NHK朝ドラ【ひよっこ】第52回(第9週木曜日) 感想

乙女寮最後のコーラスの場で、幸子(小島藤子)にプロポーズした雄大(井之脇海)。
みね子(有村架純)たちは幸せな瞬間に立ち会って、大いに盛り上がる。
安心した優子(八木優希)は、仲間たちに見送られて秋田に帰っていく。
ついに工場最後の日。
朝からぼんやりした様子の豊子(藤野涼子)が、仕事で初めて失敗する。
最後の1台を作り終え、みね子たちが工場を出ようすると、豊子は突然思いもよらない行動に出る。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第9週「小さな星の、小さな光」 第52話

   hiyokko-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

あの…幸子さん。
僕と、その…。

結婚して下さい!



言ったーーーー!!ハート2.gif

知ってたけどぉ~~。笑.gif
 hiyokko52


優子さん、東京を去っていく前の最後のお膳立て。
親友のために鈍感男にきちんと釘刺してくれた。

みんなで「走れトロイカ」を歌って。

迎えに来た優しいお母さんと一緒に故郷へ帰っていく。
忘れられない後姿。
 hiyokko52-優子


私も、人生のほとんどを女の職場で過ごしてきて。
やさしい先輩もいたけれども、キツくて嫌なお局にもたくさん出会った。
私自身も後輩にキツかったかもね。

東京に出てきて不安だらけの みね子たちを包んでくれたのは、仕事の事はきちんとアドバイスし、私生活には優しくて明るい先輩たちだった。

優しい人の方が、ほら、こんなにも人生の素敵な思い出として残る。

いくら仕事ができてもマウンテンな態度で後輩と接して、仕事の出来なさをいびって、時には会社から追い出して。

そんな事で人の記憶に残るよりも「あの人、優しかったねぇ」という記憶に残る方がどんなにか幸せか。

考えなくても解る事。

優子さんと幸子さんみたいな人になりたい。

このドラマを見ている多くの「先輩」がそう思ってくれるといいな。


12月20日。
向島電機最後の日。

いつもの作業。
いつもの音。
愛子さんの笑顔、松下さんの声掛け。


最後の一枚流しまーーーす!!

幸子さんの明るい声が寂しくて。

終了後。
会社はみんなに1台ずつラジオをくれた。

これから、このトランジスタラジオ。
皆さんがつくってくれたAR-64を一人一人にお配りします。
どうか大切にしてやって下さい!



外にはもう、工場の機械を運び出す男たちが待っている。

愛子さんは…松下さんは、カズさんは、この先の事は決まったのかしら。

この人たちと再び会う事は出来るのだろうか。
 hiyokko52-松下


松下さん、最後の一声。

ご安全にーーーーー!!


もう、ここで「ご安全に」働くことはないので。
これは、ここから旅立つ乙女たちの人生への声掛け。


さて…みね子と澄子の石鹸工場はどうなのだろうか。

…と次への思いを馳せる前に…

当然、朝からずっと様子がおかしかった豊子の暴動が起きます。

優等生だった豊子の腐ったみかん化(ぃゃ、解るやつだけ解ればいい……


そりゃぁ、イヤだよね。
私だって嫌だもん。ここから去るのは…。

NHK朝ドラ【ひよっこ】ってどんなドラマ?モデルはいるの?
「ひよっこ」は、2017年度上半期のNHK朝の連続テレビ小説です。 「連続テレビ小説」は今作で96作目になります。 制作はAK(東京制作...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
助川正二 – 遠山俊也
助川豊作 – 渋谷謙人
角谷きよ – 柴田理恵
角谷征雄 – 朝倉伸二
角谷太郎 – 尾上寛之
益子次郎 – 松尾諭

田神 学 – 津田寛治

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
秋葉幸子 – 小島藤子
夏井優子 – 八木優希
松下 明 – 奥田洋平
森 和夫 – 陰山泰
高島雄大 – 井之脇 海
安部善三 – 斉藤暁
安部さおり – 伊藤沙莉

立花 富 – 白石加代子
島谷純一郎 – 竹内涼真
竹内邦子 – 白石美帆
久坂早苗 – シシド・カフカ
坪内祐二 – 浅香航大
新田啓輔 – 岡山天音
柏木一郎 – 三宅裕司
柏木ヤスハル – 古舘佑太郎
福田五郎 – 光石研
福田安江 – 生田智子
牧野由香 – 島崎遥香

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36
37 38 39 40 41 42
43 44 45 46 47 48
49 50 51 52

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • 巨炎
    2017年6月2日 1:17 PM

    金八先生は殆ど観ていないので何とも…。

    しかしラーメンが演出になっているのでしょうか。
    正義にたかっていた雄大が、幸子と割り勘。その幸子は後輩達に驕り。
    亭主は甲斐性無しだけど、子供の面倒をよく見る奥さんの尻に…もとい支えられ何とかやっていくという揶揄?

    とはいえ綿引さんの扱いは、このままだと中途半端。
    20%の大台どころか19%の底抜けが報じられていますが
    父親探しの目的が宙ぶらりんのまま周囲のサブヒロイン関係で引っ張っている事が原因でしょうか。
    最近のみね子は完全に狂言回し。

    • くう
      2017年6月3日 1:27 AM

      巨炎さん
      >正義にたかっていた雄大が、幸子と割り勘。その幸子は後輩達に驕り。

      付き合っている女には、さすがにたかれないってところでしょうかね^^;
      幸子が後輩たちに驕ったのは単に思いやりなのだと思います。
      みんな給料が下がって落ち込んでいる中、それでも後輩たちよりは高いから。
      優しい人ですね。いい奥さんになることでしょう。

      綿引さんは、必ずまた登場すると信じていますが…茨城に帰った時に会うくらいになっちゃうんでしょうか。

4件のトラックバック

  • レベル999のgoo部屋
    2017年6月1日

    ひよっこ 第52回

    内容故郷の秋田へ優子(八木優希)が帰る前に行われたコーラス。その途中、突然、雄大(井之脇海)が、幸子(小島藤子)にプロポーズ。みね子(有村架純)たちは、幸せな時を過ごすのだった。 そして工場、最後の日。豊子(藤野涼子)が。。。。 敬称略 絶対にないとは…

  • もう…何がなんだか日記
    2017年6月1日

    最後の日>『ひよっこ』第52話

    先々週『椰子の実たちの夢』で澄子、時子とプチ主役の話が続いたから次は豊子と思ったら、それはなかった今日のためだったのね…ひじゅにですが何か?「それでは皆さん、ご安全に!…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年6月1日

    最後の日>『ひよっこ』第52話

    先々週『椰子の実たちの夢』で 澄子、時子とプチ主役の話が続いたから 次は豊子と思ったら、それはなかった 今日のためだったのね …ひじゅにですが何か? 「それでは皆さん、 ご安全に!」by松下 ↑この間の涙目と今日のこの台詞で 松下さんにまんまと泣かされてしまったわ この間いただいたコメントのおかげで ウッディにしか見えなくなっているという…

  • ディレクターの目線blog
    2017年6月1日

    ひよっこ (第52回・6/1) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第9週『小さな星の、小さな光』『第52回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 乙女寮最後のコーラスの場で、幸子(小島藤子)にプロポーズした雄大(井之脇海)。みね子(有村架純)…