NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第43・44回 感想


甲府に戻り、尋常小学校の代用教員となったはな(吉高由里子)は、ふじ(室井滋)や
周造(石橋蓮司)に見送られ、緊張しながら朝市(窪田正孝)とともに初出勤する。
かつて担任だった校長の本多(マキタスポーツ)がはなを教師たちに紹介するが、英語を
使うはなに緑川(相島一之)は、西洋かぶれの女に教師が務まるのかと嫌みを言う。
6年生の担任になったはなは、教室で「ごきげんよう」と挨拶し、子どもたちから笑われてしまう…

教師なのに初日から廊下に立たされたはな(吉高由里子)の話はさっそくリン(松本明子)から
家族に広まり、はなは「先生に向いてないのでは?」と言われ落ち込んでしまう。
翌朝、迎えに来た朝市(窪田正孝)に励まされ、心機一転厳しく授業を進めるはな。
そんな中、はなは家が貧しく欠席しがちだが、想像力の豊かなたえ(伊藤真弓)という生徒が
気になっていた。
ある日、お弁当を持たないたえが空を見上げているのを見たはなは…(44話)

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「花子とアン」第8週「想像のツバサ?」 第43・44話

     花子とアンop

昨日書く時間なかったので2話分。ですが、ちょー簡単感想で~…。


『私、もう決めたのよ。マリラ。ここに残って先生になるの。
だから私の事は心配しないでね』
『でもあんたには夢があったじゃないか』
『今までどおり夢はあるわ。。ただ夢のあり方が変わったのよ。
『いい先生になろうと思っているの。ここで精いっぱいやってみるつもりよ。
そうすれば、きっと最高のものが返ってくるはずよ』


私は、ちっともいい先生にはなれなかった…。
でも、最高のものが返ってきたわ。



月曜は毎週、アンを読みながら自分を振り返るはな。

はなもアンと同じように故郷で小学校の教師になるのだった。
もう、村岡さんの伝記がベース…とかじゃなくてただの「赤毛のアン」日本版ってことで
いいと思うの。そうしないと朝市も報われないじゃん。

史実と一緒にしたら朝市はギルバートじゃないんだし、史実を語るんだとしたら
山梨英和はどこへ行ってしまったんだ。


久しぶりに帰った母校では何とマキタスポーツが校長に~~
いや、エロエスパーを育成する学校ではないだに…いや、ずら。

安東はなです。
早く6年生のクラスになじめるように頑張ります。

6年生のカラス?

6年生の「クラス」です。

ほりゃ英語け?

あっ。そうです。

安東君は東京のミッチョンスクールに通っていたから英語ができるずら。

校長先生。こんな人を担任にして大丈夫ずらか。
西洋かぶれの代用教員が生徒らにおかしな事を吹き込まんといいですけんど。


と、早速新人教師にイチャモンつける緑川先生@相島一之さん。
こういう役がもう鉄板。

43話は、受け持った「クラス」が崩壊学級で苦労するはな。
たえという貧しくて子どもを負ぶって登校していてはなの昔を思い出させるような
生徒と出会ったはな。
うるさい子どもたちを無断で課外授業に連れ出して廊下に立たされるはな。

などが描かれました。←バッサリですいません。


崩壊学級の子どもらの中で一番性格悪そうなガk…いや、何でも…が、どう見ても
武と同じ子役さんだったこと。
たえがおんぶしている赤さんの顔がミョーに白くて浮いていて恐かった事…。

などが個人的に引っかかったポイントでございました…。


廊下に立たされた(朝市巻き添えw)ことがリンの口から早速知らされる安東家。

家族それぞれの反応に落ち込むはなだが、

おとうに代わってこのうちの暮らしを支えんといけんし、かよのこせえた借金もあるし。
教師にまるっきし向いてなくてもやるしかねえずら!


という覚悟で翌朝も登校。

やっぱり安東家はそういう経済状況なのけ。
どうも、はなが綺麗なお着物で相変わらずお嬢のように行動しているので、大変なようには
見えんずら。

まぁ…このお着物、カワイイから好きだけどね。

そんな事よりも、「はながいる安東家の風景」の中に吉太郎がちゃんといるって事が
おらにとってはちょっと嬉しいじゃん。

だって、今まで蓮子さまがいらした時以外は吉太郎ってはなと2人のシーンはほとんどなく、
出ていく時も送らず帰って来ても迎えずで確執がある感じだったもんね。


さて、
一度校外学習の楽しさを覚えた崩壊学級は翌日になっても止まりません。

うるさい子どもたちを見て、ついに

「Be quie…」…あっ…じゃなかった。
静かに!


と、叫ぶはなでございました。

心のイメージは富山先生。

騒ぐ生徒は廊下に立たせますよ。

自分も立たされたくせに!

