NHK朝ドラ【べっぴんさん】 第12回 感想

戦況が厳しくなり、すみれ(芳根京子)とゆり(蓮佛美沙子)は、近江にある坂東本家に疎開することに。
祖母のトク子(中村玉緒)とおじの長太郎(本田博太郎)たちに迎えられるが、長太郎たちの態度は冷たく、つらい時間を過ごすことになるすみれとゆり。
そんな時、神戸にいた父の五十八(生瀬勝久)から神戸で大きな空襲があったと聞く。
昭和20年8月、終戦の日を迎えた後、神戸に戻ったすみれが目にした光景は…
(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「べっぴんさん」第2週「しあわせの形」 第12話

   べっぴんさんop

※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。

すごい恐いっす、この家族。



濃い…っつーか、すごくイヤだ。こんな家(笑)

母親だというのに、お母さまにはほとんど発言権がないらしいのも時代の映し鏡。
戦前は明治民法下なので息子だろうが戸主の権限が絶対です。

しかし、実は私はちょっと期待していたのだ。

この兄…ヒロインにとっては伯父だけれども、五十八さんが開拓した商売を本家権限で奪ったことを実は後ろめたく思っていて、根底は善人なのではないかと。

近江の本家へ疎開するのかも…とは予想していたが、もしかしたら懺悔の気持ちから優しくしてもらえるかもよ、と。

全然違った(笑)
むしろ、茉奈さん、紅葉、本田博太郎一家で昼ドラ+サスペンスの鬼畜さ。


こないな田舎料理、ハイカラな皆さんのお口には合わへんのとちゃうか?

おいしいです。
ほんまおいしいです。
ほんまありがとうございます。


うん、それはよかった。
家族みんなで畑仕事して育てたもんやからな。
家族みんなで、働いてな。
うん。



つまり……お前ぇらも働けと…。
まぁ、食わせてもらうのだから働くのは当然である。

しかし、言い方ってもんがよ…。汗2.gif

あんたらのせいで寝不足や。

なあ。
あんなに泣くやなんてちょっとおかしいんやないかと思うんやけど。
うちの子、あんなふうには泣かんかったで。



赤ちゃん抱えた母親にとって、一番不安でキツイ事。

さくらちゃんが泣くのは、お前ぇの家が針のムシロだからじゃ。怒.gif
  beppin12.jpg

玉音放送と共に戦争は終わったが、愛する神戸も家も空襲で焼野原。

政府の御意向で吸収合併されてしまった会社。
焼けてしまった家。

ボロボロになったウェディングドレスを掘り起こして見つめる瞳に涙。


「大切な家はもうそこには存在しませんでした。
ですが、すみれには守るべき さくらがいるのです。」



さくらちゃんの泣き声が耳に障るほどに聞こえるのは、どんな悲しみがあろうがこの子が居るから「浸れない」という現実に返らせる演出。

悲しみに浸っている間はない。

「大変なのはこれから」

とりあえず、潔さんだけは来週戻ってきてくれそうな。


冒頭の焼け野原のシーンに2週目でもう戻っちゃった。

ここから始まる……が、長いという事。

だとするとヒロインの中年期にあたる部分が大きいと思われるので、どうしてこのキャストにしたのだろう、という不安は若干感じる。

けれども、別に変えてもらいたいとは思わない。
芳根京子さんの すみれはとても良い。

とにかく、2週目までは流れるように早かったけれども、とても情緒豊かなお伽噺のようだった。

来週からは、現実を見ていく…という事かな。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト
坂東すみれ … 芳根京子(子役期:渡邉このみ)
坂東五十八 … 生瀬勝久
坂東はな … 菅野美穂
坂東ゆり … 蓮佛美沙子(子役期:内田彩花)
井口忠一郎 … 曽我廼家文童

坂東トク子 … 中村玉緒
坂東長太郎 … 本田博太郎
坂東節子 … 山村紅葉
坂東静子 … 三倉茉奈
田中紀夫 … 永山絢斗(子役期:玉山詩)
小澤勝二 … 田中要次
村田昭一 … 平岡祐太
村田琴子 … いしのようこ
岩佐栄輔 … 松下優也
田中五郎 … 堀内正美
佐藤喜代 … 宮田圭子

野上潔 … 高良健吾(子役期:大八木凱斗)
野上正蔵 … 名倉潤
麻田茂男 … 市村正親
小野明美 … 谷村美月(子役期:坪内花菜)
多田良子 … 百田夏菜子
田坂君枝 … 土村芳
高西悦子 … 滝裕可里
クリスティーナ … アナンダ・ジェイコブズ
エイミー … シャーロット・ケイト・フォックス

