NHK朝ドラ【ごちそうさん】第55回 感想


もうすぐ天神祭。め以子(杏)は、はも料理に興味津々。
正蔵(近藤正臣)を含め家族全員で、はものごちそうを食べ、巡ってくる獅子を待ちたいと願う。
希子(高畑充希)とともに長屋を訪ねると、正蔵は酔って騒ぐばかり。
祭の日に戻る話は全く進まない。静(宮崎美子)は陰から見て、がっかり。
酒を飲んで帰宅し、ハモニカという謎の言葉をつぶやく。
悠太郎(東出昌大)は大村(徳井優)に強引に誘われ、祭の準備に駆り出される。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ごちそうさん」第55話「祭りのハーモニー」
     ごちそうさん

※(注)楽しくご覧になった方は読まない方がええですよ。

基本的には、ほぼ簡単感想で。



このドラマのサブタイは基本、料理店あるいは食材のシャレみたいだけど「ハーモニー」
って何ぞや……。

と、思っていたら「鱧(はも)」


生まれた時から関東に住まう私にとって、鱧というのは全く馴染のない食材である。
この魚の存在を知ったのだって、かなり大人に近くなってからだ。

たぶん、テレビの料亭番組とか…あ、もしかしたら『美味しんぼ』かも。

  

これ、京都ではスーパーにホイホイ売っているほど当たり前の食材らしい。
大阪でも「天神祭」には欠かせないんだって。

食べたことは、あるけど…店で。
骨切りが大変らしいよね。←これもたぶん『美味しんぼ』か料理ドラマの知識。
   


んな事はどうでもいい…。

いや、今日は祭りの準備で盛り上がる町の様子や、手伝いに行く市役所の方々&悠太郎の
描写は活気があって面白かった。

祭りはいいよね~。元気をくれるし。

『カーネーション』の芯にいつもだんじりがあった事を懐かしく思い出す。
ああ、名作だったなぁ……あの時は毎日本当に生きてる充実感があったな。
Twitter実況も楽しかったし、毎日夢のような15分だったなぁ……。

…あ、迷宮に迷い込んじゃった。現実に戻れ戻れ…。


って事で、天神祭で盛り上がる大阪である。
つまり、今、7月らしい。

先週、一体いつだから焼き氷が売れるんだ
と思っていたけれども夏だったらしい。

じゃ、その前の冷蔵庫もないのに鯛が七日保つらしい季節は一体いつだったんだろう。


市場に買い物に行っため以子は、忙しそうに働くみんなを見て、もうすぐ「天神祭」だと知る。

そして、先週せっかく終わった話をまた蒸し返すのだった。


どうか、ど~うか、家族みんなでお獅子が見られますように。
お願いします。



そして天神祭に西門家に正蔵を招こうと目論むのだった……。


お静さんって芸者さんだったのよね?

そうです。
千代菊いうて若い頃はブロマイドも出回ったぐらい人気者の。


それをお父さんが入れ揚げて、やめさせて、あげくの果てにポイ。

さすがに恨むないう方が無理やと思います。



そんなお静さんの描写はちょっと情緒的で美しい。

路上で佇むお静さんの前を通りすぎる風鈴売りの屋台…。


売れっ子芸者としての華やかな人生を放り投げてまでついてきた西門家。
正蔵にメチャメチャにされたこの人の人生が偲ばれる。

でも、未練はありそうだよね。
もう出て行ってからもの凄く年月経っているわけだが…。


今週はお静さんの切ない恋の思い出と芸者人生を見直す。
そして和枝姉さんはたぶん株で大失敗するフラグ。

…たぶん、そんな週。


でも…

土曜日には正蔵さんが祭りのために家に来るんでしょ。たぶん。
その時、西門家の家族はこの人の事を許せるの

本当に余計なお節介続けてるよな~…と、主人公にはもうため息しか出ない。


ところで、「うま介」はええんですか
何だかすっかり西門家の日常に戻っちゃってる感じっすけど…。

先週の出会いは自分自身の店を持たぬ職業婦人としての第一歩を踏み出す話なのだと
思ってたのに、ただの家出エピで終わってたのか…。



【関連記事】
【かもめ食堂】幻のコーヒーとシナモンロールとおにぎりと
【南極料理人】極寒の地のゆる~い日常
【ゴーイング マイ ホーム】 感想



よろしければ→【2013年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村


公式にレシピページ出来たよ。
   ごちそうさん7

  