反論される。もっともだに…じゃなかった、ずら。
だからさ~教師を生徒の見える所で罰したり叱ったりする上役がいかんだに。
そういうの見たら威厳も何もなくなるじゃん。

しかし、負けないはな。

キヨシ君。
先生や目上の人に対しては丁寧な言葉を使うのが礼儀です。

えっ? ほんなのどうでもいいじゃんけ!

よくありません。
言葉の乱れは精神の乱れです。
←かをる子さま来たーー

で、ちょっと静かになる子どもたち。

しかし、赤さんを負ぶったたえに対するイジメシーンは相変わらず継続。
先生、まずこれを注意しろし。

お弁当も持ってこられないたえが、空に向かって手を伸ばしているのを見たはなは、
自分も想像の翼を広げて「雲のごはん」を食べていたことを思い出す。


おまん、なにょうしてるだ?

と、バカにするキヨシに、

たえさんは想像の翼を広げてるの。
その翼を広げれば、どんな鳥よりも高く飛べるし雲のごはんだって食べる事ができるのよ。


と言うはなであった。

その日、たえに自分のお昼の握り飯をあげてしまったはなは校長から注意される。

教師がお気に入りの生徒をつくったらいかん。

そういうつもりは…。

おまんの弁当をやるのもたえのためにゃならん。
一回弁当やったら、明日っから弁当がねえともっとつらくなる。
たえんちは去年病気で母親を亡くして父親は借金返すために出稼ぎに出て、
うちにはいねえ。
たえは一人でちっくい弟の世話をしながら留守を守ってるだ。

ほんな生徒を考えもなしに中途半端な情けをかけたらけえって不幸んなる。
おまんみてえな甘ったるい同情心じゃ救えんだ!


校長の言う事はもっともだ。
だから本当だったらたえは学校になんか来られない生徒だよねぇ…。

しかし、それよりも、安東家には白いご飯をお昼に持たせる余裕が出来たのですね…
という事の方が気になるのだった。

話によれば、はなの給料は借金の返済に使われるようだし~。
家族の稼ぎがよくなっているとは思えないし~。
おとうの出稼ぎで入るお金もないわけだし~。

しいて言えば、かよ1人分の食い扶持が浮いていることくらい

まぁ…毎度のように言っているけれども朝ドラに経済観念がないのはデフォだから
いいのか、それで。

なんて事はどうでもよく…。

はなの「クラス」ではクソガk…あ、すいません…どもが、想像の翼を広げて飛べと
たえを学校の屋根の上に登らせると言う事件が発生。


本当に翼生えてるなら屋根の上歩いても怖くねえら!
ほうだほうだ!怖くねえ!
ほれじゃあ屋根の端っこまで歩いてみろし!



ほんと、タチ悪いんですけど、こいつら。

子どもたちを止められないはなは、ついに、

分かったわ。私がやる。
たえさんの代わりに私が歩きます!


と言い出すのだった……ぇ……。ボカーーーン……。


そして、次のシーンでははながもう登ってるし。
たえ、いつの間に下りた……

これは赤毛のアンの「名誉をかけた事件」オマージュなんだろうけどさ。
アンが屋根に上ったのは子どもの時だよ。
いや、この場合はアン=たえちゃんなんだろうけど。
だったら、はなは登る必要がないずら。

それよりも、屋根なんか歩く危険性を教えるのが教師ってもんだろ…。

転がり落ちて朝市が助けると…そのシーンをつくるためだけのエピソードだとしか
思えないのでございます。

…だから~もう~史実の人無視で、朝市とくっつく流れでいいじゃん。
村岡さんには醍醐さんとでもくっついてもらいましょう。


個人的には、想像の翼を広げていた以上に故郷の先生編に乗れない状態でございます…

ではでは、ごきげんよう。


※ちょっとまたコメントにレスができない状態で申し訳ありませぬ~。
こぴっと読ませていただいております!かしこ。



よろしければ→【2014年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村

  

※キャスト

安東はな/村岡花子 … 吉高由里子(子役期:山田望叶)

安東吉平 … 伊原剛志
安東ふじ … 室井滋
安東周造 … 石橋蓮司
安東吉太郎 … 賀来賢人(子役期:山崎竜太郎)
安東かよ … 黒木華(子役期 : 木村心結)
安東もも … 土屋太鳳(子役期 : 須田理央)

