸工場の社長・和田秀臣がやって来るという騒動まで起こります。

中途半端な所でレビューを始めたので書いていなかった事ですが、この和田秀臣と
いう人は、その昔、おじいちゃんの所で塗箸を作っていた弟子だったのでした。
しかし、塗箸に見切りをつけて出て行ったのを切っ掛けに、こっちの和田家とは
確執があります。おばあちゃんには特に恨まれているのです。

ちなみに、秀臣は友春とエーコの父であります。

喜代美に決まった人が居ないなら、前向きに婚約を検討してほしいと言う秀臣。


失礼ですが、資金繰りがあまりうまくいっていないようですね。
子供同士が結婚するという事になればウチの会社としても合併という形をとって
互いにいい形で発展していけるのではないでしょうか。

なんを勝手な事を!

このまま先代の塗箸が途絶えるよりは、はるかにましだと考えられませんか。

どの口がそんな事言うのや!

私は至って真面目に話しているんです!
…まあ、喜代美さんのお気持ちもありますんで。
また日を改めて伺います。



秀臣の突然の訪問は、ますます家族を沈み込ませます。


次から次へと騒動を起こして今度はおばあちゃんに嫌な思いをさせてしもた。
もう、どないしてええのか分かりませんでした。



まぁ…喜代美のせいとも言えないのですが…ポロっと喋った事が不運を生んだり
騒動を生んだりする。

これも不運というものでしょう。
とことん…ズレてんのやね…。


浜を見ながらボンヤリする喜代美は、遠くの方からズンズン近づいてくる
「ここに居ないはずの人」を発見します。

大股で怪獣のようにズンズンと…。

それは、まぎれもなく、喜代美が逃げてきたはずの草々さんなのでした。


何で…?

…焼き鯖。



小草若にテレビ中継で草々には食えん的な事を言われたのが悔しくて、
わざわざ小浜まで来たという草々さん。

和田家の縁側で魚屋食堂の焼きサバに食らいつきます。


それを家の中から恐る恐る見つめる和田家の人々…。


何だ?あの熊みたいな男は…。

ほら、喜代美のお隣さん。

また落語家け。

次々に珍客ばっかり来るのう。



焼き鯖に食らいつく草々さんを見ているだけで喜代美は辛い。

思わず、おばあちゃんに、縁談を受けたいと言い出したり…急に草々さんに
帰れと言っておじいちゃんの工房に走り去って行ったり…
もう、全く情緒不安定なのでした。


おじいちゃんの写真が自分を見ている。

「喜代美。お前はぎょうさん笑え。」


今の喜代美は全く笑えない。
涙が出てくるほどです。

私…何でこねなってしまうんやろ。


そこへ草々さんが追っかけて来るのでした。

何ですか!?
もう焼き鯖食べたんでしょ!?
帰って下さい!



お母ちゃんは、もうシッカリ娘がなぜ突然帰って来たのか察していました。

態度を見ていればね…解りやすい子やし。


においで分かる。

またそれけ。
失恋のにおいとかあるんこ?


いや…涙のにおいや。
今さっき、喜代美必死でこらえとったけど…。

確かに、そね考えたら辻褄が合いますなあ。
急に秀臣の息子との結婚を受けるとか…。
おかしいと思いましたんや。


ほな、あの人に失恋して、それで里帰りしたいう事?

そういうたら帰ってきた時、何や元気あらへんかったような気ぃするな。

帰ってきた時だけやない。

…帰ってきてから一回も喜代美の笑顔見とらん。


お母ちゃんは、ちゃんと見ていてくれている。
家族はみんな、元気づけようとしていた喜代美の気持ちに気づいてくれた。

やっぱりいい家族ですわ~。和田家。


さて…喜代美を追っておじいちゃんの工房へ入って行った草々さん。

言うてくれ。俺の落語のどこが悪いんや。

草々さんの落語?

お前言うたやろ!「聴いてられへん」て。
俺の落語聴いてられへんて、部屋飛び出していったやろ!?



このために小浜までわざわざ来たんやね。

あれから、いっぱいいっぱい「次の御用日」を練習したんやて…。

小草若が家で「寿限無」をやって、全然ウケんかった話を聞いて大笑い。


あのボケ、あれしかでけへんのや。
ええ加減、他のネタ覚えっちゅうねん。
鼻膨らまして得意そうに「寿限無寿限無」言いよったやろ。



そして、勝手に高座を作ってしまったのでした。


「これ、常吉。常吉はどうしてますな」
「へえ、今あの、お昼のご膳を頂いております」
「これ。ほかの子供はもうとうに…」


あんなに聞きたくなかった「次の御用日」を無理やり聞かされている内に、喜代美は
可笑しくて可笑しくてたまらなくなってくるのでした。


私なんかの言うた事を気にして、一生懸命稽古して、こんなとこまで来て落語をする。
落語が大好きな草々さん。



草々さんが作る「次の御用日」の世界。


「その方、頭の上にて「アッ!」と申したであろう」
「いかほどに仰せられましても、私、とうやんのおつむの上で「アッ!」てな事申し
た事はございません」
「黙れ!おのれ、いま「アッ!」てな事を申しておきながら「アッ!」と申さんなどとは…」



