NHK朝ドラ【ひよっこ】第91回(第16週月曜日) 感想

向島電機の元舎監・愛子(和久井映見)がみね子(有村架純)を訪ねてくる。
そこで省吾(佐々木蔵之介)に出会い、クラッと倒れ込んでしまう愛子。
「一目ぼれしちゃって」と本人の目の前で打ち明ける。
一方、日本橋の安部米店では娘・さおり(伊藤沙莉)のある秘密が明らかに。
それを知った三男(泉澤祐希)が動揺しているところに、兄の太郎(尾上寛之)と時子の兄・豊作(渋谷謙人)が奥茨城からやってくる。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第16週「アイアイ傘とノック」 第91話

    

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

愛子さん……
やっぱり仕事決まってなかったんだ……。

「愛子さんは向島電機が倒産したあと小田原に暮らす弟さんご家族のもとに身を寄せていたそうです。皆さん優しい方だったのですが、何か居づらくて新しい仕事が見つかったと嘘をついて東京に戻ってきたそうです。」


とは言ってもね、こんな年の女の独り者になかなか仕事はなくてね。
今、職探し中。


うろうろしていたのは、みね子に会いたいけれども自分の身がちゃんと定まっていないのに なかなか会いづらかったからだと言う。

解るなぁ…。
自分に自信持てていない時に同窓会とかって辛いのよね。
会いたいけれども会えない人っていっぱいいるよね。

人間に付いているのは肩書ではない、生まれではない、育ちではない、身分ではない…というのはこのドラマでも語られた事だが、それはやっぱり若くて純粋で大人社会への反骨精神ゆえの願望でもあるんだよな。


私みたいにこの年で女一人って、本当にどこにも居場所ないんだなぁって思って。

「何の価値もないのかな私は」って…。
「どうなるんだろう私は」って。


その年じゃなくてもねぇ…
仕事を失った時ってこの世の皆が自分を不要と言っているような気になるよね。

何十社も就活して落ちている学生もさ、同じ気持ちだと思うんだ。
地面が足の下に無い気持ち。

とても、辛い。

だから、




本当は、愛子さんが戦争で亡くした恋人をずっと思っている話が好きだし、シェフとの恋みたいになるのは全くピンと来ないんだけど(面倒な娘もいることだし)、それでも愛子さんがちょっと前向きになれるならいいかな、と思ったの。
 


ということで……

この後、仕事も見つかり、「つらいことがあった分これから私は幸せしか待ってない」の一歩は出来上がったのだった。

愛子さんの恋心を知って、島谷くんに会いたくなっちゃう みね子である。
地面に書く相合傘………
 



「ポジティブ思考」って緩くつぶやいたけれども、本当は「能天気」だなーーと思いながら見ていた(笑)

まぁ、私がネガティブ思考寄りだからそう思ってしまうわけだが、無邪気すぎて先を考えると辛い(先の話を知っているわけではない(笑))


今日の爆弾は、さおりの本名が米子(よねこ)だったことだ(爆)

花子と呼べし…よりも、辛い改名だぞ…。

そして、豊作に向かって真っすぐ

お兄様…私に三男君を下さい!
 hiyokko91-米子


ってことは、太郎よりも豊作が兄さんであってほしかったって願望ですよね(笑)

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
助川正二 – 遠山俊也
助川豊作 – 渋谷謙人
角谷きよ – 柴田理恵
角谷征雄 – 朝倉伸二
角谷太郎 – 尾上寛之
益子次郎 – 松尾諭

田神 学 – 津田寛治

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
秋葉幸子 – 小島藤子
夏井優子 – 八木優希
松下 明 – 奥田洋平
森 和夫 – 陰山泰
高島雄大 – 井之脇 海
安部善三 – 斉藤暁
安部さおり – 伊藤沙莉

立花 富 – 白石加代子
島谷純一郎 – 竹内涼真
竹内邦子 – 白石美帆
久坂早苗 – シシド・カフカ
坪内祐二 – 浅香航大
新田啓輔 – 岡山天音
柏木一郎 – 三宅裕司
柏木ヤスハル – 古舘佑太郎
福田五郎 – 光石研
福田安江 – 生田智子
牧野由香 – 島崎遥香
川本世津子 – 菅野美穂

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77 78
79 80 81 82 83 84
85 86 87 88 89 90
91

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のトラックバック

  • もう…何がなんだか日記
    2017年7月17日

    アイアイ傘とノック>『ひよっこ』第91話

    さおりさんの本名は米子愛子さんは省吾さんにひとめ惚れ全て、お米に!?>ぇ…ひじゅにですが何か?「久しぶりにちょっと言ってみました」by増田明美↑そうだった…このドラマは「…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年7月17日

    アイアイ傘とノック>『ひよっこ』第91話

    さおりさんの本名は 米子 愛子さんは省吾さんに ひとめ惚れ 全て、お米に!?>ぇ …ひじゅにですが何か? 「久しぶりにちょっと言ってみました」by増田明美 ↑そうだった… このドラマは 「増田明美です!」 で始まったのだった。 つまり 基本はコメディ! っちゅー宣言ってことでせう。 泣ける要素も多かったから ついつ…