【 ごめんね青春! 】 第4話 感想

優しい人が好きっていう女ほど人の優しさに気づかないんです。
それは「優しい人」っていう条件で男を探してるからでしょ?
好きな相手なら何をされても優しいって感じると思うの。
だったら直感を信じてみませんか?

理想と違うからとか条件が合わないからとか、そんなの時間の無駄。
人生は一度きりなんです。

がっついていこう!



ごめんね青春! 第4話 

    ごめんね青春op


何だろうね~この高揚感。
ただ、女慣れしていない男子と男慣れしていない女子がワチャワチャやっている…
それだけなのに。

学園ものであって、それだけではない。
恋愛ものであって、それだけではない。

思い込みの馬鹿馬鹿しさ、すれ違う気持ちの儚さ、恋の始まりの楽しさと切なさ。
それがコメディの中にぜーーーんぶ包み込まれてここにある。

嗚呼、青春…。これだ。


「ガールズバー」に突然現れた蜂矢の父…
つまり蜂矢先生の父であり祐子の父である蜂矢善人。

サトシに向かって怒り狂う。当然だ。

立て!外道ーーー!
勝手に立つな!
立てーーー!



どっちやねん…。

「今週も いきなり修羅場でございます。ナビゲーターの観音菩薩です。」

「14年前、聖三島女学院の礼拝堂が放火され全焼。」
「ちなみに犯人はこいつです。」
←平助ね。

「これだけ押さえておけばついてこれるはずです。」
「以上、観音菩薩でした。」



今からでもついてきてくれる視聴者募集中らしい。
視聴率が6%台だからな。
ファンとしては視聴率は気にならないのでお構いなく。


店内が修羅場化しているのに「ご注文は?」を繰り返すママが変。

蜂矢の父は合併に絶対反対の体なのだった。

みんな、あの夜のことを忘れたのか!


ここからの蜂矢の父の話がもう…何か悲惨。

蜂矢家は代々箱根の郊外で農業を営んでいました。
私の代になって三島駅裏の商店街に小さな店を構え、無農薬野菜を売るように
なったんです。
2人の娘を抱え、縁もゆかりもない町でやっていくには殻を破るしかなかった。



無農薬野菜店「ペコリおじさんの青果店」を経営していた父は、本来ならば
そんなキャラじゃないんだろうに、

ペコリましてペコリ。

とか愛想笑いを振りまきながら頑張って店を運営し、地域の信頼を得て
三島に根付いて行った。
やがては地域の消防団長にまでなったのである。

だからあの火事の夜も、蜂矢父は真っ先に現場に駆け付けた。

まさか娘が男にそそのかされて放った火とも知らずに。

八百屋お七だね。

それ、さんざん言われたし。
店のシャッターにも書かれましたから。



「放火魔」とか「もっとペコれ」とか落書きされた店のシャッターが痛々しい。

火事から一週間後、祐子は家出し、ますます陰口を叩かれ、夫婦仲も気まずくなって
離婚。りさは父が引き取り、事実上家族は離散。

再び田舎へ籠ったものの中傷はそこでも絶えず、畑も荒らされた。
父はそれでも、りさを育てるために頑張ってきた。

あの事件のせいでこんなに大きな傷を負った家族がいたとは…。
蜂矢先生が強いのも頷ける。

聞いていた平助も、もういたたまれない表情…。
自分がやった事が一つの家族を壊したんだものね。

可哀想過ぎる…。

と、暗闇に落ちたようにしんみり…

…しかし…。


少しずつ土地を売って学費に充て、最後に残ったわずかばかりの畑を耕し、
馬鈴薯を育て、何となくコロッケを作りました。


えっ…それが「みしまコロッケ」!?

はい。
たまたま市がご当地グルメを募集してたみたいで。



なんと、今では「みしまコロッケの会」も発足され、認定された販売店は
950店舗以上…三島を代表するB級グルメらしい。

ロイヤリティーっていうんですか。
ある程度の金が入ってきますんで、悠々自適の生活です。



な…何、その結末……いや、良かったよね…捨てる神あらば拾う神ありで…。


その涙の家族離散話を聞きながら、ふつーーにみしまコロッケを食ってるサトシ。

コロッケなんか こんなもんじゃんね。

また怒り爆発の蜂矢父。

平助は、ついに謝ってしまう。

お父さん、ホントにごめんなさい!


