NHK朝ドラ【ちりとてちん】(2013年・再放送) 第50回 感想

喜代美(貫地谷しほり)の内弟子修業は想像と違い、料理・洗濯・掃除に買い物と、
糸子(和久井映見)の主婦生活と同じようなものだった…。
草々(青木崇高)ら兄弟子たちも喜代美の家事にクレームをつけるばかりで、もともと気が
きかない性分の喜代美にとっては、つらい毎日が過ぎていく。
そんな中、小草若(茂山宗彦)のかばん持ちとして連れて行かれたテレビ局で、喜代美は
清海(佐藤めぐみ)と思わぬ再会を果たす。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ちりとてちん」第50話「ここはどこ?私はだめ?」
     

      ちりとてちんop


※「ちりとてちん」は、2007年10月期のNHK連続テレビ小説です。
当方は当時の放送をオンタイムで見ているので感想は恐らく回顧目線になりがちです。
ご了承のうえ、ご覧くださいませ。

※レビューでは先のネタバレは控えるよう努力します。
※レビューの更新はイレギュラーで…。週まとめは必ず書くようにいたします。

※再放送時間は月~土・午前7時15分からNHKBSプレミアムにて。



内弟子修行の毎日がつらい喜代美。

起きる→掃除→炊事→洗濯→掃除→炊事→洗濯もの取り込み→買い物→炊事……

小浜では糸子お母ちゃんが365日そういう生活を送っているわけだが、それに対する
感謝の気持ちは別にないらしい…。

元々、「お母ちゃんみたいになりたくない」と言っていた喜代美。

今、そうなっている自分もイヤなんでしょうな。
落語のお稽古させてもらえない不満。不安。焦りで仏頂面になる。

お母ちゃんは同じことやっていても楽しそうなんですけどね。


掃除をすればバケツを引っくり返し、買い物に行けば買い忘れに気づき、
買った卵を落として割り、ご飯を炊くのを忘れる…。


洗濯もんは取り込んだんか?

…!…洗濯機の中、入れたままや!!

おい、まだ干してもおらんかったんかい…。



師匠と食事している時、お酒が空になっても動かず、後で草々にいさんから叱られる。

おい。
徳利が空になってたら新しいの持ってこんかい!
ええか?お前は内弟子になったんや。
常に師匠の顔を見て、何をしてほしいんか何をせなあかんのか、先へ先へ気ぃ回して動け。



そんな事言われたかて、気が利かへん周りが見えてへんというところが私を私たらしめて
いる訳でありまして…


と、ますます仏頂面になる喜代美であります。

この辺、ダメじゃん…と思いつつ、ちょっと解る…。
気が利かへんのは私を私たらしめてる所でもあるので~。

こういう先へ先へ人の事を考えて動かなあかんのは苦手です~。


さて。
師匠は小草若兄さんを徒然亭に呼んで、喜代美を託します。


いや、ほんまやったら俺について歩かせて他の仕事見せたらなあかんのやけど、
まあ当分あらへんからな。



こうして、初めての付き人、初めてのテレビ局、初めての有名人たちにワクワクおどおど
する喜代美なのでした。

他の兄さんたちに比べて、小草若にいさんは甘いしねぇ~。


尊徳師匠。柳宝師匠。おはようございますぅ。

おはようございます!

おう!小草若やないかい。

え?今日は「ナニワ情報局」で?

アハハッ違う違う!
私らな、あっちゃの演芸番組に出番があってな。


あ~よかった!もう~レギュラー取られたか思いましたわぁ。


スタジオ入りした兄さんは、さすが太鼓持ち芸人。
大物師匠たちにすり寄っていきます。

ついでに紹介してもらってロボットのように硬い挨拶をする喜代美。

草若師匠の新弟子だと聞いて、お2人とも驚いています。

やはり、三年前のすっぽかし事件は落語界には黒歴史として広まっているようで…。


小草若にいさんを「ナニワ情報局」のスタジオで待っている間、喜代美は
ADさんから「ワダキヨミさん~」と呼ばれて思わず進み出てしまいます。


こちらどうぞ。

え?

あの立ち位置確かめますんで。

え?



スタジオの中央に立たされて、スポットライトを当てられて……。

スターになったような妄想に一瞬陥ったその時…。


おはようございます!

と、スタジオに入ってきたその人は、

まさしく「ワダキヨミ」でありました。


ライトを浴びているビーコを見て驚くエーコ。


ああ~すまんすまん!この子はウチの一門の子でな。
あ~そうかそうか!名前一緒やさかいな!
ちょっと喜代美ちゃん、あっち行ってよか。
 

事情を察した小草若にいさんによって、隅に追いやられ…

光の中で輝くエーコを見つめるビーコ。


久しぶり。

…頑張っとるな。

ビーコこそ。

え?

落語家さんに弟子入りしたってほんまやったんや。

小草若にいさんに聞いたん?

うん。
ねえ、落語家の修業ってどんな事すんの?

…どんな事って?

やっぱり着物着て稽古すんの?面白い小咄とか教えてもろた?



喜代美には何も答えられません。
お母さんみたいな事ばかりやらされとるわ、なんてもちろん言えません。

綺麗な場所でどんどん上に登って行くキラキラしたエーコ。

エーコが現れただけでビーコは陰になる…。


徒然亭に戻って、喜代美は爪を切っている師匠に必死に声を掛けます。

落語を教えて下さい。
私にも稽古をつけて下さい。お願いします!

よいしょ…。ほかしといて。



切った爪が乗った新聞紙を片づけるように指図して、さっさと行ってしまう師匠。


師匠!待って下さい!
炊事も洗濯も掃除も夜中までかかってもちゃんとしますさけ!
私にも落語の稽古をつけて下さい!

