【世にも奇妙な物語 2015 25周年スペシャル・春~人気マンガ家競演編~】「ゴムゴムの男」「蟲たちの家」ラインナップと簡単感想

自分のための忘備録的記事です。

今回はマンガ原作ネタだったり、何とマンガのキャラと共演しちゃったりの
変わり種「世にきみょ」なのだった。

まぁ…「奇妙」だから何でもアリっちゃアリだが、全体的に今イチだったことは
否めないよね……。


※ちなみに、以下は完全ネタバレ感想なので、これから見る方は注意っっっ
全て簡単感想のみで。



土曜プレミアム 世にも奇妙な物語 
25周年スペシャル・春~人気マンガ家競演編~



    世にも奇妙な物語



『面』

『デビルマン』など多数の人気作を生み出した永井豪原作〈面〉には人気子役
・鈴木梨央が主演。
ある日、面にまつわる恐ろしい伝説を聞いた日から、一緒に話を聞いた小学生
たちに異変が起き、ぞっとする結末が待っている。
(あらすじは「Yahoo!テレビ」より引用)



麿赤兒さんの面とか、恐いに決まってるだろーーー!!

…という怪談話はアンドロイドたちの時代になっても楽しみとして生きてるんだ。

自分が人間ではないという自覚のないアンドロイド人工知能。
出生率0でPM5.0とやらに汚染されている世界。
麿赤兒さんは和尚でも魔物でもなく修理屋さんでしたってオチ。

出生率0だから、どの家の子どももアンドロイド。

…と思ったら……。
子どもだけじゃないのね。
旧型って言われちゃったよ袴田さん。

疑似家族かぁ…。
この人は寂しくないのかなぁ。
それが当たり前の世界なら、そんな感情もないか。


袴田吉彦が出てきた途端に「犯人?」と思っちゃうのはお約束ですが(霧島さんもな)、
ある意味、まぁ…怪しいという印象通りの夫婦だったという……。


※キャスト

岡本未来 … 鈴木梨央 
未来の父親 … 袴田吉彦 
未来の母親 … 霧島れいか 
アキ … 山岡愛姫 
和尚 … 麿赤兒

※スタッフ

脚本:高山直也
演出:植田泰史

原作: 永井豪『面』



『地縛者』

『富江』などの人気作で根強いファンを持つ伊藤潤二原作〈地縛者〉は、ある日、
地面に縛り付けられたように同じ姿勢で全く動かない人間が現れ始める。
危険だと誰も近づこうとしない中、ボランティアをしている範子(前田敦子)が
一人一人に話を聞き始めると、そこには思いがけない事実が潜んでいた。
(あらすじは「Yahoo!テレビ」より引用)



不気味なポーズで立っている地縛者が映し出される冒頭は「不安の種」かって
くらいの気持ち悪さはあった。

しかし、ペラペラ喋っちゃうのね、地縛者の方々。
まぁ…最終的には喋れなくなるわけだが。

結局、地縛霊に地縛された犯人たちってことか。

…と思ったら、後ろめたいだけでああなるのか。

この主人公は別に罪の意識なんか感じる必要なくないーー
DV親父がクズでしょ。
ナースコールしてやる必要なしだわ。

前田さんは『クロユリ団地』ぶりのホラー。結構良かった。


※キャスト

浅野範子 … 前田敦子 
早川善也 … 田中圭 
浅野真利子 … 渡辺真起子

※スタッフ

脚本:田辺満
演出:河野圭太
原作:伊藤潤二『地縛者』



『ゴムゴムの男』

『ワンピース』とのコラボ作品〈ゴムゴムの男〉では、阿部寛が演じる
元若頭、鬼頭という男がルフィと出会い、大事なものを見つけることになる。  
(あらすじは「Yahoo!テレビ」より引用)



うーーん…2Dアニメと実写のコラボは今イチだよね。
ストーリーも有り触れていて、伸びる阿部ちゃんの腕以外に見どころが無かったぞ。

ちなみに、上田教授は「TRICK劇場版2」ですでに悪魔の実の能力者に
なっておられます……。

腕が伸びる阿部ちゃんカムバックの回~。←だからキャスティングされた
   世にも2015春

子どもが喜ぶ企画だろうから、もっと早い時間に持っていってあげれば~
(もっとも、これが今日の1本目だったら一気に見る気失くすかも)


