NHK朝ドラ【ちりとてちん】(2013年・再放送) 第100・101回 感想

「落語が受けない」という悩みを抱えた喜代美(貫地谷しほり)は、草々(青木崇高)に
次いで四草(加藤虎ノ介)のもとへ相談にいく。
だが、天狗座の出番を控えた四草は「お前が下手だからだろう」とつれなく答える。
一方、小浜の草若(渡瀬恒彦)は、糸子(和久井映見)に四草と九官鳥の平兵衛との
出会いのエピソードを語りはじめる。(100話)

草々(青木崇高)と四草(加藤虎ノ介)に次いで、喜代美(貫地谷しほり)は兄弟子の草原
(桂吉弥)に落語の悩みを相談に行く。
「“まくら”の間は受けているのに、本題に入ったとたんお客さんが離れていく気がする…」
そんな喜代美の悩みに、草原の妻・緑(押元奈緒子)が強く反応する。
じつは緑は大学時代、落語研究会に所属するアマチュア落語家だったのだ。
いつしか話題は、草原と緑のなれ初めへと変わっていく。(101話)

(上記あらすじは「Yahoo!TV」より引用)

連続テレビ小説「ちりとてちん」第100・101話「思えば遠くへすったもんだ」
     

      ちりとてちんop


※「ちりとてちん」は、2007年10月期のNHK連続テレビ小説です。
当方は当時の放送をオンタイムで見ているので感想は恐らく回顧目線になりがちです。
ご了承のうえ、ご覧くださいませ。

※レビューでは先のネタバレは控えるよう努力します。
※レビューの更新はイレギュラーで…。書けたり書けなかったりしています。

※再放送時間は月~土・午前7時15分からNHKBSプレミアムにて。



ああ、奥さんこれよかったらどうぞ。
私あんまり饅頭怖い事あらしまへん。


師匠が糸子さんが仏壇から持ってきた饅頭を食べないのは、線香臭いいからでは
ないようで…時々、お腹の辺りを押さえているのは糸子さんも気づいています。


この頃、喜代美は、高座前の四草にいさんを訪ねていました。

何か用か?

あの…ちょっと相談があって。

ふ~ん。
何か食うもん買うてこい。

え?あっ、ほな延陽伯で出前取りましょうか?

俺のやない。平兵衛のや。


楽屋に九官鳥の平兵衛を連れてきている四草さん。


ええんですか?こんなとこまで連れてきて。

だいぶ年やからな。独りで家、置いとかれへん。



師匠は糸子さん相手に、今日は四草の話。


四草は最近よう天狗座からお呼びがかかります。

あれでまあ、端正な落語をしますさかいな。
あいつが弟子入りしたい言うてきた時、「この男に落語できんのかいな」
思たんですけども…。



四草と師匠の出会いは、四草がいきなり楽屋を訪ねてきたところから始まります。


あんたか?

え?

さっきの落語や。あんたか?

私に何か用ですか?

教えてくれ。
さっきの噺。「算段の平兵衛」俺に教えてくれ。

そやから何や、お前。落研か?あ?
弟子でもないのにうちの師匠に「落語教えてくれ」て厚かましいねや!


なったってもええ。

はあ?


弟子になったってもええから「算段の平兵衛」俺に教えろ。


すごいで。四草。
それは人にものを頼む態度じゃないよ。

さて…現在の四草はというと…。

草々にいさんにしたのと同じ相談を四草にいさんにもする喜代美。


ネタは何かけたんや?

「饅頭こわい」です。

「饅頭こわい」…。

どね思いますか?

どない思うて?
下手やからやろ。

え?

お前が下手やから受けへんのやろ。



冷たく言い残して係の人に呼ばれて行ってしまう…。
四草はすでに天狗座では「師匠」と呼ばれているようです。
でも…それなりの貫録。


あの小生意気な末っ子弟子やった四草がなあ。
まあ年齢でいうたらあない呼ばれても不自然ではないんやけどな。


高座を見に来ていた磯七さん。

四草にいさんてそんなに私と年変わりませんよね?

