【やすらぎの郷】第71・72・73・74・75話(第15週) 一週間まとめてあらすじ感想

菊村(石坂浩二)は40年以上前に仕事を共にした美術担当の茅野(伊藤初雄)と再会する。
彼はタイムキーパーだった‘カメコ’こと順子(長内美那子)と結婚し、夫婦で「やすらぎの郷」に入居していた。
菊村と茅野は昔話に花を咲かせ、茅野は夫と妻のどちらが先に死ぬべきか、思いを語る。
菊村は病院棟に入る順子を見舞う。
病気で死期が迫る順子のため、昔の仕事仲間が集まり、彼女が好きだったドラマのセットを再現する。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「やすらぎの郷」第15週 第71~第75話

   yasuragi


『流されて』の話から少し逸れ、郷の中で出会ったかつての仕事仲間、美術担当の茅野と彼の妻の終末が描かれた週。

裏方仕事の達人であった男は最期まで自分の妻の裏方演出を続けた。

それを見守り見送る、栄と郷のスターたち。

簡単にあらすじおさらい

第71話(月曜日) : 濃野佐志美「流されて」騒動の余韻も冷めやらぬある日、栄は郷内で50年ぶりに昔の仕事仲間と再会する。

茅野大三郎・通称、ちのやんは美術担当の裏方スタッフだった。

雪と言えば発泡スチロールか紙吹雪だった時代に、降っては溶ける雪を初めて開発した凄腕の職人である ちのやん。

昔のドラマ現場の話で盛り上がる内、ちのやんの妻は元現場のタイムキーパーだったカメコこと亀山順子であることを知る栄。

しかも、順子は末期のガンで郷の医療センターに入っており、数日の命だという。
 yasuragi15-ちのやん栄ちゃん


第72話(火曜日) : ちのやんに「会ってやって」と言われるまま病室へ足を運んだ栄であったが、カメコに意識はなかった。

意識はないが、夫婦の共通の応援歌だったという中島みゆきの『ファイト!』を時々朦朧と口ずさむカメコ。

カメコの枕元には舞台装置界の大御所・柿原一平など裏方の戦友たちが駆けつけてくる。


第73話(水曜日) : 「先に行く方と残される方、どっちがつらいだろうって想像するとさ残されるほうが絶対つらいよね。じゃあ俺つらい方を引き受けてやろうって。」と語った ちのやんの言葉が栄の頭に張りついていた。

律子の介護をし、臨終を看取った栄もいつも同じことを考えていたのだ。

カメコの病室へ行くと、ちのやんや裏方の戦友たちによって病室は星空のように飾りつけされていた。

アナログの時代に作ったセットの星空。それはカメコが好きだった当時のドラマのセットだった。

星空の中でカメコは息を引き取った。


第74話(木曜日) : 通夜の支度は居住者である姫たちも手伝い、棺や祭壇などの装飾は友達が皆で行った。

スターたちも世話になったテレビ界の裏方職人の死。みなが彼女を温かく見送った。

しかし、通夜が終わった日の翌朝、郷に新たな衝撃が走る。

ちのやんが亡くなったのだ。

癌の妻を見送り、1日だけ長生きして共に逝く。栄は彼を心の中で褒め称える。


第75話(金曜日) : マヤはお嬢がカメコの通夜を欠席したことに腹を立てていた。
お嬢は『流されて』の話を受けるために東京へ行っていたのだ。

しかし、カサブランカで栄と会ったお嬢は舞台の話を断ったと言う。

3世代を1人で演じるつもりでいたのに、自分に与えられたシーンは3世代目の枯れた女の役だけだったと。

怒りが収まると、お嬢は携帯で1枚の写真を見せる。

そこに写っていたのは、かつて栄と噂になり世間を騒がせた女優・安西直美と瓜二つの、直美の孫であった。
 yasuragi15お嬢

 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

一昨年、癌で父親を見送った身としては、最期にこんなセットを作って妻の手を握って歌っていられるのもやはり「やすらぎの郷」特権だよなぁ…とか、ウルウルしながらも思ってしまった。

家で看取ったら意識が無くなっても痛みで叫ぶ要介護者のために痛みどめの座薬を入れて、意識が無くなっても出てくる排泄物の処理をして…と、介護は本当に家族を消耗させる。

あの頃は、このままこの日々が続いたら母が過労で死んでしまうのではないかと本当に恐ろしかった。

一般人の介護現場はまさに修羅場である。

その苦労はたぶん栄ちゃんは味わっているのよね。

見送るか見送られるか問題は、そういう点でも後になりたくない。ドラマはあくまでもドラマだ。
 yasuragi15-カメコ

けれども、とても考えてしまったのは確か。
1日でも長く生きて見送ってやりたいと言い、実行した ちのやんの人生。凄い。

仕事も素晴らしい技術の裏方だったと紹介されていたが、人生も同じ幕引きだったんだね。

最期まで職人芸。
神様はこういう人をちゃんと見ているんだなぁと…

もちろん、あくまでもドラマはドラマですけど。

簡単な感想

日々の感想はツイッターを拾います。

 yasuragi15-星空  yasuragi15-ちのやん  yasuragi15-ファイト  yasuragi15-マヤ

お嬢の頭のお花畑っぷりには驚いてしまった。
マヤの怒りも「ただの嫉妬でしょ」と思っていたけれども、「見ているとイライラして頭に来る。」と言うのもちょっと解る気がする(笑)

老いの仕事しか来なくてスッピンで老体を曝せと言われて、私はスターじゃなくてただの役者なのって……

むしろスターじゃなくなっても「役者」の仕事で買われることを誇りに思わないのかなぁ。

女が容姿という女の武器でスターにのし上がった時代。
この人には技術で食っていく誇りがなかったんだね。

もちろん、中の人・浅丘ルリ子さんは素晴らしい女優さん。
『おんな城主 直虎』では、寿桂尼さまの最期を楽しみにしております。


再放送


通常再放送は BS朝日 毎週月曜~金曜日 朝7時40分~8時。

前週分の無料配信は「TVer」

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト


菊村栄 – 石坂浩二

白川冴子 – 浅丘ルリ子
及川しのぶ – 有馬稲子
水谷マヤ – 加賀まりこ
三井路子 – 五月みどり
井深凉子 – 野際陽子
高井秀次 – 藤竜也
真野六郎 – ミッキー・カーチス
九条節子 – 八千草薫
岩倉正臣 – 山本圭
松岡伸子 – 常盤貴子
財前ゆかり – 松岡茉優
名倉みどり – 草刈民代
菊村律子 – 風吹ジュン
名倉修平 – 名高達男
貝田英信 – 藤木孝
中山保久 – 近藤正臣
侘助 – 小松政夫
玉子 – 野村麻純
犬山小春 – 冨士眞奈美
石上五郎 – 津川雅彦
菊村梢 – 山本舞香
菊村加奈子 – 森上千絵
菊村一郎 – 水津聡
住職 – 坂本長利
おかみ – 福井裕子

※スタッフ

脚本 – 倉本聰
演出 – 藤田明二、阿部雄一、池添博、唐木希浩
プロデューサー – 五十嵐文郎
音楽 – 島健

主題歌 – 中島みゆき「慕情」

公式サイト http://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginosato/








この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)