NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第33回 感想


晶貴(飯田基祐)から、葉山家を救うために見合いをしてくれと懇願され、絶句する
蓮子(仲間由紀恵)。
そのころ出版社では、その日入稿予定の原稿が燃えてしまうというアクシデントが起きていた。
社員たちが途方に暮れる中、はな(吉高由里子)は翻訳を買って出る。
だが肝心の英和辞典が持ち出されており、英治(鈴木亮平)は修和女学校の辞書を借りようと
飛び出して行く。
しかしはなは、女学校が男子禁制だったことを思い出し…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)


連続テレビ小説「花子とアン」第6週「腹心の友」 第33話

     花子とアンop


簡単感想で~。


蓮子さまに見合いを押し付けに来たお兄さまは、蓮子さまが断ると頭を下げるのでした。
いつもとは違って憔悴した雰囲気の兄に驚く蓮子さま。


うちにはもう財産は残っていない。
父上が亡くなってから何もかもが狂ってしまったんだ。

私も力を尽くした。
だが投資していた貿易会社が潰れて、もうどうにもならない。
このままでは家屋敷も手放さなければ…。
蓮子。頼む。このとおりだ。見合いだけでもしてくれ。
先方は九州の石炭王だ。
この縁談がまとまりさえすれば…。



さすがに、ええっ…という雰囲気の蓮子さまですが、一応、

お兄様は私をお金で売るおつもりですか!?

と、反論はするのでした。

史実の人は妹を売ったお金を出馬資金にしていたという話だから、たぶんこの兄上の
言う事も信用ならないよね…。

ホントにお金が無ければあんなに寄付金出来なかったろうし~。


一方、はなは編集部のアルバイト最終日に事件に遭遇する。
社員のタバコの不始末から置いてあった原稿が燃えてしまうのだった。

入稿するのは今日。編集長は留守。
オタオタと途方に暮れる社員たち…。


あっ…あの!
英語の原文はありますか?

はい!
これです。


え~っと…燃えたのは…

ここからここまでです!

私に翻訳させて下さい!



英和辞書が持ち出されているからって村岡さんに学校に借りに行かせて白鳥さんに
投げ飛ばされるとか…ベタな展開が続きますが、そこは、はなさんが翻訳だけではなくて
通訳力、つまり英会話もできると村岡に解らせるためらしいです。

はなが訳している間、デスクの周りで待機の社員たち…。

学校もいつ見ても、て、て、てっっ…ってくらい皆さま英語が出来ないようですが、
この編集部もはなさんしか英語ができないらしい。

翻訳関係の出版物が多いみたいですが、はなが居なくなったらどうすんのここ。
いや、ってか、はなが来るまでどうしてたの

編集長、こんな仕事が多いなら、採用は英語できる人だけにした方がええで。


初めてのお給料を貰って、嬉しそうなはな。

帰りに友達にきんつば買って帰ろうと思います。

いや…これは相当色付けてもらわなあきまへんで…。


しかし、編集長はそれどころじゃない模様。

今日、君の学校の先生に求婚したらあっさり断られたよ。

と、自嘲するように言うのでした。

てっ…ぼや騒ぎで大変だった間、デートだったのか…自由だな。


学校に戻ったはなは富山先生と遭遇。

梶原編集長、元気なかったです。
あの…これでいいんですか?


と、訊ねてみます。


つかみ損ねた幸せは、もう取り戻せないんです。
教職という仕事が今の私の幸せです。


凛として答える富山先生でありました。

先生と編集長の恋はあまりどうでもいいですが、この時の先生の毅然とした声とお姿は
とても清々しく美しゅうございました。


はなの方はまだ「恋」という気持ちすらない状態。

村岡さんに「ナマケモノ」に似ている…と言われて怒るところなんか……
とっても梅子っぽいですわね。もう、朝ドラっっって感じ。


その頃。
はながきんつばを買って帰った恋しい相手、蓮さまは、お見合い真っ最中。


きたぁぁぁぁぁぁぁぁ……フョードル、フョードル!!!!!


