【 リバースエッジ 大川端探偵社 】第5話 感想

大丈夫ですよ。

あの顔を一番怖がってたのはあの人自身だったんです。
男はね、ブサイクだろうがなんだろうが開き直って自分の顔を受け入れれば
誰でもチャーミングになれるんです。



リバースエッジ 大川端探偵社 FILE.05 怖い顔グランプリ

  リバースエッジ


大川端探偵社は、「浅草、観音裏隅田川沿い、小さな探偵社」。

社員は、調査員の村木。所長の大川端。
そしてコテコテメイクで胸が自慢の受付嬢・メグミの3人。


今回の依頼人は「恐い顔の男」。

いや…人間は顔じゃないよ。中身だよ……。

と、言ってあげたいけれども…本当に恐いのだ。

メグミちゃんが、一目見て

キャーーーー!!

と、叫んでしまうほど恐いのだった。

ズバリ聞きますが、私のことどう思いますか?

どう思うとは?

私の第一印象。

第一印象ですか?……と言われましても。

怖い顔でしょ?
怖いでしょ!?


恐いよ…。
よくこんなに恐く撮れるもんだ。

お客様なので本音は言えず、頑張って平静を装う所長と、明らかに顔が歪んでいる村木。

いや、でも…あなたがカタギの方だというのはわかりますよ。
ルックスで人を脅かしたり威嚇するようなヤクザな人種ではないと。
失礼ですが、ご職業は?

実は私手作りパン屋をやっております。

!?


村木…ちょー失礼だぞ…声がメチャメチャ裏返ってるし~~。

男は結婚していて5人も娘さんがいるのだとか…。

男の人生は悲惨だった。

子供の頃からこの顔には苦労してきました。
幼稚園では「悪魔の子」と言われ、小学校のあだ名は 「鬼瓦」。
中学では不良でもないのに番長にされてしまい、高校になる頃には暴走族や
ヤクザの幹部が学校までスカウトしに来ました。

大人になってからは毎日のように警官に職務質問をされ、やれカバンの中身を
見せろだのパスポートを見せろだの…。
若い巡査にいきなり拳銃を突きつけられたこともあります。

最近ではデジカメの画像認識機能ですか?
あれも全然 私の顔を認識してくれないのです。

それでも まじめに生きてきて大好きだったパン作りを商売にして、味も自信は
あるのですが、今ひとつお客さんが入らなくて。


その理由は言うまでもなく、顔が恐いせいだった。
近所の奥さん方に「中東のテロリスト」とか言われちゃってパンは売れず、
店は閑古鳥…。

自分のせいで家族に迷惑をかけるのも心配だと言う。

…で…
ここは人生相談所でも美容整形外科でもないので、一体何しに来たのかというと。

怖い顔グランプリ。

怖い顔グランプリ?

噂で聞いたのですが、怖い顔自慢の出場者たちが集まってその自慢の顔を
競い合う大会があると。

…聞いたことありませんが。

…いやぁ…私も。


男は浅草寺にお参りに行って、啓示のごとく閃いたのだと言う。
   リバースエッジ6


この映像がまた怖い。
お参りに行ったんでしょ…悪魔の声でも聞いているみたいなんですけど。

どうせ生まれつき怖い顔ならば、パン屋など辞めてしまってこの顔をいかした商売。
この性格ですからヤクザなどできませんが、その怖い顔グランプリとやらで箔をつけて
この顔を…。
この誰もが恐れる顔を使った商売に替えて生きていったほうがよいのではと。



男が帰った後で男の顔が怖かった話で盛り上がる所長と村木。
しかし、メグミちゃんは言うのだ。

自分もビッチにしか見えないかも知れないけれども、ギャップ萌えだってあると。

最初あの人見たとき、ぶっちゃけメッチャびびったんだけど、でも話聞いてくうちに
なんかちょっと…キュンときちゃったんですよね。


グランプリの話は眉唾ものだし、引き受けるかどうか迷う所長と村木。

まぁな、人にはその生まれながらのビジュアルに適した人生ってものがあるのかも
しれねえな。

珍しいですね。

うん?

所長が珍しく普通のことを。

オメエはな、どちらかっていうと色男だからわからねえんだよ。

いや、そんなことは…。


いやぁ…イケメンですよ。色男色男。


メグミちゃんはその日、バニーのアルバイトに行き、色んなお客さんの顔を見た。
みんな…様々な表情をしているけれども、それも個性だよね。

バイトが終わってフラフラと歩いていると、一軒の店が目に入る。

パン屋だった。
灯りの中で、あの男が一生懸命パンをこねていた。


翌日。

食べてみてください。
村木さんも。

これって?

いいから食べて。どれでもいいから。


たくさんのパンを並べるメグミちゃん。
菓子パンから調理パンまで。美味しそう

どうですか?

