NHK朝ドラ【ちりとてちん】(2013年・再放送) 第116回 感想

喜代美(貫地谷しほり)たち5人の弟子が落語会をやり遂げると同時に、草若(渡瀬恒彦)
は息を引き取った。
暖かい春の日に、草若の葬儀が行われる。草若とともに「四天王」とよばれた柳宝(林家染丸)、
尊徳(芝本正)が顔をそろえ、最後の一人・漢五郎(芦屋小雁)が病身を押して葬儀に駆けつけ、
みんなの涙を誘う。
しかし小次郎(京本政樹)が「草若の形見の宝くじが当たっているか確かめたい」と言いだし、
事態は思わぬ方向へ…

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ちりとてちん」第116話「嘘つきは辛抱の始まり」
     

      ちりとてちんop


※「ちりとてちん」は、2007年10月期のNHK連続テレビ小説です。
当方は当時の放送をオンタイムで見ているので感想は恐らく回顧目線になりがちです。
ご了承のうえ、ご覧くださいませ。

※レビューでは先のネタバレは控えるよう努力します。
※レビューの更新はイレギュラーで…。書けたり書けなかったりしています。

※再放送時間は月~土・午前7時15分からNHKBSプレミアムにて。




ようこそのお運びで厚く御礼申し上げます。


「草若 弟子の会」当日、弟子たちの「地獄八景亡者戯」リレーによって草若師匠は
穏やかに旅立って逝かれました。

本日は、その葬儀がしめやかに慎ましやかに行われている様子です。


いつもの顔ぶれが祭壇の前に並ぶ中、草若師匠と共に落語会を盛り立ててきた
大師匠たちが弔問に来られます。


この度は誠に…いや~…ほんまに…びっくりした…。

と、涙ながらに徒然亭一門に頭下げはる柳宝師匠。


何か…こう……もぼもぼもぼぼ………。


何を言うてるんやよう分からんな…。
←裏の手伝いに来とる熊はん。


うう…やっぱりあかんなあ…!
皆で言うてたんや。
「一人が死んだらその葬式で必ず『悔やみ』のネタやって、みんな笑わす」言うてなあ…。


落語のネタやったんかいな!!



熊はんは裏でツッコミまくりますが、みんな柳宝師匠の涙に釣られてまた
しんみりします…。

なかなかねぇ…いくら落語家さんでも盟友が亡くなった時に人笑わせるいうのは
出来ないものでしょう。
ましてや葬儀の席ですものね。


その時、庭からよぼよぼした老人が付き人さんに支えられてやっと歩いて来られます。


あっ!漢五郎師匠…。

出迎える草原にいさん。

誰?
誰?


と、落語通の磯七さんに訊ねる裏の人々。

鏡漢五郎や…。
四天王の一人でな、体悪して高座でしゃべれんようになって引退しはったんや。


おいおい泣きながらお焼香する漢五郎師匠。

漢五郎はんよう来てやっとくなったなあ!

肩支え合って泣く尊徳、柳宝、漢五郎の三師匠。

みんな涙誘われます。
喜代美もハンカチで目頭押さえるのでした。


…と、そこへ場違いな空気を背負って場違いにニコニコと入ってくる人物が…。
えっと…小次郎おじちゃんです。

顔をしかめる和田家の人々。


どこ行っとったんや!?

すまんすまん。前の新聞捜しとったんや。

新聞?こんな時に何しとんや。

大事な事を思い出したんや!

大事な事?

うん。ほうや。
師匠に頼まれて買うた宝くじの当選発表やな。

なんも、今そんなもん見んでも。

あっ、そやけど、もし当たりくじやったら今のうちに師匠に教えてあげたいやろ。


もう穴があったら隠れたい…って感じの小梅さん。


あ~…ここここ…小草若…あ~…うじぇいじぇいじぇしぇいしぇいじぇいじぇ…。←漢吾郎師匠。

あのな「精進しいや」て言うてはんのや。
早う小草若の「小」が取れるようにな。
←尊徳師匠(通訳)

大粒の涙をこぼして頭を下げる小草若。


喜代美!福助どこや?

