【Dr.コトー診療所2006】第11話 最終回


医者は患者と家族にはなれない。
外科医は心を持ってはいけない。



心を持って家族を助けようとすれば、そこに焦りが生じ、
結局は失敗する事にもなる。
そしてその失敗は、何よりも自分自身を奈落へと落とす物。

鳴海が言いたかったのは、それだったのだ。

自分の妻を自らの手で救おうとして間違えた鳴海は、
外科医は家族を執刀してはいけない事を知ったのであった。


島の人たち全員を家族だと思い、その家族のために医療を行い続けたかったコトー
初めての疑念と悩みが生まれる。


彩佳は助かったが、それは鳴海がいてくれたからだった。

これから自分は、自分の信念のままに「家族」たちを救っていく事が
できるのだろうか。。。


悩みは晴れぬまま、コトーは島へ帰る。


そこには変わらぬ姿で温かく迎えてくれる「家族」が、待っていた。


自分の代理を務めてくれていた三上と語る。

島を離れていたらホームシックにかかってしまいました。
みんなの事ばかりが気になって仕方ないんです。

僕もです。



「家族」に医療を行うこと。「家族」を救っていく事。
自信を持って、それを行い続けられるか、コトーは自分に問いかけながら
これからも、この島でやっていくのだろう。

鳴海との出会いは、今までその事について考えていなかったコトーに、
考える機会を与えてくれたのかも知れない。

「家族」は救いたい。
しかし、「患者」として見る事は忘れない。

「家族」であろうと「ただの患者」であろうと、
そこにあるのが命である事に変わりはない。

命を救うために、コトーはこの島にいるのである。

そして、自分自身も救うために。


    ・・・・・・・・・・・・・・


全編を通して、命と言う物を強く訴えてきたドラマだった。

だからこそ、泣けたのだ。

そこには、本物の飾らない人間がいるから。
みんな、一生懸命生きているから。


与えられた物の大きなドラマだったと思う。

コトー先生は考える。
そして、見ているわたしたちも考える。

強く生きていくと言うこと。
そして、命の大きさと重さを。




患者さんと接していると、僕はみんなに助けられている
生かされている気持ちになるんだ。

僕は、これからもこの島で君の帰りを待つ。
Boys, be ambitious!
僕が受け取り君に送った
あの言葉の意味を探りながら。




個人的には、最後は笑顔で島に降りる彩佳を見たかった気がするけど。。。
それは、「Dr.コトー 2007 スペシャル」(必ずあると信じたいです)
で見せて貰えると思うので。。。

本当に素晴らしいドラマだから。ここで終わって欲しくないです。

でも、あれだけのキャストのスケジュールはなかなか押さえられないんでしょうね~。。。
キャストがガラッと変わるっていうのもイヤだし。

今後も単発スペシャルでもいいので、何とか出来る限り続けてもらいたいですね。

また、島のみんなに会える日を楽しみにしています。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  


キャスト

五島健助: 吉岡秀隆
星野彩佳: 柴咲コウ

仲依ミナ: 蒼井優
原剛利: 時任三郎
原剛洋: 富岡涼
西山茉莉子: 大塚寧々

星野昌代: 朝加真由美
坂野孝: 大森南朋
坂野ゆかり: 桜井幸子
坂野千賀: 畠山彩奈
中村三郎: 坂本長利
山下一夫: 納谷真大
山下道子: 森上千絵
山下邦夫: 春山幹介
宮野純平: 池田晃信
元木渡: 山西惇
山下努: 船木誠勝
山下春江: 高橋史子
山下信一: 石川眞吾
山下桃子: 松本梨菜
小沢信二: 光石研
小沢小百合: 神野三鈴
小沢ひな: 尾崎千瑛
川畑夏美: 大畑稚菜
中村愁子: 大後寿々花
山下巌: 谷津勲
山下茂: 松田史朗
原和子: 増子倭文江
剛洋の叔父: 妹尾正文
宮野真人: 細田よしひこ
熊木圭介: 熊耳宏之
脇田実: 栗脇高志
南佑介: 東誠一郎
洋平: 宮嶋剛史

