NHK朝ドラ【 マッサン 】 第66回 感想


エリー(シャーロット)が階段から落ち流産してしまい、マッサン(玉山鉄二)と
英一郎(浅香航大)はそれぞれが自分自身を責める。
キャサリン(濱田マリ)らが見舞いに訪れ笑顔を見せるも、一人になるとエリーは
思い出しては涙するのだった。
そんなエリーに、この苦難を二人一緒に乗り越えればまた幸せが訪れるとマッサン
は語り、ようやく元気が出てくるエリー。
そんな時、マッサンは医者にエリーのことで話があると告げられる。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「マッサン」第11週「子に過ぎたる宝なし」 第66話

       マッサンop


※はじめに…この記事は、ドラマを楽しくご覧になっている方は読まない方がいいですよ。

↑ 当分テンプレ続行中~…ごめんねごめんね~。


チョー簡単感想のみで…。


ぼく…僕のせいです。
僕が2階で食べるて言わなんだら…。
ごめんなさい!



と、頭を下げる英一郎くんに

わしも一緒じゃ。
エリーを止めて…わしが2階に持って行っとりゃ…。



とガックリしながら言うマッサン。

昨日の記事に書いたような事がセリフで行われてます……。


一方、鴨居商店ではマッサンが会社をしばらく休むことと、ポットスチルの
お披露目会を行う事が発表されたのだった。


お披露目会には在阪の新聞社雑誌社はもちろん、名古屋、東京からも新聞記者
呼んで大々的に日本初のウイスキー誕生を宣伝してもらうつもりや。
工場長が帰ってくるまで、みんなにはその準備をしっかり頑張ってもらいたい!


みんなは事情を知らず盛り上がり、英一郎くんは、もう死にそうな顔…。


カモキンや俊兄が見舞いに来た後、英一郎くんはエリーに頭を下げて
詫びるのだった。

ほんまに…僕なんか死んだ方がマシです!


そして、エリーはいつものように英一郎を力づける。

英一郎…ダイジョウブ!
英一郎、何も悪くない。
ワタシ、オッチョコチョイだったから、ワタシ悪い。



うん。悪いけど…それが真実だからね~。


のうエリー。わし…考えたんじゃ。
何でわしらがこがな目に遭わんといけんのかって。

ここでへこたれてくじけてしまうか、もっぺん希望を持って生きていけるか。
ここさえ踏ん張りゃ、いつかきっと子どもはできる。
今度は絶対、元気に生まれてくれる。

エリーの苦しみはわしの苦しみじゃ。
2人で一緒に乗り越えていこう。



そうして前向きになった夫婦に、もう子どもは出来ない…というか、身体が
弱いので妊娠したら母胎がもたないだろうという医者の宣告が行われると…。


考え方によっては、今回もし流産しなかったら、母体はもっと危険な状態になり、
場合によっては命も危なかったかもしれません。
おつらいと思いますが、どうか不幸中の幸いやったと考えるようにして下さい。



これが全てだよね。


しかし、マッサン、ほんとにキャラ変してるよね~。
これが一週間早かったら英一郎に「お前のせいじゃ」とか言ってそう~。
英一郎くん自殺しちゃいそう~。今でももう死んじゃいそうだけど。


ところで、この夫婦、信仰の方はどうなっているんでしょうか…。
こういう時こそ信仰だよね…。


優しくされれば気が休まるかって言えばそういう事ではなく。

来週も引っ張るらしい……これ…。
びっくり&うんざりだよ。

英一郎くんとカモキンが「赦し」と「親子の愛」を巡って和解するのですよね。

わかります………。


鴨居父子の中の人たちが嫌になるような脚本だけはカンベン。


よろしければ→【2014年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


※補足的記事
『2014年10月期スタートNHK朝ドラ『連続テレビ小説 マッサン』の
見どころとキャストまとめ』

      マッサンsmall


  
※キャスト

亀山政春 … 玉山鉄二
亀山エリー … シャーロット・ケイト・フォックス

亀山早苗 … 泉ピン子
亀山政志 … 前田吟
岡崎千加子 … 西田尚美
亀山すみれ … 早見あかり
番頭・島爺 … 高橋元太郎
俊夫 … 八嶋智人

キャサリン(種子) … 濱田マリ
梅子 … 飯島順子
桃子 … ちすん
信ちゃん … 伊藤えん魔
食堂「こひのぼり」店主・春さん … 及川いぞう
ヨシ … 三島ゆり子
巡査 … バッファロー吾郎A

