【篤姫】第四十九回

 

     
天璋院さまなればこそ、この度の事
乗り切れたのだと私は思っております。


大奥を閉じるのが私の役割であったと申すのか。

自らの運命を知った大奥が貴女様を
ここに呼び寄せたにちがいありません。


大奥を去る日、天璋院たちは花を生けた。
いつものように、女中達と集まり、微笑みながら。

そして、天璋院の乗った籠は静かに閉じられた。
大奥と生涯を共にしたいと言う瀧山に見送られて。

天璋院は、一橋邸に身を寄せる事となった。
徳川宗家は駿府に移され、石高は70万石。
今までよりも、狭い部屋。
質素な食事。
身の回りの者は次々と去っていった。
そんな時、1人の男が訪ねてきた。
小松帯刀。

天璋院は、碁盤を用意させる。
いつものように碁をさしながら
語り合う2人。

実は、貴女のことをお慕いしていました。
知っていました。

もしも、あの時、養女の話が無かったら、
私と一緒になっていただけましたか。
あの頃の自分の気持ちにケリを付けてやりたいのです。


私の答えは・・・
亡き夫、家定に相談いたします。


お幸せだったのですか。

はい。慈しんで愛していただきました。
あなたは?お近さんは?

良い妻に恵まれました。

ならば私たちは互いに幸せだったと言う事ですね。
私にとって、あの頃の薩摩の思い出は宝物です。


懐からあの時のお守りを出す。
帯刀も笑いながら、お守りを出す。
みんなが去っていってしまって寂しいと言う天璋院に帯刀は言う。

人はいなくなるのではなく、
また会う時の楽しみのために
ひととき離ればなれになるだけのことですよ。


 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
綺麗に片付けられて花が生けられた大奥。
天璋院の代わりに座っているように残された
ピンクの牡丹の花が美しい。
大奥の女の意地を見たような気がします。
尚吾郎さんとの久々の逢瀬は
あの頃の2人に戻ったよう。
碁盤を挟んで語り合う2人に、ただ懐かしさを感じました。
告白のシーンも良かったな。
あの返事。
篤姫は頭の良い人ですね。
次々と別れが訪れる。
人が去っていくのは寂しいものです。
また会おう、と言って別れた人の内、
何人とまた再会できる日が来るのでしょうか。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
↑他のブロガーさんの大河感想はこちらから・にほんブログ村

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
 PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



【篤姫】キャスト

天璋院 … (於一→篤姫→天璋院)宮﨑あおい(少女時代:永井穂花→岩本千波)
小松帯刀 … (肝付尚五郎→小松尚五郎→小松帯刀)瑛太
西郷吉之助 … (西郷吉之助→西郷隆盛)小澤征悦
大久保正助 … (大久保正助→大久保一蔵→大久保利通)原田泰造
徳川家定 … (徳川家祥→徳川家定)堺雅人
徳川家茂 … (徳川慶福→徳川家茂)松田翔太
徳川慶喜 … (一橋慶喜→徳川慶喜)平岳大
和宮 … (和宮→静寛院)堀北真希

幾島 … 松坂慶子

滝山 … 稲森いずみ
本寿院 … 高畑淳子
観行院 … 若村麻由美
庭田嗣子 … 中村メイコ
志賀 … (志賀→豊倹院)鶴田真由
重野 … 中嶋朋子
唐橋 … 高橋由美子
歌橋 … 岩井友見
土御門藤子 … 竹本聡子
初瀬 … 宮地雅子
常磐 … 井戸谷友
花園 … こだま愛
常磐 … 安倍麻美
阿部正弘 … 草刈正雄
井伊直弼 … 中村梅雀
堀田正睦 … 辰巳琢郎
安藤信正 … 白井晃
松平忠固 … 松澤一之
久世広周 … 志賀廣太郎
脇坂安宅 … 櫻木健一
間部詮勝 … 谷本一
板倉勝静 … 西田聖志郎
小笠原長行 … 伊集院八朗
松平康英 … 佐藤正宏

勝海舟(勝麟太郎→勝海舟) … 北大路欣也
ジョン万次郎 … 勝地涼
久貝因幡守 … 藤木孝
木村摂津守 … 小林勝也
榎本武揚 … 鈴木綜馬
深谷盛房 … 野村信次
川路聖謨 … 本多晋
井上清直 … 吉満涼太
岩瀬忠震 … 吉見幸洋
伊東玄朴 … 徳井優

