NHK朝ドラ【とと姉ちゃん】 第131回 感想

金策で試験の評価を操作しようとする村山(野間口徹)たち。
屈しない常子(高畑充希)に、「後悔することになる」と言い残し去っていく。
アカバネの電機釜は安価ではあるが問題が多く、会社の姿勢に問題があるのではないかと常子は疑い始める。
数日後、常子は星野(坂口健太郎)たちを家に招き、もてなしていると、突然石が投げ込まれる。
同じ日に花山(唐沢寿明)の家にも投げ込まれたことを聞き、常子たちはアカバネを疑うが…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」第22週「常子、星野に夢を語る」 第131話


    


※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。


 とと姉ちゃん131-1

朝ドラ名物、投石キタぁぁぁぁ…………戦時中でもないのに。笑.gif


社長と編集長の自宅をわざわざ調べて石投げるとか、ご苦労なことで……。

ってか、自宅を知っているなら金は自宅へ持って来いよ。と思う。

こんな解りやすい犯罪をわざわざするーーーー??

…と、思うけれども、企画コンセプトを説明されて追い出されているのにどんどん金を積んでいく辺り、頭悪すぎるからやるのかも知れない。
  とと姉ちゃん131-2


目障りな「あなたの暮し」はいつ俺の前から消えうせる?

今、酒井が動いております。
いずれ効果は現れるかと。



そうか。 
徹底的にやれと伝えろ。

とと姉ちゃん131


赤羽根社長、対策は指示じゃなくて任せてるのこれ。

あなたの会社、製品も最低らしいですが社員の頭脳も最低っすよ。笑.gif


小橋家でのお食事会は…何だかな…。

おばちゃま~ねえ~あ~んしてぇ。


何で急にこんなこと言い出したんだ青葉よ…。

私が君子の立場だったら自分の娘の苦労が見えるようで後妻入りに反対したいけど~。

…と、思ったら、

ねえ、お母さん。
青葉ちゃんは、とと姉おばちゃんの子どもじゃないのにどうして甘えるの~?

あっそっか。
きっとぉ、とと姉おばちゃんと星野おじちゃんの仲がいいからだねぇ。



何だろう…
この仕込み感は……。汗.gif

仕込みか。仕込みなのか。


こんな甘えた子供が、投石が切っ掛けで、


もうおばちゃん家には行きたくなーーい。

お父さん、家にも石を投げられるかもしれないから、もうおばちゃんとつき合うのは止めてよ!



とか言い出したら、もう…(笑)
いや、たぶんヒロインの方からそう言い出すんじゃないのーー
「危険なので、もう会わない方がいいと思います」とか~。

で、結婚できませんでしたみたいな流れになったら、本当にベタも通り越して色々と変。


※ブログのお引っ越し作業のためコメントの返信が遅れたり無かったりしておりますが申しわけありません。


gathery.recruit-lifestyle.co.jp

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

小橋 常子 … 高畑充希(子役期:内田未来)

小橋 君子 … 木村多江
水田(小橋) 鞠子 … 相楽樹(子役期:須田琥珀)
小橋 美子 … 杉咲花(子役期:川上凛子、根岸姫奈)
小橋 鉄郎 … 向井理

小橋 竹蔵 … 西島秀俊

花山 伊佐次 … 唐沢寿明
水田 正平 … 伊藤淳史
花山三枝子 … 奥貫薫
岡 緑 … 悠木千帆
大塚寿美子 … 趣里
扇田弘栄 … 三谷昌登
島倉勝 … 内野謙太

森田 宗吉 … ピエール瀧
森田 照代 … 平岩紙
星野 武蔵 … 坂口健太郎

村野(中田) 綾 … 阿部純子
東堂 チヨ … 片桐はいり
東堂泰文 … 利重剛
関元 … 寺田農
長澤 … 飯田基祐
片瀬 …黒田大輔
星野大樹 …荒井雄斗
星野青葉 …白鳥玉季
与那嶺なみ …和泉ちぬ
弓岡 … 志賀廣太郎
水田国彦 … 筧利夫
水田むめ … 高橋ひとみ
水田たまき … 吉本美優(子役期:稲垣来泉)
南大昭 … 上杉柊平
赤羽根憲宗 … 古田新太
村山健太郎 … 野間口徹
酒井秀樹 … 矢野聖人
国実恒一 … 石丸幹二