鴨居商店
鴨居欣次郎 … 堤真一

鴨居英一郎 … 浅香航大
黒沢 … 志賀廣太郎
青山 … 小堀正博
白井 … 乃木涼介
紺野 … 成河
規子 … 田実陽子

住吉酒造
田中大作 … 西川きよし
田中優子 … 相武紗季
矢口専務 … 白井晃
事務員・好子 … 江口のりこ
池田 … 前野朋哉
松原 … 木内義一

笹塚 … 岡本信人
佐渡 … 佐川満男
藤岡次郎 … 山村憲之介
藤岡正太郎 … 国広富之
守谷長五郎 … 中村嘉葎雄

野々村茂 … 神尾佑
野々村由起子 … 愛原実花
野々村幸子 … 田中葵
野々村ナツ … 吉田暖

森野熊虎 … 風間杜夫
森野ハナ … 小池栄子
森野一馬 … 堀井新太
亀山エマ … 優希美青

ヘレン … アナンダ・ジェイコブズ/鎌田梢
ウィリアム … タクマ・ウォーレン/比嘉久美子
ローズマリー … インゲ・ムラタ/松岡洋子
デイビッド … マイケル・ビアード

ナレーション … 松岡洋子

※スタッフ

脚本 … 羽原大介
演出 … 野田雄介、梶原登城、佐々木善春、他
プロデューサー … 山本晃久
制作統括 … 櫻井賢
音楽 … 富貴晴美
制作主任 … 熊野律時

主題歌 … 中島みゆき「麦の唄」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/massan/























「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【マッサン】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48 
49 50 51 52 53 54 
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

5件のコメント

  • もう…何がなんだか日記
    2014年12月14日 11:17 PM

    告知>『マッサン』第66話

    リアル・エリー@竹鶴リタさんは胎盤剥離しやすい体質だったとか現代の医学でも予防はできないし早期発見が命の分かれ目なんだとか同じ苦しみを抱いている視聴者がいることを配慮し…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2014年12月14日 11:17 PM

    告知>『マッサン』第66話

    リアル・エリー@竹鶴リタさんは
    胎盤剥離しやすい体質だったとか

    現代の医学でも
    予防はできないし
    早期発見が命の分かれ目なんだとか

    同じ苦しみを抱いている視聴者がいることを配慮して
    ドラマのエリーは「血液が足りない」ということにしたのでせう

    …それにしても辛いことだけどね

    …ひじゅにですが何か?

    「不幸中の幸い」by医師

    懸念してい…

  • レベル999のgoo部屋
    2014年12月13日 9:04 PM

    マッサン 第66回

    内容 

    その1
    英一郎のわがままのせいで、エリーは流産する。
    責任を感じる英一郎。

    その2
    突然、お腹を抱え込むエリー。政春はエリーを病院へ運ぶが、流産した。
    医師から。。。。

    敬称略

    ほんとは、後者で十分なのに、

    今作は、なぜか、前者。

    たとえば、今…

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2014年12月13日 5:40 PM

    マッサン (第66回・12/13) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『マッサン』(公式)
    第11週『子に過ぎたる宝なし』【第66回】の感想。
    【注】本作をを楽しくご覧になった方は、読まない方が良いです。

    エリー(シャーロット)が階段から落ち流産してしまい、マッサン(玉山鉄二)と英一郎(浅香航大)はそれぞれが自分自身を責める。キャサリン(濱田マリ)らが見舞いに訪れ笑顔を見せるも、一人になるとエリーは思い出しては涙するのだ…

  • 世事熟視〜コソダチP
    2014年12月13日 1:51 PM

    「マッサン」第66回★悲嘆に暮れるマッサン

    連続テレビ小説「マッサン」
    第66回(12月13日)

    「ここさえふんばりゃいつかきっと子どもはできる。今度は絶対元気に生まれてくれる。エリーの苦しみはわしの苦しみじゃ。2人で一緒に乗り越えていこう。」とエリーを慰めるマッサン。

    ナレ<マッサンに励まされ頑張って前を向いていこうと思ったエリーでしたが…。>

    医師がマッサンに話があると言います。
    「日常生活には支障はないでし…