※キャスト

卯野 め以子 … 杏(幼少期:豊嶋花)

卯野 大五 … 原田泰造
卯野 イク … 財前直見
卯野 トラ … 吉行和子(ナレーション)
卯野 照生 … 井之脇海

西門 悠太郎 … 東出昌大

酉井 捨蔵 … 近藤正臣
西門 静 … 宮崎美子
西門 和枝 … キムラ緑子
西門 希子 … 高畑充希

村井 亜貴子 … 加藤あい
泉 源太 … 和田正人
大村 宋介 … 徳井優
藤井 耕作 … 木本武宏

堀之端 桜子 … 前田亜季
野川 民子 … 宮嶋麻衣
近藤 学 … 石田卓也
室井 幸斎 … 山中崇

高木馬介 … 中村靖日
宮本先生 … 奥貫薫
竹元 勇蔵 … ムロツヨシ

※スタッフ

脚本 … 森下佳子
演出 … 木村隆文、小林大児
プロデューサー … 内田ゆき
制作統括 … 岡本幸江
フードコーディネーター … 飯島奈美
音楽 … 菅野よう子
主題歌 … ゆず「雨のち晴レルヤ」




【送料無料】ごちそうさん(part1) [ NHK出版 ]

【送料無料】ごちそうさん(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,155円(税込、送料込)














「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【ごちそうさん】
1 2 3 4 5 6 
7 8 9 10 11 12 
13 14 15 16 17 18 
19 20 21 22 23 24 
25・26・27 28・29・30
31 32 33・34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48 
49 50 51・52 53・54
55


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

10件のコメント

  • くう
    2013年12月2日 10:52 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >地元なんですが、とても活気に溢れた盛大なお祭りです^^
    これがもっと思入れのあるドラマだったらどんなに興奮するか‥
    なんて思っちゃいます^^;

    解ります~その感覚^^;
    大阪の方はこのドラマは盛り上がっているんでしょうかね…(゜.゜)

    >余計なお節介が過ぎるのでついイラっとしてしまう‥
    でも全てそれが裏目、の逆に良い方に進むんですよね。

    そうですね。
    全く共感できない主人公の思い通りに事が運ぶほど腑に落ちないことってないですわ^^;

    >確かに前々作のストレスにも似てるんですが、世間の評価は違いますよね〜視聴率もすごく良いし。

    そう。褒め称えている人によると、主人公は何かやらかしてもちゃんと怒られているからいいらしいです。
    いつ怒られたっけ?^^;

    >カーネーションも本当に面白かったんですね。
    1日のたった15分が与えるこの影響の違い^^;

    カーネは半年間が詩のように流れる名作でした(;_:)
    機会があったらぜひ~。

  • くう
    2013年12月2日 10:46 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >7週:5月:桜鯛:魚島時季とは4月から5月にかけて、八十八夜の前後とyahoo知恵袋

    あれ、5月だったんですか~!
    5月で鯛7日保つのかな…^^;
    私ゃあの「7日目に食べるもの」で、すっかりあの時期を冬認定しちゃったので、
    その後の時間の流れもサッパリでしたわ。
    希子ちゃんが家出できたのは夏休みだったから?

    >実演試食販売の売り子さん第一号になるかと勝手に思ってました。

    このままだと普通の主婦ですな。
    Twitterで聞いたのですが、大正時代のセレブ~な婦人雑誌にカリスマ主婦の先駆けのような
    記事があったみたいで、脚本はそれを参考にしているらしいです。
    つまり、職業婦人になるわけではないのですね、たぶん^^;
    なんだかね…。

  • くう
    2013年12月2日 10:39 PM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >掲示板で年末の帰省が憂鬱(行く側だけでなく迎える側も)という話題が尽きませんけど、本日のめ以子は、全員集合々々々々とうるさい姑とか舅みたいです。

    しかも、その1人はみんな呼びたくないし、本人も来るつもりないと言ってるのにね^^;
    お節介が過ぎますわ~。

  • ゆう
    2013年12月2日 9:51 PM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
     6週:4月:こんぶ
     7週:5月:桜鯛:魚島時季とは4月から5月にかけて、八十八夜の前後とyahoo知恵袋
     8週:6月:なす(梅)
     9週:7月:焼き氷:希子ちゃんは夏休み?
    10週:7月:ハモ:天神祭は6月末から7月25日とwikiに
    この調子で11週8月、12週9月と毎週一週ずつ進むのかな?

