【 なぞの転校生 】第11話 感想

このD12の世界は美しい。
青空など久しく見てなかった。
空も花も、雨さえも美しい。

できることなら…この世界で平和に暮らしたかった。



なぞの転校生 第11話

  なぞの転校生


王妃が刺された事をいち早く察知したモノリオは駆け寄った。
しかし、王妃の傷は深い。

暗殺者を追って行ったが、捕える事も息の根を止める事も出来なかった。

これでやっとつらい思いから解放される。
ありがとうよ。


暗殺者は自ら時空のチリとなって消えた。


瀕死の王妃を車椅子に乗せて、広一たちは江原の部屋に戻った。


このあいだのドクターは?

伊達坂医師…。彼をオンラインにできればいいのですが…。


しかし、モノリスの残量はもう無い。

モノリスだのマギだのと話し合い、救急車も呼ばずにいる2人に不審感を持つ広一とみどり。


何なんだよ、いったい。
説明してくれよ。

誰にも言わないで。
お願いだから秘密にしておいて。
その代わり何があったのか全部話すから。

私たちがどこから来たのか。
いったい何があったのか。


広一たちにも、今は泣きだすアスカを慰める事しか出来ない。


モノリオが呼びに来る。

姫様。

救急車は?

王妃様がどうしても呼んではならぬと。

そんな…。

お二人に王妃様からお話があるそうです。



広一とみどりは言われるままに王妃の枕元に立った。


2人にはこれが何に見える?

モノリスを2人に見せる王妃。

初めて見たときはスマホだと思ったけど…。

…石?



モノリスは王妃の手を離れて宙に浮く。
緑に点滅する光を放って…。

モノリオは話を始めた。


モノリスはキミたちの使っている携帯端末のようなものだが、その能力はキミたちの
想像をはるかに超えているかもしれない。
キミたちの携帯端末は電話から進化したそうだが、携帯電話もなかった時代に電話が
そのような進化をするなんて誰も想像できなかっただろうと言えば少しは理解しやすい
のかもしれない。

モノリスの場合、その進化は電話からではなく「マルス」から始まった。

「マルス」って何?

生物であり鉱物、液体であり固体。
動物と植物の特性を併せ持つ人間より優れた知能を持った物質。
それが「マルス」だ。


想像の範囲を超えている。
広一もみどりもモノリオの言うことが解らない。


理解するのは難しかろう。
我々ですら数百年この物質の謎に挑み続けてきたが、まだほんのわずかな一端しか
把握できてないのだ。
そのわずかな部分を人類は活用し、それだけでも劇的なくらい文明は変わった。
そのモノリスもマルスの恩恵によって生まれたものの一つだ。


マルスはD1と呼ばれる世界にどこからかもたらされたとされているが、詳しくは
わかっていない。
D1は滅んだからだ。
D1から脱出した何者かが我々D8にマルスを持ち込んだ。

その「D1」とか「D8」とかいうのは何なんだよ?


いわゆるパラレルワールドだ。

宇宙の時空は歪んでいて波紋のように広がっている。
D1とD8の間、D8とD12の間にも異なる世界は存在するが、我々D8が
観測したあるいは仮定された世界をナンバリングしたものがその名称だ。

D12世界を発見した人物が、広一の大好きな…。

…H・G・ウェルズ?

ああ。



広一には話をボーっと聞く事しか出来なかった。
自分の大好きなSFの世界が典夫とアスカの口から広がっていく。

けれども、それは信じる事が出来ないような壮大な話であった。

マルスは最初、単なるレアメタルだと思われていた。
だがこの物質はゆっくりではあるが増殖し分裂することがわかった。
更には反重力を持ち、自ら移動することもわかった。
そして時空間移動する物質であり、エネルギーを生み出すこともわかった。

約200年でマルスは人類の中心的なエネルギーとなった。
社会システムは全てマルスに依存し、もはやそれなしでは生きていられなくなった。



世界がマルスによって管理・支配され、人類もそれを当然だと思うようになり、
枯渇する資源を異次元に求めてD4とD5を滅ぼす。

D1で生まれたマルスは、そうやって次々と世界を支配し、D8へと
やってきたらしい。

そして、ある年の7月。
D8世界に恐ろしいものがもたらされた。


大きなゾーンが外から開かれ、ある兵器が投げ込まれた。
誰がやったのかはわからない。
我々と同じ能力を持つ異次元人のしわざでしょう。
そして我々同様、マルスの力を持つ者のしわざでしょう。

その兵器は「アンゴルモア」と呼ばれた。
アンゴルモアの放つ火は何人の侵入も許さず、青い光を放って燃え続けた。
一度ついたら消えない火。
世界は放射能に汚染された。

