NHK朝ドラ【ひよっこ】第31回(第6週月曜日) 感想

みね子(有村架純)を訪ねて、警察官の綿引(竜星涼)が突然乙女寮にやってくる。
実(沢村一樹)に何かあったのかと不安になるが、上京したみね子に挨拶に来たのだと聞いて安心する。
初対面の綿引に緊張しながらも喫茶店へ行き、初めて飲むクリームソーダに感動するみね子。
親切にする理由を綿引に尋ねると、「同じ茨城出身だから助け合おう」と励まされる。
みね子は、実が働いていた場所、住んでいた所を見たいと綿引に頼み込む。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第6週「響け若人のうた」 第31話

   hiyokko-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

遅くなったので簡単感想で。

ストーリー的には、美代子さんから手紙を貰った綿引巡査が、わざわざ みね子の寮まで来てくれて、一緒に出掛けるというだけの話。

その中に、たくさんのイイネ。や ホッコリダネ。や セツナイネ。が詰まっているわけである。
 hiyokko31


ということで…月曜から泣ける。泣.gif


でも、何でそんなに優しくして下さるんですか?


と、母と同じことを訊ねる みね子に綿引さんは言ってくれる。


だって、同じ茨城でしょ?助け合わなくてどうすんの。

はぁ。

ここだけの話さ、東北の人は結構多くて。警察もね。
そこは何かさ、絆っていうか仲間意識が強いわけ。
同じ県だけじゃなくてね、東北同士で仲がいいわけ。



うん……
彼の職場がなかなか大変なことは知ってる。

みんな、何だか演技が強くて熱すぎてな………。怒.gif

うん…なんか、違うか
 kyojin3-4
 

でね、茨城っていうと何か近いね、みたいな目で見られてさ。
いつでもすぐ帰れんだろ大して大変じゃないだろって見られて…。



ああ~…これも何か解るな。

ウチは茨城じゃないが、全国的に「首都圏」だと思われているので不便だと言っても同情されないし、どこでもすぐ行けると思われている。

日本地図で見れば確かに東京の隣さ…。
この時代だと、もっともっと不便さ際立つよね。

そんな中でモンモンとしてきた都心に近い田舎県の綿引さんは、同郷意識から美代子さんを放っておけなかったのだと言う。

ほんっと、優しいね。
良い人だね。

お互い頑張ろう。東京で。


綿引さんは反対したが、お父ちゃんが暮らしていた宿泊所へ行ってみる。

美代子さんと同じショックが若い みね子にも伝わるよね。

こんな荒れた環境で。
家族のお金のために働いてくれていた父。


すっかり落ち込んで帰ると、同室のみんなが外に集まっている。

お帰りと言ってもらえる幸せ、ただいまと言える幸せ。

優しいね。
 


東京には、こんな優しさも、お父ちゃんが居たような環境も、どちらも存在すると知る みね子である。


でも、人が暮らす所は良い所…なんだよね。

お父ちゃんは今、幸せなのかしら。

NHK朝ドラ【ひよっこ】ってどんなドラマ?モデルはいるの?
「ひよっこ」は、2017年度上半期のNHK朝の連続テレビ小説です。 「連続テレビ小説」は今作で96作目になります。 制作はAK(東京制作...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
助川正二 – 遠山俊也
助川豊作 – 渋谷謙人
角谷きよ – 柴田理恵
角谷征雄 – 朝倉伸二
角谷太郎 – 尾上寛之
益子次郎 – 松尾諭

田神 学 – 津田寛治

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
秋葉幸子 – 小島藤子
夏井優子 – 八木優希
高島雄大 – 井之脇 海
安部善三 – 斉藤暁
安部さおり – 伊藤沙莉

立花 富 – 白石加代子
島谷純一郎 – 竹内涼真
竹内邦子 – 白石美帆
久坂早苗 – シシド・カフカ
坪内祐二 – 浅香航大
新田啓輔 – 岡山天音
柏木一郎 – 三宅裕司
柏木ヤスハル – 古舘佑太郎
福田五郎 – 光石研
福田安江 – 生田智子

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
31

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のトラックバック

  • レベル999のgoo部屋
    2017年5月9日

    ひよっこ 第31回

    「響け若人のうた」内容初めての休日の朝、みね子(有村架純)を訪ねてひとりの男性がやってくる。母・美代子(木村佳乃)から聞いていた、父・実(沢村一樹)を捜してくれている派出所の警官・綿引(竜星涼)だった。実に何かがあったのかと不安になるのだが、美代子から手紙をもらっていたため、挨拶にやって来たという。 すぐに服を着替えたみね子は、綿引に連れられて喫茶店へ初めて飲むクリームソーダ感動するみね子は、ふと、親切にしてくれる理由を尋ねると。。。同じ茨城出身だからだという。助け合っていこうと励まされるみね子。…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年5月9日

    クリームソーダと甘納豆>『ひよっこ』第31話

    女子トークで始まった 初めての休日 それぞれの予定に向けて ウキウキと出かけて行くハズだった 楽しく充実した時間を過ごし 笑顔で帰って来るハズだった …ひじゅにですが何か? 「食べます!」by澄子 家に手紙を書く “すずふり亭”に挨拶に行く …みね子が立てていた予定。 実父さんの件を皆に話したら それに促されたかの様に 綿引さん登…