様子を見に覗いた家族は皆、喜代美の笑顔にホッとして笑顔になり…。

その内、草々さんの落語に惹かれて笑顔になり…。


いつの間にか、笑っていたのでした。

おじいちゃんの写真も笑顔。


草々さんが語る。
喜代美が笑う。
みんなが笑う。


それを見ながら…私はいつの間にか泣いていたのでした。
笑いながら泣いていました。

落語を見ながら泣いているなんて、幸せそうな人を見ながら泣いているなんて、
どうかしとるわ~…と思いながらも涙が止まらなかった。

幸せな笑顔を見るだけで、それだけで人は感動できる。心揺さぶられる。

幸せな涙でした。

このドラマのこういう所がたまらなく好きです。
高揚感と切なさと幸せを一度に味わう妙。


「その時は気付いておりませんでしたが、私達家族は、
 おじいちゃんの命日にみんなで笑う事ができたのです」



よろしければ→【2013年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



   


  
※キャスト

和田喜代美/徒然亭若狭 … 貫地谷しほり(少女時代:桑島真里乃)

徒然亭草若(三代目) … 渡瀬恒彦
徒然亭草々 … 青木崇高(少年時代:森田直幸)
徒然亭草原 … 桂吉弥
徒然亭小草若→徒然亭草若(四代目) … 茂山宗彦(少年時代:榎田貴斗・森川翔太)
徒然亭四草 … 加藤虎ノ介
木曽山勇助/徒然亭小草々 … 辻本祐樹
吉田志保 … 藤吉久美子

和田糸子 … 和久井映見
和田正典 … 松重豊
和田小梅 … 江波杏子
和田小次郎 … 京本政樹
和田正平 … 橋本淳(少年時代:星野亜門)

和田正太郎 … 米倉斉加年

和田清海 … 佐藤めぐみ(少女時代:佐藤初)
和田友春→野口友春 … 友井雄亮(少年時代:小阪風真)
和田秀臣 … 川平慈英
和田静 … 生稲晃子
野口順子 … 宮嶋麻衣(少女時代:伊藤千由李)
野口幸助 … 久ヶ沢徹
野口松江 … 松永玲子
野口春平 … 斉藤勇人/新岡澪
野口順平 … 斉藤隼人/新岡塁

熊五郎 … 木村祐一
咲 … 田実陽子
磯七 … 松尾貴史
菊江 … キムラ緑子
徳さん … 鍋島浩
お花 … 新海なつ
緒方奈津子→和田奈津子 … 原沙知絵
原田緑 … 押元奈緒子

鞍馬太郎 … 竜雷太
万葉亭柳眉 … 桂よね吉
土佐屋尊建 … 波岡一喜
万葉亭柳宝 … 林家染丸
土佐屋尊徳 … 芝本正
柳宝の弟子 … 林家染左、林家染吉
烏山 … チョップリン西野
原田颯太 … 中村大輝(少年時代:河合紫雲)

音大の教授 … キダ・タロー
あわれの田中 … 徳井優
横山たかし・ひろし … 本人
五木ひろし … 本人
ニュースキャスター … 浅越ゴエ

竹谷修 … 渡辺正行
堀田由美子 … 和田はるか
高島恵 … 中井飛香
北川沙織 … 村上佳子


語り – 上沼恵美子


※スタッフ

脚本 … 藤本有紀
演出 … 伊勢田雅也、勝田夏子、井上剛、菓子浩、三鬼一希、吉田努、櫻井壮一
制作統括 … 遠藤理史
音楽 … 佐橋俊彦

テーマ曲・ピアノ演奏 … 松下奈緒

















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【ちりとてちん】第1週~第3週、19 20 21 22 23・24
25・26 27・28 29



この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • くう
    2013年11月10日 1:36 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >今日(土曜日の回)も、何度も笑って、何度も泣いて、何度も「いいドラマだなあ…」と思って、予告で草原さんと四草さんを見て、「やったー。ついに来週はまいご三兄弟揃うぞ!」とうきうきして、月曜が待ち遠しくなりました。

    うん…15分間でこれだけ描けるっていうのが、こうやって見直してみると
    つくづく凄いなぁと思いますわ。
    まいご三兄弟ね~( 〃▽〃)
    ここからが徒然亭の本番ですわね。

    >無駄なキャラ、台詞、エピソードがない!本当にすごい脚本だと思います。いいドラマは何度見てもいいですね。

    私は以前見ていた時は、朝忙しくて昼も外で働いていたのでここまでジックリ
    見ることが出来なかったんですわ。
    ほんとありがたい再放送ですよ^^

  • やみー
    2013年11月9日 3:37 PM

    SECRET: 0
    PASS: 154d6f00a51054fa181a46414343d6bd
    今日(土曜日の回)も、何度も笑って、何度も泣いて、何度も「いいドラマだなあ…」と思って、予告で草原さんと四草さんを見て、「やったー。ついに来週はまいご三兄弟揃うぞ!」とうきうきして、月曜が待ち遠しくなりました。

    無駄なキャラ、台詞、エピソードがない!本当にすごい脚本だと思います。いいドラマは何度見てもいいですね。