なぜ君が謝る?

えっとそれは…………。


ここで言っちゃうのかと思っちゃったよ。


僕が彼の高校時代の親友で……祐子さんと面識があり…
ていうか、祐子さんのことが……

祐子が何だ?


…好きで。



さすがに真実は言えなかったが、違うドロップアウトを。

はあっ?そうなんですか?


驚く蜂矢りさ。

はい。
隠すつもりはなかったんですけど言うことでもないかなと…すいません。

いや、謝られても困りますけど。
はあ~っ…へえ~っ……。



そういえば店のパソコンに何度もメールを送ってくる東高生がいた。

それ、僕…間違いなく僕です。ごめんなさい。


基本削除してたけど、祐子のフリして何度か返事書いたよ。

えっ?

「その情熱を勉強に向けたらどうですか」って。
だって、しつこいんだもん。
そう。君かあれ。



ってか、あれ、あんたかよ。

女に振られて親友に裏切られて、なに謝ってるんだと蜂矢に言われ、
サトシにも殴っていいよと言われ、なお蜂矢父に怒鳴られるサトシを見て…

もう、口から真実が出て来そうなところを…。


いい加減にしてくれねえか!

と、割って入る平太。


黙って聞いてりゃ何だ!

黙って聞いてましたっけ?

割と静かに聞いてりゃ、うちの息子をふぬけの腰抜けのマザコンの
ウジ虫呼ばわりか!

ちゃんと聞いてました?

せがれはな、あんたみたいに感情的にならない。
自分を裏切った親友を決して責めない。

なぜだか分かるか?

理由は一つ。

それは、せがれがな…

仏門に入ったからです。



全然違うんだけど。

あれだろ?キリスト教ってのは許しを請い、そして許す宗教だろ?
仏教はそれ以前に怒りの感情を認めない。
怒る人間が未熟なんだよ。
許す許さないって考え自体が未熟なんだよ。



偉そうな平太の説教を聞きながら、どんどんいたたまれなくなっていく平助。

「違います!お父さん、平助がサトシを責められない理由…。
それは…。
それは…。」



俺が犯人だからだ!


家で1人、菩薩に向かって真実を叫ぶ平助である。

まだ言わなくていいよ。
まだ4話目だから。


サトシのせいで姉が犯人にされて蒸発した件について、蜂矢の見解はクール。

自業自得なんじゃないですか?
姉の行動は短絡的で自己中心的で軽蔑に値します。
それが恋愛だと言われたら経験のない私には分からないし、分かりたくも
ありません。

自分を律することもせず第三者を巻き込んで不幸にするのが恋愛なら
一生無理。ていうか、気持ち悪いです。



中学生の時に起きたこの事件と、姿を消した姉。
近隣からの嫌がらせの日々。
学校でも嫌がらせされて…。

蜂矢が恋愛を頑なに拒むのは、やはり過去のせいらしい。


翌日。
淡島先生から無理やり保健室に引き入れられて蜂矢は「相関図」を
見せられる。(公式にUPされとりました)
   ごめんね青春4


海老沢君が今日、中井さんに告白するそうです。

何ですって?

恐らく自分をふって生徒会長の半田君に乗り換えた阿部あまりに対する
当てつけでしょう。

ちなみに半田君に密かに思いを寄せてる子がもう1人。
コスメこと村井守。

あいつゲイなの?

そこから?

クイズ王・遠藤は相変わらず色気より食い気ですが、クイズバカ・昭島は
神保愛にご執心。
その神保愛は大木君が気になるようで。

ところが、大木君と成田君はFカップの佐久間りえをめぐって壮絶なバトルを
展開中なんです。



その頃、山田・ビルケンシュトック・京子は学校をサボって古井@おさるとデート中。

ビルケン可愛いよね~。
あたしゃ中の人、実は苦手だったんだけど、これは可愛いわ。
カタコトだからスティックなのが気にならな……(謝

何で俺なんだよ!

