【世にも奇妙な物語】2017 春の特別編 感想 夢男

毎度。
自分のための忘備録的記事です。

サブタイトルはシンプルに「春の特別編」

「夢を記録し続けるといつしか現実と区別がつかなくなり心を病んでしまう 」

夢か現か堺がつかなくなるシュールな作品群。

一作目の『夢男』が全てのストーリーを支配しているのかも。


ってことで、テーマは「夢」
 

土曜プレミアム 世にも奇妙な物語 ’17 春の特別編



    世にも奇妙な物語

注意.gif※以下は完全ネタバレ感想なので、これから見る方は注意っっっ
全て簡単感想のみで。


『夢男』



毎晩、悪夢にうなされながらもその夢を思い出せないでいた女子大生のミドリ(中条あやみ)が、授業中に夢にはメッセージが隠されていると教わる。怖いもの見たさもあって、夢の中に出てくる男の顔をイラストソフトを使ってモンタージュで再現するミドリ…。
(あらすじは公式より引用)


2006年頃から噂になっているアメリカの都市伝説『This Man』を映像化ということ。
世界中の人々の夢の中に現れている謎の男「This Man」とは?なぜ彼は夢の中にのみ現れるのか?

(「ダルマ」ではない)

ナポレオンも信長もヒトラーも恐怖政治を行っていたと言われながらも人気はあった。
「人間は恐怖を求めてしまう生き物なのかも知れません」


適当にイラストを作ってSNSに上げてみたら「自分もその男を見た」「その男を夢に見たら赤い物を腕に巻きたくなる」噂はどんどんエスカレート。

いずれ、男は夢から抜け出して現実社会に現れ、死人まで出る始末。

アメリカ発の都市伝説とはいえ、お巡りさんが振り向くと「夢男」だったり、演出は極めてのっぺらぼう怪談的。笑.gif

現実なのか夢なのかは結局解らないオチだったけれども、食事の時にいつも娘にへばりついている母親が「夢男」の原因なんじゃないのかなぁ…と思いながら見ていた。

ママも「夢男」化してたしね。
 yonikimyo17


ラストの演説シーンがとてもトランプさんっぽかったり。
 yonikimyo17-1


うーーん…ミサイルも夢だったら良かったのに。

※キャスト

ミドリ … 中条あやみ
夢男 … This Man
マナブ … 広田亮平
ユカリ … 唐田えりか
ダイチ … 杉野遥亮

教授 … 村上新悟
ミドリの母 … 筒井真理子

※スタッフ

脚本 … いながききよたか
演出 … 松木創


『一本足りない』



真面目なサラリーマンの夫、女子大生の娘、高校生の息子を持つごく平凡な主婦・風見綾子(永作博美)。「ここは私が人生をかけて作り上げた完璧なお城」と、家の中はいつも隅々まで機能的に美しく整え、料理にも手抜かりがなく、完璧に全ての主婦業をこなしている。

ある朝、いつものように完璧な朝食と弁当を準備していると、シンク下の包丁入れの包丁が一本足りないことに気づく…。
(あらすじは公式より引用)


面白かったわ。

母親として主婦として完璧なお城にしたかったのに、息子は犯罪を犯していそうだし、娘は黙って出て行こうとしているし、夫は不倫をしている。

完璧な城のままであるためには、「決して目をそらさずにいつも見守る事」。

そして、思い通りの家族にならないなら消してしまうこと。

結局、主人公が全員殺してしまったから包丁がないんだね…
「世にきみょ」では有りがちなネタだと思ったら…

そこからの、実は家族みんなが銀婚式のためのサプライズ旅行を計画してくれていたのだという明るくて優し過ぎるオチ。

何だ、つまらないオチだな。と思ったら…

実は家族1本ずつ包丁を手に、完璧に縛り付けようとしている主人公を狙っていた。

主人公もお城を守る為に戦うオチ((笑))

なに、このサバイバルファミリーな絵図は(爆)
 yonikimyo17-2

※キャスト

風見綾子 … 永作博美(子役: 横溝菜帆)
風見郁久 … 神尾 佑
風見杏奈 … 北 香那
風見和哉 … 今井悠貴

※スタッフ

脚本 … 蛭田直美
演出 … 小林義則


『カメレオン俳優』



初主演ドラマの撮影で散々ダメ出しを受け、プレッシャーに押しつぶされそうな若手人気俳優の工藤圭太(菅田将暉)。

「どんな役にも染まれるカメレオン俳優になれ」というマネージャーの鍋島(塚地武雅)の勧めで、一時的に思い通りの人間に変身できるという秘薬“カメレオーネ”の投与を始めてしまう…。
(あらすじは公式より引用)


ストーリー的にはまさに世にも奇妙系。

演技がイマイチ出来ない若手俳優が、変身ホルモン薬“カメレオーネ”の力を借りてカメレオン俳優になる。

それを、出来ない子の役も出来る子の役もできる菅田将暉が演じるのである。

気の弱い役からヤクザな役、ポールダンスから「帝一」まで(ぉぃ…)、菅田くんの演技の幅広さと真のカメレオンっぷりを1本で堪能。
 yonikimyo17-3


いやーー…
それだけで見応えあった。笑2.gif

『民王』ファンとしては峯村リエさんと翔くんが納まるカットも嬉しかったし


ホンマのカメレオンが出て来ちゃうラストにも笑った(笑)