こういうのはめったに食わねえが、うめえな。

でしょう?
テロリストのパン屋さんが作ったパンです。
探してあげましょうよ。怖い顔グランプリ。
そんなの本当にあるのかどうかわからないけど、見つけてあげたい。


メグミちゃんが言い終わる前に、所長はもう何処かへ電話。

村木もパンを両手に持って

俺もちょっと出てくるわ。

と、動き始めた。

美味しい物は人の心も動かすのね。
こんな美味しい物が無くなるのは惜しいと…そういう事なのか。

村木は裏の世界も色々と当たった。
たくさん聞き込みして…ついに見つけたのだった。


えっ、わかったんですか?

と、喜ぶ男。

ええ。私のコネクションでは難航しましたが、この村木の地道なリサーチでなんとか。

ありがとうございます!

それで…。

「怖い顔グランプリ」。
某警備会社が秘密裏に主催する社員のスカウトを目的とするイベント。
アンダーグラウンドで行われる理由は、出場者たちの過去のプロフィールを表沙汰に
できないことによる。
過去の出場者は前科者、破門になったヤクザ、引退したプロレスラー、ジャンル分け
不可能のアウトロー…。
彼らの顔は一人で数人分の警備効果があるらしい。
以上です。


そ…それは~~まさかアテナセキュリティじゃないでしょうね。

で…

次回の怖い顔グランプリは来週土曜深夜。
浅草のストリップ劇場で行われます。

エントリーの締め切りは今日まで。



バラエティ豊かな出場者たちが集う「怖い顔グランプリ」
個人的には3番目の人が一番怖かったけどね~。
昨今は、ああいう普通~そうな異常者が溢れているもんね。
(栗原類くんにちょっとにt……いや…なんでもありません)


それでは審査結果の発表です!
怖い顔グランプリ2014。
本日、最も怖い顔でこの会場をビビらせたのは…。

エントリーナンバー10!
おめでとうございます!!



優勝しちゃったよん…依頼人。

挨拶の代わりに恐い顔を…と言われて叫びながら凄む依頼人…の頬に
キスしちゃう突然ステージに上がっちゃったメグミちゃん。

大きな袋に入った物をプレゼント。

会場から帰りる大川端探偵社の3人。
宝蔵門の大提灯をバッグにした映像が素敵に美しい。
   リバースエッジ6-1



しかし、あの男、本当にパン屋をやめてしまうんでしょうか?

大丈夫ですよ。


と、メグミちゃんは自信たっぷりに言う。

あの顔を一番怖がってたのはあの人自身だったんです。
男はね、ブサイクだろうがなんだろうが開き直って自分の顔を受け入れれば
誰でもチャーミングになれるんです。

うん…そんなもんかね。

あと、キスともう1個プレゼントしておいたので。フフ。



メグミちゃんのプレゼントは、食パンマンの被り物だったのね~~。

しかし、いい子だな~メグミちゃん。
男の中身の良さを一番理解していたのはメグミちゃんだった。

あんな素敵な子に励まされたら自信もつくよね。

そして、パン屋に飾られた「怖い顔グランプリ」のトロフィーと記念写真。
開き直りが人をポジティブにさせるのかも。

最後まで笑って見ていたけれども、お客さんでいっぱいの店を見ていたら、
男の笑顔を見ていたら、なんか泣けてきた。

幸せな風景はいいね。

人の笑顔はいいね。



「大川端探偵社」にやってきた本日の依頼人は、尋常でなく「顔」が怖い男(龍坐)。
村木(オダギリジョー)もおののくほどの怖さだ。
真面目にパン屋を営み、腕も確かだが、顔の怖さが災いして客が入らないことに悩んでいた。
ならば怖さに箔を付けようと、噂で聞いた「怖い顔グランプリ」なるものに出場すべく、いつ
どこで開催されているものなのか調べてほしいのだという。
調査を進めるうち、この大会には裏があることが判明し…!

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



よろしければ→【2014年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  



※キャスト

調査員:村木タケシ … オダギリジョー
所長:大川端一平 … 石橋蓮司
受付嬢:メグミ … 小泉麻耶

※ゲスト

FILE.01

矢部恭介<依頼人> … やべきょうすけ
高城組組長 … 曽根晴美
喋楽主人 … 五頭岳夫
喋楽 妻 … 小野敦子
喋楽 娘 … 滝沢恵

FILE.02

女<依頼人> … 星野あかり
依頼人の夫 … 菅登未男
老舗ラブホテル受付の老婆 … 大山うさぎ
レモンサワーバーの店主 … 森雅樹

FILE.03

美樹<依頼人> … 内田慈
竹内 … 岩井秀人

FILE.04

中年男<依頼人> … マキタスポーツ
水野裕美 … 宇野祥平
桃ノ木マリン … 小池里奈
吉田豪 … 吉田豪

FILE.05

パン屋主人<依頼人> … 龍坐
用心棒 … 森里一大
司会者 … ケイ・グラント
予想屋 … いか八朗


※スタッフ

脚本 … 大根仁、黒住光
監督 … 大根仁
プロデューサー … 渡辺信也、井上衛、森井輝
音楽 … 森雅樹(EGO-WRAPPIN’)

