NHK朝ドラ【ひよっこ】第59回(第10週金曜日) 感想

みね子(有村架純)は鈴子(宮本信子)に保証人になってもらい、あかね荘に部屋を借りる。
乙女寮で年末を過ごし、引っ越しは年明けにすることに。
愛子(和久井映見)と2人で大掃除をして寮を磨き上げると、もうすぐなくなってしまうのかと悲しい気持ちになる。
すると愛子が「寂しい気持ちはあるけど悲しくはない」と話し始める。
そして元旦の朝、お年玉袋を手渡されたみね子はその意外な中身を見てびっくりする。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第10週「谷田部みね子ワン、入ります」 第59話

   hiyokko-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。


出勤前の簡単感想で。

その前に…
全く『ひよっこ』と無関係な話で申し訳ないのですが、例の小出恵介氏の事件を受けまして、来月から放送予定だったNHK土曜ドラマ「神様からひと言~なにわお客様相談室物語~」のお蔵入りが決定しました。

人には罪があるかも知れませんが作品に罪はない。

という事で…




気になる方は、ダメもとでもやってみませんか。
(もちろん、そんなドラマ見たくもないって方はスルーで)

NHKのご意見フォームはこちら。
視聴者の皆さまからNHKへのご意見、お問い合わせ等は、電話やメール、FAX、お手紙で受け付けています。また皆さまからのご意見や、それに対する対応などは「週刊みなさまの声」「月刊みなさまの声」「視聴者ふれあい報告書」でご覧いただけます。

ちなみに、氏が出演していた『うめちゃん先生』はオンデマンドも撤去だそうです。
そこまでしなくても…と、個人的には思うのでした。


…という話は、ここまでです。お父さん。

本日の『ひよっこ』は、みね子と愛子さん、乙女寮での最後の年越し。

もう使わない工場や寮を2人で大掃除。
あの中庭に2人で並んで座ります。


私は悲しくはないな。

寂しいなと思うけど悲しくはない。
ここも何かに生まれ変わるんだよ。
何が出来るんだろうね。ここに。
楽しみ。

ここに何が出来るのかは分からない。
新しい工場かもしれないし今流行りの団地かもしれない。
そこに何かが生まれることは素敵なことだよ。
新しい場所でまた誰かと誰かが出会ったり、暮らしたり働いたりするんだから。
ここで私たちが出会ったみたいにね。



愛子さんの前向きさと、気まずい空気もすっ飛ばすホヨっとした空気。

私は大好きでしたよ。

2人で紅白を見て。
家族みたいに過ごす。
 hiyokko59


愛子さんはお年玉をくれた。

奥茨城へ帰る切符。


愛子さんがいてこその東京で、愛子さんが居てこその乙女寮だったね。

お父さん。
愛子さんのその後はどうなるのか、どうかそこだけはご報告くださいね。泣.gif

NHK朝ドラ【ひよっこ】ってどんなドラマ?モデルはいるの?
「ひよっこ」は、2017年度上半期のNHK朝の連続テレビ小説です。 「連続テレビ小説」は今作で96作目になります。 制作はAK(東京制作...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
助川正二 – 遠山俊也
助川豊作 – 渋谷謙人
角谷きよ – 柴田理恵
角谷征雄 – 朝倉伸二
角谷太郎 – 尾上寛之
益子次郎 – 松尾諭

田神 学 – 津田寛治

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
秋葉幸子 – 小島藤子
夏井優子 – 八木優希
松下 明 – 奥田洋平
森 和夫 – 陰山泰
高島雄大 – 井之脇 海
安部善三 – 斉藤暁
安部さおり – 伊藤沙莉

立花 富 – 白石加代子
島谷純一郎 – 竹内涼真
竹内邦子 – 白石美帆
久坂早苗 – シシド・カフカ
坪内祐二 – 浅香航大
新田啓輔 – 岡山天音
柏木一郎 – 三宅裕司
柏木ヤスハル – 古舘佑太郎
福田五郎 – 光石研
福田安江 – 生田智子
牧野由香 – 島崎遥香

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52 53 54
55 56 57 58 59

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • モカ
    2017年6月10日 9:21 AM

    くぅさん、こんにちは。
    先週ニッコリ引き続き、ひよっこは朝から泣きながらみております(笑)

    小出氏の件、自分もビックリです。
    「のだめ」もよかったですが、「JIN」でいい俳優さんだなぁと思っていたので、今度のドラマで「へー主演なのかー、面白そう」と見る気まんまんだったので残念です。

    俳優としては演技がしっかりして、若手では割と少ないチャラくない系だったので(見た目だけでしたが 笑)2番手3番手の出演が多いだけに影響が大きそうだなぁと。
    少し前に公開した「ハルチカ」などは円盤化が頓挫したら佐藤くん環奈ちゃんファンがブチギレそうですがどうなんでしょうね。

    ただ個人的には、うちはBS加入していないので見れなくてガッカリしていた「ブシメシ」が思いがけず見れるのがちょっと嬉しいです(笑)

    • くう
      2017年6月12日 4:44 AM

      モカさん
      >「のだめ」もよかったですが、「JIN」でいい俳優さんだなぁと思っていたので、今度のドラマで「へー主演なのかー、面白そう」と見る気まんまんだったので残念です

      主演でも脇でも上手くやる人でしたし、脇にもたくさん必要とされていたので、出演作品が多すぎるんですよね。

      それ全部お蔵入りになってしまって二度と再放送されなかったら作品が泣きます(私も泣きそうです)
      何とかしてほしいですよね。

      >ただ個人的には、うちはBS加入していないので見れなくてガッカリしていた「ブシメシ」が思いがけず見れるのがちょっと嬉しいです(笑)

      ツイッターにもそういう方が多くて、それは純粋に良かったなって思ってます(笑)
      家はあの時間帯にご飯食べているので「ブシメシ」がちょうど良かったかもなって、先週思いました^^

  • 巨炎
    2017年6月9日 12:51 PM

    >『うめちゃん先生』はオンデマンドも撤去
    「カーネーション」も再放送延期になった事がありましたね。
    DVD全巻揃えているので個人的にはノー・プロブレムでしたが。

    主演「吉原裏同心」はなおの事、撤去。
    個人的には林隆三の遺作で無ければ最後まで観なかった。

    • くう
      2017年6月10日 5:39 AM

      巨炎さん
      >「カーネーション」も再放送延期になった事がありましたね。

      あの後、放送されたんでしたっけ?
      少ししか登場しない脇の人とは違い、「梅子」の方は主要人物だったのでCGで消すわけにもいかず…。
      しかし、そこまでしなきゃ駄目なもんですかねぇ。
      NHKは特にスポンサーは視聴者だと考えれば、視聴者無視で勝手に放送取りやめてはダメなのではーーと。

2件のトラックバック

  • ディレクターの目線blog
    2017年6月9日

    ひよっこ (第59回・6/9) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第10週『谷田部みね子ワン、入ります』『第59回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 みね子(有村架純)は鈴子(宮本信子)に保証人になってもらい、あかね荘に部屋を借りる。乙女…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年6月9日

    愛子姉ちゃん>『ひよっこ』第59話

    昭和41年1月1日は快晴― 脚本を書く前に やはり、当時の天気までも調べるのだろうな …と、余計なことを考えてしまった(笑) …ひじゅにですが何か? 「何かが生まれるのは素敵なこと」by愛子 “あかね荘”の賃貸契約書を書く、みね子の図ぅ― 家賃は4000円 いつもの細かい描写@『ひよっこ』流。 “すずふり亭”のお給料は幾らになるの…