葉山蓮子 … 仲間由紀恵

村岡美里 … 三木理沙子
茂木のり子 … 浅田美代子
富山タキ … ともさかりえ
醍醐亜矢子 … 高梨臨(子役期:茂内麻結)
白鳥かをるこ … 近藤春菜

ブラックバーン校長 … トーディ・クラーク
スコット先生 … ハンナ・グレース
綾小路先生 … 那須佐代子
山田国松 … 村松利史
浅野中也 … 瀬川亮

葉山晶貴 … 飯田基祐
村岡英治 … 鈴木亮平
梶原総一郎 … 藤本隆宏
嘉納伝助 … 吉田鋼太郎
宮本龍一 … 中島歩

木場朝市 … 窪田正孝(子役期:里村洋)
徳丸武 … 高澤父母道
本多先生 … マキタスポーツ
木場リン … 松本明子
徳丸甚之介 … カンニング竹山
阿母里教会・森牧師 … 山崎一

一条高子 … 佐藤みゆき
畠山鶴子 … 大西礼芳
松平幸子 … 義達祐未
北澤司 … 加藤慶祐

ナレーション … 美輪明宏

※スタッフ

脚本 … 中園ミホ
演出 … 柳川強、松浦善之助、安達もじり
プロデューサー … 須崎岳
制作統括 … 加賀田透
音楽 … 梶浦由記
アニメーション製作 … 和田羊平

原案 … 村岡恵理『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』
主題歌 … 絢香「にじいろ」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hanako/




【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]

【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,155円(税5%込、送料込)







【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]

【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]
価格:1,470円(税5%込、送料込)




















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【花子とアン】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25・26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43・44


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • レベル999のgoo部屋
    2014年5月21日 5:36 PM

    花子とアン 第44回

    内容
    教師として働きはじめたはな(吉高由里子)だったが、
    大騒ぎの子供たちを静かにしようと、校外授業に。
    はなも子供たちも、意気揚揚として学校に帰って来たところ、
    本多校長(マキタスポーツ)から大目玉を食らい、廊下に立たされてしまう。
    家に帰ると、リン(松…

  • ゆう
    2014年5月21日 5:13 PM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
    カーネーション。今週はクリスマスケーキの週です。
    火曜日子ども時代から決別する奈津の涙は美しかった。
    水曜日仕事帰りに切りつけるふりをしてじゃれあう糸子勘助がかわいい。
    「花子とアン」のほうはいろいろもうどうにもならないのなら
    蓮子さまにツインテールで登場していただき「お前ら!」と一言カツを入れていただけば
    キヨシは一回で黙ると思います。おじいやん所長には「捜査のう」と言ってほしい。

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2014年5月21日 12:12 PM

    相合傘>『花子とアン』第44話

    相合傘って…

    現代では「古臭っ」って感じだけど>スマソ
    当時では「イケてる!」だったりして>でもないか

    相合傘という言葉時代は江戸時代から使われてたらしいけど
    あのお馴染みの(?)落書きはいつ頃からなんだろう?

    …ひじゅにですが何か?

    「大丈夫、先生には想像の翼が生えてるから」by花子

    ↑いや、そーいう問題ではない気がするのだが…(笑)

  • もう…何がなんだか日記
    2014年5月21日 12:11 PM

    相合傘>『花子とアン』第44話

    相合傘って…現代では「古臭っ」って感じだけど>スマソ当時では「イケてる!」だったりして>でもないか相合傘という言葉時代は江戸時代から使われてたらしいけどあのお馴染み…

  • 世事熟視〜コソダチP
    2014年5月21日 11:56 AM

    「花子とアン」第44回★屋根からコロコロ落下したはな(吉高由里子)

    連続テレビ小説「花子とアン」
    第44回(5月20日)

    お昼の時間。
    弁当が無いたえ(伊藤真弓)は赤ん坊を背負って窓から空を見上げております。

    悪ガキ・キヨシ「おまんちは貧乏だから弁当持ってこれんずら。」
    マサル「ほうだほうだ! 貧乏がうつるからあっち行けし。」

    たえが空を見てる様子から、自分も同じように雲をおにぎりに見立てて空腹をこらえていた「想像の翼」を思い起こすは…

  • ゆきんこ
    2014年5月21日 11:47 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >だから~もう~史実の人無視で、朝市とくっつく流れでいいじゃん。
    村岡さんには醍醐さんとでもくっついてもらいましょう<

    それがいいと思います。
    以下は、ネタバレでなく史実ですが、

    村岡氏が、はなと出会うのは大正8年(1909年)、この作品では再会になりますが~
    彼には、4年か5年前に結婚した妻がいて、でも妻は結核におかされていて別居中でした。

    花子との結婚が妻の死後なのかどうか、先妻との間の長男は親戚に養子に出されますが、
    なぜ引き取らなかったのかは、
    「アンのゆりかご」では明らかにされていませんが。

    もし、醍醐ちゃんがその先妻なら、ガクガクブルブルですね。