福助?

ああ。あのな、宝くじが当たりますように言うて「福助の下へ置いとくでえ」って
師匠が言うとんなったんや。

福助は…。


福助の置物は祭壇の裏の幕の中に隠してあります。
葬儀の席に福助は相応しないからね。

それを祭壇をずらしてわざわざ裏から取り出す小次郎さん。

弔問のみなさんもビックリ…当然、和田家もビックリ。
視聴者もさっきからずっとビックリ…。

で、喜代美に手伝わせて当選番号を確認し始める小次郎さんでした。


そっ…草々…そう…とらじし…ええぎがこら…うでえら…。←漢吾郎師匠。

「草々はな、草若はんの芸風を受け継いでしっかりやりや」て言うてはる。←尊徳師匠(通訳)

ありがとうございます!

神妙な顔をして頭を下げる草々さん。


1等1億円や!

こら!
ほんなもん当たる訳ないやろが!


ほな喜代美。組番号…なんぼや?

31組。

31…。
合うとる!

シ~ッ…!!



ちょっと「しまった!」という顔する小次郎さん。…ちょっと…やもんな。


そ……草原…げが…?←漢五郎師匠。 

げが?

あろれ…ほういう……。

「草原もな」うん、うん…。
←尊徳師匠(通訳)


ほしたらな、番号上の桁から順番に読んでけ。

上から?

おう。
上から順番に呼ぶんがおっちゃんの流儀や。

4。

4…合うとる!
次は?

…1。

1。
合うとる!



「合うとる!」の連発に、和田家の人たちが集まってきます。

しめやかな祭壇前の風景と全く違うイベントが行われる縁側……。


おっちゃん、それ当たったらどねする気や?

そら…当たったら棺桶に一緒に入れたるわな。


ちょっと返答に間が空く小次郎さんでした。

まだ4桁もあるんやでぇ。

ほや。

そね簡単に当たってたまりますかいな。

ヘヘヘ…そしたら喜代美。次は?

5。

5…。

はあ…!合うとる!

あと3桁いう事け?

うん。あと3桁合うとったら1億円や!

1億!?

ううっ!?



みんな縁側に集まって来ちゃいました。


それほんまに当たったら棺桶入れんのですか?

ほら…まあ…なあ?ハハッ……。

1億、灰にするつもりですか?

うん…。

ほやけど三途の川渡る時に渡し賃かかるいうて落語でも言うとんなったもんねえ。

そやそや。
草若さんに成仏してもらうためにも入れといた方がええわ。


お金燃やすような事したらかえってバチが当たります!

そうや!よう言うた。

けど、それやったら渡し賃が…。

偽金入れといたらええがな!

いや師匠。落語のネタやないんですから…。



とらぬ狸の皮算用……。
まだ3ケタありまっせ。


9!

9!

お~!


2!

2!

え~っ!

あと1つ!

6!

8!

…はぁぁぁぁ………。



一同……興奮の後のため息……。


31組 4 1 5 9 2 6!?
31組 4 1 5 9 2… 8!

ああ~!

2番違いか。前後賞もなしや。

ああ~っ!



へなへなと崩れる漢五郎師匠を驚いて支える一同。


…は…はるれやがな…。

えっ!?

外れやがな!ハッハハハッ!



みんな…どっと笑います。


えらいもんですなあ!草若師匠。亡くなっても人を笑わすんですさけ。

草若!日本一!

さすが師匠や!



なんや……泣けるわ…。

正直、この葬式、笑っていいのか泣いてええのかよく解らなかったんです。
笑ろたら不謹慎な気もしたし。
見る人によっては…いや、私でさえ小次郎さんはKYすぎる気がして。