を繰り返す古井。

日本語のレベル、大体イッショ。
大体分かる。言ってること。
難しくない。こぢんまりしてる。



それは…難しいニホンゴ使うってヒロインに責められている現行朝ドラ主人公に
対する何か…ゲホゲホッ……


さて。
今日はここから交流を深めるための「みとしー」もとい伊豆・三津シーパラダイス遠足。


「通称みとしーは静岡県沼津市にある水族館三島駅から「いずっぱこ」に揺られ
伊豆長岡で下車。
カップルも家族連れも楽しめる観光スポットです。」

※CMは実際の映像です。

吉井校長に相談すると、何と珍しく一発OK。
カバヤキ三太郎…じゃなかった東高校長からももちろんOKが出て、
実験クラスはみとしーへ行くことが決定。


蜂矢は、生徒たちがガツガツしていると言って不安を隠せない。


親睦を深めるためと言ってるけど、シーパラに行くのが目的じゃないです。

何ですか?

ご存じありません?ハートのつり革。
私が学生の頃から三女生に代々伝わる都市伝説です。
「いずっぱこ」のある車両の中にハート型のつり革が1本だけ下がってるんです。



このハートのつり革を2人で一緒に掴んだ男女は永遠に結ばれるという伝説が
あるんだそうな。
それでみんな血眼になってこの1日1回、何両目にあるのかも解らないハートのつり革
を探すのだそうで。


かわいらしいじゃないですか。

と、笑う平助。


原先生も気をつけてください。

私が?何を?

女子校で勤務する男性教諭は3割から5割増しにカッコよく見えるんです。
荒俣宏がニコラス・ケイジに見えるんです。


いやいやいや…それはないと思う…。
わしゃニコラス・ケイジ好きじゃないけど、荒俣宏は違うだろ……。


遠足の前に、三女で東高職員たちとの親睦会。

ここは割愛させていただきますが(もう充分長いから~)吉井校長が
ぶっ飛んでいたことと最近ネットでもワイワイ言われている正しい『壁ドン』に
ついて語られた事をご報告しておきます。


学生時代、下宿に女連れ込んでたとき、隣の住人に壁ドンッてやられたぜ。

おっさん住職が語っていたこれが、「正しい」(とワイワイ言われている)「壁ドン」。


違います!
壁ドンっていうのは、女子が壁に背中をつけてそこに男子が女子の顔の横のところに
手をドン!…ってして身動き取れなくなった女子のところをジーッて見つめる…。
それが壁ドンなんです


吉井校長が語っていた、これが現代の「壁ドン」でございます。

言葉も時代で変わっていくものなので、こっちの「壁ドン」もすでに常用語として
「正しい」と思われ。


…んで…何でここだけ抜粋したかと言うと…。

みとしーに行くいずっぱこの中で。
電車が揺れたせいで、平助が蜂矢にこれをやっちゃうのだった。
   
おっと…壁ドンしちゃった。


気まずそうにテレ笑いする平助。
ここで、手に注目……。
   ごめんね青春4-1


「みとしー」では、生徒たちみんなそれぞれの恋愛模様が可愛かったり切なかったり。
思っている人が他を見ている。

でも、頑張って声を掛けたり視線を送ったり。

う~ん…青春だなぁ。まさに。


しかし、ここで密かに見ているだけではなく、ついに告っちゃう生徒も出てくるのだった。

中井である。
あらら…先週あたりからもう確実にそうだと思っていたけれども、もっと
引っ張っていくんだと思ってた。まさか告るとは~。


先生、好きな人います?