※キャスト

鬼頭 … 阿部寛
犬飼 … 北村有起哉

ルフィ … 田中真弓

※スタッフ

脚本:神森万里江
演出:木下高男
(コラボ企画)原案: 尾田栄一郎『ワンピース』



『蟲たちの家』

『まことちゃん』『漂流教室』など世界的に名をはせる楳図かずお原作
〈蟲たちの家〉には長谷川京子が主演。
夫(板尾創路)からの恐ろしいまでの強い愛情は束縛、そして監禁へとエスカレート。
精神に異常をきたしはじめた妻(長谷川)は逃れるために虫になりたいと願い、ついに
クモになってしまう。楳図もカメオ出演する。
(あらすじは「Yahoo!テレビ」より引用)



映像と板尾さんの演技の不気味さでイケた1本。
板尾さんってホントに……棒なのか上手いのかよく解らない人だな。
そして、こういう世界観にピッタリすぎ。

江戸川乱歩の映像化作品とか…何かやってみてほしい。

…で…

結局「蟲たちって…
奥さんとご主人の愛人たちのことか。

共依存夫婦のエサになったってことだよね…。


※キャスト

水谷留衣子 … 長谷川京子 
水谷紘一 … 板尾創路
徳井羽奈子 … 入山法子

喫茶店マスター … 楳図かずお

※スタッフ

脚本:高山直也
演出:松木創
原作:楳図かずお『蟲たちの家』




『自分を信じた男』

『もやしもん』などで人気の石川雅之の原作をドラマ化。
稲垣と手塚が存在感のないサラリーマン役で登場、透明人間のような扱いを
受けてきた人生を振り返り、生きた証を残そうと銀行強盗を企てることを決意!
(あらすじは「Yahoo!テレビ」より引用)



自動ドアも感知してくれないほどの存在感のなさ…笑う。

一緒に社員旅行に行った同僚からお土産貰うとか、店に入っても
店員が気付いてくれないとか、そういうレベルからどんどん発展して…

ついには犯人と一緒に逮捕されちゃっても警察が逮捕している事にすら気づかないという。

たぶん…脱獄しても誰も気づかないだろうと思うんだけど。
10年も居なくても親も気づいてくれないとか…もう可哀想とかを超えてる。

あ、銃で撃たれた痕、自然治癒したみたいで良かったね。
(お医者さんも治してくれないでしょ…手術も忘れられそう)


※キャスト

薄井次郎 … 稲垣吾郎
影山守 … 手塚とおる
銀行強盗の男 … 淵上泰史

※スタッフ

脚本:ふじきみつ彦
演出:城宝秀則
原作:石川雅之『自分を信じた男2』

※ストーリーテラー – タモリ



 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


このシリーズも1990年からになるらしい。
長いなぁ…ずっと続けていただきたいね。
もちろん、タモリさんのナビで。

しかし、長いシリーズだけあって今までも試行錯誤はあったけれども、
今回はその最たる…ってヤツかも知れない。

結果、ホントに今ひとつだった。


VIPは『面』で。
鈴木梨央ちゃん、恐がる演技のリアルさ、凄かった。また上手くなったね。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


よろしければ→【2015年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表



















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のコメント

  • 隠れ常連
    2015年4月19日 2:45 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。
    このシリーズは過去にも漫画原作ものがかなりあって、しかも秀作が多かったので期待してましたが、今回はひどかったですね。
    収穫は板尾さんの口と目を大きく開いた顔が、楳図さんの描く顔そっくりだったこと。その1点だけでした。

  • のほほん便り
    2015年4月13日 8:13 AM

    世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編

    祝・四半世紀の長寿人気番組… 25周年、らしいコラボ企画。人気マンガ家競演編自分は最初。「顔が外れる」って発想の方が楳図かずおかな?と思ってしまいました。人気子役、鈴木梨央ちゃん奮闘。実は、親もアンドロイドだった、ってあたり、(袴田クン、壊れる)もう、ひと捻りあって、なかなか… でした。前田敦子、「クロユリ団地」以来、すっかりホラーづいてしまいましたね。「地面に縛り付けられたように同じ姿勢で…

  • まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
    2015年4月13日 1:48 AM

    世にも奇妙な物語 25周年スペシャル・春 人気マンガ家競演編(4.11)

    恒例の『世にも奇妙な物語』が放送されました
    漫画家原作の実写化、いまいちなのもありましたが、そこそこ面白かったです。

    ・面(鈴木梨央)
    永井豪原作。
    顔を落としてしまったと怯える少女@鈴木梨央の意外な真実。
    今回これが一番かな。
    袴田君が最後に壊れたのになぜか満足した。キャスティングの勝利(笑)。

    ・地縛者(前田敦子)
    伊藤潤二原作。
    地面に縛られた状態で直立したままの人間が増える怪現象…