NHK朝ドラ【べっぴんさん】 第6回 感想

昭和17年。女学校に通うすみれ(芳根京子)は、女学校仲間の多田良子(百田夏菜子)、田坂君枝(土村芳)と3人で手芸倶楽部を結成していたが、太平洋戦争の影響で生活の変化を余儀なくされていた。
そんなある日、すみれは幼なじみの潔(高良健吾)に召集令状が届いたことを知り、自分の恋心に気がつくのだった。
しかし、姉のゆり(蓮佛美沙子)も潔に好意を寄せていて…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「べっぴんさん」第1週「想(おも)いをこめた特別な品」 第6話

   べっぴんさんop

※朝ドラは半年間の長丁場なので、良い感想を書いてある時も悪いことが書いてある時もあります。レビューはその日その日の感想なので、その点ご了承くださいませ。
…テンプレだす…。


甘やかな少女時代が終わり、ヒロインは大人女優へ移行。

このドラマ始まって以来、初めて涙が出なかった回だわ(それも凄い)


大人と言ってもまだ18歳か…芳根さん。

個人的には常々書いてきたように某ドラマのせいであまり好印象な女優さんではないという事と、初回の中年期の姿があまりにも合わな過ぎたので、ここからはちょっと不安感もあった。

18歳じゃ仕方ないよねぇ…
これ、中年期以降の別の女優を設定してもいいような気がする。


ともあれ、今日の回はまだ女学生時代。
芳根さんご自身にとっては、一番合っている時代よね。

女学生のすみれは芳根京子苦手意識のあった私にとっては想定外に好印象だった(笑)

いや、可愛いわ。
思った事がすぐに口から出せないところも変わらず。

25歳になったキヨシ…じゃなかった(笑)潔に大声で名前を呼ばれてキョドった表情、上手い。
 beppin6-1.png


あのキヨシは物語上からもスルーされたのに、こっちのキヨシはちょーモテモテハート.gif
さすが高杉さん
 
これに頭ぽんぽんされたら、そらホレるやろ…。
 beppin6.png


お友達3人組は白紙同盟設定やね。
ここでは「手芸倶楽部」らしい。


身体は弱いけれども心は強い田坂君枝@キミちゃん。

たぶん気は強いけれども面倒なことが大嫌い多田良子@良子ちゃん。


お静かになさって!
よろしいわね手芸倶楽部の皆様方は。


何…?

  beppin6-3.png

この時の、めっさ面倒くさそうな顔、笑った(爆)

面倒くさいご学友は居るが、変なイジメは無さそうでホッとするわ。
ヒロイン自身も貴族院議員のお嬢様。

ちょー金持ち女学校のもんぺは美し過ぎて、今年流行りまくったガウチョパンツにしか見えない。笑.gif1本下さい。
 
 


岸和田の糸子の店がお洒落モンペ教室で大流行中やね…。
あれを常用している世界、新鮮。

ヒロインが金持ちな分、庶民はクッキー投げ捨て娘・明美が負う。

お女中を解雇になったマツに対して、


こんなんひどいな。
お母ちゃんは坂東の家のためにずっと働いてきたやないか。

何でうちらだけこんな思いせなあかんの?


と気強く言う。
 beppin6-2.png


ここら辺がどれほど丁寧に描かれるかも見どころ。
役者は谷村美月さん。
反骨精神溢れるキャラ。良い配役。


大人時代への入り口を紹介的に描いた土曜日だった。

出征する潔へ甘い恋心。


ただただ
悲しく。 切ない…。



見守り役のはなさんのナレーションと美しい高台からの風景で切なさが倍増する。
これが、みんな壊れてしまうんやね、

空襲もそうだが、あの震災もなぜか連想してしまった。

美しい風景を壊すもの。


予告を見たら、来週一気にこんなに進んでしまうのかーーーーと、びっくりぽん。

どうなるのか。
不安よりも楽しみが大きいかな、今のところ。

※今、芳根京子さんと蓮佛美沙子ゲストの「土曜スタジオパーク」を見ているのだけど、身の周りの人に戦時中のインタビューをしてくるようにというレポートの宿題があったとか、赤ちゃんの肌着を女優さん自身が縫っているとか、リアルを体現するための意気込みが凄いんだなぁと感心している。ますますの安心感…

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 
※キャスト
坂東すみれ … 芳根京子(子役期:渡邉このみ)
坂東五十八 … 生瀬勝久
坂東はな … 菅野美穂
坂東ゆり … 蓮佛美沙子(子役期:内田彩花)
井口忠一郎 … 曽我廼家文童

坂東トク子 … 中村玉緒
坂東長太郎 … 本田博太郎
坂東節子 … 山村紅葉
坂東静子 … 三倉茉奈
田中紀夫 … 永山絢斗(子役期:玉山詩)
小澤勝二 … 田中要次
村田昭一 … 平岡祐太
村田琴子 … いしのようこ
岩佐栄輔 … 松下優也
田中五郎 … 堀内正美
佐藤喜代 … 宮田圭子

