NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第83回 感想


失恋のあげく仕事でも失敗続きのはな(吉高由里子)は、梶原(藤本隆宏)にしばらく
休むよう告げられ、甲府へ帰ることに。
吉平(伊原剛志)とふじ(室井滋)は突然帰ってきたはなに驚き、はなは新しい雑誌が
完成したからお休みをもらったと嘘をつく。
しかし肝心の雑誌を「忘れて来た」と言うはなに、ふじは様子がおかしいと感じる。
やがて、リン(松本明子)から事情を聞いた朝市(窪田正孝)が『にじいろ』を手に
やって来るが…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「花子とアン」第14週「ゆれる思い」 第83話

     花子とアンop


ちょー簡単感想で~…。


あまりこのドラマの公式は読みに行かないのだが、もうネタバレなんかどうでもいいから
明日どーなるのか確認したいわ(クイズの答え合わせ的に)と思って久々に行ってみたら、
今週のあらすじにこう書いてあった。


「そんなある日、はなは仕事に打ち込もうとするあまり、大失敗をやらかしてしまう…。」


仕事に打ち込もうとするあまり………
  仕事に打ち込もうとするあまり………
    仕事に打ち込もうとするあまり………


の結果が居眠りとか本の渡し忘れとか傘貸さないとか……なんだ……。

安東はなという人は一体どういう仕事をしている人なのでしょうか。
やっぱり…「編集者」ではなく「小間使いさん」だよね。

「小間使いさんの失敗」ならば受け入れられる話だわ。


聡文堂の小間使いさん はなは、お手伝いさんの仕事を色々と失敗し、
編集長から

Go To Bed !!!!!


と宣言されてしまうのだった。

編集長から密書が渡っていたらしく、家へ帰ると かよにより荷造りが済まされていて、
かよからも

Go To Bed !!!!!←訳: いなかへけえれ

と言われてしまうのだった。


おじぃやん、ただいま。
ごめんなさい。
おら、夢追っかけるために東京に行ったのに好きになっちゃいけん人好きになって。
ほの上、仕事では失敗ばっかりでみんなに迷惑かけて。
かよにも心配かけて。
ほんな自分が情けなくなって頭冷やしに帰ってきました。

…なんて、とてもじゃねえけんどおとうとおかあには言えんなあ…。



と、仏壇のおじぃやんに報告する はな。


そうさなぁ…。

と、答えるぬかどこさん…じゃなかった、おじぃやんであった。


その頃、東京では雑誌が出来た礼を言いに村岡家を訪ねる梶原編集長。


英治くんは奥さんの病院?

はあ…。


実は、英治は離婚したんです。



てっ!?


…って言っちゃったよ…リアルに「てっ」って…。


嫁の方から別れてほしいと言ってきまして、英治は最後まで納得しませんでしたが
嫁の意志が固く先方の親とも話し合って区切りをつけました。



ずっと書いてきたように、こういう展開は予想ついてた。

嫁側の意思で別れることになって主人公サイドには視聴者の批判が行かないように
するだろうってね。

けれども、ここまで描き方が浅いとは……もう想像の範疇を超えたわ。

離婚、早っっ!!


この浅さのどこから主人公たちの道ならぬ恋愛への苦悩を読みとれと

とりあえず…
中村ゆりさんには殺されなくて良かったねとお祝いを述べさせていただきましょう。


それでもまだ病院へ行っているらしい英治が帰宅すると、自分のバツイチ体験を
語って聞かせる編集長であった。

で、はなが甲府へ行っている事を知る英治。

行くんですか。行くんですね。そーですか。

そして、朝市の目の前でプロポーズですか。

朝市……どこまでも哀れな子。


実際、もう村岡花子でも赤毛のアンでもないからいいけどね。
所せん朝ドラだし、史実になぞる必要もないしね。


でも、もうちょっと史実の人通りにやっても主人公に攻撃行かない描き方はあったはず。

史実のモデルの人だって別に完全奪略婚したわけではなく、離婚の話は進んでいた所に
はなが現れたらしいのだから。

ドラマ上では子どももいないし、この時代ならば離縁は仕方ない。
(史実の人には子どもは居た)


誰も悪者にしないようにしようとした結果、何だか浅くなっている…という悪循…。

なのになまじ苦悩しているように見せようと変な方向にエピソードは積み重なる。


雨降る教会の図書室の窓から辞書を捨てようとする はなを止める朝市……。

本日二度目のリアルな

てっ!?


それほどまでに苦しかったのだと読みとれと~~ムリムリムリムリムリ…


子どもの頃から本が大切で大好きで~……という設定まで窓下に捨て去るのか。
そして、貧しい環境で育ったはずなのにこんな高価な物を捨てられるのか。


主人公、別の方向でめっちゃ印象悪くなってますよ~~~。

こういう時こそさ~完全にエピソードから恋愛を追い払って文学を描けばいいのにね…。


ではでは、ごきげんよう~。


※ちょっとまたコメントにレスができない状態で申し訳ありませぬ~。
こぴっと読ませていただいております!かしこ。



よろしければ→【2014年7月期・夏クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村

  

※キャスト

安東はな/村岡花子 … 吉高由里子(子役期:山田望叶)

安東吉平 … 伊原剛志
安東ふじ … 室井滋
安東周造 … 石橋蓮司
安東吉太郎 … 賀来賢人(子役期:山崎竜太郎)
安東かよ … 黒木華(子役期 : 木村心結)
安東もも … 土屋太鳳(子役期 : 須田理央)

葉山蓮子 … 仲間由紀恵

村岡英治 … 鈴木亮平
醍醐亜矢子 … 高梨臨(子役期:茂内麻結)
梶原総一郎 … 藤本隆宏
宇田川満代 … 山田真歩
須藤大策 … 西沢仁太
三田悠介 … 本田大輔
村岡郁弥 … 町田啓太