えっ?えっと…。

私……。
先生のこと好きみたいです。



当然、ただ驚く平助である。
一番手強そうだったもんね、最初。


合同文化祭成功させたいし、そのためにも精一杯頑張ります。
でもそれは生徒会長だからじゃなくて。

うん。

原先生のことが好きだからです。
以上です。


走り去っていく中井。

中井~…かわいいよ、中井。


そして、もう1人…。
前日「カバヤキ三太郎」に明日告白すると宣言していた半田。

一体、誰に告るのかと思ったら……。

蜂矢先生ーーーーー!
大好きで~す!大好きで~す!大好きで~す!
大好きで~す!大好きで~す!



あんたそれ…水族館中に響いてるから……。


半田は初めから蜂矢のことが好きだったらしい。
へえーーー……あまりんじゃないんだ…。


気持ちは嬉しいけど。
でも、半田君のその思いに先生応えられないな。



ここからの蜂矢の爆弾がすごかった…。

この時点では、まぁ…恋愛に対して頑なな人だからな、と思ってた。


どうして?

これ、まだ誰にも言ってないんだけどね……

先生、
結婚するの。



ええっ…そんな話があったのか
これはまた、クドカンーーーー。親が決めた婚約者とかいう朝ドラオマージュ…。


つきあってどれくらいですか?

つきあってはいない。

えっ?

でも結婚するの。



ああ、やっぱりね。
政略結婚的な~~。


あの…相手はどういう…?


原先生。

私、原先生と結婚するの!



えええーーーーっっっっっっっ!!!!!!!

なにそれ……。

あ…半田をあきらめさせるために平助をダシに使ってる……のかな…


あの…先生。つきあっては…ない…。
でも好きなんですよね?

分かんない。でも徐々に?好きになれると思う。
結婚するからね。


大丈夫?
つきあってない、好きでもないのに?

結婚するの決めたの。今日。

今日?

うん 「いずっぱこ」の中でね!



ここで、あの壁ドンを思い出してみましょう…。

そう。あの時、蜂矢と平助はハートのつり革に同時につかまったのだった。

それで結婚を決意したと言う幸せそうな蜂矢……ぉぃ…恋に恋しすぎだぞ、それ。


「ねぇ。私たちって付き合ってるのかなぁ?」

と、黒板に書く平助。


特別な存在がいるってことは、特別じゃない存在もいるってことだ。

聖書のことはあんまり詳しくないけど、地球上にアダムとイブしかいなかった頃
イブはアダムに確認したかな?
「ねぇ、私たち付き合ってるのかなぁ?」って。

確認が必要になるのは別の異性が現れてからだ。
アダムとイブと。
中井さんと遠藤さんと。
神保さんとビルケンシュトックがいるから不安になる。

でも、それが男女共学だ。

この1ヵ月で君達は恋愛対象として異性を意識し始めた。
でもそうじゃない異性も教室にはいる。
社会に出たら もっといる。
いわば社会は巨大な男女共学クラスだ。

いきなり特別な存在を見つけるなんて無理だ。
がっついても仕方ない。
まずは様子を見て…。



初めから、生徒たちが社会に出た時に傷つかないように…そのために
合併を熱望していた平助。

社会を知らなかったから、女を知らなかったから、自分は傷ついた。
その轍を生徒たちには踏ませたくない。

平助の生徒たちを思う心がブレずに伝わる平助恋愛メソッド。

好きだなぁ、これ。

…と、微笑ましく見ていた時……。

東高では、全く正反対の恋愛メソッドが講じられていた。

蜂矢せんせーによって……。


様子見なんて時間の無駄です!

「愛するに値する相手かどうか考える前に愛せよ」

ピンと来ない? うん、先生なら こう 訳します。

例え 阿部さんは半田君のムキムキなところが好きだとするよね。
その場合、ムキムキだから好きなの?それとも好きだからムキムキなの?

ムキムキが先か好きが先かで言ったら?


好きが先です。


と、あまりん。


だよね。
まず好きって気持ちが芽生えて相手のことをよく見るからムキムキに
気づくわけです。

優しい人が好きっていう女ほど人の優しさに気づかないんです。
それは「優しい人」っていう条件で男を探してるからでしょ?
好きな相手なら何をされても優しいって感じると思うの。
だったら直感を信じてみませんか?

