NHK朝ドラ【わろてんか】第10回(第2週木曜日) 感想

てん(葵わかな)を窮地から救ったのは、偶然にも見合い相手の伊能(高橋一生)だった。藤吉(松坂桃李)への思いを断ち切るため大阪に来たと正直に話すてんに、伊能は大いに興味を持つ。

儀兵衛(遠藤憲一)は大阪から戻ったてんを蔵に閉じ込め、藤吉からもらった手紙を全て燃やしてしまう。

藤岡屋の経営危機を知った取引先が次々と店に押し掛け騒ぎになる中、懸命に対応していた新一(千葉雄大)が持病のぜんそくで倒れた。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「わろてんか」第2週「父の笑い」 第10話

   warotenka-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

簡単感想で。

これはもう……あれやろ。
新一兄さんがヒロインってことで、ええやろ
 warotenka-10-兄さん


殴ったね……親父にもぶたれたことないのに!!

ぃゃ、オヤジやん。

……ぃぇ…なんでも……。


つまらないわけではないんだけど。(たぶん)
話として破綻しているわけでもないんだけど。

なぜか、過去の朝ドラ繋ぎ合わせ&ベタで成り立っているように見えてしまう「わろてんか」。(見えるだけーー)


繁華街に一人で行ったら、あからさまなヤンキーに路地に連れ込まれ、ステッキ持ったバロンさまが助けに来てくれて、たまたまそれが許婚だった。
 


手紙のキミの事を話したら面白がられ、恐る恐る帰れば蔵に閉じ込められ、兄さんが助け出してくれて、自分の家の倉庫が火事で大変なことになった、だから家を助けるために自分が金持ちの家に嫁に行かねば……と知る。

今の今まで父はんは子供たちに隠していたのに、知った途端に家に押しかけてくる取引先。

どこぞの両替屋かな……。
 warotenka-10-おしかけ


そして、倒れる新一兄さん。

もう助からないと言われて嘆く両親。


新一はわしよりずっと先を見てる。
いつか優れた薬が開発されて、自分と同じように苦しんでる人たちを救える日ぃが来るてな。

あいつの夢を、何とか叶えさせてやりたい。



ラストのシーンはちょっとグッときたし、画も良いしセットも丁寧だと思う。

ベタを好きになれるかどうかが好印象の分かれ目なのだろうか……。


とりあえず、イケメンなだけじゃなく、演技確かな役者さんたちを見ている感じかなぁ。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


【2017年度10月期NHK朝ドラ】連続テレビ小説「わろてんか」モデルの吉本興業創業者・吉本せいとは
2017年下半期NHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」が10月2日(月)より放送開始されます。史実のモデルはあの吉本興業の創...

 
※キャスト

藤岡てん… 葵わかな(子役期:新井美羽)

北村藤吉… 松坂桃李
武井風太… 濱田岳
伊能 栞… 高橋一生

藤岡儀兵衛… 遠藤憲一
藤岡しず… 鈴木保奈美
藤岡ハツ… 竹下景子
藤岡新一… 千葉雄大
藤岡りん… 堀田真由
トキ… 徳永えり

北村啄子… 鈴木京香
秦野リリコ… 広瀬アリス(子役期:莉帝)
キース… 大野拓朗(子役期:前田旺志郎)
アサリ… 前野朋哉
万丈目吉蔵… 藤井隆
万丈目 歌子… 枝元萌
寺ギン… 兵動大樹
亀井庄助… 内場勝則
杉田楓… 岡本玲

語り… 小野文惠

※スタッフ

脚本 … 吉田智子
演出 … 本木一博、東山充裕、川野秀昭
プロデューサー … 長谷知記
制作統括 … 後藤高久

音楽 … 横山克

主題歌 – 松たか子「明日はどこから」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/warotenka/













【わろてんか】
0 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • 巨炎
    2017年10月12日 1:48 PM

    >過去の朝ドラ繋ぎ合わせ&ベタで成り立っているように見えてしまう
    「あさが来た」と「カーネーション」序盤を足して二で割った見たいですね。
    あさは幕末世代で糸子が大正世代だから、てんは明治…というのはこじつけかな。
    とりあえず強面のお父さんの顔に疲労が溜まっていくのを堪能できました。

    >殴ったね……親父にもぶたれたことないのに!!
    一応、このアニメは脚本的に「カーネーション」と親戚関係になるのかな…。

    • くう
      2017年10月13日 12:09 AM

      巨炎さん
      >「あさが来た」と「カーネーション」序盤を足して二で割った

      個人的には「カーネ」成分はあまり感じないです(笑)
      お嬢様設定と五代はんやら何やらで「あさ来た」と、パルピテーションな「花アン」、これから出てくる姑苦労設定で「ごち」って感じでしょうか(笑)

      >とりあえず強面のお父さんの顔に疲労が溜まっていくのを堪能できました

      役者さんは素晴らしいですよね。役者さんのおかげで見れている感^^;

4件のトラックバック

  • レベル999のgoo部屋
    2017年10月12日

    連続テレビ小説『わろてんか』第10回

    内容大阪にやって来たてん(葵わかな)は、見知らぬ男たちに囲まれるが、1人の男性が、助け出してくれる。てんは、男性の顔を見て驚く。見合い相手の伊能栞(高橋一生)だった。そこに風太(濱田岳)が駆けつけ。。。。敬称略 ナレーションが、“都合良く”と言った伊能栞の登場だが。 あの…

  • もう…何がなんだか日記
    2017年10月12日

    蔵>『わろてんか』第10話

    ​​​​​​昨日の伊能栞登場に「都合良過ぎ」と自虐的ナレーションがあったけど今日の風太登場の方が「都合良過ぎ」な気がするのだが……ひじゅにですが何か?​「俺よりちょっと…

  • ディレクターの目線blog
    2017年10月12日

    わろてんか (第10回・10/12) 感想 ※追記あり

    2017/10/12 13:30 記事更新 NHK総合・連続テレビ小説『わろてんか』(公式) 第2週『父の笑い』 『第10回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 てん(葵わかな)を窮地から救ったのは、偶然にも見合い相手…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年10月12日

    蔵>『わろてんか』第10話

    ​​​​​​昨日の伊能栞登場に 「都合良過ぎ」と自虐的ナレーションがあったけど 今日の風太登場の方が 「都合良過ぎ」な気がするのだが… …ひじゅにですが何か? ​「俺よりちょっとだけ男前やったし」​by風太 チンピラ達に素直に付いて行っちゃった、てんだけど 助けてくれたからと栞にホイホイ付いて行っちゃうのも微妙だから ここで風太を合流させたので…