    >先週の出会いは自分自身の店を持たぬ職業婦人としての
    >第一歩を踏み出す話なのだと思ってたのに、ただの家出エピで終わってたのか…。
    私はガス導入のころに肉屋の源ちゃんとこで
    実演試食販売の売り子さん第一号になるかと勝手に思ってました。

  • 華唄
    2013年12月2日 8:10 PM

    SECRET: 0
    PASS: 46bb870c653f65fff726d63481175551
    地元なんですが、とても活気に溢れた盛大なお祭りです^^
    これがもっと思入れのあるドラマだったらどんなに興奮するか‥
    なんて思っちゃいます^^;
    余計なお節介が過ぎるのでついイラっとしてしまう‥
    でも全てそれが裏目、の逆に良い方に進むんですよね。
    確かに前々作のストレスにも似てるんですが、世間の評価は違いますよね〜視聴率もすごく良いし。
    地元の話だけに良い思い出にさせて欲しいです。
    そうそう「うま介」の舞台、続けて出てくると思ったんですが違うみたいですね‥
    カーネーションも本当に面白かったんですね。
    1日のたった15分が与えるこの影響の違い^^;

  • レベル999のgoo部屋
    2013年12月2日 6:20 PM

    ごちそうさん 第55回

    『祭りのハーモニー』

    内容
    ようやく、仲直りしため以子(杏)と悠太郎(東出昌大)

    そして。。。。夏。
    天神祭が間近に迫り、正蔵(近藤正臣)も含め、家族みんなでと願うめ以子
    獅子を待ち、、、ハモ料理。。。

    め以子は、希子(高畑充希)とともに、正蔵の住む長屋…

  • ジャオステーション
    2013年12月2日 6:02 PM

    連続テレビ小説 ごちそうさん(55)「祭りのハーモニー」

    もうすぐ、天神祭。 め以子は、魚屋の銀次のところで見たはもに興味津々。

    正蔵を含め家族全員ではものごちそうを食べ、巡ってくる獅子を待ちたいと願う。

    その願いかなうといいね。でもあせりは禁物だよめ以子。

    め以子は希子と共に長屋を訪ねると、正蔵は酔って騒ぐばかり。

    祭りの日に戻る話はまったく進まない。 希子の言うとおり正蔵は帰りたくないと私も思う。

    針のむしろだもん…

  • ゆきんこ
    2013年12月2日 6:02 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    掲示板で年末の帰省が憂鬱(行く側だけでなく迎える側も)という話題が尽きませんけど、本日のめ以子は、全員集合々々々々とうるさい姑とか舅みたいです。

  • JAOの趣味日誌
    2013年12月2日 5:19 PM

    連続テレビ小説 ごちそうさん(55)「祭りのハーモニー」

    もうすぐ、天神祭。 め以子は、魚屋の銀次のところで見たはもに興味津々。
    正蔵を含め家族全員ではものごちそうを食べ、巡ってくる獅子を待ちたいと願う。
    その願いかなうといいね。でもあせりは禁物だよめ以子。
    め以子は希子と共に長屋を訪ねると、正蔵は酔って騒ぐ…

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2013年12月2日 2:50 PM

    ごちそうさん (第55回・12/2) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『ごちそうさん』(公式)
    第10週『祭りのハーモニー』【第55回】の感想。

    もうすぐ天神祭。め以子(杏)は、はも料理に興味津々。正蔵(近藤正臣)を含め、家族全員ではものごちそうを食べ、巡ってくる獅子を待ちたいと願う。希子(高畑充希)とともに長屋を訪ねると、正蔵は酔って騒ぐばかり。祭の日に戻る話は全く進まない。静(宮崎美子)は陰から見て、がっか…