【監獄のお姫さま】第2話 感想

どうして自分の写真を持っていちゃいけないんですか?


見ても しょうがないからよ。

ここに あなたは戻れないからです。
二度と。

だから没収。


おばさん 言ってたよね。
後悔してるけど反省してないって。

戻れると思ってんでしょ。ここに。
無理だから。

その現実を受け入れることが「反省」。

今ここにいる雑魚な自分と向き合うことが「反省」。

ここに戻りたいと思うのは「後悔」。


【監獄のお姫さま】第2話 感想

 
     2017-10-kangoku

ストーリーは進んでいるのかどうかよく解らない状態で、あまりガッツリ書くことはない。

ので簡単感想で。

今回は、囚人トリビア的描写が面白かった。
(けれども、どこまで本当か解らないところが困りどころ(爆))

・囚人って、あんな普通の電車で一般人と同じボックスで連れていかれたりするのか……。

収監された受刑者はまず領置調室で所持品を調べられる。一部の日用品を除いて私物は出所するまで保管される。←これは本当であろう。

「今日からは69番がお前の名前!」と言って上司に注意を受ける刑務官。何かと人権にうるさい時代だけど、囚人は「お前」でいい気がしてしまう…のは駄目なのか

最初の1週間、受刑者は単独室で室内作業に従事する。その後、観察工場に入り、体力や能力・適正を観察される。←これも本当っぽい。

またビラビラが多い……。
 kangoku2-びらびら


当、自立と再生の女子刑務所は、受刑者の更生と社会復帰を全力でサポートする「意識高い系」の刑務所なんです!

・意識高い刑ムショは、作業服もハイセンス。デザイナーは押切もえ。(本人(笑)

・ここで22もの資格が取れるらしい。無料だよね。税金だよね。なんか入りたくなってきた。

・適正で工場が決まったら雑居房に移される。

・今時は、「意地悪な牢名主もいない代わりに、おせっかいなピン子もいないから」

・劇中で流れていた「ごはんのうた」は配信開始されるよ……また頭に残りそうなもん作ってからに~~。
 

・食事の間だけ私語が自由。ドアも開いていて出入り自由……らしい。『女囚セブン』の謎がここで色々と解けた。

 kangoku2-監獄


今回は、ここで馬場カヨがメンバーと出会い、どう仲良くなっていったかが軽く描かれた。本当に軽く……である。
 kangoku2-デコピン


で、同時に板橋吾郎監禁事件が続行。

イケメンを自覚している男はセクシーで危険なので度々「更生ーーーーー!!」しなければ集中できない馬場カヨ。
 kangoku2-更生


刑務所は、自分の写真は持ち込み禁止。

なぜ、そうなのかが語られるシーンは結構辛い。

見ても しょうがないからよ。
ここに あなたは戻れないからです。二度と。
だから没収。

おばさん 言ってたよね。後悔してるけど反省してないって。

戻れると思ってんでしょ。ここに。無理だから。

その現実を受け入れることが「反省」。
今ここにいる雑魚な自分と向き合うことが「反省」。

ここに戻りたいと思うのは「後悔」。



そうだね。
外の人でも若くて可愛くて美しかった思い出の時点には二度と戻れないのと同じで。

この人たちの場合は、真っ新で何の犯罪も冒していなくて、子供を抱いて笑っていられた時点にはもう二度と戻れないのよね。

更生しても更生しても過去は変わらない。

だから。そこに戻りたいと思わない事が「反省」なんだろうね。


分かった。

と言って、馬場カヨは写真を真っ二つに破る。

子供の方だけは持っていてもいいらしい。
これも未練だと思うんだけど。
 kangoku2-写真


馬場カヨは反省していない。
だから、ここに入っている自分が余計悔しい。

馬場カヨは夫を刺して殺人未遂で入所した。

その怒りを、出所した今、なぜか板橋吾郎にぶつけているのだった。


同じ会社で、夫が浮気している事に馬場カヨは耐えた。

けれども、夫はわざと見せつけるようにやっているのだった。

傷つけたかったのである。
自分よりも生き生きと働き成績も上げ、なのに家事も育児もちゃんとこなして、楽しそうな妻。

人間的な嫉妬。
小さな男。

爆発してそれを言った時、夫はホボソっとつぶやいた。

「これだから女は」


それがブチ切れた理由。


実際、どうなんだろうなぁ。と思うのだった。

何をやられようが(命の危険が無い限り)人を刺してはいけないだろうと。

だから反省はしなきゃ駄目なんじゃなかろうかと……。


そして、今、その怒りが板橋に向いていることがよく解らない。

「姫」は、まだ登場しておらず。

彼女たちそれぞれの理由が、どう「姫」と繋がるのか、そこはこれからなのね。


とりあえず、財テクとの戦いは楽しかった(笑)