えっ!?え?何言うてんねんな。
四草はもう30代半ば過ぎてるで。
確か草々より2つ3つ上やったはずやで!



弟子の中で唯一大学出の四草は、末っ子だけれども年齢は一番上。

名前は?

倉沢忍。

年は?

24。

弟子になりたいんやったら最初はそれぐらい言わなあかんで。

すいませんでした。

仕事は?

商社に勤めてましたけど辞めました。



や…やっと、とりあえず普通に丁寧語を使うようになった。
態度はあんまりへりくだってないけど~~。

苦々しそうにその様子を覗く草々さんと小草若。


親はどない言うてんねん?落語家になる事についてや。

親は…関係ありません。

そらあかんわ。
親の許可なしに弟子にはでけへん。

…父親には会うた事ありません。
いわゆる妾の子いうやつなんで。
母親は一生遊んで暮らせる金もろて、男とっかえひっかえ楽しくやってますから。
僕が何して生きたかて反対しません。



身の上を聞いて、ちょっと表情が変わる草々さん。

しかし、態度はヒドイ。
会社でもこんな調子で上司を馬鹿にして止めたという話に呆れる草若師匠。


まっ、やめとけ。
落語家は上下関係の厳しい世界や。
あそこにいてる草々も小草若もあんたより年は下や。
先に入門してる以上、兄弟子にあたる。
先輩として敬わなあかん。


ドアの方を振り返って、覗いている2人を見る四草。

あんたには無理やろ。

それが条件やて言いはんのやったらなんぼでもあいつらのこと敬います。

「あいつら」て!
もう敬もうてへんやんけ!



天狗芸能て大きい会社ですよね?

うん。

関西の芸能界牛耳ってんのでしょ?
けど、大した事ない。
たった一人で、口先一つであんだけの客笑わして金を取る。
落語家の方がよっぽど凄い。



そうやって入門した四草でしたが、当たり前というか、弟子たちと上手くいきません。
お稽古もねぇ…なんか、すごい棒読み。

しかし覚えがいいから一応スラスラと落語を諳んじることはできる。
他の弟子たちを頭が悪い言うてまた怒らせているところ…。

運命の出会いが訪れたのです。

女将さんが、弱った九官鳥を1羽、稽古場に連れてきたのでした。


どっかで飼うてはったんが逃げてきたんやろか?
ケガしてるやないか!
見たら分かるやろ!
大丈夫やろか大丈夫やろか?
何で俺に聞くん?
知るか!

あかんのと違うか?だいぶ弱ってるで。


その時、四草が目をキラッとさせながら言うたのです。

賭けますか?
その九官鳥、助かるかどうか。


不謹慎やと思ったのか叱ろうとした草原にいさんを制して、師匠は言いました。

よっしゃ。
死ぬ方に賭けるわ。

これが死ねへんかったらお前の欲しいもんやるわ。


四草さんの「賭けますか」は、もうここから始まっていたのですねぇ。

それを死ぬ方で受けた師匠。


物がかかると熱心なわけで…元々頭も良いし自信家だし、この日から四草は本で調べながら
その九官鳥の世話に明け暮れる。

他の弟子たちはその様子を覗き見ていたのでした。

あ!?

と、突然叫ぶ四草に驚いて駆け寄ってくるみんな。

何や?どないした!

吐いた…食べ物…吐いた!


おどおどする姿が初めて可愛い。


結局、みんなで九官鳥の世話をして、見事元気にさせたのでした。

やっぱり…徒然亭のみんなが心底いい人たちだからねぇ…。
生意気な新人は虐め出そうとしたり、嫌がらせでわざと九官鳥に何か仕組んだり…
そんな人たちがいない世界。

どんな人でも受け入れるって、本当はそんな簡単なことではないと思うのですよ。

愛情を知らなかった四草が人から温かさを貰って、自分も生き物に愛情を
与えるという体験をして。

そして、今がある。


お前の勝ちやな。

すっかり回復した九官鳥を見ながら真顔で言う師匠。

何が欲しい?