けれども人類はグランドを信じ続け、マルスを頼り、猛烈に人口を減らしながらも
何とか生きてきた。

けれど去年、再びゾーンから火が投げ込まれた。
今度は100の火が100のゾーンに同時に世界に放たれた。
これが「プロメテウスの火」。
世界は火に包まれた。

我らはかろうじてこの地へ逃げた。
そなたたちには信じられないかもしれないが、これが我らに起きた出来事なのだ。



静かにそう言うアスカ。

王妃に促されて、モノリオはアイデンティカの話を始めた。


異次元世界とは互いに極めて似て非なる存在です。
この世界にモーツァルトはいるけどショパンはいない。
そんなわずかな違いがあるのです。
だけど、アーサー・C・クラークはどちらの世界にもいる。
この世界のアーサー・C・クラークは小説家だったけど、僕らの世界では物理学者だった。
ということは、お解りでしょう。
どちらの世界にも同じ人間がいるのです。
ある一定の確率で。
こうした者同士を我々の言葉でアイデンティカと呼ぶのです。


私の亡くなった許婚のナギサはこの世界では岩田広一という名で生きていた。


俺?
よく似ているの?


同一人物です。

あなたは私の許婚のアイデンティカ。
そしてあなたの妹は私のアイデンティカ。



広一は黙ってその話を受け止めた。

不思議と、そんな馬鹿な…とは思わなかった。

夢の中の妹は確かにアスカだった。
アスカと自分には因縁はある。そんな気がしていた。

しかし、その後で王妃の口から出た言葉には戸惑う。

広一には王家を継ぐ資格があると言うのだ。

モノリオに差し出させた王家の証書。
そこにサインをして国を背負ってほしいと王妃は言うのだった。


今は考えられないだろうが、そなたには時間がたっぷりある。
ゆっくり考えてくれればいい。

だが、私にはもう時間がない。
王妃として言っておかなければいけないことを言った。
さあ、これで私の務めはおしまい。
あとは2人に任せます。



そう言うと、王妃は安堵したように眼を閉じる。


このD12の世界は美しい。
青空など久しく見てなかった。
空も花も雨さえも美しい。

できることなら、この世界で平和に暮らしたかった。

今はただ眠りたい。
…少し眠りたい。



動かなくなった王妃を見て、モノリオは崩御を告げる。
そして、アスカは泣き崩れた。


広一の頭は、やっと現実的に動きはじめる。

とりあえず、玄関から垂れ続けていた王妃の血を掃除する。
雑巾がない。
玄関マットで拭いてみる。
血痕は広がっていくばかり…。

タオルを求めて風呂場に入ったみどりが悲鳴を上げた。

恐る恐る覗き込んでみると、そこにはアゼガミとスズシロがいた。
…いや、その遺体があった。

バスタブの中で、2人は寄り添うように息絶えていた。
口から流れる血…。しかし、表情は穏やかであった。


遺体はゾーンに落として葬る。
ゾーンは別の次元に繋がっている。
この次元と同期していない次元に落とせば一瞬でちりになる。
隕石が落下する前に燃え尽きるのと似ている。



冷静にそう告げるモノリオ。

待って!

アスカはそう言って花束を持ってきた。
みどりが昨日渡した花束だ。

王妃の胸に花を乗せるアスカ。

さようなら。おばあ様。


封日はゾーンへと消えて行った。


今日はすまなかった。
そなたたちを苦しませる結果になってしまった。
王妃の話だが…広一が王となる話だ。
あれは忘れてくれ。
あれにサインしたところで、もはや意味がない。
もはや我らに統べる民はおらん。


王妃を見送ったアスカの目は潤んでいる。

広一には何も返事が出来ない。


あともう少し話をしたい。
うんざりせずに聞いてほしい。

何…?


アスカは指で髪を櫛いて見せる。
手にゴッソリと抜けた髪の毛が付いていた。

私はじきに死ぬのです。
プロメテウスの火を見てしまったから。


アスカはそう言ってほほ笑む。


ねぇ、広一。みどり。

信じてほしいの。私たちの話を。
これは、みんな本当のことよ。嘘じゃないわ。
せめて2人だけには、私たちの世界を記憶にとどめておいてほしい。


信じるよ。


広一は言った。
みどりは泣いている。

私、何もわかってなかった…。
ごめんね…。



部屋を出ると、何もかもが夢のように思えた。

みどりを送りながら空を仰ぐ。


ねぇ見て。きれいな月。

おお。

そういえばここで流れ星見たね。

うん。



そんなのは、もう遠い昔のようだ。

広一は後ろからみどりを抱きしめる。
これが現実であることを確かめるように。


俺は…やっぱり、みどりのことが好きだ。

今、言っておかなければならないと思った。
明日は誰にでも必ずやって来るものではない。


半月は光の傘を被って輝く。

同じ月を、アスカは部屋の窓から見ていた。


見よ。
美しい月だ。

姫…。

まだ泣いているとでも思ったのか?
もう泣きはせぬ。ただ1人であろうと我は王女アスカだ。

はい…。



モノリオはアスカよりももっと項垂れているように見えた。
その姿はまるで泣いているかのようだった。


大丈夫か?
泣いているのではないのか?

