【アンナチュラル】第1話 「名前のない毒」感想

疑問に思われるのも無理ありません。

日本ではアンナチュラル・デス、いわゆる不自然死の8割以上が解剖されないまま適当な死因をつけられて荼毘に付されています。

これは先進国の中で最低の水準です。

そんな状況を変えるためにつくられたのが、この「不自然死究明研究所」「通称・UDIラボ」。

国の認可を受けた全国初の死因究明に特化した研究所です。

法医解剖医2名を擁し、警察や自治体から依頼された年間約400体のご遺体を解剖調査しています。

所内には検査会社が常駐し、東京都の23区外・西武蔵野市を中心に、依頼があれば全国のご遺体を引き受けております。


ただし、一般からの依頼解剖ですと、現金の前払い制でして。

今回のケースですと……
こちらになります。


【アンナチュラル】第1話 「名前のない毒」感想

 
    unnatural-op

感想のみで。

その昔、フジテレビに『きらきらひかる』という、監察医を描く名作ドラマがあった。

遺体を解剖して真実を知るという設定をトレンディドラマとして描くのは、まぁ斬新で。

しかもこの手の現場で女性が活躍していくストーリーも斬新で。

キャラクターは美しく、可愛く、オシャレで、命に向き合う姿は真剣なのにセリフのやり取りは軽快な井上由美子脚本。

当時のフジテレビのヒットメーカー・山口雅俊監督のプロデュースで、多くの視聴者を魅了した。

深津絵里さんの代表作の1つでもある。
 


あれから20年

ドラマの世界ではご遺体を監察する仕事は美しい女性だらけになり、しかも物珍しくなくなった。


美人と遺体とサスペンス。
これをどう「有り触れていないように」描くのか……。

と、思っていたところ。

大変面白かった。

やっぱり才能のあるスタッフのお仕事は違うねぇ……。

法医学は未来のための医学



「きらきらひかる」には、「死者の最期の言葉を聞く」というヒロインの信念があり、「きらきらひかる」以降、それと類似したセリフがあちこちの法医学ドラマで流されるようになった。

何だか、もう、そろそろお腹いっぱいな感じになりつつあったのは確か。

だから今回は一度もその手のセリフが無かったのが嬉しかった。

「法医学は未来のための医学」というセリフ、いいよね。


この世で最も恐ろしい毒、何だか分かる?

分かりません。

名前のない毒。

毒物ってのはね、現存する毒の成分と比較するしか検出する方法がない。

つまり、全く未知の新しい成分の毒物は誰にも検出できない。

名前のない毒を作り出すことに成功すれば…
人知れず 殺し放題。



毒であれば毒を特定し、現存する毒でなければ、何が毒になるのか解明する。

新しく名前のなかった毒を見つけることが出来れば、それによって助かる人も出てくる。

まさに未来のための医学。

二転三転する人間物語



「誰が高野島さんを殺したのかというサスペンスは、「高野島さんとはどういう男だったのか」という人間物語になり、「えっ、高野島さんの自業自得で人を巻き込んだの?」という展開から、「高野島さんは誰も傷つけていなかった」という結末に落ちる。


ペタベタッとした刑事ドラマではなく、見飽きたお涙ちょうだいでもなく、テンポよく、しかも説明はサラッと解りやすく、クールな演出で。あっという間の1時間だった。

さすがの職人芸。

野木亜紀子氏は、原作物のエピの取り捨てが上手く、「原作ファンから文句の来ない脚本家」というイメージだったのだけれども、オリジナル作品もこんなに素晴らしい。

医療ドラマもサスペンスも下手な人がやったらいけないジャンルだと常々思っている身としては、感動ものの初回だった。

キャラクター



正直、石原さとみちゃんのキャピキャピキャラが苦手で(すいません)

今回のドラマは落ち着いた仕事のできる女役で助かった。(いや、もう年齢的にもそういうキャラで押していっていいと思うの)

荒っぽい新兄ぃ、クセが強い窪田(笑)、しっかり+ちゃっかりの市川実日子さん、食えない松重さん、怪しい竜星くん。

みんな初回でシッカリ印象付いた。

少年マンガみたい。
こういう所も上手い。


個人的には、ヒロインの複雑な家庭環境は要らない派なんだけれども、そこは面白ければ見たいので……期待はしている。


ドキュメンタリータッチな得田真裕さんの劇伴、EDの切り方入り方、カッコ良いOP……

何もかも好みだった。

期待して得したって気持ちにしかならない初回。
先が楽しみ。

解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働く不自然死究明研究所(UDIラボ)は、異状死体や犯罪死体を引き受け解剖している。

ある日、「心不全」で突然死した息子の死因に疑問をもった老夫婦がUDIを訪ねてくる。さっそくミコトたちが解剖に取り掛かると、薬毒物死の可能性が浮上。しかし、死因となった毒物が何かがどうしても特定できない。

