NHK朝ドラ【ひよっこ】第150回(第25週土曜日) 感想

2人きりのすずふり亭で、ついに省吾(佐々木蔵之介)に告白した愛子(和久井映見)。
愛子の“思い続けている恋”の話を受け止めた省吾は、「私もずっと妻に恋してる」と、亡くなった妻への後悔や、愛する気持ちを語り始める。
調理場で2人の話をこっそり立ち聞きしていた、みね子(有村架純)や鈴子(宮本信子)、由香(島崎遥香)たち。鈴子と由香は、涙があふれて止まらなくなる。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第25週「大好き」 第150話

   

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

簡単感想で。

あっ……今思い出した。
シェフの「二番目」って、『最後から二番目の恋』埋め込みか!!?←大好きだった岡田脚本。

うん……

今日のこの回で泣けなかったので、きっと来週も泣けることはないと思った。
ごめんなさい。
(あくまでも当社比です)


私もずっと、妻に恋してる。
今もずっと好きです。

調理場の中から見える、働いてる妻を見るのが好きでした。

もうちょっとしたら楽になる。
もうちょっとしたら暮らしも安定する。
時間だって出来るはずだ。
そしたら楽さしてやりたい、贅沢だってさしてやりたい。
2人でどっか出かけたりしてみたい。
いろんなことさしてやりたい。

だから今、今、頑張ろうって思ってました。

でもその時は来なかった。
死なせてしまった。
何にもしてやれなかった。



省吾シェフの話にはしんみりした。

そういう悔恨は誰にでもあると思う。
特に、すでにもう手が届かない人に対しては。

ああしてやれば良かった。
こうしてやれば良かった。

これは、夫としての省吾さんの気持ち。理解できる。

けれども、それは奥さんの気持ちではない。
もう死んでしまった人の気持ちは誰にも解らない。
 hiyokko-146


奥さんは別に贅沢なんてしたくなかったかも知れないし、夫と この場所で働く時間が大好きだったかも知れない。

そういう事が信じられない人が多い現代の風潮だけれども、働く事が生き甲斐で仕事が大好きな人も確かにいるわけで。むしろ、戦後はそういう人たちに支えられて国は成長して来た。

共に豊かになろうと。
美味しい物を食べて豊かになろうとするお客たちを支えようと。
頑張ってきた夫婦は戦後の戦友でもあったはず。


…という話はここでは論点がズレているので置いといて。

とにかく、どういう経緯でどんな風に娘に伝わったのか未だに解らないが……。


由香が家出するだけの「パパとばあちゃんがママを殺したの」エピソードがもっと納得行くものだったら、鈴子さんの涙にも感動できただろうに…と個人的な感想はそうなるのである。すいません。
 hiyokko-150


でも私、できることなら恋してみたいです。
してみたいです。
愛子さんと。

お互い忘れなくても、いなくなってしまった人への気持ち変わらなくても…。
恋はできますよね。



ということで、ヒロインに続き、愛子さんの恋が上手く行った回でした。

来週は、三男と米子が片付き、早苗さんのエレベーターナンパの彼が帰ってきて、色々と上手く行きます(きっと)。


世津子さんの気持ちと仕事の行方はどう回収するつもりなのか。
綿引さんは二度と出ないまま終わるのか。
そもそも由香の自由結婚って嘘だったのか。

……などが放りっぱなしで終わる可能性は何パーセントでしょうか。
来週までの宿題ですよーー。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
助川正二 – 遠山俊也
助川豊作 – 渋谷謙人
角谷きよ – 柴田理恵
角谷征雄 – 朝倉伸二
角谷太郎 – 尾上寛之
益子次郎 – 松尾諭

田神 学 – 津田寛治

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
高島(秋葉)幸子 – 小島藤子
(夏井)優子 – 八木優希
松下 明 – 奥田洋平
森 和夫 – 陰山泰
高島雄大 – 井之脇 海
安部善三 – 斉藤暁
安部さおり(米子) – 伊藤沙莉

立花 富 – 白石加代子
島谷純一郎 – 竹内涼真
竹内邦子 – 白石美帆
久坂早苗 – シシド・カフカ
坪内祐二 – 浅香航大
新田啓輔 – 岡山天音
柏木一郎 – 三宅裕司
柏木ヤスハル – 古舘佑太郎
福田五郎 – 光石研
福田安江 – 生田智子
牧野由香 – 島崎遥香
川本世津子 – 菅野美穂

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92 93 94 95 96
97 98 99 100 101 102
103 104 105 106 107 108
109 110 111 112 113 114
115 116 117 118 119 120
121 122 123 124 125 126
127 128 129 130 131 132
133 134 135 136 137 138
139 140 141 142 143 144
145 146 147 148 149 150

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のトラックバック

  • レベル999のgoo部屋
    2017年9月23日

    ひよっこ 第150回

    内容愛子(和久井映見)の話を聞いた省吾(佐々木蔵之介)は。。。。 敬称略 “最後”か、どうかは分かりませんが。 “二番目”を強調したかったのか?(苦笑) ただね。 「楽しかった」って。。。。。。 描いてこなかったことを、描いたと言い切られてもなぁ。。。。 これ、愛子が好感度の高いキャラだから、不満は少ないけど。 連ドラとして、不満を感じないわけでは無い。 それが、現実である。

  • ディレクターの目線blog
    2017年9月23日

    ひよっこ (第150回・9/23) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第25週『大好き』 『第150回』の感想。 ※ 本作は、9/4 にクランクアップ(撮影終了)しています。 ※ 従って、僅かな編集への期待と、直感的な賛美や愚痴を書いています。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 2人きりのすずふり亭で、つ…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年9月23日

    二番目>『ひよっこ』第150話

    ​​​​​​​​​​​「だいすき」といったら、コレ↓だよね このキモさが良いのさ(笑) …ひじゅにですが何か? ​「二番で良いです」​by省吾 ほうほう、昨日ラストでは台詞無しでVサインと思わせといて 実は「二番目」を示していたのね。 まあ、単純に「二番目」だけでなく それでOK!それでGO!それで幸せ!2人で生きて行こう! ……