NHK朝ドラ【ちりとてちん】(2013年・再放送) 第86回 感想

バラエティーの仕事が続々と来るようになった喜代美(貫地谷しほり)。
しかし、新婚生活はすれ違い続きで、ついに草々(青木崇高)が家を出てしまった。
実は草々は、小浜の和田家にいた。
折しも正典(松重豊)と糸子(和久井映見)夫婦もけんかの最中で、草々は正典とすっかり
意気投合する。
草々の行方がわかり、喜代美はほっとするが、仕事を理由に追いかけようとしない。
そんな喜代美に草若(渡瀬恒彦)が声をかける。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ちりとてちん」第86話「人のふり見て我が塗り直せ」
     

      ちりとてちんop


※「ちりとてちん」は、2007年10月期のNHK連続テレビ小説です。
当方は当時の放送をオンタイムで見ているので感想は恐らく回顧目線になりがちです。
ご了承のうえ、ご覧くださいませ。

※レビューでは先のネタバレは控えるよう努力します。
※レビューの更新はイレギュラーで…。書けたり書けなかったりしています。

※再放送時間は月~土・午前7時15分からNHKBSプレミアムにて。



ようこそのお運びで厚く御礼申し上げます。

年季が明けた私には、珍しい女性落語家としてバラエティーの仕事が次々に舞い込みました。
新婚生活は擦れ違いが続き、とうとう草々にいさんが姿を消してしまいました。



で、喜代美の小浜の実家。

突然現れた草々さんにビックリの正典さん。

生活の足しにして下さい!

差し出すのは、あの「二人ぐせ」罰金箱です。

足しにしてて、あんた…小銭…。


お父さん…!
お父さんがお父さんの納得いく塗箸作れるように俺が全面的に応援します!

ほやけんど草々君…。

何ですか?

喜代美一人にしてええんこ?



離婚するかも知れない嫁の実家に行って嫁の父を応援する男。
ま、もっとも、離婚どころか…それ以前のことがあるわけですが…。


実は…。
早すぎたかな思てるんです。結婚すんの。

ちょっと!
今さら考えんでも明らかに早すぎるやろ!


あの正月結婚式の時に視聴者のほとんどが突っ込んだだろう事を今さらツッコまれるとか。


ケンカしたんこ?

え~?たわいないのう…。

草々くん~~!

そやから…若狭の事、もっと知りたいんです。



なるほど…。
師匠からお互いを知らないと言われて、草々さんなりに知る方法を考えたわけですね。
…んでも…一番喜代美を知っている人が今この家におらんのですが…。

その頃、出て行った草々さんを巡って徒然亭でも大騒ぎです。


草々が家出したんやて!?

そうやねん。

あっ、師匠、おはようございます。

うん。
「私、実家に帰らせて頂きます!」言うてな。


言うてへんでしょ?

言うてへん。

人の不幸をネタにせんといて下さい!

婚姻届もな、まだ出してへんかったって。

わざとかもしれんなあ…。

え?

忘れたふりして…ほんまは迷ってたんちゃうか?

いやいや、お前もそういう時期あったやろ?

いえいえ!
うちは交際、同せい、結婚と、こう順々に進めていきましてね。ず~っと夫婦円満で…。


…以上が草原にいさんの反応。


草々家出したて!?
喜代美ちゃん置いて何ちゅう無責任なやっちゃ。
もう離婚しい!離婚!

それが、まだ婚姻届出してないらしい。

え!?ほな話が早い。今からでも遅ないで。俺と結婚しよ。


…と、小草若。

そして、

草々にいさんが家出したそうですね。

と、いつものようにクールに登場する四草。

来よった~…!とどめを刺すような事言うたるな!

…で、何を言うかと思ったら…。


若狭…。
かわいそうに…。


と、肩を抱きしめる…。


四草!お前っ!

妹弟子、慰めたらあかんのですか?

お前は悪ない。
悪いのは全部草々にいさんや。


と、喜代美の髪をくしゃっとしながら、頭なでなで…
う~ん…やっぱりホスト……。

ああ…。そうか。こうやっていつもおねえちゃんを…。

心配やろ?すぐ捜しに行ってき。

ほやけど…。

仕事の事やったら心配ない。
レギュラーの仕事は全部俺が代わりに行ったる。


それが目的か!?
卑劣な男やなあ!

仕事は…ちゃんとやります。

ちっ!!



…兄さんたち、それぞれの反応でございました。

さて、正平からの電話を貰って、実家に草々さんがいると知った喜代美。

草々さんからの電話かと思って、

私が悪かったんです!帰ってきて下さい!

とか叫んじゃってましたが~。

仕事の事は何とかしてやると師匠に言われたのに、行かない喜代美なのでした。


小浜の方では草々さんが焼きサバを買いに入った魚屋食堂で糸子さんに会います。
ここでパートしている事は知らなかったんですかね。


お母さん。お父さんとこ帰ったって下さい。

草々さん。うちはなあ。
お父ちゃんがいつか亡くなったお父さんに負けん塗箸の名人になるって信じとる。


それやったら…。

けど、それには今のままではあかんのやわ。
何かやり方を考えんと。


「何かやり方」…どんなやり方ですか?

「何か」は「何か」や。
どんなんか分かっとったら「何か」って言わんわ!


どんなんか分からな、何かやりようがないでしょ!?



で、ケンカしてるみたい…ってなったら、両手に焼き鯖持って飛びこんで来るのがこの男。

こらこら…けんかすな!


焼き鯖を貰って帰ってきた草々さん。


あの人はケンカの仲裁が趣味なんですか?