五反田 一郎 … 及川光博
谷 誠治 … 山口智充
相田良輔 … 兒玉宣勝
富樫隆彦 … 笠原秀幸

青柳 滝子 … 大地真央
隈井 栄太郎 … 片岡鶴太郎
青柳 清 … 大野拓朗

田所 竜子 … 志田未来
銀太 … 中島広稀
三宅 … 有薗芳記
工藤せつ … 西尾まり

平塚らいてう … 真野響子

森田 まつ … 秋野暢子
森田 富江 … 川栄李奈
長谷川哲典 … 浜野謙太
田畑 … 谷田部俊
根本 … 杉山裕之
下宿のおばさん … 大島蓉子
木戸 稔 … 白洲迅

早乙女 朱実 … 真野恵里菜
多田 かをる … 我妻三輪子
諸橋 道子 … 野村麻純
島田 早紀 … 菅野莉央
山岸 隆一 … 田口浩正
坂田 徳之助 … 斉藤暁
佃 博文 … 斉藤洋介
袴田辰紀 … 並樹史朗
袴田久 … 山崎画大

玉置茂雄 … 大内田悠平
玉置正雄 … 加藤諒
玉置幹雄 … 藤野大輝
山田 … 田中幸太朗
杉野栄治 … 田山涼成
大迫博文 … ラサール石井

ナレーション(語り) … 檀ふみ

※スタッフ

脚本 … 西田征史
演出 … 大原拓、岡田健、藤並英樹、松園武大
プロデューサー … 盆子原誠
制作統括 … 落合将
音楽 … 遠藤浩二
衣装監修 … 黒澤和子

主題歌 … 宇多田ヒカル「花束を君に」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/totone-chan/




とと姉ちゃん(part1) [ NHK出版 ]

とと姉ちゃん(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,188円(税込、送料込)












「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【とと姉ちゃん】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78 
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96 
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108 
109 110 111 112 113 114
115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126
127 128 129 130 131


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2016年9月3日 11:16 AM

    寿司>『とと姉ちゃん』第131話

    かかったらドサクサに紛れて
    「手巻き寿司」だなんて…

    手巻き寿司誕生は昭和46年だそうですぜ
    『とと』ワールドはまだ30年代だったよね?

    小橋家=未来人説を立証?
    西田=時代考証無視を強調?
    プロット作りの名無しさん=物知らずを暴露?

    まあ、干瓢と言った後なので
    「巻き寿司」の言い間違いだとは思うけど

    もしかして
    「太巻」と言いたかった?

    赤羽根社長…

  • もう…何がなんだか日記
    2016年9月3日 11:15 AM

    寿司>『とと姉ちゃん』第131話

    かかったらドサクサに紛れて「手巻き寿司」だなんて…手巻き寿司誕生は昭和46年だそうですぜ『とと』ワールドはまだ30年代だったよね?小橋家=未来人説を立証?西田=時代考証無…

  • レベル999のgoo部屋
    2016年9月2日 6:02 PM

    とと姉ちゃん 第131回

    内容再び、アカバネの村山(野間口徹)達がやってくるが、常子(高畑充希)花山(唐沢寿明)は。。。。
    敬称略
    ハンパない引っ張り作業だね(失笑)
    結局、こういうコト、描写ばかりするから、
    主人公が、“今、何に取り組んでいるか?”が分かり難くなるし。
    それどころか、そういう事案に対する…

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2016年9月2日 1:51 PM

    とと姉ちゃん (第131回・9/2) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(公式)
    第22週『常子、星野に夢を語る』『第131回』の感想。
    なお、本作のモチーフで、大橋鎭子著『「暮しの手帖」とわたし』は既読。
    ※ 本作は 8/25 にクランクアップ(撮影終了)しています。
    ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。
    ※ 毎日毎日の感想なの…