NHK朝ドラ【ひよっこ】第92回(第16週火曜日) 感想

佐賀に帰省している島谷(竹内涼真)の帰りを心待ちにするみね子(有村架純)。
すずふり亭には三男(泉澤祐希)が太郎(尾上寛之)と豊作(渋谷謙人)を連れてやってくる。
みね子に「恋人は出来たか?」と聞き盛り上がっていると時子(佐久間由衣)も帰ってきて…。
東京に戻った島谷はまっすぐアパートに帰らず、バー「月時計」で一人静かに飲んでいた。
そこへすっかり店の常連となった早苗(シシド・カフカ)が顔を出す。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第16週「アイアイ傘とノック」 第92話

    

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

トラブル続きの1日で、見る時間も書く時間も取れなかったので、本当に簡単に。


愛子さんも簡単に恋しちゃったなぁ…と思ったら、シェフもまんざらではないようで。

さゆり…じゃなくて、米子は元から三男LOVEだったけれども、兄が来た事でますます燃え上がり。

その兄・太郎は高子さんにホレたようである。

みんなが恋する「ひよっこ」世界。
基本コメディですし、舞台喜劇みたいなもんだと思ってください。

ぃゃ…なんかそういうウイルスでも撒かれたのかしら。笑.gif


そんな中、肝心のヒロインカップルは…。

佐賀から帰って来たのに真っ直ぐ あかね荘に戻れない…リストラを家族に言えないサラリーマンみたいな島谷さん。

月時計で早苗さんとバッタリ。
 hiyokko92-


あれか? 
東京で素敵な恋人ができましたとか言ったのか?

いえ…。
何だかそういう雰囲気じゃなくて。

親って、年取るんですね。



そりゃそうだろうけど。
どっか悪いの?

いえ。そういうのとは違うんですけど…。
会社の経営がうまくいってないみたいで、疲れてるのか父が痩せてしまってて。

そうですよね。
当たり前ですよね…年を取るのは。



うーーーん……
島谷さんは、もう、みね子とイチャイチャ(死語)してる場合じゃない空気満々だよね…。


しかし、みね子は漫画家2人組と同じレベルで盛り上がり中なのだった。

折しも すずふり亭ではお客が派手なプロポーズをみね子の前で披露…。
 hiyokko92-プロポーズ


お父さん。
幸子さんと雄大先生に続いて、人生2度目のプロポーズの目撃です。
素敵です。
私にもいつかあんな瞬間がやって来んのでしょうか?



みね子…
こういう公衆の面前で発表するのがプロポーズという物だとインプットしないで……相手のプレッシャー凄いからぁ。驚愕.gif


幸せになれよ。
おめえのこどは生まれだ時からずっと見できたんだ、俺は。
母親同士も親友でよ、時子と同んじように、もう一人の妹だと思ってる。

何かあったら兄貴を頼っていいんだがんな。
分がっか?


みね子、おめえの彼氏、今度青年団に連れでこう。
みんなでおめえに相応しいかどうか審査してやっから。



豊作も太郎も奥茨城にいた時は、そんな温かい兄貴みたいな様子はみじんも無かったよね……どうしたんだ、このすごいキャラ変は。

(というか、豊作に関しては特に大きなキャラ設定すらなかった気がする(爆))
 hiyokko92-豊作


何にせよ……
恐いわ~~。驚愕.gif

これは、みね子を振ったら奥茨城を敵に回すわぁ。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
助川正二 – 遠山俊也
助川豊作 – 渋谷謙人
角谷きよ – 柴田理恵
角谷征雄 – 朝倉伸二
角谷太郎 – 尾上寛之
益子次郎 – 松尾諭

田神 学 – 津田寛治

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
秋葉幸子 – 小島藤子
夏井優子 – 八木優希
松下 明 – 奥田洋平
森 和夫 – 陰山泰
高島雄大 – 井之脇 海
安部善三 – 斉藤暁
安部さおり – 伊藤沙莉

立花 富 – 白石加代子
島谷純一郎 – 竹内涼真
竹内邦子 – 白石美帆
久坂早苗 – シシド・カフカ
坪内祐二 – 浅香航大
新田啓輔 – 岡山天音
柏木一郎 – 三宅裕司
柏木ヤスハル – 古舘佑太郎
福田五郎 – 光石研
福田安江 – 生田智子
牧野由香 – 島崎遥香
川本世津子 – 菅野美穂

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91 92

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • 巨炎
    2017年7月19日 8:12 AM

    >兄・太郎
    何だか北村っぽい。
    尾上寛之は勘助が戦後社会に復帰していたら北村ポジに来ていた的イメージでやっている?

    三郎や時子がメインキャラに復帰するのは嬉しいですが
    三人の考え方にズレが出てくるような作品の幅はなさそうです。

    • くう
      2017年7月20日 5:02 AM

      巨炎さん
      >何だか北村っぽい

      そう言われれば尾上さんがほっしゃんみたいに見えて来るけれども、別に意図はないのではーー^^;

      北村みたいな小細工しなそうですし…。

3件のトラックバック

  • レベル999のgoo部屋
    2017年7月19日

    ひよっこ 第92回

    内容愛子(和久井映見)との再会で、“恋”の凄さをあらためて知ったみね子(有村架純)は、島谷(竹内涼真)の帰りを心待ちに。 そのころ三男(泉澤祐希)のもとには、太郎(尾上寛之)豊作(渋谷謙人)が。 敬称略 ケーキを用意していたってことは、予約していたってことか。。。 まあ、それはいいや。 ってか、必要なのかな? いやね。 先日、幸子のことを思い出すように、優子のことを知ったみね子だよね? で、前回は、愛子を知り。。。 そのうえ、前回は、三男と、、、さおり…

  • もう…何がなんだか日記
    2017年7月19日

    りんごの匂い>『ひよっこ』第92話

    予告にあった愛子さんの「一目惚れ」宣言もさおりさんの「馬を射よ」作戦(ぇ)も昨日の内に登場したし週タイトルの「アイアイ傘」は昨日「ノック」は今日登場したってことは予告で…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年7月19日

    りんごの匂い>『ひよっこ』第92話

    予告にあった 愛子さんの「一目惚れ」宣言も さおりさんの「馬を射よ」作戦(ぇ)も 昨日の内に登場したし 週タイトルの 「アイアイ傘」は昨日 「ノック」は今日 登場した ってことは 予告では想像できなかった展開が待っている? それとも、やっぱ “まんま”に進行? …ひじゅにですが何か? 「まっ、放っときましょう」by増田明美 …