落語の稽古?

はい!

さしたってるやないかい。

…え?



わけが分からず、ただ悲しい喜代美。

その答えは、その後で草原にいさんが教えてくれるんですけどね…。


「何でも落ちる洗剤」を嬉しそうに喜代美に差し出す草原にいさん。

前おった店の人気商品でな。
これ1本で家じゅうどこもかしこもピカピカになるっちゅうやっちゃ!
ほらほら!


外もう真っ暗なのに、ほらほら言われても窓見えまへん。


草原にいさん。

ん?

私、いつになったら落語の稽古つけてもらえるんでしょうか?
炊事と洗濯と掃除ばっかりで、これやったら何のために弟子入りしたんか分かりません。


喜代美ちゃんは落語がしたいんか。
それとも落語家になりたいんか。どっちや?


えっ?

趣味でやるだけやいうんやったら俺がなんぼでも教えたる。
けど…落語家になりたいんやったら、今は家事をしっかりやらなあかん。

落語家は人を気持ちよう楽しいすんのが仕事やさかいな。
家事はそれができるようになるための修業や。


どういう事ですか?

それが分かるようになるまでは、師匠は稽古つけてくれはらへんで。



うん…。
外から聞いている分には、とてもよく解ります。

喜代美のお母ちゃんがいい手本だもの。

家事を嫌々やっていて顔に出てしまっては、一緒に暮らしている人は楽しくならない。
幸せにならない。

そこに暮らす人たちが気持ちよく過ごせるための家を作る…
その気持ちを育てることが芸の道にも繋がる。

深いですな。

まず…普通の家の主婦も反省して振り返らなきゃならない事ですわ。←私自身ですな。


しかし、今の喜代美は焦っている。
エーコに会った後の喜代美はいつもそう。

あきらめるか焦るか逃げ出すか……。

ゆっくり修行。心を育てる覚悟。

これを理解するには、まだ未熟すぎる年齢か…。



よろしければ→【2013年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



   


  
※キャスト

和田喜代美/徒然亭若狭 … 貫地谷しほり(少女時代:桑島真里乃)

徒然亭草若(三代目) … 渡瀬恒彦
徒然亭草々 … 青木崇高(少年時代:森田直幸)
徒然亭草原 … 桂吉弥
徒然亭小草若 … 茂山宗彦(少年時代:榎田貴斗・森川翔太)
徒然亭四草 … 加藤虎ノ介
木曽山勇助/徒然亭小草々 … 辻本祐樹
吉田志保 … 藤吉久美子

和田糸子 … 和久井映見
和田正典 … 松重豊
和田小梅 … 江波杏子
和田小次郎 … 京本政樹
和田正平 … 橋本淳(少年時代:星野亜門)

和田正太郎 … 米倉斉加年

和田清海 … 佐藤めぐみ(少女時代:佐藤初)
和田友春 … 友井雄亮(少年時代:小阪風真)
和田秀臣 … 川平慈英
和田静 … 生稲晃子
野口順子 … 宮嶋麻衣(少女時代:伊藤千由李)
野口幸助 … 久ヶ沢徹
野口松江 … 松永玲子
野口春平 … 斉藤勇人/新岡澪
野口順平 … 斉藤隼人/新岡塁

熊五郎 … 木村祐一
咲 … 田実陽子
磯七 … 松尾貴史
菊江 … キムラ緑子
徳さん … 鍋島浩
お花 … 新海なつ
緒方奈津子 … 原沙知絵
原田緑 … 押元奈緒子

鞍馬太郎 … 竜雷太
万葉亭柳眉 … 桂よね吉
土佐屋尊建 … 波岡一喜
万葉亭柳宝 … 林家染丸
土佐屋尊徳 … 芝本正
柳宝の弟子 … 林家染左、林家染吉
烏山 … チョップリン西野
原田颯太 … 中村大輝(少年時代:河合紫雲)

音大の教授 … キダ・タロー
あわれの田中 … 徳井優
横山たかし・ひろし … 本人
五木ひろし … 本人
ニュースキャスター … 浅越ゴエ

竹谷修 … 渡辺正行
堀田由美子 … 和田はるか
高島恵 … 中井飛香
北川沙織 … 村上佳子


語り – 上沼恵美子


※スタッフ

脚本 … 藤本有紀
演出 … 伊勢田雅也、勝田夏子、井上剛、菓子浩、三鬼一希、吉田努、櫻井壮一
制作統括 … 遠藤理史
音楽 … 佐橋俊彦

テーマ曲・ピアノ演奏 … 松下奈緒

















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【ちりとてちん】第1週~第3週、
19
 20 21 22 23・24 
25・26 27・28 29 30 
31・32・33・34 35・36 
37・38 39・40・41 42 
43 44・45 46 47 48 
49 50



この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • くう
    2013年12月6日 12:05 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >50回と51回は新入社員の研修に使えそうな内容です。

    そうですね!
    奈津子さんもおっしゃってましたけれど、どこの世界も同じですね~。

    >ちょっと思うようにいかないとすぐに
    「私がこの会社に入ったのはこんなことをするためではありません」
    とか言いだすひとたちに見せたいです。

    あ~わかります~^^;多い話ですよね。
    新入社員なのにまさにそういう事いうヒロインがかつての朝ドラにいたような~…。
    見ていただきたいですね~。

  • ゆう
    2013年12月4日 8:10 AM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
    50回と51回は新入社員の研修に使えそうな内容です。
    社会に出る大人になるための研修。こんなふうに教えてもらえるなんてうらやましい。
    ちょっと思うようにいかないとすぐに
    「私がこの会社に入ったのはこんなことをするためではありません」
    とか言いだすひとたちに見せたいです。