NHK朝ドラ【ひよっこ】第67回(第12週月曜日) 感想

すずふり亭の仕事にも慣れてきたみね子(有村架純)。
出前に行った帰りに実(沢村一樹)が目撃された道へ足を運ぶ。
通りかかった島谷(竹内涼真)は、みね子がじっと往来を見つめているのを不思議に思い、足を止める。
店に戻ってきたみね子は、秀俊(磯村勇斗)が賄いを作っているのを見て「一生懸命働いている人を見るのが好きだ」と感じ、なぜコックになったのかを尋ねてみる。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第12週「内緒話と、春の風」 第67話

   hiyokko-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。


お父さん、ごめんなさい。
今日は昼に実況しながら見たので、ツイ上げ記事で許してください。

 hiyokko67 仲いいってほどじゃないかもしれないけど、いいやつだよ。あいつ。

俺に料理のしかた簡単な教えてくれないかって言ってきてさ、自分でも簡単なものは作れるようになりたいんだって。

すっごい真面目なやつで俺が教えたとおりに練習してできるようになったんだ。
食べてみてくれとか持ってきたりしてさ。


お坊ちゃんの道楽だろ。


しょうがないじゃないですか。
金持ちの家に生まれて将来が最初から決まってる人にだってそれなりの寂しさとか悩みとかだってありますよ。

興味ねえ。ぜいたくな話だよそんなの。



ヒデくんと、元治さんのこの一連のやり取りは面白かったですね。

元治さんが悪い性格というわけでは無くて、自分にはない物…お金とか地位とか家柄とか、そういう物に対する羨望や嫉妬は人間として当たり前の感情ですね。

人が人に見えないほど雲の上…って、あるじゃないですか。
憶測でしか物を見ることができない状況。

それは決して「悪い見方」ではなくて当然なんですね。

それに対してヒデくんはとてもフラットです。
自分の目に見えない世界に対しても自分の世界と同じように考える。

こっちの方がなかなか出来ない事です。

ホレますね。

個人的には今までこの世界に出てきた住人の中で一番イケメン度高いです。
(顔も好みですピンクハート.gif)

けれども、彼は早苗さんの怒号に対しては笑い飛ばせるタイプではないんですよね。
だから、あかね荘を出てきてしまった。

案外、打たれ弱い部分もあるのかも知れません。

これから彼らがどう描かれるのか楽しみですね。


ひよっこのレビューは自然と増田明美ナレのような口調で書いてしまいますが…

文を作る時に私の頭の中で流れている声もすでに増田ナレです(笑)

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
助川正二 – 遠山俊也
助川豊作 – 渋谷謙人
角谷きよ – 柴田理恵
角谷征雄 – 朝倉伸二
角谷太郎 – 尾上寛之
益子次郎 – 松尾諭

田神 学 – 津田寛治

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
秋葉幸子 – 小島藤子
夏井優子 – 八木優希
松下 明 – 奥田洋平
森 和夫 – 陰山泰
高島雄大 – 井之脇 海
安部善三 – 斉藤暁
安部さおり – 伊藤沙莉

立花 富 – 白石加代子
島谷純一郎 – 竹内涼真
竹内邦子 – 白石美帆
久坂早苗 – シシド・カフカ
坪内祐二 – 浅香航大
新田啓輔 – 岡山天音
柏木一郎 – 三宅裕司
柏木ヤスハル – 古舘佑太郎
福田五郎 – 光石研
福田安江 – 生田智子
牧野由香 – 島崎遥香

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のトラックバック

  • もう…何がなんだか日記
    2017年6月19日

    内緒話と、春の風>『ひよっこ』第66話

    島谷さんの部屋に置いてあるキャットタワーみたいなのは何?“あかね荘”が映ると猫の泣き声が入ったりするよねそれと関係?それとも、アレは立体小物入れ?…ひじゅにですが何か?…

  • レベル999のgoo部屋
    2017年6月19日

    ひよっこ 第67回

    「内緒話と、春の風」内容“すずふり亭”で働きはじめて2か月。仕事にも慣れてきたみね子(有村架純)出前に行った帰り道、最後に父が目撃された場所へ足を運ぶ。その姿を見かける島谷(竹内涼真) そして店に戻ってくると。。。。 敬称略 富さんの印象が強すぎるが。 ま、良いでしょう。 っていうか、そういうコトになるのが、多いんだろうけど。 。。。。また、休憩時間か。。。。。(笑) で、雑談。 その後、賄い。。。。下ごしらえ。。。。 そして雑談。 きっと、このあとも…

  • ディレクターの目線blog
    2017年6月19日

    ひよっこ (第67回・6/19) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第12週『内緒話と、春の風』『第67回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 すずふり亭の仕事にも慣れてきたみね子(有村架純)。出前に行った帰りに実(沢村一樹)が目撃された道へ…