【ハロー張りネズミ】第4話・第5話 FILE No.3「ママ、淋しかったの」 感想

あっ、あの人、蘭子さんだっけ?

ええ。

さっきちょっと覗いちゃったんだけどさ、探偵さんに例の気持ち感じてるみたいよ!


えっ?

気をつけなさいよ。
女も魑魅魍魎と一緒で、扱い次第ではあの悪霊みたいになるからね。


ハロー張りネズミ FILE No.3「ママ、淋しかったの」

 
     hello-hari-op

このシリーズの原作は未読。
だけれども、前情報でオカルトチックな話があることは知っていた。

オカルトに蒼井優…。
なんて安定感のあるキャスティング。
それだけで、もうウキウキする。

感情を抑えたり爆発させたりの緩急素晴らしい演技。

演出と映像的にはテレビサイズでちょうどいい感じのホラーだったが、役者の力で何段も押し上げられた。


ストーリは至って簡単。

家に巣食う物の正体は柱に憑いた悪霊だった。

原因は元ダンナが山で見つけてきた柱だというから、別れたダンナの怨念でも憑いているのかと思ったら、全然そんなんじゃなかった。ただの能天気なアウトドアマニア(爆)

お前の行動が元凶なんだYO!!
 hello-hari-アウトドアだんな


その柱を見つけた家は霊媒師の婆さんが1人で暮らしていた家で、毎日カンカン柱に藁人形を打ちつける音が響き、静かになったと思ったら婆さんは腐った状態で遺体で発見……そんな家、売れるわけがなかろうもん……。


先週、全視聴者がツッコんだ「なぜ家政婦を雇わないのか」については、シッターを雇っても雇っても辞めてしまっていたかららしい。

ねえ、皆さん、家が不気味だって気づいていたならちゃんと教えてあげて…。

それ解っていれば北村さんも七恵ちゃんを1人でこんな家に置いとかないやん。

まぁ…
いつもキリキリしてガミガミ怒鳴っていて、シングルマザーの過敏さを演出しているのかと思っていたけれども、ママももう憑りつかれてしまっていたのかもね。


河合節子いわく霊感が強いらしい七恵ちゃん。
強いから余計に取り込まれやすくなってしまう。

正直、今回一番ゾーーッとした映像は、藁人形シーンでも柱から出てくる鬼でもなく、包丁持って町を歩く七恵ちゃんの図…。

これはもう…当たり前に考えて不気味。
 hello-hari-3-ななえちゃん


エクソシスト関係は海外ものでも邦ものでも、あまりピンと来ないタチなのですが、こんな私でも楽しめた迫力。

これは、もう蒼井優が作りだす臨場感の賜物。
本当に素晴らしい。
   hello-hari-3-河合


役者さんのおかげで美味しいものがもっと美味しいという夏の夜であった。

良かったね。
霊が追い払われて。

家にはそのまま住み続け、しかも柱があった部屋は七恵ちゃんの部屋になったという。


マジで? そんな怖い思いしたのに。


そうなんだよねえ。
でも七恵ちゃんが どうしてもそうしたいって言ったらしいんだ。



でもこれからどうなるんだろう?七恵ちゃん。
霊能力を持ってること伝えるの?



う~ん、河合さんは教えなくていいって。
そういう特殊な能力は成長するにつれて消えてく人もいるし、どんどん高まってく人もいるから成り行きに任せるしかないと。



たぶん、七恵ちゃんは自覚していて、だからあの部屋に入ったんじゃないのかな。

ママを守るつもりで。
きっと、そういうオチ。


蒼井優ちゃんがレギュラーなら、またこういう案件があってくれるといいのだけど。

ちょっと楽しみ。

「家の中に、家族以外の、誰かがいるんです」。
驚愕の依頼を受けたゴロー(瑛太)は早速依頼者の自宅を訪問する。
防犯カメラをつけて遠隔から留守中の自宅を覗くゴローと依頼者だったが、数時間後、留守番をしていた5歳のひとり娘の姿とともに衝撃の映像を見てしまう!

