NHK朝ドラ【 花子とアン 】 第117回 感想


「熱があるかも」と言い出した歩(横山歩)が、ほんとうに高い熱を出していることに
驚く花子(吉高由里子)と英治(鈴木亮平)。
花子は急いで歩を布団に寝かせ、つきっきりで看病を始める。
歩はぐったりしながらも花子に「痛いお注射する?」などと問いかけ、花子は元気に
なったら今度こそ海に行こうね、と言葉をかける。
やがて英治に呼ばれた医師と看護師が到着。
歩を診察した医師は、花子と英治に所見を伝える…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「花子とアン」第20週「海にかかる虹」 第117話

     花子とアンop


簡単感想で~…。


※このドラマを楽しくご覧になっている方はこの記事を
スルーする事をお薦めします!



今日は特に、

「もうものすごく泣いた…このドラマに心酔してる」

って方はこの下を読まないでね
、とお薦めする。

子どもが死んだのに不謹慎な記事の内容……と言わても困るしね…。


だって、今日は水曜日。
今週はあと3日残っている。

今までのこのドラマを見ていると……

その3日間で、たぶん、この事を切っ掛けにパルピるカップルとか出てきそうだし、
主人公も結構簡単に立ち直っちゃうのでは~と想像するのである。

つまり…私の記事よりもこのドラマの方向性の方がよほど不謹慎だと思われる……。


ウチの記事をずっと読んでいる方はご存じでしょうが、私はこの日が来ることを
初めから知っていた。

1926年(大正15年)、関東大震災で会社を失った村岡家は青蘭社を設立し、同年、
たった1人の息子である道雄さんを疫痢で失くしている。

6歳の誕生日前、かわいい盛りである。

ネットのあちこちで躾がなってないとか甘やかせすぎとか言われていた花子親子ですが、
こうなる事は解っていたので「全てはフラグ…」を呪文に私は耐えました。


実際、子どもを失った史実の人の回想文は読むのも心が痛いほど愛に満ち溢れているし、
それを考えればドラマ上もガミガミ躾ける描写なんて必要なかったのである。
(ついでに言えば、歩くんがクソガキだとネットで叩かれるほどのイタズラ描写も正直、
全く必要なかったのである。
親子の愛が溢れる優しいシーンだけで構成すりゃ良かったのに)


実在の花子さんを立ち直らせたのは、このドラマでは顔すらも出てこない片山廣子から
勧められた『The Prince and The Pauper/ザ・プリンス・アンド・ザ・ポーパー』。
つまり、このドラマで出会ってから延々と描きつづけられてきた『王子と乞食』
であった。

このドラマではもうとっくに本も刊行されてしまっていて、一体どういう切っ掛けで
主人公が立ち直るのか全く想像も付きません。

まさか、また甲府なのか…そうなのか……。


しかし、色々と書きつつ、ツッコみつつも今日は泣かされたよ。
子どもを失う花子の痛みは伝わる描写だった。


演技力の定まらない幼い子どもに死に際いっぱいセリフ言わせる脚本はどうなんだ…
と、思ったり、

えっ、かよは兄やんはと思ったり、

蓮さまに電報打ったのは誰なんだい…と思ったり…

しながらも、泣いたよ。

ま、たぶん英治さんなんだろうけどさ。
ねぇ…自分も可愛い息子を失くしたというのにこんな時まで主人公の気持ちを
第一に考える夫……もう、これこそ脇役の悲劇。


でもね、慟哭の花子を抱きしめる蓮さまを見て、本当にこの人が来てくれて
良かったと思った。


あすよりの 淋しき胸を 思ひやる 心に悲し 夜の雨の音 白蓮


本当に寂しい描写だったよ…。

しかし…

疫痢はこの当時でも伝染病として認定されているのに、ご遺体と添い寝は
どうなんだ…

と思ったり…

子の遺体に添い寝する花子を見守っている夫と義父と蓮さま描写が
何の密教だよ…ホラーかっ!ってくらい恐い……

と、思ったり……

しながら泣いたよ。


つ、つまり最終的には、ツッコみつつウルウルしてた。
お願いだから、こういう回くらいツッコませないでくれれば……。

まぁ…添い寝は……イメージだから。うん。たぶん。


そして、梶原さんが(ここに知らせるはずはないから、たぶん偶然)来た時に
話していた原稿の締め切りって、まさか、あの海に行けなかった原稿じゃないよね…

とかも思いながら……


英治君。
君は大丈夫か?

僕でできる事があったら何でも言ってくれ。



と言う梶原さんに、じゃあ蓮さまみたいに英治さんを抱きしめてだな……

と思ってしまった腐った自分……ぃぇ…何でもありません……。


さすがに今日は「ごきげんよう」はありませんでした。

あったらどうしようかと思った。


※ちょっとまたコメントにレスができない状態で申し訳ありませぬ~。
こぴっと読ませていただいております!かしこ。



よろしければ→【2014年7月期・夏クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

  

※キャスト

安東はな/村岡花子 … 吉高由里子(子役期:山田望叶)

安東吉平 … 伊原剛志
安東ふじ … 室井滋
安東周造 … 石橋蓮司
安東吉太郎 … 賀来賢人(子役期:山崎竜太郎)
安東かよ … 黒木華(子役期 : 木村心結)
安東もも … 土屋太鳳(子役期 : 須田理央)