ほや。初めて会うた時はわしもびっくりしたで。
犬のけんか仲裁しとったんやさけ。


え…すごい!
ほんまもんの「胴乱の幸助」や…。

何?それ?

うん、ああ、落語でそういう話があんねん。
けんかの仲裁が趣味のおっさんの話。

へえ~…ちょっと聴かせてけえ。

え?ほんまですか!?



ぱぁっと顔が輝く草々さんでした。

正平がせっかく作ったご飯が冷めるのも気にすることなく、「胴乱の幸助」を始める草々さん。

胴乱の幸助という仲裁が道楽な男が「お半長右衛門」という浄瑠璃の話の中の諍いを
仲裁するためにわざわざ京都まで行く話。

大笑いして聞いてくれる正典さんに草々さんは言うのです。


俺なんてまだまだです。
あの、この、お父さんのお箸みたいに洗練されてません。

何を言うとんど。

いや!ほんまです。
この塗箸見てたら、俺ももっと精進せなあかんて背筋が伸びるんです!

…草々くん!

お父さん!


食卓の上でガッツリと手を取りあう義父と義息子…。

一緒に頑張っていこう!草々くん!

はじめって呼んで下さい!

はじめ!

お父さん!



この父子……。


そして徒然亭の方でも偶然、この「胴乱の幸助」を稽古する草原にいさんを見る事になる喜代美。


若狭…。

はい?

はあ…胴乱の幸助がけんかの仲裁してくれたらええのになあ…。
そない思て聴いてたやろ。

いや、別に…。


師匠はこの時、胴乱の幸助が嫁姑の諍いの話をする所で止めをかけていました。


あの後な、胴乱の幸助けんかの仲裁に京都に行きよんねや。
けど時既に遅し。お半長右衛門死んでしもてんのや。

けんかはな、こじれてしもたら取り返しのつかへんようになる。
そういうこっちゃ。



すごい偶然ですが…。

どちらにも「胴乱の幸助」の話。

喧嘩はこじらせたら手遅れ。
師匠の話が引っかかった喜代美はやっと小浜へ向かうのでした。

現実の世界に「胴乱の幸助」はいない。
自分らで何とかしないと手遅れになる。

喜代美と同じくらい草々さんにも危機感持ってもらいたい……

と、ちょっと思ってしまいますが…。


それにしても、魚屋食堂の幸助さんのキャラ。
今さらですが「胴乱の幸助」になぞらえて作っているわけですよね。

毎週、落語になぞらえてエピソードを作る。
落語の中のようなおかしい人たちを描く。
落語のネタに繋がるようなエピソードにする。

これって簡単な事じゃないですよね。

藤本さんの頭の中は、本当にパズル散らばして合わせて…の構想ができているんだなぁと。

改めて凄い…凄すぎる人だと思うのでした。



よろしければ→【2014年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



   


  
※キャスト

和田喜代美→青木喜代美/徒然亭若狭 … 貫地谷しほり(少女時代:桑島真里乃)

徒然亭草若(三代目) … 渡瀬恒彦
徒然亭草々 … 青木崇高(少年時代:森田直幸)
徒然亭草原 … 桂吉弥
徒然亭小草若 … 茂山宗彦(少年時代:榎田貴斗・森川翔太)
徒然亭四草 … 加藤虎ノ介
木曽山勇助/徒然亭小草々 … 辻本祐樹
吉田志保 … 藤吉久美子

和田糸子 … 和久井映見
和田正典 … 松重豊
和田小梅 … 江波杏子
和田小次郎 … 京本政樹
和田正平 … 橋本淳(少年時代:星野亜門)

和田正太郎 … 米倉斉加年

和田清海 … 佐藤めぐみ(少女時代:佐藤初)
和田友春 … 友井雄亮(少年時代:小阪風真)
和田秀臣 … 川平慈英
和田静 … 生稲晃子
野口順子 … 宮嶋麻衣(少女時代:伊藤千由李)
野口幸助 … 久ヶ沢徹
野口松江 … 松永玲子
野口春平 … 斉藤勇人/新岡澪
野口順平 … 斉藤隼人/新岡塁

熊五郎 … 木村祐一
咲 … 田実陽子
磯七 … 松尾貴史
菊江 … キムラ緑子
徳さん … 鍋島浩
お花 … 新海なつ
緒方奈津子 … 原沙知絵
原田緑 … 押元奈緒子

鞍馬太郎 … 竜雷太
万葉亭柳眉 … 桂よね吉
土佐屋尊建 … 波岡一喜
万葉亭柳宝 … 林家染丸
土佐屋尊徳 … 芝本正
柳宝の弟子 … 林家染左、林家染吉
烏山 … チョップリン西野
原田颯太 … 中村大輝(少年時代:河合紫雲)

音大の教授 … キダ・タロー
あわれの田中 … 徳井優
横山たかし・ひろし … 本人
五木ひろし … 本人
ニュースキャスター … 浅越ゴエ

竹谷修 … 渡辺正行
堀田由美子 … 和田はるか
高島恵 … 中井飛香
北川沙織 … 村上佳子


語り – 上沼恵美子


※スタッフ

脚本 … 藤本有紀
演出 … 伊勢田雅也、勝田夏子、井上剛、菓子浩、三鬼一希、吉田努、櫻井壮一
制作統括 … 遠藤理史
音楽 … 佐橋俊彦

テーマ曲・ピアノ演奏 … 松下奈緒

















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【ちりとてちん】第1週~第3週、
19
 20 21 22 23・24 
25・26 27・28 29 30 
31・32・33・34 35・36 
37・38 39・40・41 42 
43 44・45 46 47 48 
49 50 51・52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77
78・79
80・81・82 83・84・85
86



この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)