ニコニコした可愛くて善良っぽい役ばかりやらなきゃならない昨今の菅野ちゃんだけど、この人は本来、ちょっとイッちゃってる役や恐い役がハマっていた人だから。

挑戦的な役を与えられた菅野美穂は美しいわ。
 kangoku2-菅野


他の人たちそれぞれの事情も楽しみ。

女たちはなぜイケメン社長を誘拐したのか…。舞台は6年前の女子刑務所に舞い戻る。

不倫した夫を激高して刺してしまった馬場カヨ(小泉今日子)は「自立と再生の女子刑務所」に収監された。カヨを担当する若井刑務官(満島ひかり)は、「今日からお前の名前は69番!」と言い放つ。同房の女囚たちも訳アリばかり…。

さらに、カヨが崇拝していた経済アナリスト・勝田千夏も同じ刑務所だと分かり、彼女に話しかけるが…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


※キャスト

馬場カヨ(馬場カヨ) – 小泉今日子
若井ふたば(先生) – 満島ひかり
大門洋子(女優) – 坂井真紀
足立明美(姐御) – 森下愛子
勝田千夏(財テク) – 菅野美穂
江戸川しのぶ(姫) – 夏帆

小島悠里(しゃぶ厨) – 猫背椿
長谷川 信彦 – 塚本高史
板橋晴海 – 乙葉
板橋勇介 – 前田虎徹
横山ユキ – 雛形あきこ
馬場公太郎 – 神尾楓珠
護摩はじめ – 池田成志

板橋吾郎 – 伊勢谷友介

※スタッフ

脚本 … 宮藤官九郎
演出 … 金子文紀、福田亮介、坪井敏雄、渡瀬暁彦
プロデュース … 金子文紀、宮崎真佐子
企画・編成 … 磯山晶
音楽 … ワンミュージック
主題歌 … 安室奈美恵「Show time」




この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のトラックバック

  • のほほん便り
    2017年10月27日

    監獄のお姫さま 「刑務所ライフ開幕戦今夜決定!最強の女囚は誰だ」

    今回は、誘拐したイケメン社長・板橋吾郎 (伊勢谷友介)と、それを囲む女達と、馬場カヨ (小泉今日子) の事情が、時間を交互しながら、じっくりと描かれました。個人的には、元・カリスマ経済アナリストとして有名な 勝田千夏 (菅野美穂)と、馬場カヨ の勝負が可笑しかったです。笑いのハードルはあがっていくけれど、らしさは充分。 やはり、満島ひかりの看守といい、キャスティングの豪華さがワクワクです。     (ストーリー)2011年秋、夫への殺人未遂事件で、馬場カヨ (小泉今日子) は5年の実刑となり 「自立…

  • レベル999のgoo部屋
    2017年10月26日

    火曜ドラマ『監獄のお姫さま』第2話

    『収監』「刑務所ライフ開幕戦今夜決定!最強の女囚は誰だ」 『イケメン社長誘拐の真相』内容6年前。馬場カヨ(小泉今日子)は、“自立と再生の女子刑務所”に収監された。若井刑務官(満島ひかり)から“お前の名前は69番”だと告げられる。夫・武彦を刺した罪だった。適性試験の結果から、所長の護摩はじめ(池田成志)から経…

  • ディレクターの目線blog
    2017年10月26日

    監獄のお姫さま (第2話・2017/10/24) 感想

    TBS系・火曜ドラマ『監獄のお姫さま』(公式) 第2話『収監』、ラテ欄『刑務所ライフ開幕戦今夜決定!最強の女囚は誰だ』の感想。 2011年秋。女子刑務所に収監されたカヨ(小泉今日子)は、刑務官・中谷(BOB)やふたば(満島ひかり)たちから所内での生活について簡単な説明を受ける。洋裁工場に配属されたカヨは、脱税で捕まった尊敬する経済評論家・千夏(菅野美穂)を…