徳川家慶 … 斉木しげる
徳川家達(田安亀之助→徳川家達) … 吉武怜朗(幼少時代:小林海人 →私市夢太)
田安慶頼 … 長谷川ほまれ

徳川斉昭 … 江守徹
松平春嶽 … 矢島健一
伊達宗城 … … 森田順平
松平容保 … 志村東吾
山内容堂 … 今拓哉
戸田光則 … 八波一起
長野義言 … 大林丈史
木戸孝允(桂小五郎→木戸孝允) … スズキジュンペイ
伊藤俊輔 … 岡本高英
井上聞多 … 吉野容臣
橋本左内 … 中山麻聖
宇津木六之丞 … 佐藤旭
久坂玄瑞 … 東武志
三吉慎蔵 … 二橋進
後藤象二郎 … 古本新乃輔

坂本龍馬 … 玉木宏
お龍 … 市川実日子
中岡慎太郎 … 天原まさみち
孝明天皇 … 東儀秀樹
有栖川宮熾仁 … 竹財輝之

近衛忠熙 … 春風亭小朝
村岡 … 星由里子
近衛忠房 … 三上市朗
岩倉具視 … 片岡鶴太郎
大原重徳 … 木村元
九条尚忠 … 磯部勉
鷹司政通 … 光枝明彦
鷹司輔熙 … 江良潤
姉小路公知 … 若松泰弘
三条実美 … 小浜正寛
島津忠剛 … 長塚京三
お幸 … 樋口可南子
島津忠敬 … 岡田義徳(少年時代:坂井和久)

菊本 … 佐々木すみ江
栗川孫六 … 梅野泰靖
詫摩治通 … 少路勇介
しの … 小林麻子
みね … 棚橋幸代

島津忠冬 … 河野安郎(少年時代:藤崎剛)
島津久敬 … 松尾勝久(少年時代:田中碧海)

島津斉彬 … 高橋英樹
英姫 … 余貴美子
島津久光 … 山口祐一郎

島津斉興 … 長門裕之
由羅 … 涼風真世
島津忠義 … 中川真吾
於哲 … 吉高由里子
島津右近 … 加治将樹
島津寛之助 … 近藤隆正
島津篤之助 … 本川嵐翔
虎寿丸 … 渡邉奏人
暐姫 … 飯田汐音

小の島 … 佐藤藍子
広川 … 板谷由夏
高山 … 左時枝
藤野 … 北原佐和子

小松清猷 … 沢村一樹
お近 … ともさかりえ
お琴 … 原田夏希

肝付兼善 … 榎木孝明
小松清直 … 高橋平(幼少時代:中村柊芽)
小松清穆 … 伊藤鉱

調所広郷 … 平幹二朗
島津豊後 … 中山克己
島津将曹 … 天現寺竜
島津伯耆 … 長沢大
西郷信吾(西郷信吾→西郷従道) … 水谷百輔
西郷吉次郎 … 真島公平
西郷吉兵衛 … 五王四郎
スガ … 森脇由紀
政子 … 高岡雅子
大久保利世 … 大和田伸也
フク … 真野響子
スマ … 栗原瞳
ミネ … 高松いく

有馬新七 … 的場浩司
伊地知正治 … 三宅弘城
大山綱良 … 俊藤光利
有村雄助 … 田上晃吉
有村次左衛門 … 遠藤雄弥
奈良原喜八郎 … 武智健二
道島五郎兵衛 … 矢野義人
橋口吉之丞 … 石川賢二









【送料無料】和宮様御留 [ 有吉佐和子 ]

【送料無料】和宮様御留 [ 有吉佐和子 ]
価格:660円(税込、送料込)




※この記事は2010年に楽天からFC2にお引越ししてきた記事です。
コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。
ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

12件のコメント

  • くう
    2008年12月12日 3:56 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >この答え、とても良かったですね。

    >本当に、頭がよくて、自分の立場をちゃんとわきまえていて・・・

    >最後まで、凛々しくて同じ女としても素敵です♪

    そうなんですよね。

    私、だいぶ以前にこの原作を読みまして、篤姫は

    尊敬すべき女性だと思っていたのです。

    ドラマの篤姫は原作とはだいぶ変わっちゃったんですけどね。。

    でも、立派な開城でした。

    そして、帯刀さんとの会話も素敵でした。

    来週、最終回ですね。

  • くう
    2008年12月12日 3:47 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >いよいよ来週は最終回。。(TT)

    >でも。。忘年会と重なってしまい

    >リアルタイムで観れそうもないです~~

    >ちょっとショック。。(´・ω・`)ショボーン

    そうなんだ~。。。

    時期だもんね~。

    忘年会を楽しんできてね(^.^)b

    >でも。。尚ちゃんや、篤姫の最期なんて

    >本当は見たくないのよぉ~~~(TT)

    うんうん。。。分かるわ~。

    でも、来期の妻夫木くんも見てね~^^;

  • くう
    2008年12月12日 3:39 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >「また会おう」って約束しても、ほとんどの人とは再会できなかったんでしょうね。

    自由に行き来できるような身分でも時代でもなかったでしょうし(泣)

    そうですね。。。車も電車もなく、移動は籠か徒歩か良くて馬。。。

    篤姫は、その中でも頑張って色々な人に

    会えていた方だったみたいですけどね。

    >尚ちゃんへの答えがまた上手かった!

