【もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~】第2話 感想

家出したあの日、姉さんから引き留めてもらえずにいじけていた自分に言ってやりたい。

心配するな。

大人になったら お前を本当に必要としてくれる家族ができる。

そいつの名前は……


【もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~】第2話

 
    momikeshi-op

3人兄弟では「おみそ」が出来やすい。

全員が同性の場合は、真ん中が「おみそ」になりやすい。

上は初めての子どもなので実験的に親から注目されやすく、末っ子は末っ子というだけで可愛がられるものだから。

真ん中の子どもは、何となく疎外感を抱いて育つ例が多いらしい。


北沢家の場合は真ん中が女の子なので、末っ子の秀作がそういう立場になったようだ。

「末っ子は末っ子というだけで可愛がられる」と先ほど書いたけれども、そういう心境に陥るのは母親が多く、北沢家の場合は母は秀作が子供の頃に亡くなっているので……末っ子である秀作は可愛がられるどころか優秀な兄と姉にイジられ、ハジかれ、膝を抱えて生きて来たのだろう。


可哀想に……。

……って思ってあげたいんだけど~~。

なんか、馬鹿馬鹿しくて可愛い(爆)


簡単感想で。

もみ消し案件



今回は、博文のターン。

博文は、院長の愛犬ジョンを逃がしてしまうという失態を犯した。


ジョンは院長がわが子のようにかわいがってる犬だ。

2年前、クルーザーから海に落ちて溺れかけていた院長を救った命の恩犬なんだよ。


何だ、その「恩犬」ってのは。


「命の恩人」! 犬だから「恩犬」!
それぐらい分かるでしょ!



お前がつくった造語じゃないか!



馬鹿馬鹿しいよ(笑)

そもそも発端は、院長が副院長選びにジョンを使おうとしたこと。

2人を並ばせて、ジョンが駆け寄ったほうを昇進させる。

平気か、この病院。

博文はジョンを手なずけようとして、門が開いている事に気づかず逃がしてしまったのだった。


秀作。

へ?

お前の力で どうにかできないか?

うん、だから捜すのは手伝うよ?


そういうこと言ってんじゃないんだよ。

今から暇な警察官を総動員して都内全域を捜索させられないかって聞いてんだよ!


そうだ!
警察犬で捜せばいいんじゃないのか?

許可なく連れ出したら服務規程違反で罰せられるから!



今回も無理難題を押し付けられる弟である。

現役の警察犬は無理なので、引退したばかりのチャッピーを使うということに……

しかし、優秀なチャッピーは博文の服の臭いを嗅いで博文を探し当てるという当たり前の結果を出してくれた。


疲れ果てた秀作が「水をくれないか」と頼んだら、皿に水を入れてくる見習い執事の楠木くん。


コップで飲む水と平たいお皿で飲む水の味は同じではありません。

母さん、元気ですか?

見習いの執事まで僕をイジり始めました。
ウチのヒエラルキーが また少し変わりそうな予感がします。

 momikeshi2-水


母さんはもう死んでいるから元気ではないよね……。

身代わり犬



博文がジョンを手懐けようとして逃がすところをライバルが撮影していて、博文はジョンを見つけられなかったらクビにされてしまうことに。


そっくりな犬を見つければいいのよ!

そっくりな犬?

本物がいなくなったら影武者を連れて来るのは世の鉄則よ。



知晶のワケ解らない提案が通り、ジョンの兄弟犬が探し出され、ジョンとして躾けられることに。

偽ジョンの躾けを任される楠木くんが羨ましくて、自分が躾けると名乗り出る秀作。

悪戦苦闘。

何、 黙って見てんのさ!
助けてよ!


申し訳ございません。
しつけの真っ最中だとばかり…。

 momikeshi2-しつけ


しかし、偽ジョンのしつけをしている内に、情が沸きすぎた秀作は……

作戦実行の当日、ジョンの泣き声を聞いて、ついに偽ジョンを助けに再び院長の屋敷に入り込んでいくのだった(笑)


家出したあの日、姉さんから引き留めてもらえずにいじけていた自分に言ってやりたい。

心配するな。

大人になったら お前を本当に必要としてくれる家族ができる。

そいつの名前は……

ジョンだ!