葉山蓮子 … 仲間由紀恵

村岡英治 … 鈴木亮平
醍醐亜矢子 … 高梨臨(子役期:茂内麻結)
梶原総一郎 … 藤本隆宏
宇田川満代 … 山田真歩
須藤大策 … 西沢仁太
三田悠介 … 本田大輔
村岡郁弥 … 町田啓太
村岡歩 … 横山歩

村岡平祐 … 中原丈雄

宮本龍一 … 中島歩
葉山晶貴 … 飯田基祐
葉山園子 … 村岡希美
嘉納伝助 … 吉田鋼太郎
嘉納冬子 … 城戸愛莉
山元タミ … 筒井真理子
黒沢一史 … 木村彰吾
村岡香澄 … 中村ゆり

村岡美里 … 三木理沙子
茂木のり子 … 浅田美代子
富山タキ … ともさかりえ
白鳥かをるこ … 近藤春菜

ブラックバーン校長 … トーディ・クラーク
スコット先生 … ハンナ・グレース
綾小路先生 … 那須佐代子
山田国松 … 村松利史
浅野中也 … 瀬川亮

木場朝市 … 窪田正孝(子役期:里村洋)
徳丸武 … 矢本悠馬(子役期:高澤父母道)
本多先生 … マキタスポーツ
緑川幾三 … 相島一之
木場リン … 松本明子
徳丸甚之介 … カンニング竹山
阿母里教会・森牧師 … 山崎一
合田寅次 … 長江英和

一条高子 … 佐藤みゆき
畠山鶴子 … 大西礼芳
松平幸子 … 義達祐未
北澤司 … 加藤慶祐
望月啓太郎 … 川岡大次郎

ナレーション … 美輪明宏

※スタッフ

脚本 … 中園ミホ
演出 … 柳川強、松浦善之助、安達もじり
プロデューサー … 須崎岳
制作統括 … 加賀田透
音楽 … 梶浦由記
アニメーション製作 … 和田羊平

原案 … 村岡恵理『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』
主題歌 … 絢香「にじいろ」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hanako/




【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]

【送料無料】花子とアン(part1) [ NHK出版 ]
価格:1,155円(税5%込、送料込)







【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]

【送料無料】花子とアンへの道 [ 村岡恵理 ]
価格:1,470円(税5%込、送料込)




















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【花子とアン】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25・26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43・44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54 
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114
115 116 117


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2014年8月15日 8:04 AM

    花子とアン (第117回・8/13) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『花子とアン』(公式)
    第20週『海にかかる虹』【第117回】の感想。

    「熱があるかも」と言い出した歩(横山歩)が、ほんとうに高い熱を出していることに驚く花子(吉高由里子)と英治(鈴木亮平)。花子は急いで歩を布団に寝かせ、つきっきりで看病を始める。歩はぐったりしながらも花子に「痛いお注射する?」などと問いかけ、花子は元気になったら今度こそ海に行こ…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2014年8月14日 10:52 AM

    夜の雨の音>『花子とアン』第117話

    何だか胸の辺りが重苦しくて
    息苦しい感じで
    朝の内は吐き気もしたので
    まだ休みに入っていない医院を探して行ってきた

    持病があるので念のためと
    心電図とレントゲン検査もしたが
    幸い心臓は正常

    最近流行っている風邪だろう
    とのこと

    腸に菌が増えてガスが溜まってしまうのだとか

    …色々ありますね
    皆さんもお気を付け下さい

    …ひじゅにですが何か?

  • もう…何がなんだか日記
    2014年8月14日 10:52 AM

    夜の雨の音>『花子とアン』第117話

    何だか胸の辺りが重苦しくて息苦しい感じで朝の内は吐き気もしたのでまだ休みに入っていない医院を探して行ってきた持病があるので念のためと心電図とレントゲン検査もしたが幸い心…

  • ショコラの日記帳・別館
    2014年8月14日 2:10 AM

    【花子とアン】第117回(8/13水)「疫痢」&視聴率推移

    歩君、疫痢にかかって、亡くなってしまいました(汗) 一人息子の死、とても辛いでし

  • レベル999のgoo部屋
    2014年8月13日 10:58 PM

    花子とアン 第117回

    内容
    突然、熱を出した歩を心配する英治(鈴木亮平)花子(吉高由里子)
    医者に来てもらったのだが。。。

    敬称略

    さて、今回の話。

    “ほとんど描いていない子供”が、“時間経過”により成長し

    “いきなり描き始めた”のだから、“それ”しかないのである。

    もうほんと…

  • 世事熟視〜コソダチP
    2014年8月13日 10:01 PM

    「花子とアン」第117回★歩くんが疫痢で臨終

    連続テレビ小説「花子とアン」
    第117回(8月13日)

    歩「お注射やだな〜…。」
    花子「じゃあお母ちゃまが代わりにしてもらうわ。」

    病気自体、子供と代わってあげたいのが親心。

    高熱の歩「それじゃあ僕の病気よくならないよ…。」

    横山歩くん、本当に演技が上手い。

    英治「歩は強いから注射痛くても大丈夫だよな。」
    花子「お医者様の言う事を聞いていい子にしてればすぐ…