NHK朝ドラ【ひよっこ】第5回(第1週金曜日) 感想

帰郷した実(沢村一樹)が東京で買ってきてくれた靴をうれしそうに眺めるみね子(有村架純)。
もったいないからとすぐには履かず、卒業式まで大切にしまっておくことにする。
久しぶりに家族がそろった食事の席はにぎやかで、お土産のポークカツサンドのおいしさに驚く。
妹たちが寝静まった後、眠れないみね子は実たちの会話を聞いてしまう。
気づいた実は、もう大人だから会話に入れとみね子を呼び、谷田部家の家計の話を始める。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ひよっこ」第1週「お父ちゃんが帰ってくる!」 第5話

   hiyokko-op

※朝ドラレビューは基本的に簡単感想で。
※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。

…テンプレだす…。

お父ちゃんのお土産の靴を抱き、

まだ しまっとこ。


と、満面の笑顔の みね子が可愛くてたまらない。ハート.gif

子役の弟と妹も可愛いんだけどね、みね子がとにかく可愛い。

いや、架純ちゃんはもちろん顔が可愛いけれども、それだけじゃなくて、ちょっと幼くて素直で善良の塊りのような少女像をよく演じているよね。


新しい靴、いつもよりご馳走の並ぶ食卓、カツサンド。

これな。「丁寧な暮らし」の描写。


いい店だったんだ。優しい人たちで。

すずふり亭?

素敵だね。これ。


それは宝物だ。
いつかみんなで行げだらいいな。



本当に…いい人たちだったな。
優しくてフラットで善良の塊りのような人たちだった………。

ほんとうに。

善良の塊りのようなドラマだな。


…って、「善良の塊り」連発してるけど~。笑.gif


このままで済むとは思ってないからね。

「善良さ」を丁寧に振っている一週目だなぁ…と思いながら見ている。笑2.gif
間違い探しをするように。

この辺の前振りがさすが。


農業収入は年間で10万円。
じいちゃんと母ちゃんの内職で3万強ほど。
父ちゃんの出稼ぎ月収2万。

借金のあるギリギリの生活。

昭和40年のサラリーマン年収が45万ほど。

ほんと。暮らしていくって大変なこと。


私、だって、中学出て東京さ働きに出た子もいんのに高校行がせでもらって、本当に贅沢だって、ありがたいなって思ってるよ。

このご恩どうやって返したらいいんだか。



「今時の子供」の口からは絶対に出てこないような言葉だわ。

それもこれも、この家の大人たちが寡黙に働いて丁寧に暮らす姿を子どもに見せてきたからだよね。


そんな温かい一家を…
崩すものは何なのか。


↑「崩す」前提でお伝えしております。笑.gif

NHK朝ドラ【ひよっこ】ってどんなドラマ?モデルはいるの?
「ひよっこ」は、2017年度上半期のNHK朝の連続テレビ小説です。 「連続テレビ小説」は今作で96作目になります。 制作はAK(東京制作...

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト

谷田部 みね子 – 有村架純

谷田部 実 – 沢村一樹
谷田部 美代子 – 木村佳乃
谷田部 ちよ子 – 宮原和
谷田部 進 – 高橋來
小祝宗男 – 峯田和伸
小祝滋子 – 山崎静代

谷田部 茂 – 古谷一行

助川時子 – 佐久間由衣
角谷三男 – 泉澤祐希
助川君子 – 羽田美智子
角谷きよ – 柴田理恵
助川正二 – 遠山俊也
益子次郎 – 松尾諭

牧野鈴子 – 宮本信子
牧野省吾 – 佐々木蔵之介

井川元治 – やついいちろう
朝倉高子 – 佐藤仁美
前田秀俊 – 磯村勇斗

綿引正義 – 竜星涼
永井愛子 – 和久井映見
青天目 澄子 – 松本穂香
兼平豊子 – 藤野涼子
秋葉幸子 – 小島藤子
夏井優子 – 八木優希

語り – 増田明美

※スタッフ

脚本 – 岡田惠和
演出 – 黒崎博、田中正、福岡利武、渡辺哲也
プロデューサー – 山本晃久
制作統括 – 菓子浩
音楽 – 宮川彬良

主題歌 – 桑田佳祐「若い広場」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/hiyokko/index.html


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(上) [ 岡田惠和 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)