そこでゴローは謎の女・河合(蒼井優)に協力を仰ぐことになる。(第4話)

「家の中に、家族以外の誰かがいる」という依頼者の家を調べることになったゴロー(瑛太)は、その家で起こる怪奇現象を見てしまう。

霊媒師・河合(蒼井優)の力を借りて、原因が和室にある「床柱」だと判明したゴローたちは、その床柱が家に建てられた経緯を探ることに。

すると東京都の奥深い山奥の家から持ち込まれたものだということを知る。(第5話)

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


※キャスト

七瀬五郎 … 瑛太
四俵蘭子 … 深田恭子
小暮久作 … 森田剛

風かほる … 山口智子

マスター … 中岡創一
萌美 … 片山萌美

河合節子 … 蒼井優
南 … リリー・フランキー
仲井 … 吹越満
伊佐川良二 … ムロツヨシ

栗田精二 … 國村隼

※ゲスト

FILE No.1
川田 … 伊藤淳史
遥(川田美花) … 三本采香
川田美保 … 佐伯 … 渡辺哲

FILE No.2
仲井 … 吹越満
四俵乙吉 … 平田満
舞原 … 中原丈雄

FILE No.3
内田 滋
後藤由依良
古舘寛治
上田遥

※スタッフ

脚本・演出 … 大根仁
プロデュース … 韓 哲、市山竜次

原作 … 弘兼憲史「ハロー張りネズミ」
音楽 … SOIL&” PIMP”SESSIONS
主題歌 … SOIL&”PIMP”SESSIONS feat. Yojiro Noda 「ユメマカセ」






この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

5件のトラックバック

  • ぷち丸くんの日常日記
    2017年8月13日

    ハロー張りネズミ 第5話

    五郎(瑛太)と霊媒師・節子(蒼井優)は、人気女性漫画家・北村アキコ(内田慈)の家で巻き起こる怪奇現象について調べていました。 節子は、和室にある床柱から霊気が溢れていて、それが発端になっていると言います。 一方、同じく床柱について調べていたグレ(森田剛)は、アキコの別れた夫(清水伸)に話を聞きに行き、その床柱が夫のお気に入りで、辺境の地から取り寄せたものだと知ります。 それ…

  • ディレクターの目線
    2017年8月12日

    ハロー張りネズミ (第5話・2017/8/11) 感想

    TBSテレビ系・金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』(公式) 第5話『ママ、淋しかったの-後編-』の感想。 なお、原作:弘兼憲史「ハロー張りネズミ」(漫画)は未読。 あかつか探偵事務所に依頼人の漫画家・北村(内田慈)がやって来る。北村が仕事で家を空けている時に、何者かが家に侵入しているという。1人で留守番をする5歳の娘・七恵(後藤由依良)はその人物を「ママだ…

  • ぐ~たらにっき
    2017年8月12日

    ハロー張りネズミ #05

    『ママ助けて!偽の母から娘を救え!』

  • のほほん便り
    2017年8月12日

    ハロー張りネズミ 「ママ、淋しかったの-後編-」

    霊媒師の河合節子(蒼井優)、とても似合ってます。頼もしいです。オハナシはシンプルで、原因は、和室にある“床柱”。グレ(森田剛)がすると、アキコの別れた夫・園部(清水伸)が、見つけてきたモノらしい、です。かつて、奥深い村。呪いの五寸釘など打ち込まれる柱に使われてた模様。それを切り取って、新居に用いた模様ですね。蘭子(深田恭子)が、少女・七恵(後藤由依良)のシッターから聞き込みをすると、皆、長続きせず、原因は、この家の気味悪さにあったようです。そして、封じ込められてた怨念が、七恵の霊感強さによって開放さ…

  • レベル999のgoo部屋
    2017年8月12日

    金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』第5話

    FILE NO.3「ママ、淋しかったの」後編内容「家の中に、誰か、いるんです。いるんです」漫画家の北村アキコ(内田滋)の依頼を受けたゴロー(瑛太)は、怪奇現象に遭遇し、南(リリー・フランキー)のつてで、霊媒師の河合節子(蒼井優)の力を借りることに。原因は、和室にある…