そんな折、突然死した男性の同僚も原因不明の突然死を遂げていたことが判明する・・・。

死因を究明すべく、死亡した男性のアパートで調査を行うミコト。すると、遺体の第一発見者でもある婚約者・馬場路子(山口紗弥加)が現れる。

さらに馬場の仕事が劇薬毒物製品の開発だとが分かって…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


※キャスト

三澄ミコト … 石原さとみ

中堂 系 … 井浦新
久部六郎 … 窪田正孝
東海林 夕子 … 市川実日子
神倉保夫 … 松重豊
坂本 誠 … 飯尾和樹

末次康介 … 池田鉄洋
木林南雲 … 竜星涼

三澄夏代 … 薬師丸ひろ子
三澄秋彦 … 小笠原海

関谷聡史 … 福士誠治
宍戸理一 … 北村有起哉
毛利忠治 … 大倉孝二
向島 進 … 吉田ウーロン太

※スタッフ

脚本 … 野木亜紀子
演出 … 塚原あゆ子、竹村謙太郎、村尾嘉昭
プロデュース … 新井順子、植田博樹
主題歌 … 米津玄師「Lemon」
音楽 … 得田真裕






この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • きこり (@kikorisoya)
    2018年1月14日 12:13 PM

    私も実は石原さとみさんの演技としゃべり方が苦手なんだ( ̄∇ ̄;)
    でもこのドラマは大丈夫そう・・(笑)ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
    なんか海外ドラマみたいで展開早くていい意味で予想を裏切られる感じでおもしろかったわ~
    みんなそれぞれ事情と闇がありそうで今後が楽しみだね。
    いいキャスティングだし脚本もさすがの野木さん。
    「きらきらひかる」も名作だったよね。

    • くう
      2018年1月15日 4:19 AM

      きこりしゃん

      決して、さとみちゃんが悪いわけではないんだけどさ~~^^;

      何だろうかね。
      キャピキャピした役を充てられるようになっちゃったんだね。声が可愛いからかな。

      シン・ゴジラのおかげでクールな役が増えてきたって感じかしら。このままこの線で行けるといいね。

      >なんか海外ドラマみたいで展開早くていい意味で予想を裏切られる感じでおもしろかったわ~

      そう、単純じゃないっていうのがいいよねぇ。

      野木さんはオリジナルでこういうのも書けるんだなぁという感動があったわ。

      「きらきらひかる」は大好きだったけれども、やっぱり今から見たらバブル期トレンディの香りが強いんだろうなって気がする。

      このドラマには今の時代らしいクールさを期待するわーー^^

5件のトラックバック

  • MAGI☆の日記
    2018年1月13日

    アンナチュラル 第1話「名前のない毒」

    アンナチュラルの第1話を見ました。 第1話 名前のない毒 法医解剖医の三澄ミコトが働く不自然死究明研究所(unnatural death Investigation laboratory)=通称UDIラボでは東京都23区外、西武蔵野市を中心に全国津々浦々で発見された異状死体や犯罪死体を引き受けていた。 警察や自治体から依頼されて運ばれてくる遺体は年間約400体を解剖し、死因を究…

  • ディレクターの目線blog
    2018年1月13日

    アンナチュラル (第1話/初回15分拡大・2018/1/12) 感想

    TBSテレビ系・金曜ドラマ『アンナチュラル』(公式) 第1話/初回15分拡大『名前のない毒』、ラテ欄『名前のない毒…連続不自然死の謎を解け』の感想。 ミコト(石原さとみ)は日本に新設された「不自然死究明研究所(UDIラボ)」の法医解剖医。彼女の仕事は、不自然な死を遂げた遺体を解剖し、本当の死因を探ることだ。ある日、突然死した高野島という男性の遺体がUDIラ…

  • ぷち丸くんの日常日記
    2018年1月13日

    アンナチュラル 第1話

    UDIラボ(不自然志究明研究所)に、フォレスト葬儀社の木林南雲(竜星涼)から紹介されたと言う高野島夫妻(野添義弘・長野里美)がやって来ます。 夫妻は、突然死した息子・渡(野村修一)の死因に納得できずにいました。 渡の死因は虚血性心疾患と判断されましたが、夫妻は「健康だった息子が突然死するわけがない」と涙ながらに訴えます。 三澄ミコト(石原さとみ)が渡の遺体を解剖した結果、急…

  • のほほん便り
    2018年1月13日

    アンナチュラル 「名前のない毒…連続不自然死の謎を解け」

    法医解剖医の三澄ミコト(石原さとみ)が働くのは、アンナチュラルな死を遂げた御遺体を解剖して死因を特定する、お仕事。また、メンバー達がイイですね。好きなキャスティングでワクワクします。でも、所長の松重豊、なぜ、急に白髪? (^^;)元気な青年・高野島が突然の死。急性腎不全の症状が見つかり、薬毒物死が疑われました。すると、高野島は仕事で、「名前のない毒」を開発中で、他にも突然死した同僚がいたことが分かりました。パートナーが疑われますが、「ひとりでいた」とのことだし、「名前のない毒」ゆえ、死因の特定法が見…

  • レベル999のFC部屋
    2018年1月13日

    金曜ドラマ『アンナチュラル』 第1話

    『名前のない毒』内容ある日、心不全で突然死した息子・渡の死に、疑問を抱く両親・高野島健一(野添義弘)、響子(長野里美)が、不自然死究明研究所“UDIラボ”を訪ねてくる。所長の神倉保夫(松重豊)が、両親に説明したあとで、フォレスト葬儀社の木林(竜星涼)が、遺体を搬送してくる。解剖医・中堂系(井浦新)の“中堂班”か、三澄ミコト(石原さとみ)の“三澄班”のどちらがするかで、一揉めあるが。結局、ミコ…