四草は、すねたような顔をして鳥かごを指さすのでした。


こいつ。

…この九官鳥、僕に下さい。



笑いながら四草の頭をグシャっとやる師匠…。

これね~…。
喜代美と草々さんが出会った頃、これをやる草々さんに「そんな事したらホレてまうやろ~
と何度思った事か……。

これも師匠から伝わったものだったんですね。

そして、この瞬間、四草も草若師匠にホレたのでした。

たぶん、実の父親にもやってもらったことのない、大きな手で頭をなでられる事。


四草にいさんは、その日「饅頭こわい」をかけてくれはりました。
それは「こないしてやったら受けんねん」と言わんばかりの堂々たる高座で…。


袖から平兵衛と一緒に四草にいさんの堂々たる師匠っぷりを見る若狭でありました。


小浜の和田家では、正典さんが帰宅。

日も落ちてきたし、ちょっと早いけどお酒でもつけましょうかね?

と言う糸子さんに、飲みに誘われているからまた出かけなならんと言う正典さん。


ほやけどせっかく師匠さん来てくれとんやったら…。

いやいやいや、そら行かはった方がよろしいわ。
何や立派な資格取りはったそうで。


あっ…ヘヘッ、おかげさんで。

いやいや、伝統工芸士さんとかなったら地元の観光協会と密にやっていかんと。


自分ももう帰るからと言う師匠の言葉に押されて、再び出かけていく正典さんでした。


徒然亭には、久しぶりに顔を出す草原にいさん。

おう、若狭。久しぶりやな。

はい!どねしたんですか?

う~ん。確かここに寄席囃子の解説本置いたままや思て…。



草原にいさんは、最近は落語教室を開いているのだそうで。
今日はそのために本を取りに寄らはったのでした。

あっ、あ…ちょっと待って下さい。

何や?

あの…ちょっと相談があってえ。落語の事で。



また一から自分の落語がウケなくなった気がするという話をする喜代美。


分かるわ。若狭ちゃんの悩み。

と、現れたのは緑さん。

何でも2人で出かけたついでに寄ったということで…。


落語は男性によって受け継がれてきたから、女がやっていくには工夫がいるのよねえ。

あの…。

緑は学生時代、落研にいてたんや。

えっ!?

言うてへんかったっけ?

はい!あの、草原にいさんのお客さんやったいう事しか…。

熱心に見に来てたんやで。俺を。

違うわ。草若師匠ですぅ。

「ファンです~」言うて手編みのマフラー持って待ってたやないか。

違います~。
「草若師匠に渡しといて下さい」って言ったのをマー君が勘違いしたんです~。



言いながらイチャつく2人…相変わらず仲のよろしいことで。


何でご主人、この資格取りはったか分かりはりますか?

いっぱいやりながら仏壇の「伝統工芸士」資格証を糸子さんに示す師匠。


え?それは…仕事する上でいろいろと有利やでえ。

ブーー違います。
ええとこ見せたいんですわ。奥さんに。
「どや、こんなん取って俺すごいやろ」いうとこ見せたいんですがな奥さんに。
男っちゅうのは、みんなそういうしょうもない可愛いとこおまんねや。


師匠もですか?

そらもう。
…草原も。


草原さん。



緑さんは落研にいたいうくらいですから落語が好きで、よく高座に通っていたそうです。
そして、アンケートにいつもギッシリと質問を書いてきていたのだとか。

自分の落語の勉強も兼ねて、それに返事を書いていたという草原にいさん。


「今日、草若師匠がかけていらっしゃった『饅頭こわい』というおはなし。
途中狐にだまされるくだりをどこかで聴いた事があるような気がするのですが思い出せません」

「佐々木緑様。『饅頭こわい』の狐のくだりは東京では『九郎蔵狐』という独立した噺です。
それをどこかでお聴きになったのではないでしょうか」


「徒然亭草原様。いつもご丁寧な ご回答をありがとうございます。
また質問です。
先日草原さんの演じていらっしゃった『つる』は聴いた事もないようなオチがついていましたが
あれは草原さんのオリジナルでしょうか?」