※キャスト

工藤圭太 … 菅田将暉
鍋島直樹 … 塚地武雅
野宮カナエ … 山﨑紘菜
土橋国彦 … 山中崇
ドクター春間 … 峯村リエ
白沢明男 … 大和田伸也
八巻卓朗 … 平山浩行

※スタッフ

脚本 … 黒岩 勉
演出 … 後藤庸介


『妻の記憶』



事故死した妻の記憶(残像)と暮らし始めるサラリーマン。死んだ妻の本当の気持ちとは…。
(あらすじは「Yahoo!テレビ」より引用)


事故死した認知症の妻が家の中に現れ、死ぬまでの思い出残像として3年間残り続ける。

3年という期限付きだから、もう一度お別れしなくてはならない。

妻が毎日何をして暮らしていたか。
何を大切にしていたか。
どんな物を愛していたか。

死んでから気付くのである。
 yonikimyo17-4


公園から電車に手を振っていたのは、線路近くの家に住んでいた新婚の頃の約束。

切ない…。

死んだ日の記憶はますます切ない。

火事になった時に家の中に戻ったのは、プロポーズの時の写真を取りに行ったため。
そんな事実まで知ってしまう。

認知症の介護から逃げていた自分を突きつけられ、愛されていた事実も今さら知らされて後悔だらけになるよね。

「有り触れた日常の中にこそ素晴らしいことがいっぱいある」

娘の結婚式で送った言葉に込められた心からの願い。

いい話だったなぁ。
エンケンさんの演技って、本当に本当に優しい。泣.gif

※キャスト

成田陽一郎 … 遠藤憲一
成田みどり … 徳永えり
高梨徹 … 遠山俊也
成田春子 … 原田美枝子

※スタッフ

脚本 … 和田清人
原作 … Osd「妻の記憶」『奇々怪々』
演出 … 河野圭太



『ノック』『しりとり家族』 『赤』 



ショートショート。

どれも面白かった。

特に、2話目の殺しあい家族の後の しりとり家族には笑ったよね。
同じ家族構成で、あっちは殺し合いバトル。こっちはしりとりバトル。笑2.gif
 



※キャスト

渡邉剣
滝藤賢一
内山理名
浜辺美波
中川翼
カズレーザー
安藤なつ

※スタッフ

脚本 … かもめんたる・う大、森ハヤシ、大塩竜也
演出 … 後藤庸介、紙谷楓、岸川正史



※ストーリーテラー … タモリ



 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


個人的MVPは『妻の記憶』

泣かせ系の世にきみょは、あざとく感じられる物が多くてあまり好きではないのだけれども、今回はものすごく感じ入るものがあった。

日々の暮らしや人を大切にしないとね。

何もかも失くしても、それは夢にはならないのだから。


27年目の「世にきみょ」。

全体的にショートショート含め、役者さんの演技を堪能できる回だった。

また秋を楽しみに待ってる。ピンクハート.gif


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



















この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • 2017年5月1日 9:13 AM

    わ~~、世にきみょやったんですね~~!全然知らんかったです。(当然録画もなし)
    しかも今回とっても面白そうじゃないですか。
    すっごい残念、再放送しないかなー。

    でもね私 その時間「コクソン」を見てたんです。そのために前日から忙しくて・・・
    くうさんより1ヶ月以上遅いですが やっと見れました!!
    あーーー、くうさんのとこに押しかけて行っておしゃべりしたい!!
    という映画でした^^
    レヴューと関係ない内容でごめんなさいm(__)m

    • くう
      2017年5月2日 3:25 AM

      Qさん
      「コクソン」を見られたのですか!
      そんな遅い時間に?帰り道恐くなかったですか?(笑)

      私はつい最近おかわりに行きました(爆)
      本年度2回行ったのは今のところ「コクソン」と「ラ・ラ・ランド」。
      「沈黙」も2度行きたかったのですが逃しました。
      この3本がオスカー作品「ムーンライト」よりも今年の私のベストです。
      (今のところ)

      レビュー書きたいのですが、何だか最近書けなくて^^;
      書いたらまた、そちらで(書けるかどうか解らないけど(笑))

2件のトラックバック

  • のほほん便り
    2017年5月1日

    世にも奇妙な物語’17 春の特別編

    「夢男」毎晩、悪夢にうなされながらもその夢を思い出せないでいた女子大生のミドリ(中条あやみ)が、授業中に夢にはメッセージが隠されていると教わる。怖いもの見たさもあって、夢の中に出てくる男の顔をイラストソフトを使ってモンタージュで再現するミドリ。軽い気持ちでTwitterに画像をアップし「この男が夢に出てきます。助けてください」と投稿する。すると翌朝、その投稿が大反響、周りの友人も次々にこの男を夢で見たと言い始め…。むしろ、ありがちな都市伝説みたいですね。名前もついてて、「This Man」「一本足り…

  • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
    2017年5月1日

    世にも奇妙な物語’17春の特別編

    恒例の世にも奇妙な物語、今回はやや物足りない気がしました。 設定は面白いのに締め方がいまいちな話が多かったなあ。 夢男(中条あやみ) 日常に退屈していた女子大生(中条あやみ)が 毎晩変な男の夢を見ると作り話をSNSに書き込んだところ 大騒動となってしまう。 初期の傑作『噂のマキオ』みたいな話。 面白かっただけに締め方の物足りなさが歯痒かった。 一本足りない(永作博美) 家庭を大事に思っている主婦(永作博美)、 だが家族に疑念が生じて、精神的に追い込まれていく・・・。 うーん、CM前の『失くした包丁で…