NHK朝ドラ【わろてんか】第151回(第26週土曜日)最終話 感想

てん(葵わかな)は北村笑店の歴史を笑いで描く人情喜劇の上演を決め、芸人も裏方も総出演することにした。

てん役はてんが演じ、藤吉役は田口(辻本祐樹)という若い芸人がやることになる。

舞台の幕が開き、てんはセリフもたどたどしい田口を助けて芝居を続ける。

ところがある瞬間、田口が藤吉(松坂桃李)に見えた。驚いたてんはもう一度田口を見つめるが、それはやはり藤吉だった。

そして、青空喜劇は続いていく…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「わろてんか」第26週「みんなでわろてんか」 第151話

   warotenka-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。


簡単感想で。

風鳥亭の青空寄席!

つまり、これが吉本新喜劇の始まりである……。



そもそも、私には吉本新喜劇の笑いがちょっと合わないのである。(普通ーーに漫才や落語やコントが好きなんだ)

『わろてんか』の初期の方はエンケンさんの喋りに全員でコケたりする演出がとても嫌いだった。

しかし、私以外にもアレが嫌いな視聴者が多かったのか、無くなりましたよね……あの演出。

久々に最終回で見たわ。
あの「吉本新喜劇」っぽさ(爆)


緊張して逃げ出したい小草々を春風のように温かく励まし背中を押す草若師匠(違)……風鳥亭の席主。
 warotenka-151師匠


まぁ、小草々(じゃなくて田口)が出てきた時から、こうなる事は解っていたから……もう、いいです……。


毎週土曜日の幽霊だった藤吉っつぁん、最終回だから出たい放題。
 warotenka-151-新喜劇


舞台の中身は、このドラマの要約(爆)

劇中で15分で『わろてんか』をやって見せるという斬新な最終回!!!!!
 
Youtubeで人気の(笑)「1分で振り返る」朝ドラシリーズを本編でやっちゃう。すごい。


いや、変にお涙ちょうだいに走るよりも、面白い演出の最終回だったと思っている。

ラストに松さんの歌声を聞けたのも良かったわ。


何だかんだ書いて来たけれども(失礼しました)、少なくとも「ムッカーー不快ーー」というような内容ではなかったし、ドラマ自体は特に心に残る事はないけれども、今後、吉本の中の人たちを見るたびに薄ぼんやりと思い出すであろう。


そして、戦中の慰問団をカッチリ描いたことに関しては高く評価されるべきと思います。

ついでに、せっかく事あるごとに「アメリカアメリカ」言っていたのだから、「戦前戦中のアメリカの中の日本人」ももっとピックアップしてくれると良かったよね。もったいない。


キャストに関しては、以前も書いたけれども、葵わかなさんは等身大の若い頃よりもなぜか年取ってからの演技の方が良かった気がします……。

特に、隼也の結婚アレコレに関する「苦渋の決断で、よく解らない女に息子を取られた感」の表情の数々には感じ入ったな。(「みんなの感想」界隈では叩かれていたようだけれども、仏頂面とやらが笑顔よりも感情入ってる……)

一生株に関しては、触れないでおくことにする……(「民王」の新作が見たいなぁ……やらないかな……)


個人的には、中の人株は、キース役の大野拓朗さんが一番上がったわ。ぐんぐん上がったわ。

(前野朋哉株は元々高いので)キースとアサリには今後も何かしらの活動をしてもらいたいくらい……。
 


リリコとシローさんも、とても好きだった。


でも、電髪で北村米店を潰してくれたキースも、席主につきまとうリリコも前半は好きじゃなかったんだよね。(要するに、自分的にはこのドラマの見どころは後ろ3ヶ月だった(爆))


キャストの皆さまには、心からお疲れ様でした。


次期は『半分、青い。』

脚本家が個人的にアレなんだけれども、爽やか青春朝ドラには合っているかも知れない。(でも、きっとどうせまた、あっちからこっちから恋のライバルが現れるんだろ……)

とりあえず、佐藤健目当てで見ます。


では、半年間、文句ばっかの短レビューにお付き合いいただき、ありがとうございました。

(読みたい人だけ読んでくれればいい方針です。来期もその方向で(笑))



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


【2017年度10月期NHK朝ドラ】連続テレビ小説「わろてんか」モデルの吉本興業創業者・吉本せいとは
2017年下半期NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」が10月2日(月)より放送開始されます。史実のモデルはあの吉本興業の創...

 
※キャスト

藤岡てん… 葵わかな(子役期:新井美羽)

北村(藤吉)藤吉郎… 松坂桃李
北村隼也… 成田凌(子役期:渡部翔夢→大八木凱斗)
武井風太… 濱田岳
トキ… 徳永えり
伊能 栞… 高橋一生

藤岡儀兵衛… 遠藤憲一
藤岡しず… 鈴木保奈美
藤岡ハツ… 竹下景子
藤岡新一… 千葉雄大
藤岡りん… 堀田真由

北村啄子… 鈴木京香
秦野リリコ… 広瀬アリス(子役期:莉帝)
キース… 大野拓朗(子役期:前田旺志郎)
アサリ… 前野朋哉
万丈目吉蔵… 藤井隆
万丈目 歌子… 枝元萌
岩さん… 岡大介
川上四郎… 松尾諭
寺ギン… 兵動大樹
亀井庄助… 内場勝則