「佐々木緑様。あれはセリフを噛んでしまっただけでオリジナルのオチではございません」

「草原様。大変失礼いたしました。
実はオチのあと草原さんのおじぎがあんまり綺麗だったので見入ってしまって…
『何だかちょっと違ったオチだったなあ』という事しか覚えていなくてあんな質問をしてしまいました。
ごめんなさい」



こんな感じでやりとりはされ…交換日記みたいですな。

やがて、「佐々木緑様」「緑さん」に変わって行ったのでした。


分かるわ~。
その本題に入った途端にお客さんが離れていく感じ。

ほんまですか?

うん。あれはやっぱり、マクラで普通の女の子やった子がいきなり男のセリフ
言いだすからやと思うわ。



「おまはん何が好きや」「わしの一番好きなもんは酒や」
「男らしいてええな。隣は?」「わいは女子や」
まあ、若狭が言うには無理のあるセリフやな。


と、草原にいさん。

まあ焦るな。続けてたら分かる事もあるて。

草原にいさんらしいアドバイス。


緑ねえさんはどねしなったんですか?

どうもせえへんよ。

え?

私はただの素人やってんもん。



緑さんは卒業したら草原さんと一緒になりたいと思っていたらしいです。
別にプロの落語家になろうと思った事はないとか。

仲のいい2人ですが、草原にいさんは、売れてもいない、コンクールには落ちるで、
一緒に暮らし始めてもなかなかプロポーズは出来なかったのだとか。


芸歴10年まで出られる新人コンクールがありまして、草原、毎年その予選は通るんですが、
本選になると緊張してしもて噛んで客に受けへん。
本選落ちる。それの繰り返しでしたんや。

あ~…10年いう事は…草原が28の時やったんですかな。


10年目。その新人コンクールの予選に通った時。
草原にいさんは改まって、師匠に言わはったそうです。


このコンクールでけじめつけよ思います。

今年のコンクールで賞取られへんかったら…緑と別れよう思います。
緑ももう26です。
先の見えへん落語家といつまでも一緒に暮らさせる訳にはいきません。



しかし、コンクールはついに受賞できずに終わりました。


あの時はほんまにショックやったなあ…。「別れよう」言われて。

…堪忍な。

あのぉ~…。

よかったなあ。師匠がいてくれはって。
師匠がいてくれはれへんかったら、今頃全然別の人生やったもんなあ。



コンクールの後、師匠は自分の前で草原にいさんに同じネタをやらせました。


あ~あ。稽古場やったら1等賞やけどなあ!

すいません。

新人賞あかんかったけどな、他のコンクールなんぼでもあるさかい。

はい…。

絶対、取られへんけどな。

はい……えっ!?

そらそやろ。何のために取んねん。
お前が落ちても落ちてもコンクールに出てたのは何のためや?

そら、これからも芸を磨いていく励みに…。

ちゃうやろう!

えっ…?

緑ちゃんに喜んでほしかったからやろが~。
「わ~マー君すごいわ!」って尊敬してほしかったからやろちゅうてんねん。

男なんかどいつもこいつもみんなしょうもない根性なしや!
女にちやほやされんと、誰が芸なんか磨くかい!

なあ。お前のあの長ったらしい芸談目ぇ輝かして聴いてくれる女がまた現れると思てんのか?
緑ちゃん以外にいてると思てんのかっちゅうてんねん!



草原にいさんが今あるのも、励みになる「女」緑さんがいるからこそ。
そして、この夫婦が今あるのも師匠のひと言があったればこそ。

徒然亭のみんなが師匠の言葉に支えられて助けられて今、落語をしている。

師匠はホント、みんなにとって父親以上の存在ですね。
こんな師匠の下にいるからこそ、みんな伝えなければならない気持ちになる。

徒然亭は間違いなく、師匠のためを思う子どもたちによって作られているのでした。


颯太くんの誕生日だからとプレゼント持って手を繋いで仲良く帰っていく草原にいさん夫婦。

その後ろ姿をニコニコと見送って……。


いや…ていうか…。
何も解決しとらんさけ!