いやいや、初対面初対面、近い近い近い………!!!!!
  花子とアン33


蓮子さま、食われるで……。


ではでは、ごきげんよう。


※ちょっとまたコメントにレスができない状態で申し訳ありませぬ~。
こぴっと読ませていただいております!かしこ。



よろしければ→【2014年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村

  

※キャスト

安東はな/村岡花子 … 吉高由里子(子役期:山田望叶)

安東吉平 … 伊原剛志
安東ふじ … 室井滋
安東周造 … 石橋蓮司
安東吉太郎 … 賀来賢人(子役期:山崎竜太郎)
安東かよ … 黒木華(子役期 : 木村心結)
安東もも … 土屋太鳳(子役期 : 須田理央)

葉山蓮子 … 仲間由紀恵

村岡美里 … 三木理沙子
茂木のり子 … 浅田美代子
富山タキ … ともさかりえ
醍醐亜矢子 … 高梨臨(子役期:茂内麻結)
白鳥かをるこ … 近藤春菜

ブラックバーン校長 … トーディ・クラーク
スコット先生 … ハンナ・グレース
綾小路先生 … 那須佐代子
山田国松 … 村松利史
浅野中也 … 瀬川亮

葉山晶貴 … 飯田基祐
村岡英治 … 鈴木亮平
梶原総一郎 … 藤本隆宏
嘉納伝助 … 吉田鋼太郎
宮本龍一 … 中島歩

木場朝市 … 窪田正孝(子役期:里村洋)
徳丸武 … 高澤父母道
本多先生 … マキタスポーツ
木場リン … 松本明子
徳丸甚之介 … カンニング竹山
阿母里教会・森牧師 … 山崎一

一条高子 … 佐藤みゆき
畠山鶴子 … 大西礼芳
松平幸子 … 義達祐未
北澤司 … 加藤慶祐

ナレーション … 美輪明宏

※スタッフ

脚本 … 中園ミホ
演出 … 柳川強、松浦善之助、安達もじり
プロデューサー … 須崎岳
制作統括 … 加賀田透
音楽 … 梶浦由記
アニメーション製作 … 和田羊平

原案 … 村岡恵理『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』
主題歌 … 絢香「にじいろ」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hanako/




【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]

【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,155円(税5%込、送料込)







【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]

【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]
価格:1,470円(税5%込、送料込)




















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【花子とアン】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25・26 27 28 29 30
31 32 33


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2014年5月8日 12:24 PM

    ナマケモノ>『花子とアン』第33話

    GWも終わったし
    今日は褒め系でいきませうかね>ぉ

    …ひじゅにですが何か?

    「こんなに可愛いのに」by村岡

    自分次第で葉山家は崩壊―

    憎きお兄様に頭を下げさせて
    高らかに笑う蓮様

    …とはならず

    やはり蓮様は
    お見合いを承知してしまったのでございました。

    勿論、これだけで終わるはずもなく
    我らが蓮様は成金ジジイの妻とされてし…

  • もう…何がなんだか日記
    2014年5月8日 12:23 PM

    ナマケモノ>『花子とアン』第33話

    GWも終わったし今日は褒め系でいきませうかね>ぉ…ひじゅにですが何か?「こんなに可愛いのに」by村岡自分次第で葉山家は崩壊―憎きお兄様に頭を下げさせて高らかに笑う蓮様&helli…

  • 世事熟視〜コソダチP
    2014年5月8日 12:05 PM

    「花子とアン」第33回★村岡(鈴木亮平)が白鳥(近藤春菜)に腕をねじ上げられ…

    連続テレビ小説「花子とアン」
    第33回(5月7日)

    面倒くさい醍醐(高梨臨)たちの《女学校パート》を苦手としているので、出版社での《バイト・パート》に時間を割いてくれるのは有り難いです。

    修和女学校という”閉鎖空間”を飛び出して一般社会との交わりが出来てホッとします。

    で、はな(吉高由里子)のバイトの様子から、なんとなくだけど、『カーネーション』の糸子(尾野真千子)がパッ…

  • レベル999のgoo部屋
    2014年5月8日 12:29 AM

    花子とアン 第33回

    内容
    蓮子(仲間由紀恵)を訪ねてきた兄・晶貴(飯田基祐)
    「葉山の家を救ってくれ」

    一方、小間使いだけでなく、翻訳の手伝いもすることになったはな(吉高由里子)
    そして働きはじめて1ヶ月。編集部でボヤ騒ぎが起きて、原稿が焼失。
    困っている英治(鈴木亮平)た…