NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第42回 感想


家族のために甲府へ帰ることに決めたはな(吉高由里子)は、朝市(窪田正孝)の
奔走のおかげで、朝市と同じく小学校の代用教員をすることになる。
いよいよ卒業を間近に控え、はなは富山(ともさかりえ)から、卒業式恒例の
ブラックバーン校長(トーディ・クラーク)のスピーチを通訳する大役を命ぜられ、緊張を
抑えられない。
そのころ福岡の蓮子(仲間由紀恵)は、嘉納家を変えようと西洋風の食事を取り入れ、
孤軍奮闘していた…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「花子とアン」第7週「さらば修和女学校」 第42話

     花子とアンop

簡単感想で~…。

昨日、はなは甲府へ帰って一体どうするつもりなのでしょう

と、書いたわけですが、そこは朝市の奔走により母校の小学校の代用教員に採用されたと
いう事で、あっさりクリア。

学校の先生だったら…小学校だから英語は使えないけれども学問がとりあえず役立つって
事でいいんじゃないでしょうか……。

いつも周りが奔走してくれてラッキーガールなヒロインでございます。

修和女学校もいよいよ卒業間近。

畠山さんはお家に帰って花嫁修業をなさるそうで、ちょっとアンニュイです。

しかし、もっと落ち込んでいるのは醍醐さんでございました。


結婚やめたの。

えっ!?

大変いい方でしたけれど、白紙に戻させて頂いたわ。

ど…どうして?

その方と一緒にいてもちっともパルピテーションを感じないんですもの。



出た~~「palpitation」…久々に聞いた。

そんな理由で結婚を白紙にされた醍醐さんはご両親の怒りを買い、独立しなければ
ならなくなってしまったらしうございます。

で、こっちもアッサリと編集部に採用……
この会社、結局、誰でもいいんじゃん…

かよも西洋人の先生方のドレスを作る洋服店に就職が決まったそうで。
東京、就職いっぱいあるな。バブルじゃんね……。

私、結婚を諦めた訳じゃなくってよ。
出版社で働きながらパルピテーションを感じる方との出会いを待つの!


と、醍醐さん。

この先、はなの恋敵になるとかそういう面倒な展開はご遠慮いただきとうございます…。


さて、はなは卒業式の日にブラックバーン校長のスピーチ通訳を仰せつかりました。

有終の美になるとは限りませんよ。
みんなにとって一生に一度の卒業式をあなたの通訳でぶち壊さないように。


と、相変わらず嫌味を言う富山先生の言葉を

これは富山先生からはなさんへの餞別なんですよ。

と笑いながら通訳。

この学校…小さい人の頃から英語で話す日があったりして、ずいぶん英語教育が
進んでいる感じだったのに結局、最後まではなさんの通訳が必要なのですね。

ああ…でも、これはご列席の父母など来賓用の通訳なのかしらね。
うん…きっとそうですわ…。

式当日。
ブラックバーン校長の隣に座り、畠山さまのスピーチを通訳するはな。

畠山さま、ご立派ですわ。
醍醐さまは今後も何かと出て来そうな予感がいたしますが、畠山さまはきっと
これが最後の出番ですわね。ごきげんよう。


いよいよ、ブラックバーン先生の英語スピーチでございます。

My Girls !

Grow old alone with me.
The best is yet to be.

私の愛する生徒たちよ。
我と共に老いよ。最上なものは、なお後に来たる。


If some decades later you look back on your time with us here and you feel that these were the happiest days of your life, then I must say your education will have been a failure.

今から何十年後かにあなた方がこの学校生活を思い出して
『あの時代が一番幸せだった。楽しかった』
と心の底から感じるのなら、私はこの学校の教育が失敗だったと
言わなければなりません。


Life must improve as it takes its course.
Your youth you spend in preparation because the best things are never in the past,but in the future.

人生は進歩です。
若い時代は準備の時であり、最上なものは過去にあるのではなく将来にあります。


I hope that you pursue life,and hold onto your hope and your dream until the very end of the journey.

旅路の最後まで、希望と理想を持ち続け進んでいく者でありますように。



感動に包まれる講堂……。

はなの通訳はどうだったかと校長室に戻ってから富山先生に訊ねるブラックバーン先生。

Perfect.