でも、立派な「ちりとてちん」式、落語葬儀でした。

現役時代、落語を競い合い盛り立てた四天王が集まって。
他の人らには解らないだろう万感の思いがあるだろう中で…

漢五郎師匠の「ほやほやふにゃふにゃ」言葉は笑いどころなのかどうか何とも言えず、
ちょっとクスっとなったり、ええーーそれはないやろ思うたり、ウルっとしたり…

しつつ、結局は小次郎さんの凄い行いにみんな持って行かれてしまって…

みんなで爆笑。

私は泣いた。

みんなが爆笑したシーンで、初めて笑いながら泣きました。

みんなの笑顔が嬉しくて切なくて。

大切な人の葬儀で上手い落語なんか約束してたってできません。

けれども、いつの間にか葬儀の場自体が小次郎さんというあほうの喜八を中心に
一本の落語になっている。

一番笑っているのはきっと、祭壇から見ている草若師匠だったことでしょう。


徒然亭の門の前でみんなの笑い声を聞きながら、1人静かに頭を垂れて帰っていく
鞍馬会長が印象的でした。


葬儀も終わって落ち着いて、草々夫婦は小草若に家の事を切り出します。


若狭と俺はどっか近くに住む所見つけよう思てる。

え?


この時の小草若の表情が、何だか本当にショックを受けた感じで…。


これからこの家の主はお前や。
帰ってきたらどうやねん?

それがええと思います。

…せやな。それがええな。

…とは思うねんけど、やっぱりやめとくわ。
今更ここで独りで暮らすのは寂しすぎる…。



そら…寂しいでしょう。
長らく逃げるように出ていた自分の家。
戻ったってもう両親は居ない。

みんなそれぞれ忙しい…。


小草若…お前さえよかったら若狭と俺、離れに…。

言いかけて止める草々さん。

それはないな。ごめん。

ないわ!ドあほ!

ごめん。


笑う2人。

もうね…兄さんたちも呼んで、みんなでここに住めばいいと思ったよ…。


そんな時、またあの草々さんの弟子志願の人から電話がかかって来るのでした。
断るように喜代美に言う草々さん。


しかし、小草若は真顔で言うのです。


草々。
お前…弟子、取れよ。



見つめ返す草々さん…。


そう…。
だって、伝えていかなくてはならないのですから…。



※告知~~!!
4月からこの「ちりとてちん」のBS再放送枠で「カーネーション」の再放送が
底抜けに~決定いたしました~~~!!



よろしければ→【2014年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



   


  
※キャスト

和田喜代美→青木喜代美/徒然亭若狭 … 貫地谷しほり(少女時代:桑島真里乃)

徒然亭草若(三代目) … 渡瀬恒彦
徒然亭草々 … 青木崇高(少年時代:森田直幸)
徒然亭草原 … 桂吉弥
徒然亭小草若 … 茂山宗彦(少年時代:榎田貴斗・森川翔太)
徒然亭四草 … 加藤虎ノ介
木曽山勇助/徒然亭小草々 … 辻本祐樹
吉田志保 … 藤吉久美子

和田糸子 … 和久井映見
和田正典 … 松重豊
和田小梅 … 江波杏子
和田小次郎 … 京本政樹
和田正平 … 橋本淳(少年時代:星野亜門)

和田正太郎 … 米倉斉加年

和田清海 … 佐藤めぐみ(少女時代:佐藤初)
和田友春 … 友井雄亮(少年時代:小阪風真)
和田秀臣 … 川平慈英
和田静 … 生稲晃子
野口順子 … 宮嶋麻衣(少女時代:伊藤千由李)
野口幸助 … 久ヶ沢徹
野口松江 … 松永玲子
野口春平 … 斉藤勇人/新岡澪
野口順平 … 斉藤隼人/新岡塁

熊五郎 … 木村祐一
咲 … 田実陽子
磯七 … 松尾貴史
菊江 … キムラ緑子
徳さん … 鍋島浩
お花 … 新海なつ
緒方奈津子 … 原沙知絵
原田緑 … 押元奈緒子

鞍馬太郎 … 竜雷太
万葉亭柳眉 … 桂よね吉
土佐屋尊建 … 波岡一喜
万葉亭柳宝 … 林家染丸
土佐屋尊徳 … 芝本正
柳宝の弟子 … 林家染左、林家染吉
烏山 … チョップリン西野
原田颯太 … 中村大輝(少年時代:河合紫雲)