理想と違うからとか条件が合わないからとか、そんなの時間の無駄。
人生は一度きりなんです。

がっついていこう!



すごいぞーーーー蜂矢の暴走。

いやいやいや……ムキムキに気づいて好きになるんじゃないのーーー

蜂矢に言わせたら、平助の「慎重に」「傷つかないように」は、ぬるいんだな。

恋愛に全く興味も免疫もなかった蜂矢が乙女チックな伝説にこうも簡単に
引っかかるとは……。

この恋、どうなるーーー


で、もって…
もしも平助と両想いになった場合「事件の真実」はどうなるんだろ。

平助は言えるのか。本当の事を。
言った場合、蜂矢はどうなるんだろ。

それを考えるとホント複雑だ。


ただの笑いだと思っていたネタが全て恋愛と絡んでいく絶妙な回だった。

キラキラしているよね。そして切ないよね。
青春って、これだよね。


恋愛ドラマって、学園ドラマって、こんなにも面白いんだ!!

ってもんを、私は今見ている。



突然、ガールズバーでサトシ(永山絢斗)に襲い掛かった初老の男・善人(平田満)は、
りさ(満島ひかり)と祐子(波瑠)の父親だった。
14年前の火事のあと、蜂矢家がたどった数奇な運命を聞かされる平助(錦戸亮)と
平太(風間杜夫)。
一方、文化祭実行委員会の活動で、伊豆三津シーパラダイスに出かけた生徒と
平助とりさ。
そこで、さまざまな恋の駆け引きが行われる。平助とりさの距離が急速に縮まる、ある
出来事が…
さらに三女と東高の教師同士の親睦も深まる。
東高主催の説法の会に平太の代理で登壇した一平(えなりかずき)は、思いがけない
出会いを体験する。
道ならぬ恋に発展するのか…。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



よろしければ→【2014年10月期・秋クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  



※キャスト

原平助…錦戸亮
蜂矢りさ…満島ひかり

蔦谷サトシ…永山絢斗
蜂矢祐子…波瑠

海老沢ゆずる…重岡大毅
山田ビルケンシュトック京子…トリンドル玲奈
神保愛…川栄李奈
昭島司…白洲迅
中井貴子…黒島結菜
阿部あまり…森川葵
村井守…小関裕太
半田豪…鈴木貴之
古井豊…矢本悠馬
遠藤いずみ…富山えり子
佐久間りえ…久松郁実
成田淳…船崎良
大木隆…竜星涼

吉井良江…斉藤由貴
原一平…えなりかずき
原エレナ…中村静香
豪徳寺教頭…緋田康人
淡島舞…坂井真紀
三宮大三郎/カバヤキ三太郎…生瀬勝久
蜂矢善人… 平田満

原平太…風間杜夫

原みゆき…森下愛子

※スタッフ

脚本 … 宮藤官九郎
演出 … 山室大輔
プロデューサー … 磯山晶
音楽 … 真島昌利、羽毛田丈史

主題歌 … 関ジャニ∞「言ったじゃないか」
  













「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【 ごめんね青春! 】第1話 第2話 第3話 第4話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

10件のコメント

  • 平成エンタメ研究所
    2014年11月4日 9:09 AM

    ごめんね青春! 第4話〜人生は一度きりなんです! がっついていこう!

     <壁ドン>の嵐である。
    ・和尚(風間杜夫)は校長先生(斉藤由貴)にドン! ←酔っていたせいだけど。
    ・体育教師(富澤たけし)は浜口教頭(宍戸美和公)にドン! ←骨折した足で立ったせいだけど。
    ・平助(錦戸亮)はりさ(満島ひかり)にドン! ←電車が揺れたせい…

  • のほほん便り
    2014年11月4日 8:29 AM

    ごめんね青春!「恋の嵐!ガッついていこう!」

    今回は、青春モノというより、周囲のオトナ事情編だったかな?もう、コネタが可笑しく、面白すぎて、とても拾いきれませ~ん状態。今回も観音様(森下愛子)から指摘されてましたね。「ちなみに(火事の原因を作った)犯人はコイツ(息子の平助(錦戸亮)」「これさえ、押さえておけばついてこれます…」って、そんな無茶な (^^;)ことに、壁ドン関係が多かったですね。おかげで、あっちで、こっちで、恋の炎が、めらめ…