若狭の悩みと、師匠の昔語りを同時に動かして、リンクさせて、その存在を
浮き彫りにする…。

巧みな脚本と演出で動かされる凄い一週間。

だからこそ…
いや、今はまだ黙っときましょ。


さて……。

まあ、けど、あんだけ真面目に落語を勉強してきた男ですさかい、ほんまの事言うたら
賞の一つも取ってもらいたい思てます。
言うてる事矛盾してますけど、まっ、師匠としてはそれが本音ですわ。



という草若師匠の想いが通じたわけではないでしょうが…。

この再放送後のタイミングで、

草原にいさんの中の人、桂吉弥さんが
文化庁2013年度芸術祭賞、大衆芸能部門優秀賞を受賞されました!

おめでとうございます~!



取ったのは中の人ですから関係ないわけですが…
何だかとっても嬉しくなってしまう話なのでした。


って事で、102回は当然、小草若の番になるわけですが。
それは次の記事で。


※告知~~!!
4月からこの「ちりとてちん」のBS再放送枠で「カーネーション」の再放送が
底抜けに~決定いたしました~~~!!



よろしければ→【2014年1月期・冬クールドラマ】ラインナップ一覧とキャスト表


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ PINGOO!カテゴリテレビ・ドラマ 
にほんブログ村



   


  
※キャスト

和田喜代美→青木喜代美/徒然亭若狭 … 貫地谷しほり(少女時代:桑島真里乃)

徒然亭草若(三代目) … 渡瀬恒彦
徒然亭草々 … 青木崇高(少年時代:森田直幸)
徒然亭草原 … 桂吉弥
徒然亭小草若 … 茂山宗彦(少年時代:榎田貴斗・森川翔太)
徒然亭四草 … 加藤虎ノ介
木曽山勇助/徒然亭小草々 … 辻本祐樹
吉田志保 … 藤吉久美子

和田糸子 … 和久井映見
和田正典 … 松重豊
和田小梅 … 江波杏子
和田小次郎 … 京本政樹
和田正平 … 橋本淳(少年時代:星野亜門)

和田正太郎 … 米倉斉加年

和田清海 … 佐藤めぐみ(少女時代:佐藤初)
和田友春 … 友井雄亮(少年時代:小阪風真)
和田秀臣 … 川平慈英
和田静 … 生稲晃子
野口順子 … 宮嶋麻衣(少女時代:伊藤千由李)
野口幸助 … 久ヶ沢徹
野口松江 … 松永玲子
野口春平 … 斉藤勇人/新岡澪
野口順平 … 斉藤隼人/新岡塁

熊五郎 … 木村祐一
咲 … 田実陽子
磯七 … 松尾貴史
菊江 … キムラ緑子
徳さん … 鍋島浩
お花 … 新海なつ
緒方奈津子 … 原沙知絵
原田緑 … 押元奈緒子

鞍馬太郎 … 竜雷太
万葉亭柳眉 … 桂よね吉
土佐屋尊建 … 波岡一喜
万葉亭柳宝 … 林家染丸
土佐屋尊徳 … 芝本正
柳宝の弟子 … 林家染左、林家染吉
烏山 … チョップリン西野
原田颯太 … 中村大輝(少年時代:河合紫雲)

音大の教授 … キダ・タロー
あわれの田中 … 徳井優
横山たかし・ひろし … 本人
五木ひろし … 本人
ニュースキャスター … 浅越ゴエ

竹谷修 … 渡辺正行
堀田由美子 … 和田はるか
高島恵 … 中井飛香
北川沙織 … 村上佳子


語り – 上沼恵美子


※スタッフ

脚本 … 藤本有紀
演出 … 伊勢田雅也、勝田夏子、井上剛、菓子浩、三鬼一希、吉田努、櫻井壮一
制作統括 … 遠藤理史
音楽 … 佐橋俊彦

テーマ曲・ピアノ演奏 … 松下奈緒

















「Twitter」やってますです。
フォロー下さる方は、ほぼドラマ実況ツイート(辛口)だという覚悟でお願いします


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

※FC2にトラックバックが飛ばないブログ&サイトさま記事リンク(お申し出下さい)