音大の教授 … キダ・タロー
あわれの田中 … 徳井優
横山たかし・ひろし … 本人
五木ひろし … 本人
ニュースキャスター … 浅越ゴエ

竹谷修 … 渡辺正行
堀田由美子 … 和田はるか
高島恵 … 中井飛香
北川沙織 … 村上佳子


語り – 上沼恵美子


※スタッフ

脚本 … 藤本有紀
演出 … 伊勢田雅也、勝田夏子、井上剛、菓子浩、三鬼一希、吉田努、櫻井壮一
制作統括 … 遠藤理史
音楽 … 佐橋俊彦

テーマ曲・ピアノ演奏 … 松下奈緒

















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします

 【ちりとてちん】第1週~第3週、
19
 20 21 22 23・24 
25・26 27・28 29 30 
31・32・33・34 35・36 
37・38 39・40・41 42 
43 44・45 46 47 48 
49 50 51・52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77
78・79
80・81・82 83・84・85
86 87 88 89 90・91
92・93 94・95・96 97
98・99 100・101 102・103
104・105 106・107 108・109
110・111 112・113 114・115
116


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

3件のコメント

  • くう
    2014年4月7日 12:39 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    レスが劇遅で申し訳ありませんっ!

    Re: まるさん

    >いや、どのドラマと比較するわけではなく、小ネタがちゃんと回収されて活きてくるのが、ちりとてのナイスなところ!!だと思うのです☆

    そうなんですよね。
    どの回も捨て回はないのです。全部が伏線で全部が回収。
    ドラマ自体はホンワカ流れていますが、ものすごく綿密に組み立てられているんですよね。

    Re: かこさん

    >笑ってはいけない場面で笑っちゃうっていうのはこういうことって本当の意味を教えられました。

    そうなんですよね、まさにそれですわ!
    葬式とか深刻な場でついつい笑いたくなっちゃうことってあるじゃないですか。
    それを思い切り笑って…笑うから泣けるんだと思いました。
    紋切り型のみんなしんみりしている葬式ではなくて、思い出に残る葬式ですよね。
    それは、実は全て送られる師匠のお膳立て…そこが本当に素晴らしい。

  • かこ
    2014年2月24日 10:58 PM

    SECRET: 0
    PASS: 8f7db576fadcdb1735211664d8a0c82f
    >正直、この葬式、笑っていいのか泣いてええのかよく解らなかったんです。

    その気持ち、すごい分かります! 私も最初見た時はポカーーンでした。この回はかなり高度だと思います!ある意味、視聴者試されてるなーと。いい意味で。
    そう思い至り見返すと、漢五郎師匠の場面は最初からすごい飛ばしてますよね。爆笑でいいんだと、私は納得しました。実際爆笑です。。。だって、あんなヘロヘロの小草若達への言葉、あれ?と思いつつちゃんとまじめに聞かなきゃと思ってたところで、宝くじ当たりそうになって元気いっぱい走ってくるなんて、どう考えてもギャグですよね。
    笑ってはいけない場面で笑っちゃうっていうのはこういうことって本当の意味を教えられました。敢えて教訓的に言えば、それでもみんな生きていく、人生は続くんだぜ!というような、、、それも野暮ですが。
    この回って何気に、藤本さんの真骨頂かなーと思い感動してしまって。。。のでついつい長々とコメントしてしまいました。失礼しましたm(_ _)m

  • まる
    2014年2月24日 10:42 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    わかります!わかります!わかります!とも!!

    なんか、素晴らしい回ばっかりで泣ける。・゜゜(ノД`)

    何度も見直すうちに、この回は、いや、この回も名シーンやなと思っておりました。

    宝くじのくだり、笑ってしまった!!

    いや、どのドラマと比較するわけではなく、小ネタがちゃんと回収されて活きてくるのが、ちりとてのナイスなところ!!だと思うのです☆

    土曜日にきっちり亡くなるところまで。月曜日から今後もいきていかなあかん、残されたものたちが、ちょっとでも前向いて歩けるように!!なんか、すごい回やと思いました。

    言いたいことが伝わるか心配なのですが、またコメント残します!!