鳴海慧: 堺雅人
安藤重雄: 泉谷しげる
和田一範: 筧利夫
星野正一: 小林薫











※この記事は2010年に楽天からお引越ししてきた記事です。
コメントは引っ越せましたがトラバの引っ越しはできませんでした。
ご了承ください。再トラバはいつでもお受けいたします。


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

12件のコメント

  • くう
    2006年12月25日 3:45 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >人の命のやり取りは、重すぎますが、島民としてのコトーの真面目な取り組みは、地味ですが、大好きです。

    真剣ですもんね。

    だから感動できるんですよね。

    ホント、終わってしまって喪失感でいっぱい。

    絶対に戻ってきてほしいです。

  • くう
    2006年12月25日 3:43 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >全体を通して、本当に重い内容ではありましたが、今年を振り返って改めて思うに、このドラマは無くなってほしくない部類のドラマですね。

    重いんだけど、決してイヤな感じにはならないんですよね。

    物語の根底に生きる強さが見えるから。

    このドラマには続いて欲しいです。

  • くう
    2006年12月25日 3:42 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >静かにじんわりと感動したドラマでした。

    毎回泣かされました。

    島とお別れするのは私もさびしいです。

    単発でもいいから、続けてほしいなぁ。

    もしも彩佳と結婚しても続けてほしいですね(^.^)

  • くう
    2006年12月25日 3:40 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    誉めて下さってありがとう(^^*ゞ

    >またコトー先生や島の人たちと会いたいですよね。

    会いたいです。

    このドラマを見ていると、この島が私にとっても

    とても懐かしい物に見えてくるから不思議(^.^)

  • くう
    2006年12月25日 3:36 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >“2006”はコトー先生の悩める姿を多く見たかな?

    >彩佳の事や、剛利親子の事・・“家族”にいろいろあったからね。

    悩めるところ、が、また良いのよね。

    コトー先生は人間であってスーパードクターではないんだよね。

    そうやって先生は、どんどん島の家族になっていくんだよね。

  • くう
    2006年12月25日 3:34 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    >まだまだ続きそうな最終回でしたね。

    続いて欲しいです!

    良いドラマは終わっちゃうと寂しいですもんね。

  • mari
    2006年12月23日 7:43 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    くうさん、おはようございます。

    大好きなドラマが終わると、脱量感で一杯になります。それでも次回につながりそうな福美を残してくれてよかったです。

    人の命のやり取りは、重すぎますが、島民としてのコトーの真面目な取り組みは、地味ですが、大好きです。

  • 愛梨
    2006年12月22日 11:34 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    今回は医師としての在り方という、描くのが難しいテーマだったと思うのですが、それが納得できる形で示されていて、見ごたえがありました。

    全体を通して、本当に重い内容ではありましたが、今年を振り返って改めて思うに、このドラマは無くなってほしくない部類のドラマですね。

  • かりん
    2006年12月22日 7:10 PM

    SECRET: 0
    PASS:
    こんばんは!

    静かにじんわりと感動したドラマでした。

    こちらの数字は納得です。

    彩佳とコトーが手をつなぐところまできましたね。二人が結婚するまでは続くのではないでしょうか。

  • ikko1370
    2006年12月22日 10:57 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    さすがくうふうさん。

    見方がするどいというか

    ドラマのいわんとするところをくみとるのがとてもお上手ですね。

    そうそう、と思いながら読まさせていただきました。

    またコトー先生や島の人たちと会いたいですよね。

  • W(ダブル)さくら
    2006年12月22日 8:26 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    同感です。

    必ず続きます(*^-゜)v♪

    “2006”はコトー先生の悩める姿を多く見たかな?

    彩佳の事や、剛利親子の事・・“家族”にいろいろあったからね。

    コトー先生がお母さんに電話をして、号泣する姿、切なかったです。

    彩佳が島に帰るまで・・といわず、剛洋がお医者さんになって、帰ってくるまで・・和田さんとミナちゃんが結婚するまで?・・いやいや重さんが亡くなるまで・・って。

    スペシャルになりそうなネタはいくらでもありますから、信じて待ちましょう!!

    レビューお疲れ様でした(*^。^*)

  • ヤンチ1127
    2006年12月22日 7:55 AM

    SECRET: 0
    PASS:
    まだまだ続きそうな最終回でしたね。