いえ…。

泣いてみよ。

泣いてみたいです。
…泣いてみたいです。



   ※※※


王家の最期の1人として生き延びるはずであった王妃が死んでしまった…。

王家の者の務めとして、ナギサのアイデンティカである広一に国を託す。

けれども「急がなくていい」と言い残す。
王妃だって解っているのだ。

王がいても、統べる民はすでにいない事を。

自分の命がもうない事も何もかも知っていたアスカ。
王家に先がない事も。


「アンゴルモア」は、ノストラダムスの予言書で見た記憶がある。

1999年「7」の月。
人類は「恐怖の大王」によって滅ぼされる。

それが「アンゴルモア」。


「1999年7の月。
空から恐怖の大王が舞い降りてアンゴルモアの大王を甦らせる。
その前後マルスが幸福に世界を支配する。」



私たちは1999年に人類は滅びなかったとノストラダムスを忘れて行ったけれども、
どこか異次元の世界では人類はその日、滅びたのかも知れない。

広一たちが生きる「D12」世界は私たちの世界ではない。
1999年7の月に人類は滅びなかったけれども、ショパンが居ない。

私たちの世界もD11とかD13とか…そんな名称でこの宇宙のどこかに
浮いているんだよね…。

いつゾーンが開いてマルスが現れるか解らない。

今だって、充分に携帯やコンピューターに支配されているのだから。

だから広一だって、そんな馬鹿な話…と否定は出来なかったのである。
人間は便利な物に流される。
支配されているとは思わず。


アゼガミとスズシロは、幸せそうなアイデンティカを見て満足し、心中して
しまったのだろうか。

それとも、プロメテウスの火によって息絶える時が来たのだろうか。

だとしたら、アスカの命も残り少ない。


次回は最終回。
美しい世界を見たアスカがどんな最期を迎えるのか。

広一とみどりはアスカの最期をどう送り出すのか。

最後まで先が読めない。



※コメントレス、遅れていてすいません。


アスカ(杉咲花)と王妃(りりィ)は岩田広一(中村蒼)たちとピクニックへ。
つかの間の楽しい時を過ごしていると、暗殺者のハーデス(翁華栄)がやって来て突然王妃を襲う。
山沢典夫(本郷奏多)はハーデスを追うが…。
江原正三(ミッキー・カーチス)の家に運ぶも王妃は治療を拒否。
やがて、王妃とアスカ、典夫は、広一とみどりに自分たちが何者なのか、またなぜここへ
来たのかを語り始める。

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)



よろしければ→【2014年4月期・春クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村  



※キャスト

岩田広一 … 中村蒼
なぞの少年 … 本郷奏多
香川みどり … 桜井美南

江原正三 … ミッキー・カーチス
大谷先生 … 京野ことみ
岩田君子 … 濱田マリ
岩田亨 … 高野浩幸

大森健次郎 … 宮里駿
春日愛 … 宇野愛海
鈴木拓郎 … 戸塚純貴
太田くみ … 椎名琴音
小川玲子 … 福地亜紗美
和田えみか … 岩崎優里菜
戸塚肇 … 川籠石駿平
丸山隼人 … 黒木辰哉
鎌仲才蔵 … 葉山奨之
冴木小次郎 … 碓井将大
咲和子 … 樋井明日香
前川克也 … 芹澤興人
岩田あすか … 立川杏湖

伊達坂医師 … 並樹史朗
坂井銀次 … 金山一彦
鎌仲龍三郎 … 河原さぶ
笹井常務 … 野口雅弘
受付嬢 … 皆川舞

王女 … 杉咲花
王妃 … りりィ
アゼガミ … 中野裕太
スズシロ … 佐藤乃莉
ハーデス … 翁華栄

みどりの姉 … 市川沙谷香
高校の警備員 … 清水洋介
体育・二階堂先生 … 加藤玲子
寺岡理事長 … 斉木しげる


※スタッフ

企画プロデュース・脚本 … 岩井俊二
監督 … 長澤雅彦
音楽 … 桑原まこ

原作 … 「なぞの転校生」眉村卓

主題歌 … 「今かわるとき」桜井美南・ED「DREAM」清水翔太
      

公式サイト http://www.tv-tokyo.co.jp/nazono_tenkosei/




【送料無料】なぞの転校生 [ 眉村卓 ]