  • キッドのブログinココログ
    2014年11月4日 1:45 AM

    リア充へのいけずも飲み込む乙女チックワールドの勝利なのだ!(黒島結菜)

    ホリコシ出身の原エレナ(中村静香)不在の今回。 まさかとは思うが・・・おとがめあったのか。 バカなのか。 もちろん・・・がんじがらめの一部業界で・・・誰かが言っていいことと悪いことをいろいろアレするのは分かり切っているのだが・・・。 バカなのか・・・とは言いたい。 こんな・・・芸術性の高い作品に対し

  • レベル999のgoo部屋
    2014年11月3日 8:26 PM

    ごめんね青春! 第4話

    「恋の嵐!ガッついていこう!」

    内容
    スナック“ガールズバー”に現れたりさ(満島ひかり)の父・善人(平田満)は、
    サトシ(永山絢斗)を見つけ、大激怒!
    平助(錦戸亮)と父・平太(風間杜夫)そして、りさが引き留め、
    落ち着きを取り戻した善人は、
    ようやく、14…

  • ドラマハンティングP2G
    2014年11月3日 7:30 PM

    ごめんね青春! 第4話

    第4話「恋の嵐!ガッついていこう!」2014年11月2日放送 スナック 「ガールズバー」 で サトシ (永山絢斗) を見つけ、りさ (満島ひかり) の父・善人 (平田満) が大暴れ… 共学に断固反対の善人は、署名運動して嘆願書も出したのに聞き入れてもらえなかったと言い、14年前…

  • ぷち丸くんの日常日記
    2014年11月3日 5:33 PM

    ごめんね青春! 第4話

    スナックで、サトシ(永山絢斗)を見つけたりさ(満島ひかり)の父・善人(平田満)が大暴れしていましたw

    善人は男女共学に反対していて、署名運動までしたらしい。

    そして、14年前の三女の火事で、蜂谷家が辿った地獄の日々を語り出すのでした・・・

    サトシを責める善人に、平助(錦戸亮)は当時、りさの姉・祐子(波瑠)が好きだったことを語り始めます。

    当時、平助が祐子に送っていたメ…

  • 世事熟視〜コソダチP
    2014年11月3日 9:09 AM

    ごめんね青春! 第4話★壁ドンと伝説のハートのつり革

    ごめんね青春! 第4話
    恋の嵐!ガッついていこう!
    今週も面白かったぁ。
    −◆−
    蜂谷先生 (満島ひかり)が平助 (錦戸亮)に注意。
    「原先生も気をつけてください。女子校で勤務する男性教諭は3割から5割増しにカッコよく見えるんです。荒俣宏がニコラス・ケイジに見えるんです。」

    こういう小ギャグが結構好きだわぁ。
    可笑しい。
    −◆−
    両校教員の親睦会があって、2次会は駅前の…

  • Happy☆Lucky
    2014年11月3日 8:52 AM

    ごめんね青春!第4話

    第4話

    JUGEMテーマ:エンターテイメント

  • ぐ~たらにっき
    2014年11月3日 7:29 AM

    ごめんね青春! #04

    『恋の嵐!ガッついていこう!』

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2014年11月3日 6:56 AM

    ごめんね青春! (第4話・11/2) 感想

    TBS系日曜劇場『ごめんね青春!』(公式)
    第4話『恋の嵐!ガッついていこう!』の感想。

    りさ(満島ひかり)の父・善人(平田満)がスナックでサトシ(永山絢斗)に殴り掛かった。居合わせた平助(錦戸亮)は、放火犯は自分だと名乗ろうとするが、機会を逃す。一方、実験的共学から1カ月が経過。淡島(坂井真紀)によれば、生徒たちの恋愛にも進展があるという。そんな中、文化祭実行委員が親睦…