【ちりとてちん】第1週~第3週、
19
 20 21 22 23・24 
25・26 27・28 29 30 
31・32・33・34 35・36 
37・38 39・40・41 42 
43 44・45 46 47 48 
49 50 51・52 53 54
55 56 57 58 59 60
61 62 63 64 65 66
67 68 69 70 71 72
73 74 75 76 77
78・79
80・81・82 83・84・85
86 87 88 89 90・91
92・93 94・95・96 97
98・99 100・101


この記事のトラックバック用URL

(承認制です。また、お手数ですがスパム対策のため「http://dramablog.cinemarev.net/」へのリンクのないTBを受付できません。ご了承ください。)

コメント

※ 右のアイコンから Wordpress,Twitter,google+,facebookのアカウントを使ってコメントできます。
オープンIDをお持ちでない方はアドレスを記入してください。(書きこんだアドレスは表示されません)

4件のコメント

  • くう
    2014年2月11日 3:10 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >今週は兄さんたちの過去のいきさつが
    垣間見られて面白かったですわ~。
    それぞれが本当に個性的で
    それぞれ「らしい」感じで弟子に
    なったんだなぁ~。
    って思うとなんだか胸熱でした。

    そうそう、それぞれ「らしい」感じで弟子になり、「らしい」感じで若狭にアドバイス。
    みんな個性はそのまま変わってないんよね~^^
    面白かった~!

    >でもなんかフラグが立ちまくりで
    つらいよ~~。(ノ_・。)

    ね~(´;ω;`)
    いなくなるには存在が大きすぎる…
    先は解っているけど…病気にならないでほしいの~(>_<)

  • くう
    2014年2月11日 2:51 AM

    SECRET: 0
    PASS: d0970f9a670a457ba04fd47a84598fe5
    >いや~、ほんっとに回を重ねる毎に、目が離せなくなって
    きてると共に、出演者の皆さんが愛おしくてかなわんく
    なってきてます。(^^ゞ

    毎日見ているので、もう家族のように感じるほどですわ。
    今週からちょっと師匠の方が辛い状況ですが、それでも楽しく見ちゃいますよね。
    まさに喜も哀もある人生のような一週間…。

    >桂吉弥さん、大衆芸能部門優秀賞を受賞されたのですか?!
    はあ~、何だかとっても嬉しくなるニュースですね。
    ほっこりしました。(*^_^*)

    そーなんですよ!!
    しかも、この回の放送が…っていっても再放送ですが、終わったこのタイミングでって
    凄くありません?
    草原さんの賞が欲しい賞がほしいと言う願いが叶ったと誰もが現実とついリンクさせちゃいますよね。
    あ~兄さん、良かったなぁ…って心から思いました^^

  • みのむし
    2014年2月8日 7:01 PM

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    師匠のことが気になるけど、
    今週は兄さんたちの過去のいきさつが
    垣間見られて面白かったですわ~。
    それぞれが本当に個性的で
    それぞれ「らしい」感じで弟子に
    なったんだなぁ~。
    って思うとなんだか胸熱でした。
    でもなんかフラグが立ちまくりで
    つらいよ~~。(ノ_・。)

  • えん
    2014年2月8日 8:32 AM

    SECRET: 0
    PASS: dbd78236b054eab6a2487b488b4e03c4
    いや~、ほんっとに回を重ねる毎に、目が離せなくなって
    きてると共に、出演者の皆さんが愛おしくてかなわんく
    なってきてます。(^^ゞ
    今回の、若狭の話と師匠の話を交互に入れる演出は、
    素晴らしいとしか良い様がない!
    師匠の身体が心配だなと思いつつも、次回が楽しみで
    仕方が無いのです。
    桂吉弥さん、大衆芸能部門優秀賞を受賞されたのですか?!
    はあ~、何だかとっても嬉しくなるニュースですね。
    ほっこりしました。(*^_^*)