主題歌 … 「Neon Sign Stomp」「サニーサイドメロディー」EGO-WRAPPIN’

原作 … ひじかた憂峰・作/たなか亜希夫・画「リバースエッジ 大川端探偵社」
      

公式サイト http://www.tv-tokyo.co.jp/ookawabata/






Ego-Wrappin' エゴラッピン / BRIGHT TIME 【CD Maxi】

Ego-Wrappin’ エゴラッピン / BRIGHT TIME 【CD Maxi】
価格:1,620円(税込、送料別)




「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【 リバースエッジ 大川端探偵社 】第1話 第2話 第3話 第4話 第5話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • ドラマハンティングP2G
    2014年5月17日 10:19 PM

    リバースエッジ 大川端探偵社 TOP

    テレビ東京系列で2014年4月18日から『ドラマ24』(毎週金曜 24:12~24:52)にて放送中。主演はオダギリジョー。 監督は『湯けむりスナイパー』・『モテキ』・『まほろ駅前番外地』を手掛けた大根仁が務め、ひじかたと大根は『湯けむりスナイパー』以来のタッグを組む。 …

  • きこり
    2014年5月17日 8:21 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    記事アップの時間がどんどん遅くなっている今日このごろ・・( ´д`ll)とほほ・・
    って、今回も良かったね~
    も~くうさん、涙もろいわね~(笑
    でも、笑顔の男の頭上にグランプリの写真を店内に掲げてあるのにはほろりとくるよね。
    今回はメグミちゃんの良さが際立っていたわ~
    ええ子だし、とってもかわいいよ。
    所長、村木、メグミのバランスがすごくいいわ~
    いろんな怖い顔が見られておもしろかったね( ̄m ̄〃)

  • トリ猫家族
    2014年5月17日 8:12 PM

    「リバースエッジ 大川端探偵社」 第5話 怖い顔グランプリ

     さて、大川端探偵社の午後・・・
    所長(石橋蓮司)は何かの模型作り、メグミちゃん(小泉麻耶)はお化粧直し、村木(オダギリジョー)はいつものようにソファで午睡、それぞれ …

  • 隠れ常連
    2014年5月17日 3:01 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。いつも楽しく拝見させていただいてます。
    先日原作が掲載されている雑誌がコンビニにありましたので、立ち読みしました。
    作品の雰囲気から、狩撫麻礼という漫画原作者の匂いがぷんぷんしましたが、違う名前でした。調べてみましたら、狩撫さんが違う名前で原作を書いた作品だったようです。
    不器用でハードボイルドながら、どこかおかしく、哀しい。そんな作風の方ですので、おそらくこのドラマは原作のテイストを大切に再現しているのだと思います。
    漫画の主人公の風貌も、今回のオダジョーそのものでした。
    しかし、人間交差点みたいなベタな人情ものが嫌いだった原作者が、第3回みたいなの書くようになったんですね。狩撫さんも丸くなりました。

  • 櫻井8号
    2014年5月17日 11:27 AM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    レビューありがとうございます~^^
    前回に引き続き、今回もラストがよかったですね~。なんか救いのあるドラマで、ほんわかします^^前回と言い、個性的な男性の悩み相談になっているところも、個人的には結構ツボです。メグミちゃんもやっぱり村木さん(=オダジョー)をイケメンと認めていたのね!嬉しい~^^
    今回で改めてメグミちゃんがいい子だと認識しました^^

    >会場から帰りる大川端探偵社の3人。
    宝蔵門の大提灯をバッグにした映像が素敵に美しい。

    ですね~!こういう日本の下町の風景っていいですよね~!これも個人的に非常に好みの場面です。つくづくゴールデンタイムに放映でないのが惜しい…。
    来週は漫才2人組のご相談でしょうか。すごく楽しみです。

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2014年5月17日 10:06 AM

    リバースエッジ 大川端探偵社 (第5話・5/16) 感想

    テレビ東京系『リバースエッジ 大川端探偵社』(公式)
    第5話『FILE.05 怖い顔グランプリ』の感想。
    なお、原作漫画(ひじかた憂峰氏原作、たなか亜希夫氏作画)は未読。

    本日の依頼人は、尋常でなく「顔」が怖い男(龍坐)。村木(オダギリジョー)らが話を聞くと、男は真面目にパン店を営み腕も確かであるにもかかわらず、顔の怖さが災いして客が入らないことに悩んでいた。ならば怖さ…