と答える富山先生でした。

直訳すると、

私の生徒たちよ。
(あなたたちも)私と共に年を取る。

最高に素晴らしいことは、この先にある。
数十年後、あなたが私たちとの時間を振り返り、あなたの人生の最も幸せな日であったと
感じているならば、私はあなたの教育が失敗していたと言わなければならない。
それはそのコースを取るように改善しなければならない。
若いあなた方は最高のものが過去になることはないので、将来的には準備に費やした。

私はあなたの人生を追求することを願い、そして旅の最後の最後まで、あなた方の
希望や夢に縋る。


こんな感じになるので…本当に翻訳力は大事。

ブラックバーン先生ははなの事を誇りだと言って下さるのでした。

あなたをこの学校の教師として迎えられなかった事は残念ですが。
自分の運命を決めるのは自分自身です。


と、富山先生…。

はなに対しての初めての柔らかい眼差し。

う~ん…ともさかさん、素敵な女優さんになられましたわね…。


まぁ…しかし、今回全部持って行ったのは

居なくなったの
ってくらい出て来ていなかったかおる子さまでございます。

私、ずっと黙っておりましたが、実は…
山梨の勝沼の出身でございます。

てっ!?


視聴者もここで、てっ!?…と言うところでございます…。

おまんが最初に寄宿舎に来て挨拶したときゃあ、おらも「てっ!?」って思ったさ。
なまりが懐かしくてたまらんで。
おらのしごきにも華族のお嬢様たちにも負けんで、よく頑張ったじゃんね!
甲府帰ってもこぴっとやれし。

おまんは山梨の誇りじゃん!
卒業おめでとう!



ぎゅうぎゅうと、はなを抱きしめるかおる子さま…いや、それは死ぬから……。

ってか…
かおる子さまにしごかれるシーンが少なすぎて、美輪さまが初めに言っていらした「天敵」
って感じにならなかったのが残念過ぎですわよね。

もっともっとエピソードがあれば、このシーンも深みが出たかも知れませんが…。
白鳥かをる子さま…今までの描かれ方程度ならば最後まではなに説教垂れていた方が
「らしい」と感じるのは私だけでございましょうか。


ともかく。

視聴者の大半が思っていらしたであろう地主さまとかをる子さま親子説…あるいは兄妹説が
ここで確実になったのでございました(違……

似すぎじゃん……。同一人物だと言われても驚かないじゃん…。
  花子とアン41


さてさて東京編は一旦終わり。
来週からは『おひさま』モードに突入するようでございます……。

う~ん……面白いといいですわね…。

世の中的には賛否分かれたようですが、学園もの少女マンガで育った世代の女性には
なかなか修和女学校編は好評であったように思われまする。私含めてですわね。
(もっとも、ストーリーの粗さに対するツッコミはここでも健在でございますが…)

ちなみにウチの夫はちっとも面白くないと申しておりました。
前作よりはマシ…程度の認識らしうございます。
男性にはウケ辛い世界かもしれません。

おら的には、むしろ来週からの方が退屈……いや、何でもありません……。

史実のモデルの人は、卒業後しばらくは東洋英和で働かれ、その後、東洋英和の校長・
イザベラ・ブラックモーアがかつて教鞭をとっていた山梨英和で教師になります。

ではでは、ごきげんよう。


※ちょっとまたコメントにレスができない状態で申し訳ありませぬ~。
こぴっと読ませていただいております!かしこ。



よろしければ→【2014年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村

  

※キャスト

安東はな/村岡花子 … 吉高由里子(子役期:山田望叶)

安東吉平 … 伊原剛志
安東ふじ … 室井滋
安東周造 … 石橋蓮司
安東吉太郎 … 賀来賢人(子役期:山崎竜太郎)
安東かよ … 黒木華(子役期 : 木村心結)
安東もも … 土屋太鳳(子役期 : 須田理央)

