NHK朝ドラ【わろてんか】第75回(第13週水曜日) 感想

てん(葵わかな)は島根から連れて来た安来節の踊り子四人のために女子寮まで用意し、大阪のお母ちゃんとして生活全般の面倒をみることにした。

「安来節乙女組」という名前をもらった四人娘は、都会での共同生活に慣れず仲間内のケンカも絶えず、稽古でもバラバラで踊りがまったく合わない状態になる。

乙女組が高座に上がれるかどうか不安になったてんと藤吉(松坂桃李)は、風太(濱田岳)に総監督を任せることにした。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「わろてんか」第13週「エッサッサ乙女組」 第75話

   warotenka-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

簡単感想で。

遅くなりまして。
出かける前のツイを上げて本日の記録とさせていただきます……。


モー娘。ならぬ安来節48が大阪にやって来た。

ユニット名は おてんが考案した「乙女組。」←ぃゃ、「。」は要らない。


どうしても安来から出られず、あばずれになるメンバーは1人も居なかったもよう。

歓迎会は歌子さんのお店「万々亭」で。
ご馳走に目を輝かせる娘たちを見るそれぞれの思いは結構複雑で、歓迎一色というわけでもないらしい。


そして、娘たちもそれぞれ複雑で面倒くさい。

それぞれじゃなくて、若干1名かな。
 warotenka75紹介


都の踊りは抜群やで。
あっ、そや。 

一番年長やし、都がみんなの代表いう事でええか?


と、席主が提案すると、隣りですぐに顔を曇らせる なつ、

私、認めんけん。

あんたが乙女組の代表ちゅう事。


だってさ……。



さて……。

乙女組のお母ちゃんになった おてんは、知らず知らず隼也に寂しい思いをさせているらしい。

あんなにダンナに向かって「家族ga—家族ga—-」言ってたのにね。

そして、やさぐれた隼也は学校でお友達に暴力振るっちゃうのだった。



ちなみに、史実の吉本せいさんは8人の子を産んでおり、長男は第5子。次男は第8子である。

子供の多くは早世しており、このドラマではそういうところはやらないのね。

史実の人も、たった一人の息子を大切に育てたかったかも知れないね。

そう考えると隼也は架空の存在でも幸せになってほしいな。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


【2017年度10月期NHK朝ドラ】連続テレビ小説「わろてんか」モデルの吉本興業創業者・吉本せいとは
2017年下半期NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」が10月2日(月)より放送開始されます。史実のモデルはあの吉本興業の創...

 
※キャスト

藤岡てん… 葵わかな(子役期:新井美羽)

北村(藤吉)藤吉郎… 松坂桃李
武井風太… 濱田岳
伊能 栞… 高橋一生

藤岡儀兵衛… 遠藤憲一
藤岡しず… 鈴木保奈美
藤岡ハツ… 竹下景子
藤岡新一… 千葉雄大
藤岡りん… 堀田真由
トキ… 徳永えり

北村啄子… 鈴木京香
秦野リリコ… 広瀬アリス(子役期:莉帝)
キース… 大野拓朗(子役期:前田旺志郎)
アサリ… 前野朋哉
万丈目吉蔵… 藤井隆
万丈目 歌子… 枝元萌
寺ギン… 兵動大樹
亀井庄助… 内場勝則

都… 大後寿々花

月の井団吾… 波岡一喜
月の井団真… 北村有起哉
お夕… 中村ゆり
杉田楓… 岡本玲

語り… 小野文惠

※スタッフ

脚本 … 吉田智子
演出 … 本木一博、東山充裕、川野秀昭
プロデューサー … 長谷知記
制作統括 … 後藤高久

音楽 … 横山克

主題歌 – 松たか子「明日はどこから」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/warotenka/













【わろてんか】
0 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のトラックバック

  • レベル999のFC2部屋
    2017年12月28日

    連続テレビ小説『わろてんか』第75回

    内容4人の安来節の踊り手と大阪に帰って来たてん(葵わかな)藤吉(松坂桃李)“安来節乙女組”として、稽古がはじまる。だが。。。。敬称略一応。昔からの芸人も出てきたし。万丈目の店も出てきた。多少なりとも。。。やりとりも見せてきた。芸人も、家族も。まるで、“普通のドラマ”のようである(苦笑)

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年12月28日

    お母ちゃん>『わろてんか』第75話

    ​​​​​​​​​​​手塚治虫のエッセイに― 当時雇ったばかりのアシスタントが カレーライスが一番のご馳走! と思っている人で 豪華なパーティのシーンで ご馳走が並べられたテーブルの絵を指示したら 山ほどの​カレーライス​を描かれた というエピソードがあったのを思いだした そのくらい カレー登場の頻度が高いな『わろてんか』 …ひじゅにですが何か? …

  • ディレクターの目線blog
    2017年12月27日

    わろてんか (第75回・12/27) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』(公式) 第13週『エッサッサ乙女組』 『第75回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 てん(葵わかな)は島根から連れて来た安来節の踊り子四人のために女子寮まで用意し、大阪のお母ち…