野上潔 … 高良健吾(子役期:大八木凱斗)
野上正蔵 … 名倉潤
麻田茂男 … 市村正親
小野明美 … 谷村美月(子役期:坪内花菜)
多田良子 … 百田夏菜子
田坂君枝 … 土村芳
高西悦子 … 滝裕可里

ナレーション(語り) … 菅野美穂

※スタッフ

脚本 … 渡辺千穂
演出 … 梛川善郎、新田真三、安達もじり
プロデューサー … 堀之内礼二郎
制作統括 … 三鬼一希
音楽 … 世武裕子

主題歌 … Mr.Children「ヒカリノアトリエ」

公式サイト http://www.nhk.or.jp/beppinsan/

gathery.recruit-lifestyle.co.jp

【べっぴんさん】
1 2 3 4 5 6


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

2件のコメント

  • takeuti
    2016年11月8日 6:11 PM

    つまらなく、朝から憂鬱になり、とても気疲れ、頑張って観るのですが、どうしても、夢中になれません。
    切ない限りの中に、もう少し笑いや 笑顔がほしい( ^ω^)・・・

    • くう
      2016年11月9日 4:46 AM

      takeutiさん

      そうですか~。感性もそれぞれですものね。
      私は今のところ結構癒されてます(笑)

7件のトラックバック

  • もう…何がなんだか日記
    2016年10月9日

    刺繍倶楽部>『べっぴんさん』第6話

    土曜日がネタ振りの日金曜日に大人編に突入したと思ったら土曜日の今日は来週のための土台作りその上で来週はドドドドッと話が進みそう…ひじゅにですが何か?「やりたいこと見…

  • 何がなんだか…ひじゅに館
    2016年10月9日

    刺繍倶楽部>『べっぴんさん』第6話

    土曜日がネタ振りの日 金曜日に大人編に突入したと思ったら 土曜日の今日は来週のための土台作り その上で 来週はドドドドッと話が進みそう …ひじゅにですが何か? 「やりたいこと見つけて悔いのない様に生きようや」by潔 女学校の親友2人 赤系は良子 青系は君枝 今日は君枝がクローズアップ。 身体が弱い。 でも、頑張って歩いた…

  • のほほん便り
    2016年10月9日

    べっぴんさん、第一週「想(おも)いをこめた特別な品」

    とても評判イイみたいですね。個人的には、夭逝した、ヒロインの母親役の菅野美穂の美しさと切なさ、存在感としては、職人気質な靴屋さん役の市村正親と、成長した潔(高良健吾)が印象に残りました。父親役の生瀬勝久、ほ~んと前クールの「おとこ飯」からすると、別人みたいで、トリックや、ごくせん時代の三枚目路線といい、さすが役者さんですね。それにしても、女学生仲間、みたことあるなぁ、と思ってたら、ももクロの彼女だったのですね。全体的に神戸のハイカラ感と爽やかさが残るので、どうぞ、このまま素敵な物語を紡ぎますように。

  • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
    2016年10月9日

    地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子第1話 & べっぴんさん第1週(10.3-7)

    ・地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子第1話 原作は小説だそうですが、原作未読。 ファッション誌の編集者志望だったのに 校閲部配属となってしまった河野悦子(石原さとみ)の奮闘を描く作品。 なぜ新入りの女性に仕事任せちゃうのだろう?と思いながら観てたのですが、 新人への洗礼ですか。 地味でお堅いお仕事ドラマを想像してたのですが、 ドタバタコメディーという感じでしたね。 石原さとみさんが可愛いのでこういうのもありかな。 感想書かないかもしれませんが、たぶん最後まで観ると思います。 ・べっぴんさん第1週 大…

  • ショコラの日記帳・別館
    2016年10月8日

    【べっぴんさん】第6回(10/8土)感想と第1週感想

    前回の最後から昭和17年(1942年)になりました。すみれは、芳根京子さんに代わ

  • レベル999のgoo部屋
    2016年10月8日

    べっぴんさん 第6回

    内容昭和17年。女学校に通うすみれ(芳根京子)は、友人の多田良子(百田夏菜子)田坂君枝(土村芳)とともに、手芸倶楽部を作るも、戦争に翻弄される生活を余儀なくされていた。それは、五十八(生瀬勝久)の“坂東営業部”や“坂東家”も同じで、働く者に暇を出すこともあった。 そんななか、潔(高良健吾)に召…

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2016年10月8日

    べっぴんさん (第6回・10/8) 感想

    NHK総合・連続テレビ小説『べっぴんさん』(公式) 第1週『想(おも)いをこめた特別な品』『第6回』の感想。 なお、ヒロイン・坂東すみれのモデルは、アパレルメーカー「ファミリア」創業者の1人である坂野惇子(ばんの あつこ)さんで、関連書籍は未読。 昭和17年。女学校に通うすみれ(芳根京子)は、女学校仲間の多田良子(百田夏菜子)、田坂君枝(土村芳)と3人で…