NHK朝ドラ【わろてんか】第55回(第10週月曜日) 感想

藤吉(松坂桃李)は寄席を2軒に増やすことに成功し、さらに売り上げ倍増をもくろんで、客が呼べる芸人を風鳥亭の専属にしたいと躍起になっていた。てん(葵わかな)は子育てと仕事の両立に四苦八苦し、昼間は息子の隼也を子守りに預けるようになる。

集金に来た風太(濱田岳)から天才落語家・団吾の人気ぶりを聞いた藤吉は、やはり団吾のような大看板が必要だとてんを説得し、獲得のための資金を用意するよう頼み込む。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「わろてんか」第10週「笑いの神様」 第55話

   warotenka-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

簡単感想で。

わてらに出す金はないけど師匠に出す金はあるっちゅうんか。

わてら、ここが始まった時から頑張ってきたのにこんなアホな話あるかいな。


あのさあのさあのさ……

当たり前だろーーそんなの!!!

……と、一人テレビにツッコむ朝である……

出かけていたのでチョー簡単に。


実力給。これ当然。

みんなでお手手つないでゴールが推奨される平成だって、実力給は当たり前だろうと思う派。


だいたい、あんたらのその「後ろ面」や「怪力」は何年やり続けるつもりなの。

「そんなの関係ねーー!」も「PPAP」もせいぜい1年。みんな頑張って次のブレイクのために精進するやん。


大阪は今、欧州大戦の好景気で地方からぎょうさん働き手が集まって、人口は東京を抜いて日本一らしい。

この好機逃したらアカン。
3軒4軒と寄席の数を増やさんと。


と、今日も質の向上よりもただただ小屋を増やす事しか頭にない藤吉ボン……。

と思ったら、一応、目玉芸人を何とかせねばという頭はあるらしい。


月の井団吾。
落語界の風雲児や。

通天閣と団吾は大阪の二大名物やっていわれるほどの天才でな。
落語に今の世相を取り入れて客を笑わす話術は絶品や。

あれは笑いの神に愛された天才や。


今や、北村屋に出入りすると顔をしかめられるようにまでなった可哀想な風太からの情報で、藤吉ボンは居ても立っても居られなくなってくる。

笑いの神に愛された天才を北村笑店に迎えるとしたら、一万円が必要だろうという話。

現代ならおよそ5千万。

これに、元からいる芸人たちがブーブー言い始めるのだった。

嫉妬するより、まず勉強して(爆)


天才・月の井団吾を演じるのは波岡一喜さんらしい。

さすが、上方落語三国志の尊建

しかし、今日のラストシーン、顔隠したアップは北村有起哉さんに見えたねぇ。
 warotenka-団吾


予告で有起哉さんを見ていたから、刷り込まれているだけかもしれないけれど(笑)

有起哉さんといえば、『ちかえもん』の義太夫が素晴らしくて印象的。

落語も楽しみだねぃ……。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


【2017年度10月期NHK朝ドラ】連続テレビ小説「わろてんか」モデルの吉本興業創業者・吉本せいとは
2017年下半期NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」が10月2日(月)より放送開始されます。史実のモデルはあの吉本興業の創...

 
※キャスト

藤岡てん… 葵わかな(子役期:新井美羽)

北村(藤吉)藤吉郎… 松坂桃李
武井風太… 濱田岳
伊能 栞… 高橋一生

藤岡儀兵衛… 遠藤憲一
藤岡しず… 鈴木保奈美
藤岡ハツ… 竹下景子
藤岡新一… 千葉雄大
藤岡りん… 堀田真由
トキ… 徳永えり

北村啄子… 鈴木京香
秦野リリコ… 広瀬アリス(子役期:莉帝)
キース… 大野拓朗(子役期:前田旺志郎)
アサリ… 前野朋哉
万丈目吉蔵… 藤井隆
万丈目 歌子… 枝元萌
寺ギン… 兵動大樹
亀井庄助… 内場勝則

月の井団吾… 波岡一喜
月の井団真… 北村有起哉
お夕… 中村ゆり
杉田楓… 岡本玲

語り… 小野文惠

※スタッフ

脚本 … 吉田智子
演出 … 本木一博、東山充裕、川野秀昭
プロデューサー … 長谷知記
制作統括 … 後藤高久

音楽 … 横山克

主題歌 – 松たか子「明日はどこから」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/warotenka/













【わろてんか】
0 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のトラックバック

  • レベル999のFC部屋
    2017年12月4日

    連続テレビ小説『わろてんか』第55回

    『笑いの神様』内容大正5年。藤吉(松坂桃李)は、最近評判の落語家を。。。と。。。敬称略もう、アバンが支離滅裂過ぎて(失笑)あの~==========もう、今までのことは忘れるから。劇中の時間も経過したんだから、もうちょっと、ホントの意味で、丁寧に描写してくれ!!違和感を抱くような描写は辞めてくれ!

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年12月4日

    笑いの神様>『わろてんか』第55話

    ​​​​​​​​​​新しく登場の団吾師匠を演じるのは波岡一喜さん 『ちりとてちん』でも落語家(土佐屋尊建)だったし 演技の面では安心感はある あるけど… このドラマに出演したこと自体が黒歴史になりそうで心配だ~ つーか、既になっている気が~ こらこら(^^;) …ひじゅにですが何か? ​「いつまでもリリコに頼るわけにもいかんしな」​by藤吉 …

  • ディレクターの目線blog
    2017年12月4日

    わろてんか (第55回・12/4) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』(公式) 第10週『笑いの神様』 『第55回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 藤吉(松坂桃李)は寄席を2軒に増やすことに成功し、さらに売り上げ倍増をもくろんで、客が呼べる芸人を…