【黒い十人の女】バカリズム脚本 第9話「さよなら風松吉」 感想

タイプの子を見つけるとつい食事に誘っちゃうんです。
気づいたら9人もと付き合っていました。

しかし、私はついにみんなと別れました。
幸い、みんな心の広い優しい女たちなので、別れた後もいいお友達としてやっていけそうです。

黒い十人の女 第9話「さよなら風松吉」


 10nin.jpg

ザザッと感想はTwitter実況で


毎度ですが。深夜帯につき簡単に(笑)

 kuroonna9-1  kuroonna9  kuroonna9-2

もう殺さないと無理ってくらい好き

やっぱり何だかんだ言って、佳代さんが一番風さんを欲していたんだなって。

独り占めしたいから他を排除しようとした美羽さんには腹しか立たなかったけれども、独り占めできないからみんな巻きこんで殺しちゃおうって佳代さんは何だか哀れで同情する。

風さんが死んだら新しい彼氏ができるという事は、本来モテなかったわけではなく。

いなくなった事で吹っ切って一歩進めたってことよね。

なのに、やっぱり生きてると解ると、みんな動揺するんだな。笑.gif


結局、やはり独り占めできるのは正妻であって、これには誰も文句は言えないし。

来週、最終回。
どう落ち付ける

風(船越英一郎)の妻・睦(若村麻由美)と9人の愛人たちが計画したのは、“風松吉の殺害”。
12時間以内に10錠飲めば死ぬという薬を1人1錠ずつ風に飲ませようとする10人の女たち。
風を殺すことはできるのか…1人の男に人生を狂わされた女たちの復讐劇が今、幕を開ける!
そして、ラストに待ち受ける驚きの展開とはー!?
あらすじはYahoo!テレビより引用



【関連記事】
【黒い十人の女】バカリズム脚本 第6話 感想と黒い十人の相関図
悪いのはあの男。 あんな男のために2人が喧嘩する必要ないんだよ。…そうですよね。 ごめん。彩乃。ううん…こっちこそ、...


よろしければ→【2016年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



※キャスト

風 松吉 … 船越英一郎

神田久未 … 成海璃子
相葉志乃 … トリンドル玲奈[
弥上美羽 … 佐藤仁美
如野佳代 … 水野美紀
文坂彩乃 … 佐野ひなこ
皐山夏希 … MEGUMI
水川 夢 … 平山あや
卯野真衣 … 白羽ゆり
長谷川冴英 … ちすん

風 睦 … 若村麻由美

春江 … 寺田御子
夏美 … 森田涼花
秋子 … 松本穂香
冬樹 … 中山祐一朗
池上穂花 … 新田祐里子
浦上紀章 … 水上剣星
火山梅人 … 山田純大

※スタッフ

脚本 … バカリズム
演出 … 渡部亮平、瑠東東一郎、山本大輔、豊島圭介
プロデューサー … 汐口武史、河野美里

音楽 … 兼松衆
主題歌 … 「愛/憎」CIVILIAN

原作 … 和田夏十(映画『黒い十人の女』市川崑監督)

公式サイト http://www.ytv.co.jp/kuro10/





この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のトラックバック

  • ドラマハンティングP2G
    2016年11月25日

    黒い十人の女 第9話

    第9話「さよなら風松吉」 ラテ欄「さよなら10股不倫男女たちの狂気と殺意…」 11月24日(木)よる11時59分~放送※一部地域を除く 10股男・風松吉の妻・睦(若村麻由美)と愛人9人たちが企てたのは、風の殺人計画。12時間以内に10錠飲めば死ぬという薬を1人1錠…

  • のほほん便り
    2016年11月25日

    黒い十人の女 「さよなら風松吉」

    ラス前。ついに、計画は実行に移され、12時間以内に10錠飲めば死ぬという薬を1人1錠ずつ風に飲ませようとする10人の女たち1回1回、飲ませ方も、お互いの反応もバリエーション豊かで、大いにサスペンスでした。そして、ついに、計画は完遂… と思わせて、次回が最終回?!個人的に、食事かけ、の時、挫折しかかりましたが、独特のユーモア・センス。斬新さに、興味。どんなラストが待っているか、楽しみです。      (ストーリー)ドラマPの風松吉(船越英一郎)には妻のほかに、なんと9人の愛人がいた。身の回りにいる様々…

  • キッドのブログinココログ
    2016年11月25日

    スタンプとスタンプの間の殺人(成海璃子)

    素晴らしいインターネットの世界で社会的ネットワークを構築可能にするサービスの一種における絵文字機能の使用によって楽しませるドラマである。 基本的にコミュニケーションのツールというものは危険なものである。 早い話、口論から殺人事件に至ることはままあることだ。 平和愛好家たちが「武器よさらば」と口にする

  • ディレクターの目線blog
    2016年11月25日

    黒い十人の女 (第9話・2016/11/24) 感想

    読売テレビ・日本テレビ系・木曜ドラマ プラチナイト『黒い十人の女』(公式) 第9話『さよなら風松吉』ラテ欄『さよなら10股不倫男女たちの狂気と殺意…』の感想。 なお、原作は和田夏十氏のオリジナル脚本、市川崑監督による映画『黒い十人の女』(1961年)、和田夏十氏脚本と市川崑監督によるリメイクドラマ(2002年)は鑑賞済み。 風(船越英一郎)の想定外の一言…