NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第41回 感想


かよ(黒木華)を迎えに東京へやって来たふじ(室井滋)は、久しぶりにはな(吉高由里子)と
かよの三人で布団を並べる。
ふじははなに「東京で頑張れ、かよのことを頼む」と伝える。
翌日、はなが下級生にいきいきと英語を教える様子を見たふじは、本心を告げることなく
甲府へ帰ってゆく。
それを聞いた妹・もも(土屋太鳳)ははなの鈍感を憤り、ある行動に出る。
一方、梶原(藤本隆宏)からはなに、就職のための面接の知らせが入る…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「花子とアン」第7週「さらば修和女学校」 第41話

     花子とアンop

簡単感想で~…。

夜中まで勉強するはなに、

毎晩こんなに遅くまで勉強してるだけ。
偉えじゃんね。

おとうが言ってたとおりだ。
おまんは家族の希望の光じゃっておとういつも言ってたじゃんね。


と言うおかあ。

うん…でも、他の子どもも夜なべして内職してるじゃん。
かよも逃げ出すほどブラックな企業で夜遅くまで働いていたじゃん。
それはみんな家族のためじゃん。

この「はな、希望の光」説がどうしても受け入れられんのよ。

そして、ここで、おとうははなにだけはハガキを送り続けていた事が判明…。
家よりもはななのか。家にも何かしろし…。

勉強の事ばっかじゃん!
やっぱし、お姉やんはおとうに似ただね。


ハガキを読んで笑うかよ。

ほういうかよだって製糸工場逃げ出して東京まで逃げちもうなんて、そんな無鉄砲なの
おとうにそっくりじゃんけ。


かよは…おとうとは違うと思うぞ…
家族のために働き、精神的にも肉体的にもボロボロになって耐えきれず逃げてきた、
もう必死で生き延びるための逃亡は…「家族のため」なんて丸っきり考えず
放浪しているおとうとはだいぶ違うと思うぞ。

しかし、かよは「ほっか」と納得…。

はなもかよもおとうの娘だね…。
甲府に連れて帰ろうなんて無理な話じゃん。
おまんらもおとうみてえに甲府にいちゃあ見られんもんをいっぺえ見て、いつかおらに
話してくりょう。


おかあは姉妹に戻って来なくてもいいと言ってくれるのだった。

小さい人たちに英語を教えるはな先生を授業参観するおかあ。

そして、おかあは何も言わずに1人甲府へ戻っていくのだった。

この時のふじさんの表情がもう何とも……。

本来なら、甲府へ帰ったって学んだことを生かせる仕事なんてないじゃん。
こっちで働いて家にお金を入れるのが普通だろ~…と思うところだけど…。

このドラマでは、おかあは、ただはなに本をいっぱい読ませてやりたかったってだけで、
給費生の意味も何も理解している感じじゃなかったもんね。
学校に関する事はおとうが勝手に色々やっていただけで、おかあにとっては子どもは
卒業したら戻ってきてまた家族みんなでつつましく暮らしていくのが幸せに思えるんだろうね。

ごくごく平凡な女の幸せしか知らないおかあ。

この時の室井滋さんの表情に子離れしなきゃならない母の悲哀を感じただよ。
寂しいよね…。


…で…ここでこの話は終了しておけば、ただそういう余韻で良かったのに…。

姉たちを東京に置いて帰ってきたおかあに、ももの不満が爆発。

おかあが書いて出せなかったハガキをはなに送ってしまうのだった。

「はな。あと2かげつでそつぎょうですね。はなのかえりをたのしみにまっています。」

これに動揺したはなは、何と採用に漕ぎつけた編集部を蹴ってしまうのだった。

私、やっぱりここで働けません。
甲府に帰ります。



えええぇぇぇぇぇ……帰ってどうするずら……。


そもそもね……給費生として無料で面倒見てくれた学校へ恩返しとして、そこで
働くのが給費生の意味だと思うのよ。

この学校では富山先生がちょっと声掛けしていたけれども、本来ならば学校の方から
もっと、学校のために残って下の子たちを教えるように(神の教えも含めてな)詰め寄られる
もんだと思うワケさ。
なぜって、学校側としては外から教師を雇うよりもその方が安く済むから。