【送料無料】なぞの転校生 [ 眉村卓 ]
価格:609円(税込、送料込)






「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【 なぞの転校生 】第1話 2話 3話 第4話 第5話 第6話 第7話 
第8話 第9話 第10話 第11話


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

6件のコメント

  • くう
    2014年4月7日 4:23 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    レスが劇遅で申し訳ありません(>_<)

    >15年前・・・、アンゴルモア・・・、ここでノストラダムス持ってきたか?と、正直鳥肌立ちました。

    しばらく頭の中で反芻しましたもん…どこかで聞いた事あるぞ、あっ、ノストラダムスだっ!と。
    ですよね。鳥肌ものですわ。

    >どんだけ文明が進化しても、やっぱ人類ですね。本質的に賢くなるわけではないのですね。

    むしろ文明が発展する事で知識ばかりが発達して人間としてはダメになるのかも知れません。
    マルスはそういう物の象徴ですよね。
    実は、この世界にももうあるのではないかと思えてくる内容でした。

    泣けないモノリオが切なかったです。

  • 隠れ常連
    2014年3月26日 3:21 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは
    私にとっては、第2回目と同じくらい、今回は神回でした。
    15年前・・・、アンゴルモア・・・、ここでノストラダムス持ってきたか?と、正直鳥肌立ちました。
    登場人物により淡々と語られるだけの静かな回でしたが、まぁその内容の充実していること。
    D8世界は自ら滅びたわけではないのだけれど、他の世界を侵略した報いなのか、別の世界に滅ぼされてしまいました。どんだけ文明が進化しても、やっぱ人類ですね。本質的に賢くなるわけではないのですね。クリミアのニュースとかもあって、色々と考えさせられる内容でした。
    泣いてみたいです・・・。というモノリオの言葉を受けて流す王女の涙・・・。凄い演出でした。

  • shaberiba
    2014年3月24日 10:51 PM

    なぞの転校生 第11話

    これは、みんな本当のことよ。嘘じゃないわ。
    せめて2人だけには、私たちの世界を記憶にとどめておいてほしい。

    暗殺者に刺され王妃は死んだ。
    彼は言った「これでやっと辛い思いから解放される」と。
    2人はゾ~ンへ堕ち・・塵となって消えた–。
    全てを目撃することになった広一とみどりはつぶやく
    「信じるよ。」
    ★1話~~~

  • ドラマハンティングP2G
    2014年3月23日 9:48 PM

    なぞの転校生 各話あらすじ

    #01 2014.01.10 放送 高校2年の岩田広一(中村蒼)は、幼馴染で同級生の香川みどり(桜井美南)と不思議な流れ星を見る。 その夜、広一は隣に住む一人暮らしの江原正三(ミッキー・カーチス)から「部屋に見知らぬ誰かが何人もいる」など奇妙なことを言われ戸惑う。翌日体…

  • ディレクターの目線blog@FC2
    2014年3月22日 9:44 PM

    なぞの転校生 (第11話・3/21) 感想

    テレビ東京ドラマ24『なぞの転校生』(公式)
    第11話『明かされた謎~眉村卓の傑作SF小説を岩井俊二がドラマ化!』の感想。
    なお、眉村卓氏の原作小説は40年近く前に既読。また、NHK『少年ドラマシリーズ』版(1975年放送)も鑑賞済み。

    広一(中村蒼)やみどり(桜井美南)たちと行った公園で、王妃(りりィ)が暗殺者のハーデス(翁華栄)に突然刺された。典夫(本郷奏多)はハー…

  • キッドのブログinココログ
    2014年3月22日 2:14 PM

    心が風邪をひきそうな冷たさであれば(本郷奏多)月下の踏み切りであすなろ抱き(中村蒼)泣かない約束したばかりなのにもう(杉咲花)私の知らない世界(桜井美南)

    いよいよ・・・冬ドラマの最終回ラッシュも終盤である。 テレビ東京のこの枠は結構、最後まで残るよね。 さいはてのせつなさでは・・・ピコピコ鳴るシューズを履いた「ウシジマくん」のパピコ(紗倉まな)が他者の追随を許さない今シーズンだが・・・萌え度ではダブル・ヒロインの「なぞの転校生」も捨てがたい。 まあ・