安達 都… 大後寿々花
勝部なつ… 畦田ひとみ
錦織あや… 鈴木球予
小豆沢とわ… 辻凪子

月の井団吾… 波岡一喜
月の井団真… 北村有起哉
お夕… 中村ゆり
杉田楓… 岡本玲

喜楽亭 文鳥… 笹野高史
治平… 西川きよし

語り… 小野文惠

※スタッフ

脚本 … 吉田智子
演出 … 本木一博、東山充裕、川野秀昭
プロデューサー … 長谷知記
制作統括 … 後藤高久

音楽 … 横山克

主題歌 – 松たか子「明日はどこから」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/warotenka/













【わろてんか】
0 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76
77 78 79
80 81 82 83 84 85
86 87 88 89 90 91
92 93 94 95 96 97
98 99 100 101 102 103
104 105 106 107 108 109
110 111 112 113 114 115
116 117 118 119 120 121
122 123 124 125 126 127
128 129 130 131 132 133
134 135 136 137 138 139
140 141 142 143 144 145
146 147 148 149 150 151

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • くう
    2018年4月4日 8:07 PM

    ケロヨンさん
    >いつの間にかリリコさんが主人公になっていて良かった。。で、いつ見ても誰が何歳で何時の時代かわからなかったなあ~。

    毎日見ている者としても、冒頭で「昭和ン年」と言われて、ああ、昭和ン年だったんだぁーーと理解する始末でしたので、時々見ている方では時間の把握に苦労しそうですね^^;

    >私も関西人だったのでコテコテの部分が良かった。

    そうかーー!!あれだけ続いている人気の興業ですから、やはりファンは多いのですね^^亀さんは私も好きでした。

    「半分、青い。」は、今のところは楽しく見ています^^

  • ケロヨン
    2018年4月3日 9:54 PM

    お久しぶりです。
    たま~に、ちらっと見てました。
    いつの間にかリリコさんが主人公になっていて良かった。。で、いつ見ても誰が何歳で何時の時代かわからなかったなあ~。
    私も関西人だったのでコテコテの部分が良かった。亀さん?あの人なんか特に。
    これが言いたくて書き込みました。
    次のは初回見たけど既に「「まれ」っぽさが・・・
    来週からの夕方の「カーネーション」がうれしい。

    かしこ。

  • くう
    2018年4月3日 4:44 AM

    紫花浜匙さん

    >北村笑店劇場は自慢話のように感じた・・かな

    最終回に向かうに連れ、おてん上げで大変だったなぁと^^;

    >吉本新喜劇の番組を見て過ごした期間もあったので、
    あのズッコケのコテコテはもうちょっとやって欲しかった

    そっか!!いや、評判悪かったわけじゃなくて私に合わないのだと思う。

    好きな人は楽しかったんだね。
    そういう風に考えるとドラマに入るギャグの受け取り方も様々ね。

    >葵わかなは『陽だまりの彼女』が印象的。

    個人的には昨年の『サバイバルファミリー』かなぁ。

    正直、笑顔よりも仏頂面の方が可愛いかも(笑)
    今期の「ブラックペアン」にご出演らしいから活躍を楽しみに^^

  • 紫花浜匙
    2018年4月2日 2:22 PM

    最終回とその前、今日見ました。北村笑店劇場は自慢話のように感じた・・かな。
    吉本新喜劇の番組を見て過ごした期間もあったので、
    あのズッコケのコテコテはもうちょっとやって欲しかった^^。
    でも、評判良くなかったんだ、初めて知りました。まあ、スマートじゃないもんね。
    葵わかなは『陽だまりの彼女』が印象的。でもマイネオのCMは、声と笑顔がうるさくて苦手〜。
    まだ若い方だから、頑張って欲しいけど^^。
    藤吉とてんがイラストになって歌に入るED良かったね。

  • くう
    2018年4月2日 4:34 AM

    ひじゅにさん

    こちらこそ、よろしくお願い致します。

    >でも、アート引っ越しセンターCMは以前より苦手になったかも

    私は今回はそれほどには感じないんですよね。(つまり、本当に嫌悪感すら感じない空気さだった(爆))

    とと姉ですっかり苦手になった高畑さんも別のドラマでまたすっかり好きになったので、今回の人もいずれそうなるといいですよねーー(笑)

  • ひじゅに
    2018年4月1日 4:45 PM

    半年間、ありがとうございました。
    来る半年も、またよろしくお願いします(笑)
    確かに不快感は少なく、トラウマにはならずに済みそうです。
    でも、アート引っ越しセンターCMは以前より苦手になったかも(^^;)

3件のトラックバック

  • もう…何がなんだか日記
    2018年4月1日

    最終話>『わろてんか』第151話

    ​​​​​​​​​​終わりましたね終わりましたよ昨日も書いた通り吉本新喜劇には馴染みがないので今日の「青空喜劇」が本物の雰囲気をバッチリ伝えたものなのか―似せてはいるけ…

  • ディレクターの目線blog
    2018年3月31日

    わろてんか (第151回/最終話・3/31) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』(公式) 第26(最終)週『みんなでわろてんか』 『第151回/最終話』の感想。 ※ 本作は、2018/2/27 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。…

  • レベル999のFC部屋
    2018年3月31日

    連続テレビ小説『わろてんか』第151回(最終回)

    内容てん(葵わかな)たち北村笑店の面々総出では、青空喜劇をすることに。敬称略。。。。。。。ほんと。。。。。最後の最後まで、“笑えなかった”です。