なぜか戻ってきたジョン



偽ジョンを連れ出すと入れ違いに、なぜか何処からか本物ジョンが現れて交替するという……。
 momikeshi2-真ジョン


結局、真ジョンは院長の元に戻り、飼いたいと言い出せなかった偽ジョンは、家族の優しさで秀作の元に残ることに。よかったね。


20年前の自分に教えてやりたいことがもう1つ増えた。

優しさには いろんな形がある。

分かりやすい形もあれば分かりにくい形もある。

心配するな。

見てないようで 家族はちゃんと見ててくれている。



なんか感動的に終わろうとしてるけど、あんなに可愛がってしつけたジョンは、秀作を完全スルーして楠木くんに懐く始末。
 momikeshi2-スルー






ってことで……
来週は小岩井さんの話だ。(たぶん)

博文(小澤征悦)が血と泥にまみれて帰ってきた。浜野谷院長(柴俊夫)の愛犬ジョンを逃してしまい、探し回っていたという。

72時間以内に見つけないとクビと宣告された大ピンチの博文は、そっくりな犬を探すという知晶(波瑠)の無謀な提案にのる。

賛成できない秀作(山田涼介)を外して作戦は着々と進むが、楠木(千葉雄大)が活躍し、知晶に頼られていくのを見た秀作は、北沢家での自分の立ち位置が脅かされる危機を感じて…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


※キャスト

北沢秀作 … 山田涼介
北沢知晶 … 波瑠
北沢博文 … 小澤征悦

北沢泰蔵 … 中村梅雀

楠木松也 … 千葉雄大
手毛綱 美鎖夫 … 児嶋一哉
尾関光希 … 小瀧望
池江里子 … 恒松祐里

小岩井 凛治 … 浅野和之

※スタッフ

脚本 … 金子茂樹
演出 … 中島悟
プロデュース … 福士睦、櫨山裕子、秋元孝之
主題歌 … Hey!Say!JUMP「マエヲムケ」
音楽 … ワンミュージック








この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • くう
    2018年1月25日 12:34 AM

    紫花浜匙さん
    >何でこんなに、家族の言うなりになっちゃうの!?

    末っ子の承認欲求かなぁ。
    お母さんが生きていれば可愛がられて育ったかも知れないのに、年上の顔色ばかり見て大きくなったのね^^;

    >視聴者が見守ってあげなきゃ。
    そう思ってたけど、家族も意外と優しくて安心しました@^^@。

    そうそう、犬、飼ってくれて良かった!!
    何だかんだで、きっと愛されているよね。

    末っ子はいつまでも家族の末なんだろうなぁ。

  • 紫花浜匙
    2018年1月21日 10:43 AM

    何でこんなに、家族の言うなりになっちゃうの!?
    前回はイライラしながら見てたのに、今回は1時間が早かった。
    ツッコミ、ハラハラしながらも、そんなに力が入らず、最後はほわんと終わってくれる。
    あ〜、見守ってあげなきゃ、視聴者が見守ってあげなきゃ。
    そう思ってたけど、家族も意外と優しくて安心しました@^^@。

3件のトラックバック

  • ぷち丸くんの日常日記
    2018年1月21日

    もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ 第2話

    家族の危機を乗り越えた秀作(山田涼介)は、北沢家の一員として少しだけ認められた気になります。 そんな中、博文(小沢征悦)が血と泥まみれになって帰宅して、院長・浜野谷(柴俊夫)の愛犬ジョンを逃がしてしまい、捜し回っていたと言います。 博文は、ジョンが自分に懐けば昇進できると考えて、密かにジョンを手なずけようとしていたらしい。 しかし、ジョンがいなくなる直前に一緒にいたことが浜…

  • レベル999のFC部屋
    2018年1月21日

    土曜ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』第2話

    内容ある日、兄・博文(小澤征悦)が、血とドロまみれで帰宅する。浜野谷和馬(柴俊夫)院長の愛犬ジョンを逃がしてしまったという。このままでは、クビになってしまう。。。と。あんなコトはやりたくないという秀作(山田涼介)の意思を無視して、父・泰蔵(中村梅雀)姉・知晶(波瑠)は、協力させる。だが、警察犬を使った作戦は失敗。そんななか、ジョンを逃がしたのが博文だと、浜野谷にバレてしまい。72時間以内に見…

  • ディレクターの目線blog
    2018年1月21日

    もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~ (第2話・2018/1/20) 感想

    日本テレビ系・土10ドラマ『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』(公式) 第2話『愛犬逃走クビの危機!替え玉作戦で姉ちゃん豹変』の感想。 博文(小澤征悦)が院長・浜野谷(柴俊夫)宅のパーティーの最中、愛犬ジョンを逃がしてしまう。浜野谷は人事権をジョンに与えており、博文は今から手なずけておこうと庭で遊んでいて、逃げられてしまったのだ。浜野谷が泥酔して…