【ひよっこ】
1 2 3 4 5

この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • 巨炎
    2017年4月7日 1:18 PM

    借金の話が真面目に出たー!
    真面目に…というのは自己破産を当たり前のように繰り返す作品が二年前にあったから。

    融資という形も含めBK作品は金の貸し借りに、もうちょっと気を使っていますがAKは…
    「梅ちゃん」の診療所設立とか、かなりご都合主義だし
    「あまちゃん」は元手のかからない借り物のお手軽さだし
    「とと姉」は序盤でこそ援助を受けていましたが森田屋住まいの頃から曖昧だし。

    家族の展望は決して明るいわけじゃないけど
    そういった事を話してもらえるぐらい信頼される立場になってきた事が
    主人公の励みになるのは、いい流れです。
    みね子が話の中心にくると会話もナレも説明臭さがなくなるのも好感。

    • くう
      2017年4月8日 3:58 AM

      巨炎さん

      >融資という形も含めBK作品は金の貸し借りに、もうちょっと気を使っていますがAKは…

      私はよく「朝ドラは経済観念がない」って書いてますが、まさにコレですよね^^;
      いつの間にか返せてる借金とか、何処から出てるのかよく解らないけど建つ会社とか、興せる事業とか、材料費とか、村の人たちが無償で協力しまくる能登とか(あっ具体的すぎ……)

      今回はそういう事にならないでほしいな~~!

      >家族の展望は決して明るいわけじゃないけど
      そういった事を話してもらえるぐらい信頼される立場になってきた事が
      主人公の励みになるのは、いい流れです。

      今のところ、とにかくホッコリと、ヒロインが故郷と家族を愛している姿が描かれていますよね。

      これがどう変貌するかが見所…かも。
      とりあえず、来週はホッコリが続きそう?

5件のトラックバック

  • のほほん便り
    2017年4月8日

    「ひよっこ」に、正統派・朝ドラ感

    噂によると、ヒロインのみね子(有村架純)に、素朴感を出すためか、あえて体重を増やして挑んだ「ひよっこ」ですが、それが災いしてか、やや視聴率的に、ナニ(数作品ぶりに、初回20%割ったみたいですね)みたいですが、桑田佳祐の主題歌と画面も、雰囲気で、観てる人の評判がよくて嬉しい私です。だって、イメージしてた、「これぞ、朝ドラ!」感に満ちてるんですもの。(ただし、それは「リーガル・ハイ」によって、刷り込まれたものですが…)なるほど、岡田ワールド。ナレーションが増田明美ってのも、新鮮。「朝ドラには変なオジサン…

  • ショコラの日記帳・別館
    2017年4月8日

    【ひよっこ】第5話(4/7金)感想と第4回視聴率

    今日は、夫と共に人間ドックを受けてきました。 私は特に問題ありませんでしたが、夫

  • ディレクターの目線blog
    2017年4月7日

    ひよっこ (第5回・4/7) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『ひよっこ』(公式) 第1週『お父ちゃんが帰ってくる!』『第5回』の感想。 ※ 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。 ※ また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。 帰郷した実(沢村一樹)が東京で買ってきてくれた靴をうれしそうに眺めるみね子(有村架純)。もった…

  • レベル999のgoo部屋
    2017年4月7日

    ひよっこ 第5回

    内容稲刈りのために東京から帰ってきた父・実(沢村一樹)にみね子(有村架純)たちは、大喜び。父が買ってきてくれた靴を見てみね子は、卒業式まで取っておこうと。そんななか、皆でお土産のポークカツサンドを食べて、その美味しさに驚く。いつか皆で行こうと約束するのだった。 子供たちが寝静まると、実、美代子(木村佳乃)茂(古谷一行)は、借金の話をはじめるが、それを、耳にしてしまうみね子。 敬称略 …

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2017年4月7日

    大人の味>『ひよっこ』第5話

    昨日 このままで良い このまま、どちらも美しいのだ、と思ったまま 静かに物語を閉じてしまえば良い と書いたら、友人某から 「このドラマが気に入らないの?」 と聞かれた(^^;) 違う違う! 月曜日~今日まで あまりにも温かく、何故か懐かしくもある 幸福な光景が繰り広げられてきたから それが壊れてしまうのが怖い… という気持ちが芽生えてきたってことなんだ…