ナレーション(語り) … 菅野美穂

※スタッフ

脚本 … 渡辺千穂
演出 … 梛川善郎、新田真三、安達もじり
プロデューサー … 堀之内礼二郎
制作統括 … 三鬼一希
音楽 … 世武裕子

主題歌 … Mr.Children「ヒカリノアトリエ」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/beppinsan/

gathery.recruit-lifestyle.co.jp

【べっぴんさん】
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • ケロヨン
    2016年10月16日 3:47 AM

    主題歌なれてきましたね。
    イントロのじゃ~んとぶった切る入り方良いです。
    歌詞は耳に入ってこないけど声は音として気持ちいい。
    行進曲のようなリズムも心地よく気持ちが高まる。
    いきなりのカットアウトも余韻を残さず物語との繋がりがよい。
    ずい分褒めちゃった。

    • くう
      2016年10月18日 5:17 AM

      ケロヨンさん
      私もOPに慣れてきました(笑)
      同じく歌詞はあまり頭に入って来ませんが元々ミスチルのメロディラインは好きなので流している分には心地よいです^^

  • 巨炎
    2016年10月15日 10:37 PM

    長男、次男のやり取りの緊迫感が特に凄い。
    戦前オヤジで似た顔立ち。本田氏の方が気難しさで若干、上と。
    前作でイケメン揃えとけだけで、どういう間柄かサッパリ不明だった父と叔父に比べててまあ…。

    これが三人兄弟の設定だったら板尾さんが加わってますね。

    • くう
      2016年10月18日 5:14 AM

      巨炎さん
      >前作でイケメン揃えとけだけで、どういう間柄かサッパリ不明だった父と叔父に比べててまあ…。

      そうですね~。
      こちらはたった1話ほどで納得の行くエピソードが語られていましたね。
      相容れない兄と弟でも戦後は世話になるしかない。
      辛い所です。

      板尾さんはたしかに似ておられますね^^

6件のトラックバック

  • のほほん便り
    2016年10月16日

    べっぴんさん 第2週「しあわせの形」 

    たしかに、丁寧に作られてます。すみれ(芳根京子)の出生していく、夫の紀夫(永山絢斗)が長い恋心を打ち明け、女の子なら、「さくら」と… ってのも感動的でした。疎開先での、肩身の狭さ。ようやく戦争が終わり、実家に戻ってみると焼け跡となってて、焼けた、母の形見のウェディング・ドレスを手に取る思いは、いかばかりか。そして伝言を残しますでも、1週目に既に子役から大人に。あっという間に、姉の結婚が決まり(初恋の人だった)、すぐに自らの結婚も。共に、夫が徴兵され、父が複雑な思いを抱く、疎開先へ。そこでの厳しい生活…

  • ショコラの日記帳・別館
    2016年10月15日

    【べっぴんさん】第12回(10/15土)感想と第2週迄の感想

    「それは持っていけないでしょ。大事な物やから置いとき」と、ゆりは疎開する前に、す

  • ディレクターの目線blog
    2016年10月15日

    べっぴんさん (第12回・10/15) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第2週『しあわせの形』『第12回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。 戦況が厳しくなり、すみれ(芳根京子)とゆり(蓮佛美沙子)は、近江にある坂東本家に疎開することに。祖母のトク子(中村玉緒)と…

  • レベル999のgoo部屋
    2016年10月15日

    べっぴんさん 第12回

    内容娘・さくらが生まれたすみれ(芳根京子)だったが、紀夫からの便りが途絶え、不安を感じていた。そんななか、父・五十八(生瀬勝久)から会社が合併により無くなると。 すみれとゆり(蓮佛美沙子)は、五十八、正蔵(名倉潤)の勧めで、五十八の兄・長太郎(本田博太郎)のもとへ疎開することに。 祖母・トク子(中村玉緒)は大歓迎だったが、長太郎、その妻・節子(山村紅葉)、息子の妻・静子(三倉茉奈)は冷たく。農作業を手伝うも。。。 そんななか父・五十八から神戸に空襲があったと知らされる。 そして昭和20年8月15日.…

  • もう…何がなんだか日記
    2016年10月15日

    スカーレット>『べっぴんさん』第12話

    二週に渡るプロローグが今日で終わり…だと期待する展開早過ぎなれど込められているものは十分に濃いのでこの二週間は満足だったけど最終回までこの調子じゃないよね?戦後から…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2016年10月15日

    スカーレット>『べっぴんさん』第12話

    二週に渡るプロローグが今日で終わり …だと期待する 展開早過ぎなれど 込められているものは十分に濃いので この二週間は満足だったけど 最終回までこの調子じゃないよね? 戦後からのアレコレに時間を割くための 確信犯的速さだよね? つまり、ここも某前作と正反対 だからってわけじゃないけど(笑) 期待してまっせ …ひじゅにですが何か? 「…