    >でも、やっぱり尚ちゃんはちょっと傷ついていたみたいでした。

    ふふ。傷ついたかも知れませんね(^.^)

    でも、告白さえも思い出話に代わりました。

    ちょっと切ない逢瀬でした。

  • くう
    2008年12月12日 3:26 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >小松さんと篤姫のやり取りは良かったですね。

    >セリフも印象深い言葉ばかりでしたが、宮崎さんと

    >瑛太さんの演技も感情移入できる感じだったので余計に良かったです。

    そうですね~(^^)

    今までで尚吾郎さんにこんなに感情移入できた事は

    ありませんでした。。。

    思いが伝わりました。

    今生の別れと言う気迫も伝わりました。

    お2人とも素晴らしかったです。

  • くう
    2008年12月12日 2:43 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >なんだか宮崎さんが天璋院そのものに見えてきました。

    >ホント、役柄を演じるのではなく生きているって感じですね。

    実はこのドラマを見るまでは、私の中では天璋院は

    すっごく前に見たドラマの主役だった佐久間良子さんだったんです。

    でも、今は宮崎さんですね~。

    若い時から、老け役まで、演技力ひとつでやっている

    姿は尊敬に値します。

    >次々に大奥で過ごした人と別れていく。

    >一方で薩摩で過ごした人との再会。

    どちらも素晴らしいシーンでした。

    特に滝山との別れ、帯刀との別れは、ともに

    切ないものでした。

  • くう
    2008年12月12日 2:37 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >今回は2部構成のようでした。

    そうですね~。

    大奥を出る前と出た後。

    どちらも、見応えありました。

    天璋院ならではの締めくくり方を見せて貰いました。

    >何か、ラストになるにつれて、瑛太さんの演技で涙腺が刺激されるようになってきました。

    本当ですね!

    今までは何やっててもヘタレな感じでしたが、

    今回は告白さえも切なく見てしまいました。

    死が迫っていると言う事でしょうか。。。

    >いよいよ、残すところあと1回となりましたね

    寂しいですね。。。

    一年の終わりを実感します。

  • ショコラ425
    2008年12月8日 7:29 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    >亡き夫、家定に相談いたします

    この答え、とても良かったですね。

    本当に、頭がよくて、自分の立場をちゃんとわきまえていて・・・

    最後まで、凛々しくて同じ女としても素敵です♪

  • のの雪
    2008年12月8日 7:20 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    いよいよ来週は最終回。。(TT)

    でも。。忘年会と重なってしまい

    リアルタイムで観れそうもないです~~

    ちょっとショック。。(´・ω・`)ショボーン

    でも。。尚ちゃんや、篤姫の最期なんて

    本当は見たくないのよぉ~~~(TT)

  • ミチ
    2008年12月7日 11:09 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    「また会おう」って約束しても、ほとんどの人とは再会できなかったんでしょうね。

    自由に行き来できるような身分でも時代でもなかったでしょうし(泣)

    尚ちゃんへの答えがまた上手かった!

    でも、やっぱり尚ちゃんはちょっと傷ついていたみたいでした。

    切ないなぁ。

  • 琉河岬
    2008年12月7日 10:25 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    小松さんと篤姫のやり取りは良かったですね。

    セリフも印象深い言葉ばかりでしたが、宮崎さんと瑛太さんの演技も感情移入できる感じだったので余計に良かったです。

  • ikasama4
    2008年12月7日 10:14 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    なんだか宮崎さんが天璋院そのものに見えてきました。

    ホント、役柄を演じるのではなく生きているって感じですね。

    また、数々の演出が

    今までにあった出来事を思い起こさせる感じが

    たまらなくイイです(T▽T)b

    次々に大奥で過ごした人と別れていく。

    一方で薩摩で過ごした人との再会。

    いつかまた出会う喜びを胸に生きる

    天璋院の笑顔が目に焼き付いています(T▽T)

  • BROOK
    2008年12月7日 9:34 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは。

    今回は2部構成のようでした。

    前半は天璋院と女中たちとの別れ。

    滝山は最後まで凛をした女性でしたね♪

    さすが、取り仕切ってきただけはあります。

    後半は小松との再会。

    何か、ラストになるにつれて、瑛太さんの演技で涙腺が刺激されるようになってきました。

    いよいよ、残すところあと1回となりましたね。