村岡平祐 … 中原丈雄

宮本龍一 … 中島歩
葉山晶貴 … 飯田基祐
葉山園子 … 村岡希美
嘉納伝助 … 吉田鋼太郎
嘉納冬子 … 城戸愛莉
山元タミ … 筒井真理子
黒沢一史 … 木村彰吾
村岡香澄 … 中村ゆり

村岡美里 … 三木理沙子
茂木のり子 … 浅田美代子
富山タキ … ともさかりえ
白鳥かをるこ … 近藤春菜

ブラックバーン校長 … トーディ・クラーク
スコット先生 … ハンナ・グレース
綾小路先生 … 那須佐代子
山田国松 … 村松利史
浅野中也 … 瀬川亮

木場朝市 … 窪田正孝(子役期:里村洋)
徳丸武 … 矢本悠馬(子役期:高澤父母道)
本多先生 … マキタスポーツ
緑川幾三 … 相島一之
木場リン … 松本明子
徳丸甚之介 … カンニング竹山
阿母里教会・森牧師 … 山崎一
合田寅次 … 長江英和

一条高子 … 佐藤みゆき
畠山鶴子 … 大西礼芳
松平幸子 … 義達祐未
北澤司 … 加藤慶祐
望月啓太郎 … 川岡大次郎

ナレーション … 美輪明宏

※スタッフ

脚本 … 中園ミホ
演出 … 柳川強、松浦善之助、安達もじり
プロデューサー … 須崎岳
制作統括 … 加賀田透
音楽 … 梶浦由記
アニメーション製作 … 和田羊平

原案 … 村岡恵理『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』
主題歌 … 絢香「にじいろ」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hanako/




【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]

【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,155円(税5%込、送料込)







【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]

【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]
価格:1,470円(税5%込、送料込)




















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【花子とアン】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25・26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43・44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54 
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

8件のコメント

  • くう
    2014年7月7日 4:05 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >マーク・トゥエンに「にじいろ」送ったかどうか誰も気にしてないのが逆に気になる。

    10年翻訳されていない物は翻訳権が切れるという法がこの時代はあったようですが、それ以前に今ほど著作権にうるさくない時代でもあったようで^^;
    たぶん、原作に関することは想像の翼で補ってねってことなのでしょう^^;

    >パルピテーションとはパルプンテのことなり。

    ほんと…いやぁ…まさかこんなにアッサリとザキされるとは思いませんでした…。
    教会教会…ε(。・・)з†.。*・

  • くう
    2014年7月7日 3:52 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >原作者を、ただただお気の毒に思う今日この頃でございます。

    もしかしたら脚本家も思い通りに書けずお気の毒な状態なのかも知れませぬ。
    どうしてこんな事になっちゃったんだか…^^;

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2014年7月5日 12:42 PM

    梶原>『花子とアン』第83話

    お父ったら
    久しぶりに出てきて何を言うかと思ったら
    花子と村岡さんがお似合いだと示唆?

    …ひじゅにですが何か?

    「ハナの訳した言葉にピッタリじゃ」byお父

    梶原:さあ、いよいよだぞ~

    醍醐:編集長、随分張り切ってますわね

    梶:ああ、今迄は空気に近い存在だったが
     ようやく僕も活躍できそうだ

    醍:あら、近いうちに水泳大会とかありましたっ…

  • もう…何がなんだか日記
    2014年7月5日 12:42 PM

    梶原>『花子とアン』第83話

    お父ったら久しぶりに出てきて何を言うかと思ったら花子と村岡さんがお似合いだと示唆?…ひじゅにですが何か?「ハナの訳した言葉にピッタリじゃ」byお父梶原:さあ、いよいよ…

  • 世事熟視〜コソダチP
    2014年7月5日 11:55 AM

    「花子とアン」第83回★一瞬で離婚成立!?

    連続テレビ小説「花子とアン」
    第83回(7月4日)

    今日は話を全部追うのはやめて、英治(鈴木亮平)の「離婚成立」に集中。
    −◆−
    梶原編集長(藤本隆宏)が創刊号発行の報告と謝意を伝えるために村岡家を訪ねました。

    平祐(中原丈雄)と郁弥(町田啓太)が応対。英治(鈴木亮平)は不在。

    梶原編集長「『にじいろ』おかげさまで評判もよくて次の号の問い合わせもたくさん入ってます。」…

  • ゆう
    2014年7月5日 7:50 AM

    SECRET: 0
    PASS: 67828959122547a7fddaab97d5e99e3c
    マーク・トゥエンに「にじいろ」送ったかどうか誰も気にしてないのが逆に気になる。
    原作者の立場はー。送っても読めないだろうけどさ。気にとめてもいないって。なんだかなー。
    そしてやはり消されましたよ、はかなげなあの方。離婚にまつわることをこんなにひどく、
    雑に描いたドラマ初めて観ました。パルピテーションとはパルプンテのことなり。

  • 紫花浜匙
    2014年7月4日 10:53 PM

    SECRET: 0
    PASS: 984e0037bc680040c3165a33fc64e091
    原作者を、ただただお気の毒に思う今日この頃でございます。

  • レベル999のgoo部屋
    2014年7月4日 6:06 PM

    花子とアン 第83回

    内容
    かよ(黒木華)の勧めで、甲府へと帰ったはな(吉高由里子)
    突然のことに、両親は驚くが。。。

    敬称略

    「実は、英治は離婚したんです」

    それらを含めた説明をセリフで盛り込んできた今作。

    くどい、意味不明なナレーションで無いだけ「マシ」だと言いたいと…