葉山蓮子 … 仲間由紀恵

村岡美里 … 三木理沙子
茂木のり子 … 浅田美代子
富山タキ … ともさかりえ
醍醐亜矢子 … 高梨臨(子役期:茂内麻結)
白鳥かをるこ … 近藤春菜

ブラックバーン校長 … トーディ・クラーク
スコット先生 … ハンナ・グレース
綾小路先生 … 那須佐代子
山田国松 … 村松利史
浅野中也 … 瀬川亮

葉山晶貴 … 飯田基祐
村岡英治 … 鈴木亮平
梶原総一郎 … 藤本隆宏
嘉納伝助 … 吉田鋼太郎
宮本龍一 … 中島歩

木場朝市 … 窪田正孝(子役期:里村洋)
徳丸武 … 高澤父母道
本多先生 … マキタスポーツ
木場リン … 松本明子
徳丸甚之介 … カンニング竹山
阿母里教会・森牧師 … 山崎一

一条高子 … 佐藤みゆき
畠山鶴子 … 大西礼芳
松平幸子 … 義達祐未
北澤司 … 加藤慶祐

ナレーション … 美輪明宏

※スタッフ

脚本 … 中園ミホ
演出 … 柳川強、松浦善之助、安達もじり
プロデューサー … 須崎岳
制作統括 … 加賀田透
音楽 … 梶浦由記
アニメーション製作 … 和田羊平

原案 … 村岡恵理『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』
主題歌 … 絢香「にじいろ」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hanako/




【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]

【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,155円(税5%込、送料込)







【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]

【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]
価格:1,470円(税5%込、送料込)




















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【花子とアン】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25・26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • 匿名
    2014年5月19日 11:57 PM

    SECRET: 0
    PASS: 3f6fb541bffb29ac151c0797db6f525f
    こんばんは。いつも楽しく拝見しております。
    今回は痛いところを突かれてしまいましたので初めてコメントさせて頂きます笑
    修和女学校のモデルになった学校を卒業した者です。
    私が在籍していた当時も小2からネイティヴの先生による授業がありましたし、日本語禁止の日もありました。が…生徒みんなが英語堪能にはなりません!ピンキリです。残念ながら通訳必要です…
    ドラマ内の授業描写が主人公の得意科目である英語に偏っているので、誤解を招きやすいですね。

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2014年5月18日 3:02 PM

    卒業式>『花子とアン』第42話

    白鳥さんは山梨出身

    ということで

    やはり地主と親戚か?
    今後も登場させるための設定か?

    と思ってしまった視聴者は手を挙げて

    …ひじゅにですが何か?

    「やっと代用教員の口も見つかったし」by花子

    醍醐:「やっと」って…
     朝市さんのお手紙の様子では
     あちらが花子さんに気を遣って探して下さったと聞こえるけど

    花子:私が頼んでおいた…

  • もう…何がなんだか日記
    2014年5月18日 3:02 PM

    卒業式>『花子とアン』第42話

    白鳥さんは山梨出身ということでやはり地主と親戚か?今後も登場させるための設定か?と思ってしまった視聴者は手を挙げて…ひじゅにですが何か?「やっと代用教員の口も見つか…

  • レベル999のgoo部屋
    2014年5月17日 9:19 PM

    花子とアン 第42回

    内容
    一度は、東京での就職を決めたはな(吉高由里子)だったが、
    母の思いを知り、故郷へ帰ることを決意し、そのことを伝える。
    それからすぐ、
    朝市(窪田正孝)から代用教員として働けるようになったと言う知らせが届く。
    ひと安心のはな。そんな折、亜矢子(高梨臨)…

  • ショコラの日記帳・別館
    2014年5月17日 5:07 PM

    【花子とアン】第42回(5/17)「女学校卒業式」

    「まだ間に合う!『花子とアン』」(20分)を、NHK総合で放送します。 今後のみ

  • ジャオステーション
    2014年5月17日 3:51 PM

    連続テレビ小説 花子とアン(42)「さらば修和女学校」

    卒業後のはなの就職口が決まった。朝市君のおかげで小学校の代用教員をすることに
    なった。 よかったねはな。 醍醐さんが結婚を辞めた?何で?・・・
    醍醐さんははなのおかげで、出版社に就職が決まった。
    持つべきものはやはり友達なんだとしみじみ思う。
    卒業をまじかに控え、富山先生からはなはブラックバーン校長のスピーチを
    通訳する大役を命じられ緊張を隠せない。これは富山先生のはなへの花むけで…