NHK朝ドラ【ひよっこ】第64回(第11週木曜日) 感想

ランチタイムのホールに入ったみね子(有村架純)。
一生懸命動くものの、あまりの忙しさに頭が真っ白になってしまう。
秀俊(磯村勇斗)が、出来上がった料理が運ばれないのを見かねて手伝ってくれるが、みね子は申し訳ない気持ちになる。
ディナーまでの休憩時間、鈴子(宮本信子)は、みね子と高子(佐藤仁美)、そして安江(生田智子)にも声をかけて柏木(三宅裕司)が切り盛りする和菓子屋・柏木堂を訪れる。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第11週「あかね荘にようこそ!」 第64話

   hiyokko-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

今日のお話などを見ていると、このドラマに「無理強いしない」というテーマが見えてきます。

みーんな笑っていて自由ですもんね。

気を使って相手の顔色を読んで、被害妄想に陥って勝手に落ち込んで…の末に「悪口・陰口・嫉妬」が生じる物で。

この世界にはそれがない。

言いたい事は言う。
嫌なことは無理やりやらないやらせない。
やらなきゃいけない事は一生懸命頑張る。

初めての仕事で出来なくて出来なくて…。
グズクズになってしまう みね子だけれども、すずふり亭の人たちはガミガミ怒ることもなく、落ち込んでいるからと過度に慰めることもなく、普通に仕事をしている。

ついに調理場からホールへ出てきてテーブルへ運ぶヒデくん。


「お父さん。明らかに私のせいなんです…」

あの。すみません。ありがとうございます。


料理が冷めるの嫌だから運んだだけだよ。


↑意地悪やイヤミでは無く、ホントの本音です。
いつも通りのお仕事をしているだけ。

だって、今までは別に みね子なんて居なかったのですから。


すみません。

何で謝るの?

私が足引っ張って忙しくしてしまったんじゃないですか?

そういう忙しいじゃないよ。今のは。
たくさん来て下さったなっていう意味。



誰も みね子のグズクズなんて気にしてないわけです。
初めてだから当たり前なんですよね。

みんな普通で普段通りで自然。

当たり前のように思えるかもしれないけれども、こういう自然さが当たり前じゃないんですよね。世の中では。


みね子は幸せ者だな。
この世界の人たちは幸せだな、と思いました。


和菓子屋はね、そんなに覇気は必要ないの。
あのぐらいがちょうどいいの。


と、覇気のない息子を「こいつはダメなやつでねぇ」とか言わない柏木堂の親子にも興味あります。

ヤスハルもね、「うめえ!」と言われたら嬉しそうに笑うんですよね。

仕事が好きなんだなって、それだけでちょっとジーンと来てしまう。
 hiyokko64和菓子


「仕事は決められた時間内にするもんなの」
と言うセリフよりも、そういう無言のシーンの方がちょっと心に沁みるなって、そう思う回でした。

今日もお仕事頑張ろうって思います。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
助川正二 – 遠山俊也
助川豊作 – 渋谷謙人
角谷きよ – 柴田理恵
角谷征雄 – 朝倉伸二
角谷太郎 – 尾上寛之
益子次郎 – 松尾諭

田神 学 – 津田寛治

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
秋葉幸子 – 小島藤子
夏井優子 – 八木優希
松下 明 – 奥田洋平
森 和夫 – 陰山泰
高島雄大 – 井之脇 海
安部善三 – 斉藤暁
安部さおり – 伊藤沙莉

立花 富 – 白石加代子
島谷純一郎 – 竹内涼真
竹内邦子 – 白石美帆
久坂早苗 – シシド・カフカ
坪内祐二 – 浅香航大
新田啓輔 – 岡山天音
柏木一郎 – 三宅裕司
柏木ヤスハル – 古舘佑太郎
福田五郎 – 光石研
福田安江 – 生田智子
牧野由香 – 島崎遥香

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のトラックバック

  • レベル999のgoo部屋
    2017年6月15日

    ひよっこ 第64回

    内容ランチタイムでホールの仕事をはじめたみね子(有村架純)だが、あまりの忙しさに。。。。見かねた秀俊(磯村勇斗)が手伝ってくれ、みね子は申し訳なく感じる。 休憩時間、鈴子(宮本信子)高子(佐藤仁美)が、みね子を連れ、安江(生田智子)を誘って“柏木堂”へ。。。。 …

  • もう…何がなんだか日記
    2017年6月15日

    お疲れ様>『ひよっこ』第64話

    子供の頃、母や祖母が「あんみつは寒天が美味しい」と言うのを聞いて「え~!?あんなの味がないし邪魔じゃん」と思ってたんだけど大人(オバサン)になった今は思う「あんみつは寒…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年6月15日

    お疲れ様>『ひよっこ』第64話

    子供の頃、母や祖母が 「あんみつは寒天が美味しい」 と言うのを聞いて 「え~!?あんなの味がないし邪魔じゃん」 と思ってたんだけど 大人(オバサン)になった今は思う 「あんみつは寒天が美味しい」 だから何? いやあ、みね子がさ フルーツでも餡子でもなく、まさに寒天を最初に食べて 「うめ~!」と言っていたので思い出したのさ …ひじゅにですが何か? …

  • ディレクターの目線blog
    2017年6月15日

    ひよっこ (第64回・6/15) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第11週『あかね荘にようこそ!』『第64回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 ランチタイムのホールに入ったみね子(有村架純)。一生懸命動くものの、あまりの忙しさに頭が真っ白…