ま、ドラマだからこの学校は見返り無しで給費生・安東はなをこんなに長い間
育ててくれた慈悲深い学校だったのだと考えて…編集部でもいいよ。

あれだけ活躍したのに「そういえば翻訳もできる小間使いだったね」と、すっかり
忘れてくれている編集部だけど。

そっちの方がお給料はいいだろう。

なのに、それを断って実家へ帰るというのは…仕事の当てもないのに。
はなは一体何をする気なのでしょうか。


まぁ…でも…モデルの人も一応山梨へ行くので……。

ただ、ここに朝市が複雑に絡んでくると考えると、また、主人公のせいで犠牲に
なる人が出て来るんじゃないかと…。

だって、ベースは赤毛のアンであるから。

いや…ベースは村岡花子さんの伝記ですよね

えっと…まぁいいや…様子見っ。

とりあえず…

ナマケモノは…木にぶら下がりながら夢をみてるんだと思います。
だからあなたも夢を忘れないで下さい。


と言う村岡印刷さんの贈る言葉はちょっと可愛かった。変だけど。


ではでは、ごきげんよう。


※ちょっとまたコメントにレスができない状態で申し訳ありませぬ~。
こぴっと読ませていただいております!かしこ。



よろしければ→【2014年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村

  

※キャスト

安東はな/村岡花子 … 吉高由里子(子役期:山田望叶)

安東吉平 … 伊原剛志
安東ふじ … 室井滋
安東周造 … 石橋蓮司
安東吉太郎 … 賀来賢人(子役期:山崎竜太郎)
安東かよ … 黒木華(子役期 : 木村心結)
安東もも … 土屋太鳳(子役期 : 須田理央)

葉山蓮子 … 仲間由紀恵

村岡美里 … 三木理沙子
茂木のり子 … 浅田美代子
富山タキ … ともさかりえ
醍醐亜矢子 … 高梨臨(子役期:茂内麻結)
白鳥かをるこ … 近藤春菜

ブラックバーン校長 … トーディ・クラーク
スコット先生 … ハンナ・グレース
綾小路先生 … 那須佐代子
山田国松 … 村松利史
浅野中也 … 瀬川亮

葉山晶貴 … 飯田基祐
村岡英治 … 鈴木亮平
梶原総一郎 … 藤本隆宏
嘉納伝助 … 吉田鋼太郎
宮本龍一 … 中島歩

木場朝市 … 窪田正孝(子役期:里村洋)
徳丸武 … 高澤父母道
本多先生 … マキタスポーツ
木場リン … 松本明子
徳丸甚之介 … カンニング竹山
阿母里教会・森牧師 … 山崎一

一条高子 … 佐藤みゆき
畠山鶴子 … 大西礼芳
松平幸子 … 義達祐未
北澤司 … 加藤慶祐

ナレーション … 美輪明宏

※スタッフ

脚本 … 中園ミホ
演出 … 柳川強、松浦善之助、安達もじり
プロデューサー … 須崎岳
制作統括 … 加賀田透
音楽 … 梶浦由記
アニメーション製作 … 和田羊平

原案 … 村岡恵理『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』
主題歌 … 絢香「にじいろ」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hanako/




【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]

【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,155円(税5%込、送料込)







【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]

【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]
価格:1,470円(税5%込、送料込)




















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【花子とアン】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25・26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

1件のコメント

  • レベル999のgoo部屋
    2014年5月17日 9:15 PM

    花子とアン 第41回

    内容
    かよ(黒木華)を迎えにきたふじ(室井滋)
    久々に、はな(吉高由里子)たちは、3人で過ごすことに。
    娘たちの気持ちを知ったふじは、「東京で頑張れし」と。

    翌朝、はなが下級生達に英語を教える姿を見たふじは感激し、
    胸中を話さず甲府へと帰っていく。
    何も言…